気持ちがたくましく育っている

昨日の土曜。
マンションのチラシを見ていたツヨが
「あっあっ。」
と何か訴えてきました。

見ると下のほうに「近隣のスーパー」の写真が。
前によく行っていた車で8分くらいのスーパー。

「え?行きたいの?」
コクンとツヨ。
「お買い物?」
コクン。
さらにお母さんと子どもが一緒にスーパーでカートを押す絵カードも指している。
マックでハンバーガーでも食べたいのかな?
「じゃ、明日、行こうね。」

そして今日、パパと日帰りのお風呂から帰るやいなや
「お!(お買い物!)」
おお、やる気だね。じゃ、行こう!
玄関で靴を履きながら、私の顔を見上げて
「バ・バ・バ…?」
これは『ハンバーガーは食べる?』と聞いています。
もはやこれを聞き取れる自分がすごい。

「食べないよ。」試しに言ってみる。
ニヤリとするツヨ。これは『だよね。あわよくばと思ったけど』
という顔です。もはや顔でも言っていることがわかる自分がすごい。
そうか。あきらめるということは買い物が目的なんだな。

スーパーにつくとお肉売り場へ直行。
しかも牛肉。
サイコロステーキの大きなパックをしっかと手に取りカートへ。
しかもガーリックっぽい味付けしてあるもの。

はああ
前に作ったサイコロステーキが、ものすごく食べたかったのか!

賢いなぁ。
このパック、このスーパーでは見るのも買うのも初めてだけど
この辺に僕のお目当てがあるって推測したのか。

前に作ったとき(その時は駅そばのスーパーでお肉を買って、手作りの味)
ごくんとつばを飲み込んでいたものね。

さてさて「野菜もね」と言うと
ちゃんと野菜も買って、袋に自分で詰めて、持って、
マックもアイス屋さんもよらずに直帰。

お話しはできなくても、表情や行動や視覚支援で、的確に伝えることができるって
すごいことだなと感心しました。

たくましい。

キミはたくましい。そしていいやつだなぁツヨポン。




手作りバージョンはこの記事ですね
   ↓





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写





# by keikototyuyo | 2018-06-10 23:35 | Comments(4)

お怒りモード

こちらの地方も梅雨に入りました。

傘を持って歩くことが多くなったけれど
建物に入るときにビニールの傘袋を使わない人が結構いて
ちょっと驚きます。
以前に雨水で床が濡れていて、滑って転んだお年寄りを見て以来
しずくが滴るときは、そうか傘袋を使わなければ危ないのだと
しみじみ思いました。
自分も一度、派手に転んだ記憶もあり…

少々うっとおしい季節だけど
車の運転や足元に気を付けて乗り切りましょう。

そうそう

おとといあたり。
ツヨに大き目の傘を持たせたら
なんだか手元がグラグラ・・・
そもそも雨に濡れることをあまり何とも思っていないのでしょう。
小雨にもなってきたら、垂直であるはずの傘が
しまいにはほとんど肩に水平に。(笑)

「ツヨポン、傘…」
と言ったらピシッと持ち直したので
ここは褒めて伸ばす?と思って
「じょうず!」
とちょっとオーバーに言ったら

「ううう〜!(怒)」

めっちゃお怒りモード・・・

そんな子供だましの声かけ、俺にはいらんと。
傘なんてキライだ
持てというから、しょうがなく持てやってるんだと。
(そこまで思っているか?)

喜怒哀楽が分かりやすいツヨポンです…

なんだかごめんね。でした。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ





# by keikototyuyo | 2018-06-07 23:46 | 自閉症の息子のこと | Comments(0)

「テレビがおかしいです!おかあさん!」

夜はお薬の効果もあって
結構早々に寝床に入るツヨポン。

朝は飛び起きて
カーテンを開けて洋服を着て
パジャマを洗濯カゴに入れて
ちょんちょんと雑に顔を洗って(笑)
ソファーに座ってEテレをつけ、iPadでYou Tubeを見る。
そこまでが彼の朝のルーティンワークです。

一昨日かな
跳び起きたのが聞こえたので
「やってるな」
でも「まいっか」としばらく寝ていたら
私の部屋に来て
「ひぃ~」
と助けを求めてきました。
「どしたの?」
あれ?リモコンを渡してくる。
寝ているうちに固まった体に鞭打って
よいしょとリビングのテレビを見る。

ん?…えっと……

画面がシーン
なんか書いてあるね

って時計みたらまだ4時半だし!
まだ放送やってないんだよぉ。

窓の外に目をやるツヨ。
うん。そう…だ…ね。明るいね。
でもさ、今、まさに山の間から赤い朝日が昇ってきてるよ?
って難しいこと言ってもわからない。

アナログの時計を指差して
「4時半です。まだ寝ます」
「6時に起きます。バイバイ」
とツヨの部屋を指してみる。

どうも早かったらしい
と分かったのかどうか

神妙に部屋に帰り、もう一回寝ました。
そして7時ごろまで寝ていたのか、ベッドで起きていたのか。
とりあえず状況は察したらしい。(笑)

テレビをつけて
画面が動かないと分かったときのツヨポンの様子を想像すると
かわいそうなような、おもしろいような
胸がきゅっとするような
何とも言えない感じです。

もしお話ができたら、こう言うのでしょうね。

 

「テレビがおかしいです!おかあさん!」

f0025201_22415254.jpg




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


# by keikototyuyo | 2018-06-05 00:13 | こだわり・常同行動 | Comments(2)