働くことの本当の意味

先週はツヨの学校の「校内実習」期間でした。

高等部一年生になり、学校でも将来を見据えての活動が
少しずつ増えてきました。

校内実習では、普段の学校活動とは違い、「ものづくり班」として、
作業所などを模して登校から下校時まで活動します。

いつもの日課と違うことや、新しい動線がいっぱいで
ちょっと心配しましたが、ツヨは頑張りました。

そもそも障害のある子達にとって
「頑張る」
「働く」
ことの本当の意味ってなんだろう。
「お金をもらうこと」
「役に立って褒められる」
「達成感」
うわべだけでなく、きれいごとではなく本当の意味。

それは子ども達一人ひとり違うでしょう。

でも私が思うのは
「人生はとっても長い」ということ。

楽しいことばかり親が選んで過ごさせるのか。
あと十年もしたら、気づいたらもう大人になっているだろうに
ずっと子ども扱いして精神的自立をしないで生きていかせるのか。

親が亡くなってからの、その先の人生についても。

そうなると
「その子なりの自立」
ということにグルグル回って結局帰ってきます。
ストレス少なく暮らさせてあげたいという思いももちろんあり、
そのさじ加減が難しい。

そして障害の比較的重い子ばかりが大変なわけではありません。
軽度であったり、健常であってもとても繊細な子ども達の、
長い人生をどう生き抜かせるのか。
そこにもまた違った親の悩みがあることでしょう。



さて
いろいろありましたが、
ツヨは一週間、よく働きました。

ツヨポンのお給料です。
f0025201_22511142.jpg
おつかれさまでした。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写





# by keikototyuyo | 2018-06-17 22:57 | 息子の将来 | Comments(2)

これ以上背が大きくなるのか問題

さっき足の爪を切ってやっていたとき
あれっと思いました。

(ちなみに足の指は怖がらずに切らせてくれます)

親指の付け根がぎゅっとくびれて長くなってる。
なんだか男らしい足になっていた…

もしかしたらもう少し背が伸びるとか?

少し期待。

そうはいってもニョキニョキドーンと
大きくなってしまうと
それはそれでいろいろ困る。(汗)
走られると追いつけないし。

たまに背中にピョンとおんぶしてこようとする時があって
私にはしないけれど
パパや学校の先生やデイのスタッフさんにやっているらしい。

55キロはあるので、確実に腰やられます。
ふいに飛び乗ってくるし。
「おんぶはしません!」(笑)
とはっきり×をすると
『だめか』(ニヤリ)
とあきらめます。

まだまだ中身はかわいいもんです。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2018-06-13 23:41 | 自閉症の息子のこと | Comments(0)

気持ちがたくましく育っている

昨日の土曜。
マンションのチラシを見ていたツヨが
「あっあっ。」
と何か訴えてきました。

見ると下のほうに「近隣のスーパー」の写真が。
前によく行っていた車で8分くらいのスーパー。

「え?行きたいの?」
コクンとツヨ。
「お買い物?」
コクン。
さらにお母さんと子どもが一緒にスーパーでカートを押す絵カードも指している。
マックでハンバーガーでも食べたいのかな?
「じゃ、明日、行こうね。」

そして今日、パパと日帰りのお風呂から帰るやいなや
「お!(お買い物!)」
おお、やる気だね。じゃ、行こう!
玄関で靴を履きながら、私の顔を見上げて
「バ・バ・バ…?」
これは『ハンバーガーは食べる?』と聞いています。
もはやこれを聞き取れる自分がすごい。

「食べないよ。」試しに言ってみる。
ニヤリとするツヨ。これは『だよね。あわよくばと思ったけど』
という顔です。もはや顔でも言っていることがわかる自分がすごい。
そうか。あきらめるということは買い物が目的なんだな。

スーパーにつくとお肉売り場へ直行。
しかも牛肉。
サイコロステーキの大きなパックをしっかと手に取りカートへ。
しかもガーリックっぽい味付けしてあるもの。

はああ
前に作ったサイコロステーキが、ものすごく食べたかったのか!

賢いなぁ。
このパック、このスーパーでは見るのも買うのも初めてだけど
この辺に僕のお目当てがあるって推測したのか。

前に作ったとき(その時は駅そばのスーパーでお肉を買って、手作りの味)
ごくんとつばを飲み込んでいたものね。

さてさて「野菜もね」と言うと
ちゃんと野菜も買って、袋に自分で詰めて、持って、
マックもアイス屋さんもよらずに直帰。

お話しはできなくても、表情や行動や視覚支援で、的確に伝えることができるって
すごいことだなと感心しました。

たくましい。

キミはたくましい。そしていいやつだなぁツヨポン。




手作りバージョンはこの記事ですね
   ↓





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写





# by keikototyuyo | 2018-06-10 23:35 | Comments(4)