人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ウィルスと戦う

めまいは大丈夫そうです。
根本的に治す薬はないものの、
血流をよくする薬をもらったのでしばらく飲んでみます。


しかし、最近風邪がとても流行っていませんか?
空気中に悪ーいウィルスがたくさんふわふわ飛んでいるのでしょう。
暑がりで、窓を閉めて軽くエアコンをつけて過ごす娘だけ、
ピンピンしているのですから。
見えないだけに、ウィルスが怖い・・・・・・
(見えちゃったら、もっとコワいけど・・・・・・)


ところで先日、成人式の衣装のダイレクトメールが届きました。
令和5年度に成人式を迎える皆様へ
って、どれだけ前のめりな商戦・・・
頑張っているのに申し訳ないけれど
すぐにフリーダイヤルに電話して、止めてもらいました。
どんなダイレクトメールでもすべてそうしています。

名前の下の番号などを伝えれば、事務的に対応してくれます。
いらない、と思ったら何も考えずに受話器を持つ。
あとはすっきり~
電話番号を知らせたくない場合は、番号非通知でかけたほうがいいですね。


ああ~
今、体の中で、ウィルスと免疫力が戦っております。
みなさまも風邪などお気を付けくださいませ・・・




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとう
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

禁複写

f0025201_23142916.jpg

by keikototyuyo | 2019-09-28 11:53 | 日常生活 | Comments(0)

救急車に・・・

乗りました・・・おととい、私が・・・

ひどいめまいに襲われまして・・・

あれ?なんだか目が回ってきたなぁ
すごくイヤーな予感
と思っていたら
20分くらいで、立っていられないほどに。
家の廊下でうずくまりました。
頭を一ミリでも動かそうものなら、グルグルグル~となり
トイレに駆け込みます。ツヨがトイレの時は洗面所へ。

もともと車酔いなどもひどい体質なのですが
まぁ吐きました吐きました・・・(失礼します)
7~8回。
廊下が一番近いのでそこでうずくまったのでした。

めまいは2~3年に一度ぐらいひどい発作があり、
救急車で二度ほど運ばれています。
今回は乗りたくない、治れ治れと気合で治そうと思ったものの
治るわけがなく。
祝日だったので家族もいました。一人の外出中じゃなくてよかった。

でも家族はいるけれど、しばし一人で戦っていました。
でもついに、パパと娘を呼ぶことに。

娘「救急車、呼ぼう。」
私「ううー、やだよー。車に乗れる気がしない。一ミリも動けない。」
娘「だって、そうやってもうどれくらい経ってるの?」
私「・・・一時間。」
娘「あ、それは、だめ。点滴しないと治らないよ。」

ちょうど夕食の用意をしようとしていたときでした。
いやいや
主婦が夕方、動けないって、絶望的。
いつもは「ごはんよ。」と言われるまでだれも部屋から出てこない。
私作る人、皆さん食べる人なんだけど、
前日のビーフシチューをみんなで一生懸命温めて
お玉がない、おしゃもじはどこ、お茶がない
など、あーでーもない、こーでもないと頑張ってました。
そして、廊下でうずくまる私の横で
パパと娘とツヨの、カチャカチャ、ガツガツ食べる音が・・・
みなさん、お達者で何よりです・・・
で、食べ終わったところで、私も自然治癒をあきらめて
救急車を呼んでもらったのでした。

パパが119番してくれました。
パパはこんなふうに私が倒れたときに遭遇したことがなかったので
おそらく相当びっくりしたでしょう。

ちなみにマイカーでは到底無理でした。
申し訳ないことに救急隊3人がかりで運んでもらう始末・・・

吐きながら病院へ行くと、すぐ点滴をしてくれました。
はやく治まってくれ~と焦るものの、
吐き気は治まっても、目が回るのが治まらない。
起き上がれるようになるまでそこから3時間かかりました。

救急車に同乗してきてくれた娘も、さすがにあきてしまって、
やっと目が開けられるようになって娘と再会したら、
じゃがりこ売店で買ってきて食べてました。
「まだ寝てなよ。」と言いつつ「ひまだよ~」と訴える。
だよね。ありがとね~
点滴、すごく待つよ、ママ一人で行くよと言ったけれど
ついてきてくれたのでした。
ツヨがどうしているか、パパにメールできいたら「もう寝ました」とのこと。
まだ20時半なんだけど。でも一安心。

なんだろう
うちの家族たち
やさしいけれど、超マイペース。
いや、おおらか・・・ということにしましょう。

めまいが治まったので、夜やっと自宅に帰れました。


翌日、めまいは大丈夫だけど、どうにも身体の元気が出ずに、ぐったり。
でも救急の先生に「耳鼻科に電子カルテで申し送りをするので、明日必ず受診してくださいね」
ときっちり言われていたので、学校主催の講演会参加を、欠席して行ってきました。
予約外は2時間以上は待ちますよと言われて、待てる元気がなかったのですが、
車できていたので、中で横になってタイマーかけて熟睡してました。

結果は「良性発作性頭位めまい」との診断。
難聴やメニエールじゃなくてよかった。
じっとしていないといけない耳の病気でもなくて、
ひたすら日日薬(時間が治すこと)で待つしかないんですと。
むしろ、頭を動かしたり、軽い運動をしてくださいって。
怖い病気じゃないから不安にならないで、
自分からめまいを起こしてあげるくらいがいいのですって。
医師からもらった「こんな体操してくだい」のイラストみてやってみます。

長年、「なんだろう?このめまい・・・」って思っていたのが、
きっぱりと診断名をつけてくれて、スッキリしました。
ストレスが原因というわけでもない、というのもうれしい。
ぜったい無関係とは言えませんが、と言われたけれど。

以前、近所の耳鼻科でメニエールかもと診断されたのですが、
「メニエールは、まじめな人が、ストレスにさらされるとなりやすい」
と聞くことが多いので、
『えー、私はいわゆる”まじめ”じゃないし、ストレス耐性も相当強いはずなのになぁ』と
内心しっくりしていなかったもので・・・
超がつくほど「過敏で繊細で心配性」ではありますが・・・(汗)
けっこうがんばれるし、忍耐強いので。
あとまじめじゃなくて、いつもふざけている。ふざけたい虫がいつもムズムズ・・・

でも、とにかくまだやらなきゃいけないことはたくさんあるので、
さぼりつつ、やるときはやりつつ、遊びつつ、
楽しく暮らしていきましょ、っと。


ちなみにツヨポンはママが倒れているとき、どうしていたかというと、
廊下でうずくまる私をまたぎそうな勢いで、さささっと洗面所に行って
流し台をジャージャージャーとおそうじしてくれていました・・・
あとはソファーでテレビを見てました。

けっこうちゃんとしている・・。
そして、マイペース・・・あ、おおらか、なのね。


とりあえず、元気になりました。
みなさまもお気を付けくださいね。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとう
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

禁複写



f0025201_00162564.jpg




by keikototyuyo | 2019-09-26 00:42 | 自分のこと | Comments(4)

夢と現実と

またまたご無沙汰してしまいました。
ツヨポンは元気です。

来月の修学旅行。
来月だよ。と何度も伝えカレンダーにも記入してあるのに、
学校から帰ると毎日
『あした?』
『えんそく、あした?』
とアイパッドでホテルの画像を見せて確認してきます。
ニヤニヤ笑っているので
まだだと分かっていて言っているのでしょう。

学校や、放課後デイでも
「えんそく」
と50音表でアピールしてくるとのこと。
「遠足にいくんですね~?」
なんてデイのスタッフさんに言われ続けています。

風邪などひかせないで、万全の体調を整えてやらなければ・・・・・・
なんだかプレッシャー・・・

娘のほうも修学旅行があって、行先が沖縄なのですが、
こちらは、絶対行きたくないそうです。

足して二で割りたい双子です。
世の中うまいこといきません。


さて

ツヨが美術の授業で制作した「富士山の砂絵」







f0025201_22063643.jpg





新緑の頃か

ツヨはそんなつもりで作っていないでしょうが
抜けるような青空にそびえる山頂
雄大な裾野を連想します

色合いは自分で選び、砂をかけたそうです

額に入れてみようかな




さて
現実の季節は秋に向かいますね
皆さま、お体ご自愛ください




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとう
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

禁複写




by keikototyuyo | 2019-09-18 22:43 | 高等部 | Comments(2)

自分のこと・近況

昨日の寝る前にパソコンとにらめっこしていて、
首がパンパンに張った状態で寝てしまったせいか、
夜中に目が覚めたとき、えらい首が痛いことに気づきました。

寝ぼけながらシップを貼って、保冷剤をタオルにくるんで首に巻いて寝たら
朝、かなり良くなっていました。
「痛いときは、冷やす」
と以前、鍼の先生に教えてもらったのです。
鍼も行かなきゃなぁと思いつつ、なかなか通えませんが。
そもそも痛いのが苦手(誰でも?)なので
鍼がすごーくコワイ・・・
でも、治療してもらうと
来てヨカッター!と確実に思います。

こんなバキバキに張った首を診せたら、
先生、あきれるだろうな・・・

やりたいことと、やらなきゃいけないことが多すぎて、
結局あんまり前へ進まない、へたくそな水泳をしてるような毎日です。

今日はピラティスに行ってきましたよ。
先日10月からの継続の申し込みをしたのですが、
新規の申し込み者がすごく多くて、
古株のお母さん(おばあちゃん)たちがいっぱい落選しちゃったそうです。
私は抽選でなんとか当たりました。

そういえばピラティスも、たまに痛いかも。
いろんなポーズをぐぐーっとしないといけないので。
私は体がガチガチに硬いので、あんまりぐぐーっとならないけど。
関節や筋を痛めないように気をつけないとです。

それからこの間、新宿のオペラシティまで行ってきました。
前に書いた、クラシックを聴きに。
えらい遠くて、自分でも「よく来たな、ここまで。」
と聴きながら思いました。
当たり前なんだけど、コンサートや舞台は、自分から行くしかない。
どんなに便利な世の中でも、生の舞台はあっちからはきてくれない。
聴きたい人たちが、会場に集合するしかないんだなーと。
昼間から満員でしたよ。
この生の臨場感を味わうために、足腰は当然、心身ともに、
健康をキープしなければと実感しました。

何ごとも、私は目的があると頑張れるので、
痛いことも続けよう、と思ったのでした。
(注:私が痛がりなだけで、鍼もピラティスも
たぶん普通の人はさほど痛くないのだと思います・・・とほほ~)

落ち込むことも、たまには内心イラッとすることもあるけれど、
楽しいことを絡めながら、気分転換して、無理しないでいきたいものです。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとう
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

禁複写




読んでいただいたお礼に
たまには5行詩でも。


f0025201_00162564.jpg

品種札には「アスター」
お店の人は「友禅菊」と呼んでいた
心の中で呼ぶときどっちにするか
今日も決められないまま
朝の水やり










by keikototyuyo | 2019-09-11 00:08 | 自分のこと | Comments(0)

神様がくれた大切な宝物

久しぶりの更新になってしまいました。
夏休みが終わって学校が始まりましたが、
あれっ、学校って、毎日何を持っていくんだっけ
から始まり、やっと夏休み前のペースを取り戻してきたところです。

大人ですらそうなのだから、子ども自身もそうなのでしょうね。
ツヨはいつも翌日の登校準備を自分でするので
すっかりお任せしていたら、
体操着と、給食のお手拭き&歯ブラシセットを入れ替えないで
昨日は登校してしまいました。
体操着は同じでいいけれど、
濡れたお手拭きを二日も使うのは衛生上ぜったいダメだ・・・と思い、
給食の前に学校に届けにいきました。

ちょうど給食当番で白衣を装着したツヨが教室に。
「お手拭きとか、取り替えてないでしょう。」
と新しい給食セットを私が差し出すと、
『あ、そういえばオレ、セットし忘れてた。』
と思ったか、すぐに入れ替えていました。
体操着のポケットの昨日のハンカチも、新しいものに取り換えさせました。
私もぼーっとしていたと反省です。

ツヨは給食当番を頑張っていました。

給食といえば、先日は珍しく食がすすまない様子のときがあったそうで、
早食いを封印して時間をかけて完食し
結局、給食を食べ終わったあとに大泣きしたそうです。
おしゃべりできないので、理由は想像なのですが、
おそらくプールのあとですごくお腹が空いていて、
嫌いなメニューを悲しい気持ちで食べたのではないかと思います。
その様子が本当に元気がなくて、
先生方がたが
「熱があるのでは、具合が悪いのでは」
とずいぶん心配してくれたそうです。

おしゃべりができなくて、思いが伝わらなくて、
幼い頃はたくさんたくさん泣きました。
とても泣き虫なツヨでした。
その姿は、本当にかわいそうで、見ているだけで苦しかったのを
思い出しました。
自分の境遇をどう受け入れて生きているのか。
本当に我慢強い子だと思います。

三度の食事を、私が思う以上に楽しみにしているですよね。

おいしいご飯を作ってあげなければ。ですね。
(もちろん給食も大好きなツヨです。
泣くことなんて、偏食克服後の給食史上、初めてなのでした。)

あれから数日。
今日の夕食は、肉じゃがとブリの照り焼きに。

f0025201_22533162.jpg

それはそれはウキウキで食べたツヨでした。
気持ちが満たされたからか、お風呂の前の歯磨きでは、久しぶりに声を上げて笑っていました。
「楽しいの?」
と尋ねると、私の顔をじっと見てニコニコ笑顔でした。

「喜怒哀楽を素直に表せる表情」を持って生まれたこと。
神様が残してくれたせめてもの救いであり、
ツヨの大切な宝物です。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとう
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
禁複写






by keikototyuyo | 2019-09-05 00:14 | 自閉症の息子のこと | Comments(4)