常軌を逸したこだわりと強迫行為

明日は姪っ子の結婚式。
私も自分の子供のようにかわいがった姪っ子です。

素敵な人と巡り合えてよかった。
幸せに暮らしていってほしいです。


明日は私とコトの二人で結婚式と披露宴に出席。
ツヨは一時ケアです。
9時半から17時半の8時間・・・長いな。大丈夫かしら。

最近、生活の中での儀式的なこだわりが常軌を逸しています。
心配した固まること「カタトニア」は息をひそめたけれど、
今度は繰り返し行動がエンドレス。
激しい繰り返し行動も自閉症の問題行動の一つです。

朝パジャマを脱ぎ洋服を着ても、すぐにまたパジャマに戻って着替えをやり直したいと。
それを繰り返して先に進めないのです。
パジャマを隠しても必死に探す。
見当たらないと怒る。騒ぐ。

じゃ、洗濯機に入れて洗ってしまえ、と。
洗濯が終わって干しておくと、慌てて取り込んで着る。
着て、一連の儀式である床でゴロン。ベッドでゴロン。
もうね、止めませんでした。いや止められない。
叱ると逆上、いいことなし。
結局やるのだし。
繰り返し行動に取りつかれちゃった。

濡れたパジャマを着たって、もうそれがなんだ。

脳の機能の問題で、何を言っても何にもツヨの耳に心に刺さらない。

だから基本的に受け入れて、本人が本人なりの納得をするのを待つ。

ひとしきり、濡れたパジャマを着たときにはもう昼食の時間。
ごはんだよ、と言うと
『あ、ぼくこれ着替えないと。』
と私の目を見てパジャマを指す。大真面目で一生懸命の目。
『うん。そうだね。着替えようね。』
私も目で答える。
やっと着替えてくる。
さ、食べようと思うと
『あ、ぼく手を洗わないと』
やっと食べる気になったのに、水で洗うこと10分。
ジャージャー。洗う。手を拭く。またジャージャー…エンドレス。
水道周りはいつもびしょびしょ。
おなかも空くだろうに。そんな感覚もあるのかないのか。
昼食は14時を回っていました。

朝から晩までこんな調子。
お風呂も何回も入り直す。足の指先も何度も洗い直す。
本人は大真面目。

面倒をみるほうも慣れた人じゃないと、精神を痛めつけられます。
こちらがちょっと手順を間違えたり、イラッとして強迫行為を阻害しようとすると
ぎゃっと応酬され、結局はこちらが折れるしかない。
そしてそのたびこちらの心も折れる。

強迫行為の原因は、ストレスなどの直接的原因というだけでなく、
脳の器質的な問題が起こっていることからの場合もあるらしい。

でもストレスなどの直接的原因なんてやっぱり思い当たらない!
こんなに皆に愛されて、かわいがられて、自由に過ごして、
今は勉強も作業も本人のペースに合わせている。
見通しもカードも十分提示している。

寂しいことも疲れることもないはず。
第二次性徴も落ち着いている。

とすると
やっぱり
脳のどっかが(そりゃ今までもそうだけどさ)結構な不具合を起こしているとしか思えない。

児童精神科に行って、薬を変えてもらえないか聞いてみよう。
しかし、薬は調べると怖いし、難しくてよくわからない。

薬に頼らず、強迫観念・常軌を逸したこだわりが、早くどっかへ飛んでいっちゃってほしい。

ああなってほしい、これができるようになってほしい
そんな欲は皆無です。
楽に笑顔で、安全に健康に暮らせれば、ほかになにもいらない。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
どうなっちゃうの?

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-10-05 00:42 | 入院・治療・強迫症状 | Comments(6)

脱穀、見学。こんな感じ。

稲の脱穀、見学してきました。

本人はこの作業の意味なんてわからないけれど、
田植えから始まって、ごはんが炊き上がるまでの長い道のりを経験し、
ある時、あ、これがご飯か!と実感するのでしょう。

こう稲を入れて
f0025201_20353485.jpg

ひっぱる! ぶちぶち~
f0025201_20355817.jpg

たまったかな?(と思ったかどうか)
f0025201_20362014.jpg

おまけ♡
f0025201_20424354.jpg





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
ちょ、ちょっと男らしさが…?

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-09-26 20:54 | 小学校での学習 | Comments(2)

小学校で稲刈りあとの脱穀作業を体験!

教室の前の中庭で今年は稲を育てました。
畳4.5畳くらいかな。もっとあったかな。
先日稲刈りをして、今日は脱穀をしたそうです。
えーと、脱穀とは・・・?
ん?
検索したら「脱獄とは?」が並んで出てきた・・・ちがうちがう!!

えーと、「牛乳パックの口」や「お椀をかぶせた机の間」「割りばし」などに稲を挟んで、
種もみを残してすーっと稲を抜き取る作業。
なるほど、連絡帳に「わらを引っ張るのがじょうずにできました!」とあったのは
こういうことか。
刺身のつまの穂じそを取るみたいな感じね。(余計分かりにくいって?)
ツヨはプチプチ外れる感覚が気に入ったようで熱心に取り組んだそうです。

だいたい、初めてやることはうまくできます。
好奇心と、初めての感覚をつかむのが楽しいのと、結構器用なところで、
すごい集中力を発揮できることがあります。

問題は、二回目以降、先を見越し過ぎて、気持ちが散漫になって雑になったり、
手元を見ないでやろうとして、結果雑になることかな。

まぁ、将来そんな緻密さを求めるお仕事にはつかないだろうから
過度に心配はしていません。今は楽しめれば御の字。

取れたお米で飯盒炊爨したり、もちつきしたりするのかな?
あ、もち米じゃないからもちは無理?

田植えから始まった労働の成果は、きっとほっぺのおちるご飯になるのでしょう!
ご飯茶碗と箸持ってこっそり並びたい。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとうです~

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-09-25 23:23 | 小学校での学習 | Comments(0)