気分転換をあなどらない

いろいろと追い詰められたときに、
大人は「好きなことで意識的に気分転換する」
という大切な技を駆使しましょう。

子供と同じ土俵に立ってしまわないで。

自主的においしいものを食べる。
友達と話す。
コーヒーを飲む。
映画をレンタルで観る。
面白そうな本を読む。

3分、ベランダで深呼吸するだけでもいいし、
子供に隠れてこっそりおやつを食べてもいい。

こう、行き詰った思考回路を、切る!

気分転換する大切さを忘れないで。

(でもお酒の飲みすぎと、食べすぎと、夜更かしはやめてね~)




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_22532552.jpg

# by keikototyuyo | 2015-09-02 22:49 | 自分のこと | Comments(6)

自閉症の子とどうしてうまく暮らせないのか

自閉症の子とどうしてうまく暮らせないのか。

その原因の一つは子どもを怒らせてしまうから。
子どもが怒ると親もイライラする。
どうして自閉症なんだ!自閉症なんてもう嫌だ!と思う。

すると子供もまたつらい気持ちになる。
どうしてお父さん、お母さんは分かってくれないの?
ぼくの私の気持ちはこうなのに。

甘やかすのではなくて、
子どもが怒らないように、先手先手に出る。
こういったらこうなるだろうな、と想像を働かせること。
幼い時からの過不足ない視覚支援は必須です。

出かける時に行先を知らせたり、いつも通りの荷物を用意しておく。
急がせないように、早めに出かけられるように10分早く起きる。
夕方は子どもは疲れてしまうので、無理をさせない。
発達年齢に見合った外出をする。
もし最低限適切にふるまえないのなら、公共の乗り物に乗るには徐々に訓練をする。

伝えられない声を想像する。


『これからどこへいくの?』
『どうしていそがなくちゃいけないの?』
『どうして寄り道するの?僕は予定が済んだら家に帰りたいのに。』
『この間は、これはいいって言ったのに、どうして今日はダメなの?』
『家の中に触っていいものと、触ってはいけないものがあるの?わからないよ。』
『夕方になると、おなかはすいたし、眠いよ。あれやれこれやれって言わないで。』
『今はパソコンにお母さんを取られたくないよ。後にしてほしいな。』
『明日の予定がわからなくて落ち着かない。でも教えてって言えない。』

自分の子の独自のルールが少しわかってくれば、
しめたもの。
不安だからパニックも起こるのですから。

まぁ、私が言うのもなんですが。
でもツヨは極端な例ですが、一つ一つを見るとよくある自閉のタイプです。
どこか少しでも参考になる部分があれば。

思春期に荒れるのはしかたない。
健常の子だって荒れるのですから。

幼い時からの積み重ねが勝負。親のやり方のまずさで怒らせない。

こちらがルールを守れば、
もともとあちらは律儀にルールを守ってくれる人たちが多いのです。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


先生に言われていたチャレンジは成功でした!
その話は、また。

小1の春。学校の花壇作り。小さい~。
f0025201_21451230.jpg

# by keikototyuyo | 2015-08-29 21:30 | 家での教育・しつけ・身辺自立 | Comments(7)

最近のツヨ

夏休みは児童デイのビニールプールでたくさん遊ばせてもらいました。
しかし体の大きさが何歳までできるのだろう・・・
ま、いっか。高校生だろうが何だろうが。

プールが小さかろうが何だろうが、水に入ると気持ちがリラックスするようです。



さて、今日から学校。
朝、ルンルンでスクールバスでGO!

いつも通りの場所や道なら落ち着いて行くことができます。

今日からチャレンジしてみましょうと、
先生に言われていたことがあって、
15時に帰ってきて連絡帳をみるまでドキドキです。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_11551138.jpg

# by keikototyuyo | 2015-08-26 11:42 | 福祉・教育・社会 | Comments(7)