向精神薬を減らした結果

朝夕二回の薬を夜だけに減らしてみたら
しばらく大丈夫だったけれど
どうも最近おかしい。

多動が激しい。動き方も早い。
トイレの回数も多い。
夜中に起きて何回もトイレに行く
一回が長い。

強迫症状が悪化しているのかも。

かかりつけの医師にいつでも薬は戻していいといわれてたので
朝の分も明日から飲ませることに戻してみようかな。

別の入院したときの医師には
「薬の量は増えこそすれ減ることはおそらく一生ない」
と言われてはいました。
副作用がこわかったので減らせるものなら
減らしたかった。

でも気を付けないと。
生活が苦しくなってしまったら元も子もない。

とりあえず明朝は飲ませて
学校の先生に様子を聞いてみましょう。
一日で効果が出るものでもなく
2週間ほどすると
あれ?最近ちょっと・・・と気づきます。


副作用も怖い。
少しでもゆったりと
不安感を少なくして生活させてあげたい・・・


難しい


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写


# by keikototyuyo | 2018-02-25 23:31 | 入院・治療・強迫症状 | Comments(2)

中学部の卒業に向けて その2

※ブログ村の応援クリックのシステム変更ができていなくて
せっかくクリックしていただいた22、23日の分が
反映されていませんでした。ポンコツでごめんなさい…
もしよかったらもう一度クリックしてやってください…


さて

謝恩会は無事終わりました。

全部で一時間半弱、和やかで楽しい会でした。

ツヨポンは…

はじめのことば、校長先生の挨拶、乾杯、おやつまで
座って過ごしましたが
おやつを猛然と食べ終わると
会場のお部屋の後方でずーっと立って揺れていました。(笑)
猛然と食べたおやつもすっかり消費する運動量…

スライドをチラ見したり歌に体を揺らしたり
先生へのプレゼント贈呈をチラチラ遠巻きに眺め
なぜか終わりの言葉の時はイスに戻って座っていたらしいです。
私は司会進行だったので
最後どうだっか記憶になく。ごめんねツヨポン。

ちなみに先生からの歌のプレゼントの時は
その場所がちょうどツヨが揺れていた場所で
知っている歌だったので
先生方の列に並び一緒に歌っているようになり
おかしくて吹き出しました。
お話しできないツヨの歌声は聞こえないけれど
たぶんほんとうに先生と一緒に歌っていたのでしょう。

今誰が主役とか、あちら側とかこちら側という意識のなさは
社会性・対人相互関係の難しさなんだろうなぁと
あらためて思いました。
自閉症の診断基準の一つなので、自閉症なら誰しも持っている特性なのだけど
そこがツヨはとても重いのだろうなと。
そこに知的・認知の重さも絡み。

あらためてツヨを知った謝恩会でした。

そしてそんなことはクヨクヨ気にせず
私は司会に集中です。
それはそれ、これはこれ。
引き受けた仕事は全力でやる。
楽しくてちょっと泣ける会にするだけ。

もうツヨとの付き合いは長いので
基本的に言うことをきかないことは
とっくに分かっています。
どこまで付き合ってくれるかが大事。

将来のお仕事もそうだけれど
ツヨは自分の道をまい進しつつも
自分の仕事(今回はおやつを食べること 笑)
が終わっても、
すべての片づけが終わるまで部屋から飛び出したりせず
指示があるまで待つことができる
机を拭いてなど、言われたらやる
これができている
それで十分だと思います。

障害・特性は治らない。
でも周りと折り合いをつけていくことは訓練できる。

終わりの言葉が終わるとすばやく上着を着て
リュックを背負い
「片づけ、待てるのか?!」
と先生や他のお母さんをちょっとドキッとさせたけれど
片づける私のそばをウロウロしながら
30分ほどの間ちゃんと待って(付き合って)くれたツヨでした。
リュックをおろすように促しても
そこは断固拒否でした。(笑)
そうだよね。

そしてきっとツヨなりに謝恩会を楽しんでいたはず。
全員で歌うプログラムで「最&高」の歌が流れると
先生やお友達と一緒に
一層大きくゆらゆら揺れて楽しんでいました!





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写


# by keikototyuyo | 2018-02-22 19:35 | 中学校 | Comments(2)

中学部の卒業に向けて その1

もうすぐツヨもコトも中学校卒業です。

中学生時代はあっという間でした。

入学したての頃はツヨはまだまだ不安定な時期で
繰り返し行動などの非常に強いこだわりがあり
先生方も相当ご苦労されたに違いありません。

動線のこだわりが非常に強いツヨ。
根負けして本人の好きにさせてしまうと
本人もやめたいのにやめられない強迫状態になる
という難しい対応だったと思います。

対処のさじ加減がなかなか難しく、
一緒に生活していると朝から晩までそんなことの繰り返しだったので
こちらが折れたりする場面もありましたが、
学校ではいろいろと工夫をしていただいて
なんとかその時期を乗り切りました。

最近はツヨもその頃に比べれば柔軟さも出て、
何より「うわーっ!」
と熱くなってしまってからのヒートダウンが
格段によくなりました。

4月からは校舎の一個上の階にお引越し。

ツヨらしさを失うことなく
でもできるだけ穏やかに
将来のお仕事への準備の季節を過ごせるといいなと思います。

明日はお母さんたち主催の卒業を祝う会。

おやつを食べたり歌を歌ったり
ツヨにとっては卒業の意味は分からないので
お楽しみ会のようなものかもしれません。
小学校のときの卒業の謝恩会の写真があったので
明日はこれを学校でやるよ
と伝えたら
目を丸くしていました。

お楽しみ会
おやつとお茶
歌を歌う
お片付け
ママと車で家に帰る

と言葉で伝えたら丸い目のまま
「ん。」
とこっくり。

親の主催なので「お片付け」までしたい。
机上のツヨのプログラムの最後に「おかたづけ」とちょちょっと書き足しておけば
終わったらびゅーっと走っていってしまうことはないはず。



たぶん

大丈夫



と思う…

(汗)


ご報告はまた後日。



f0025201_09072720.jpg
   ↑
ベランダの花
どうしても名前が思い出せない…



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写


# by keikototyuyo | 2018-02-18 22:26 | 中学校 | Comments(2)