自閉症の特徴の「社会性の障害」とは

3月30日にツヨは初めての場所での短期入所一泊でした。

私がカレンダーにひらがなで書き込んだ翌日の予定を毎夕確認するツヨ。
『明日のぼくの予定は・・・』
カレンダーを確認して
『この間遊んだあそこで、明日は泊りか。』
と、気がせいている様子。
が、さすがに宿泊の荷物作りは少し難しい。
私に助けを求めてきます。

やはり強迫的な様子は多少あって、今すべき行動をこなすことでツヨの頭の中は
ときおり満杯になってしまいます。

食事の支度なども、メニューが分かると材料の出し入れから調理、
食器への盛り付けまで、ツヨは気がせいてちょいちょい指図してきます。
長期休みはずっと家事の手順を見張られているような感じなのです。

昼間、コトとあちこち用を足してへとへとになっていた私は、
夕食の準備やら何やらでちょっと余裕がなくなっていました。
そんなことにお構いなしに荷造り、ごはん、とせかしてくるツヨに
「ちょっとだけ待ってくれないかな。」
と思ってしまった。


自閉症やアスペルガーは人の気持ちをくむのが苦手。
どんなに私が疲れていても、忙しくても、それを察することはできません。
つねに自分中心なのです。それが障害だから。

けっこう空気は読めても相手の気持ちに合わせて
自分の出かたをコントロールすることができない、とでもいいましょうか。
人が自分をどう見ているかという社会性のフィルターを持っていない。
自分のフレームから見えるものがすべて。

脳の機能の問題なんだよなぁと分かっていても、たまにそれが苦しいなと思ってしまう。
性格はやさしくていい子なのに。本当に不思議な障害です。

その社会性のあるなしは自閉が軽いか重いかを指し示しているのかもしれません。
専門的なことはよくわかりませんが。
だから本人がちょっと相手の様子に気づけるか、歩み寄れるか否かが、
家族や周りの人を困惑させる度合に関わってくるのではないでしょうか。

アスペルガーなら
「こういう風に言ったほうがいいよ、したほうがいいよ。」
と伝えることによって少しは改善の余地があるかもしれません。
根本的には何も変わらなくても、
人によっては処世術みたいなものを身につけられる可能性があるので。
が、ツヨには成す術なし。

学校の長期休みは一緒にいる時間が長く、
いつもあまりろくな方向へいかないので要注意なのだった。
こうくるだろうと予測して
後手後手に回らないようにしよう。
ツヨに次の行動を確認・指図され続けて苦しくならないように。
ツヨの側からしたら必死なのだし。

さて荷造りができて、翌朝玄関を出る寸前のこと。
ツヨがハッとして真剣な顔で私にジェスチャーをしました。

『歯ブラシ、入れてない・・・!』

おー。本当だ!よく気づいたね。

ああ、そうなのだ。
ただ一生懸命なだけなのだ。
ツヨの真剣な様子を見て、そのあといろいろ考えさせられました。

どうしたらお互い気持ちよく過ごせるか。
昨今、施設での虐待の映像がテレビに流れたのを思い出しました。

社会性の欠如から生まれる軋轢によって、お互い苦しむケースがあったとしても、
大したことでなければいっそ対峙することをあきらめたり、
深入りしないでうまくスルーしたり、できるだけ相手の褒められる部分を探したり、
一日一日気持ちをリセットして根に持たない、などする工夫が必要です。
まちがっても叩いたり酷い言葉を浴びせたりしてはいけない。
何があっても体罰だけはだめ。

そうならないように、やってあげ過ぎない、自分のことは自分で完結できるように
家でも将来を見据えた支援をしていかなければと思います。


☆☆☆

この記事は書き上げるのに日数がかかってしまいました。
たくさんの方が見に来てくださるので、
できるだけきちんとした記事にしないとと思っています。
更新を待っていただいた皆さま、ありがとうございます。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_0122570.jpg

# by keikototyuyo | 2016-04-03 23:36 | 行動障害・問題行動 | Comments(4)

コト、おばあちゃんに会いに行く

今日は春休みで
ツヨは学校での学童に連れて行きました。
今日はコトも送迎のお付き合いでツヨの学校に初来訪。

学童ではだいたいひたすらトランポリンをしています。
頬やあごに結構な網目をつけて帰ってくる・・・
3~4日網目状態。(笑)

その後
母の特養が学校にすぐそばなのでコトを連れて行ってみました。
以前のグループホーム以来半年ぶりくらいかな。

ちょうど10時のお茶の時間だったので、
寝たきりではなくてリビングにリクライニングチェアに座って
出てきていました。

認知症が要介護5で、もうお話はできないけれど
時折コトの顔をすごーくのぞき込んでいました。
私を見ても分らないんじゃ・・・と行く前はいっていたので
はっきり目があったのが嬉しかったよう。
おばあちゃんも心の中で
きっとなにか思い出したりしているのかも。
コトに車いすを押してもらって、しばし館内をお散歩。
とても大きい特養なのです。

玄関に芝わんこがいます。
入居者のおばあちゃんが一緒に連れてきたそう。
職員さんがお世話をしていて、
大人しくてすごーくかわいい。
職員さんがどうぞ~とジャーキーをコトにくれたので、
ワンちゃんに「お座り」させて、
ポキポキ折って楽しくあげさせてもらっていました。

終わった後に
「あ、ごめんね。もういいよ立って。」
と丁寧にわんこに告げていたコトです。

ここ好き。
また来たい!
と言ってくれたので
なんだかとってもよかった。

寝たきりになって何もわからなくなっていく
おばあちゃんを見て、年頃的に傷つかないかなと
ちょっと心配だったのです。

また連れて行こう。
優しい気持ちを忘れない子に育ってほしい。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_0122570.jpg

# by keikototyuyo | 2016-03-29 23:39 | 双子の姉のこと | Comments(2)

外出先で不適切な行動をとること

もうすっかり忘れていたことだけど、
家族で普通のお出かけができていたら
どんな感じだったのだろうな。
普通が分からないから想像できない。

ツヨを連れて
動物園や遊園地、プールなどのレジャー施設、
温泉、ホテルや旅館、箱根などの観光所、
街ではショッピングモールやレストラン
いろいろなところにみな一度はチャレンジしました。

6歳までくらいの小さいときはまだよかった。

抱っこしてしまえば何とかなったから。
小4くらいからこだわり行動がきつくなって周りに迷惑をかけないでは
外出できなくなっていきました。

普通とはかけ離れた、ツヨを追いかけているだけの顛末のこともたくさん。
コトを連れて行きたかったという理由もあり、
小さい頃はいろいろチャレンジしました。

こだわりが尋常でなく強くなってからはできるだけ外出をしない生活を選択しました。

障害があるからといって誰も不適切な行為を許してはくれません。
許す云々ではなくて、
人には普通に安全に過ごす権利というものがあって、
障害者だからといってそれを侵害するのはおかしいと思うのです。

公共の場所で最低限のマナーを守れず
一般の人と共に気持ちよく食事、買い物、遊び、入浴等ができないならば、
行先を欲張ってはいけないかもしれません。

そうならないように、小さいうちから訓練をし、
見通しなど適切な配慮を大人が示し、
それでも穏やかに過ごせない年齢になったら外出先をよく吟味する。

そのうえで突発的にパニックなどが起きたときは
短く謝って撤退する。

そもそも本人が興味がないこと、納得していないことを
大人の都合で連れまわし、あげくに障害があるので許してほしいという
身勝手な言い訳をしてしまうことはよくある落とし穴です。
我が家も幾度か失敗したことがあります。

見通しで納得→行く 見通しで納得→行く 繰り返すうちに好ましい振る舞いを訓練する
見通しで納得しない→連れて行かない
お子さんの状態によってですが。

お買い物やお出かけが難なくできる自閉症児・者もいれば
店の中を独特の歩き方と速度で動き、手つなぎなしに歩けない子もいます。

自分のお子さんがどの程度のところにいるのか見る目を曇らせないで、
手に負えない時は無理させず、きちんとした療育や教育を受けさせましょう。

彼らにとって配慮のない普通のお出かけは
不安がいっぱいで楽しいことばかりではないかもしれません。

ましてや他害のあるお子さんを学校以外の場所へ連れて行くときは
細心の良識を親が持たなければいけません。
体が大きくなってからはなおさら。
どうしても困ったときはいつでも110番をして
お巡りさんに助けを求めることです。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_0122570.jpg

# by keikototyuyo | 2016-03-19 00:09 | 外出・余暇 | Comments(6)