なんとか巻き込まれないように・・・

今日は最高の秋晴れ。
学校までの2往復の4時間、
華やかな紅葉の山、雪に覆われた富士、済んだ青い海が高速から見渡せて
秋を満喫。
もうすぐ卒業なので紅葉も見納め。

さてさてツヨは昨日まで何でもなかったことにこだわってくることがあります。
この季節、8時と15時は日差しがとってもまぶしいのでサングラスを掛けたり、
車のサンバイザーの向きを変えたりします。
すると・・・
「あ”っ!!」(いつもの通りにしろ!元に戻せ!)
と怒ってきます。そんなこと言ったことなかったのに!

まぶしくて運転が危ないので、あ、はいはいとは戻せない。
やめて。というと余計立ち上がってサングラスに手を伸ばしてくる。

ああ~やっかいなのが始まったなぁ。
きゃーでも本当に危ないので
思わず
「うるっさいっ!」

と大きな甲高い声が出た。^^:
低い声でどなる感じではなく。
ほっといてくれ!と言い放つ感じで叫んでしまった。

そしたら

・・・

静かになりました。

その後、キレて暴れるかと思ったら、そのまま家まで穏やかに。

母の本気にびびったのでしょうね。

「やめて」では逆なでしたでしょう。

いや本当に巻き込みこだわりは巻き込まれたら終わりだから、
状況によって抵抗してみよう。

うるっさいっ!が適切だったかどうかは疑問・・・^^;うーむ。よしとしていいのかな・・・

<追記>
うるさい!はやはり適切ではないですね。ただ運転中は非常に危険なので、
かなり厳しくする必要はあると思います。
普段、うるさいっ!を連発するようになるとただのヒステリーです。^^;





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んだよ~のクリック、うれしいです!

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-11-27 23:35 | こだわり・常同行動 | Comments(2)

巻き込みこだわり始まる

最近のツヨは人の行動にまでこだわってくるようになりました。

もともとそういう傾向はあったけれど、
怖い顔で強く要求してくることが増えてきました。

例えば・・・

コトにお友達から電話がかかってくると
『受話器を早く元に位置に戻せ!』と
ワーワー暴れます。
コトが部屋に受話器を持って逃げ込む。
中から鍵がかかるので
コトに危害が加わる心配はありません。
が、扉の前でずっとワーワーしています。
似ている鍵を鍵穴に入れてみたり、ドアの下のすき間から
丸くなって中をチェックしています。
本人は大真面目だけれど、こういう行動は切実に困ります。

それからコトの就学旅行の写真がインターネットで買えるらしく、
(今時は便利だ)
パソコンで自分で選びたい!というので
コトがパソコンの前に座ったら、
ツヨがすぐにすっ飛んできて、阻止してしまいました。
コトがパソコンを開ける姿をみることはほとんどないので、
びっくりして違和感が許せなかったようです。
「いないときに見るよ。」
とすぐにあきらめたコトです。

今日はツヨの授業参観で、子ども5人のお母さんが来ていて、
先生が気を回して隣の部屋からお母さんに椅子を出してくれたのですが、
ツヨが
『ここに隣の部屋の椅子をおくのは許せない』
とお母さんたちを押してどかして、
隣の部屋に戻してしまいました。

ごめんなさい。と謝るしかない状況がいたたまれないです。
他のお母さんを押すツヨの目は怖いのです。

なんでしょうね・・・
一般の場所でこの行為をしたら
人によっては厳しく叱責するでしょう。
叱って成長するのならたくさん叱ってほしいくらいですが、
そういう人が困ることを理解する社会性がツヨには残念ながらごっそり欠如していて、
トレーニングや言って聞かせることで学習する知恵を持ち合わせていないので、
結局周りが我慢することになってしまいます。
厳しく接してみたりもしましたが、そうすると確実に今は人を叩く行為に走るのです。
叩いて叱ってまた叩いて・・・それじゃ児童相談所員が駆けつけてきてしまいます。
今は外出先は必要最低限のところしか行きません。
この子はこういう子だから何をやっても許される、理解をお願いします、
というのは違います。
迷惑は迷惑なのです。子どもの状況によって、行く場所を欲張って選ばない。

家族だけなら運命と受け入れるけれど(コトと旦那には限度がありますが)
学校で私の知らないところで
皆のストレスをどれだけじりじりと増大させているんだろうと思います。

何とかしなければ。
何とかなるのかな・・・

さっきは味噌汁を作っていて、
カブの葉は後で入れようと刻んでおいてちょっとのんびりしていたら、
ふと後ろを見るとカブの葉の乗ったまな板を持って、ツヨが立っていました。

『投入せよ』

ツヨがまな板を持った姿を初めてみた。^^;

最近、食事を作り始めるとずっと監視されている気がしていたけれど、
直接手を下してきた(笑)のは今日が初めて。

笑い話で終われるくらいならいーぞ。
笑えない日が来ませんように!(祈)




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んだよ~のクリック、うれしいです!

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-11-25 23:37 | こだわり・常同行動 | Comments(7)

大きな病院の専門医に診てもらう

病院、行ってきました。
手順書を作った効果あり、
ヘルパーさんとマイカーの前で落ち合うと笑顔がもれて、
後部座席に仲良く乗って出発することができました。^^

病院の受付や会計の間もヘルパーさんと一緒に病院内を探検。
遠くへは行かずに私のいるところへたまーに戻ってきて、
ママが手続中なのを確認していました。

診察は45分間。
診療科責任者のベテランの先生がじっくり話を聞いてくれました。
ツヨは45分、退屈しながらも診察室で頑張りました。^^

こだわりを書き出していったので、見てもらいました。
ここまでこだわりが強いと、
生活が立ち行かないでしょう、と分かってもらえました。

パニックになる原因は、直接的な原因、脳内や発達からの原因のほかに、
過去のフラッシュバックで嫌な場面を思い出していることもあり、
「原因は特定できない」
つまり
「原因を取り除くことはできない」
ということでした。

そうだよね。
原因が分からないこともあっていいんだ。

それから強迫性障害と、強迫的なこだわりは
外見上は似ているけれど、
根本的にはまったく異なるので、
「強迫神経症の薬は強迫的なこだわりにはほぼ効かない」
そうです。

例えば手を何回も洗う行動は二つは見た目似ているけれど、
「洗わないと気が済まない行為」
を引き起こす脳内の仕組みは別物だから
効果を発揮する薬も別物、ということかな。

それから、こだわりに直接効く薬はないそうです。
こだわりが強くなる興奮を抑える薬を新しく処方されました。

こだわるときに興奮スイッチみたいなものがツヨにはあって、
そのスイッチが入りやすくて、
始まるとスイッチオフに時間がかかるのが今の状態。
その興奮を抑えましょうということです。

そんな感じでとりあえずやっていってみます。

入院は早くて3か月待ちでした・・・^^;




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んだよ~のクリック、うれしいです!

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-11-21 22:35 | 入院・治療・強迫症状 | Comments(4)