純粋な男子たち

手の爪を切るのがすっかり怖くなって
切らせてくれないツヨ。
ならば寝ている間に、と
寝息がしっかり聞こえてきた時を見計らって
――ぱちん
すると手をさっとひっこめます。
真夜中でも。
眠りの深ーいところを狙って
もう一度
――ぱちん

お。起きない。

――ぱちん ぱちん

いいねいいね。

ぱち・・・手を引っ込める

だめか。

薄目を開けて私の手元の爪切りをチラリ。

『それ つめきり バイバイ』
寝ているのに薄目をあけて手をふってバイバイしてくる。


こんなことを10日ほど繰り返して
やっと10本の爪が切れます。

たまに調子よくぱちん、ぱちんと切れているときに
音を聞いたパパが
「大きくなってもママに爪を切ってもらえるなんて
ツヨはしあわせだなぁ」
「は?そうなの?」
「しあわせでしょう」
「はぁ・・・」
なんか複雑だけど、まぁいいや。

パパの純粋な思い込みを壊しちゃいけない。


f0025201_00024491.jpg
 
       あじさいの季節ですね


f0025201_00025366.jpg

       すみれもがんばっている



f0025201_00030686.jpg

     ベランダ―に寄せ植えした初夏の花たち






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写





# by keikototyuyo | 2018-06-02 23:57 | 日常生活 | Comments(0)

ボクには歩くラインが見える

ツヨの朝の登校風景。

f0025201_23465729.jpg



スクールバスまでの道。
10分弱です。

いつも同じ場所を歩きます。

この歩道のはじっこの白っぽいところ。

前からお散歩のワンちゃんが来ると

いつの間にか、直前でスッとよけられるようになり、
「このままいくとぶつかるのでは?!」
と私がハラハラしなくてもいいようになりました。



f0025201_23471933.jpg

いつも下を向いて歩いているのは

きっと本人には浮かび上がって見えている
「自分の歩くライン」を見ているのでしょう。


ワンちゃんはよけられるけれど
古紙回収のトラックなどが止まっていると
新聞置き場とトラックのせまーい隙間を器用に通ります。

回収するおじさんに
「お、ごめんな!」
と言われてもすーっと行ってしまうので、代わりに
「すみませーん。とおりまーす!」
と言う私はなんだかへんてこな動きに……

いつも通りをこよなく愛し、
たまに起こる「いつもとちがう」ことに
時にクールに、時に「ひー……!」と心を乱しながら
小さい大きい波を乗り越えつつ
毎日コツコツと生きています。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写





# by keikototyuyo | 2018-05-29 00:06 | こだわり・常同行動 | Comments(2)

一番大事なこと

一昨日、今日と出席しないといけない会議があって
二時間緊張して座ったままだったら
体がガッチガチになってしまった。

ストレーッチ。

会議は脳にはいいけれど体には悪い
という結論を出していいですか。(笑)

今年度は地元の障害児の親の会の会長をすることになり
いろいろなことを知るいい機会だと思っています。

親の立場や事業所さんの立場、学校の立場、お役所の立場、
ボランティアさんの立場、町内会の役員さんの立場。
いろいろな立場の人がいて
みなさん自分のお仕事に真摯に向き合っています。

よく考えると親の立場だけは誰しも進んでなったわけではない。
でも逆に考えると、それ以外の立場の方たちは進んでそのお仕事を
おそらく選んだわけで。

ありがとうございますとしか、もう言う言葉がありません。

でも親は365日だしある意味24時間だし
そして一生だから
休み休みいきましょう!

お母さんの健康が一番!
という結論にもまた達しているのでした…


f0025201_21252124.jpg




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写




# by keikototyuyo | 2018-05-24 22:25 | 福祉・教育・社会 | Comments(0)