人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ツヨママの手作り料理はこんな感じ

先日の流しそうめんは、結局そうめんもたくさん食べて
おにぎりやスイカもたくさん食べて
お腹ポンポンになって帰ってきました。

夏の思い出になったかな。

ちょっと運動もしないとやや重量増加中…

ツヨは今、身長163センチ、体重54キログラムくらいです。
骨太です。

家族みんなそうだけど、健康にできるだけ気をつけなきゃと思い
一生懸命野菜を食べています。
野菜はできるだけおいしくしていただきたい。


最近の我が家の夕食でも、たまには載せてみようかな。



えーと

安定のハンバーグ

この日は人参はコンソメとバターで丁寧にグラッセに。
我が家のハンバーグは牛7:豚3ぐらいの割合。
f0025201_22071482.jpg



冷しゃぶ

黄色いズッキーニはオリーブオイルとガーリックソルトで
一度炒めて。
豚肉は冷しゃぶにして水気をよく切り
レタスとトマトの上に。
カイワレ大根もON。
タレは、和風玉ねぎ醤油ダレ。
寄せ豆腐はしょうがをのせて。
f0025201_22094944.jpg



肉野菜炒め

ナスとズッキーニ、ピーマンを大量に。
ゆでた北海道トウモロコシをスライスしてON。
赤ワインにぴったりでした。
ごはんは雑穀米。
お味噌汁かお吸い物かスープを野菜たくさんで、ほぼ必ず作ります。
f0025201_22101857.jpg




シーフードとバジルソーセージとパプリカのパスタ

ベランダのスイートバジルを使って。
生ハムのサラダと。
f0025201_22212345.jpg


・・・

おなかすいてきちゃった。

明日は何にしようかな。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

by keikototyuyo | 2018-07-30 22:35 | 日常生活 | Comments(0)

流し〇〇〇〇?

今日は、いつも行っている児童デイでの
流しそうめんのイベントでした。

何回か経験しているので、行く前に家のパソコンの画像検索で
「流しそうめん」の画像を見せるとすぐ理解。

しかし、しばらくするとハッとして
私の顔を真顔で見つめて

「ほ・は!」

ほ、は?

ほはとは何ぞや。

??顔の私を見て、これは通じていないと思ったツヨぽん。
冷蔵庫に貼ってある50音表のところに私を連れて行って指差し。

「そ・ば」
と指しました。

あ。そば!
そばね。
うんうん
最近そうめんより、そば派だもんね。

って、おそばは流れてこないから!

「そばは、ありません!」
と笑って言うと
ニヤリと笑いつつ
「ほ、は!」
「ほ、は!」

はいはい。流しそばなんて聞いたことないよ。
あ、そういえば案内状におにぎりとかも出ると書いてある。
「ツヨぽん、おにぎり、あるって。」
と伝えるとちょっと喜んだ表情を見せました〜。
よかった。
スイカ割りもあるらしいし、楽しめるでしょう。
ということで無事、送り出しました。

さあて

『おにぎりも流れてくるのか。』

とツヨぽんが思ったかどうかは不明です。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写


f0025201_22591117.jpg









by keikototyuyo | 2018-07-27 20:36 | 外出・余暇 | Comments(0)

できるだけ永く一緒に暮らすんだものね

最近、何か運動をせねばと思い
夜に気が向くとヨガを自己流にてやっています。

一応雑誌のヨガ特集を見ながら…
  ↓
クロワッサンスペシャル
「かんたんヨガ&整体」

右の「お気に入り」に載せました。


割と簡単なやつなのかな?

家事を終わらせて、子供も寝て、
さてと、と。

腰を伸ばしたり体の側面を伸ばしてみたりと。

そして四つん這いになって片足を後ろにあげて伸ばすポーズ。
ちょっと足の角度を上げると腹筋にもいい。

と、その時ツヨが自分の部屋から出てきました。

「あー何やってんの。かあさん」

なーんちゃって。そんなことツヨが言うわけありません。

ツッコむ代わりに彼のしたことは…

私の横に同じ向きに四つん這いに。

そして同じポーズを大真面目な顔でしれっと。
しかもすごいヘタクソに。
ウン。何かが違う、ツヨポン。
後ろの脚が伸びてないんだよ。
というか、キミはウケを狙っているのか?
それともオレも運動せねばと思ったの?
それとも付き合ってくれたの?
それともただただカワイイだけか!オイ。

そんなツッコミを入れるまもなく
さっと私に背を向けてパジャマをまくるツヨ。
毎晩やる「背中かき」の儀式。
ちょんちょんとかいてやると『ヨシ』と納得して
部屋に戻っていきました。

ツヨとコトのために、ママは目下、健康寿命引き延ばし作戦中なのだ。

できるだけ長く一緒に元気で暮らすんだものね。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



f0025201_00030686.jpg





by keikototyuyo | 2018-07-24 00:04 | 息子の将来 | Comments(0)

ひとりコンサートへGO!

家にいるといろいろ考えてしまうので
思い切って音楽会に行ってきました。

地元フィルのコンサートをネットで見つけて
電話をしてみると
当日券が50枚あるというので並んでみることにしました。
ひとり焼肉でもひとりカラオケでもなく
ひとりコンサートへGO!

電車で30分ほどの海のそばの立派なコンサートホールの小ホール。
何とか買えて、素敵な演奏を聴くことができました。
ちなみにクラシックのコンサートなんて生まれて二回しか行ったことはありません。
でももう大人なので何とかなるだろうと。
何とかなりました。
大人っていいものです。

楽器はすごい。
演奏家はなんて素敵な職業なのだろう。
演奏を終えたあとのすがすがしい笑顔を見ると
本当にうらやましい限りでした。

演目はバッハとストラヴィンスキー。
バッハは好きだけれど、ストラヴィンスキーは全くの白紙状態…
本当にストラヴィンスキーさんに失礼でしたが
とても素晴らしい楽曲で大満足でした。



この世は美しい


世の中や他人に不平不満をつぶやく時間なんて
もったいない



背筋を伸ばして生きたいなと思います。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写


f0025201_23513007.jpg




by keikototyuyo | 2018-07-20 23:49 | 自分のこと | Comments(6)

好きな映画

毎日暑いですね。

今日はちょっと大変なことがあって
今、やっとおちつきました。

人は無事に生きているだけで
すごく尊いものだと
このところ命の大切さをしみじみ感じます。




昨日BSプレミアムで
「ビューティフル・マインド」
という映画をやっていました。
アカデミー賞作品賞をとった
大好きな映画の一つです。

実在するノーベル賞数学者をモデルとしていて
統合失調症を患いながらも
自分の生きる意義を学問や家族愛の中に見出しつつ
病気とともに生きていくその姿を描いた物語です。


そんな風に、生きる意義を自分なりに見つけられた人は
とても幸運だとも思います。


重い映画などを観て、あれこれ難しく考えているときもあれば
無邪気に笑うツヨをみて
その尊さに圧倒され、
心がまっさらになるときもあります。

細かく小難しくきちんと思考する力と
いつでも無邪気に感動できる心の
どちらも兼ね備えた大人になりたいと思っています。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



f0025201_23432176.jpg



by keikototyuyo | 2018-07-17 22:37 | 自分のこと | Comments(2)

グッド・ドクター

グッド・ドクターが始まりましたね。
主人公が自閉症のドラマって久しぶりのような気がします。

自閉症の青年を演じる山崎賢人さんが
かわいくて
好演していて
がんばって!と思いました。
難しいと思います。自閉症の人のしぐさ。

私たちは一目でもう分かるほど、日常的に一緒にいるから
よく特徴をとらえているなぁと感心しました。

うちにも一人最高にピュアな自閉症の高校生がいます。

このドラマで自閉症についての理解が少しでも広がったらいいな
と思います。

実際お医者さんにも、高機能自閉症や自閉傾向の方は
たくさんいるのかもしれません。

コミュニケーション能力に医師としての質的な問題がある場合は
活躍の場が狭まってしまう場面もあるでしょう。

主人公の湊の場合、それが顕著なケースで。

稀有な能力を周りが認め、必要とされる存在になれるといいですね。

うちのツヨポンは知的に地を這ってしまっているので
ちょっと比べようがないですが、
根本的には自閉症の特性は一緒。

空気が読めないとかマイペースなどと言われるけれど
クールなわけでもわがままなわけでもない
どうふるまえばいいのかが皆目分からないだけ。

生まれ持った性格や性質と絡んで
千人いたら千通りの自閉症ができあがります。

ちなみにツヨポンは優しい平和主義者です。
でもおにぎりはぜったい1番大きいのをとるし、
ちょうだといっても分けてはくれません。(笑)

ドラマでは、これからいろいろ問題が起こるのでしょうね。
どう解決していくのか
今後の展開を見守りたいです。






by keikototyuyo | 2018-07-13 00:30 | Comments(0)

制服のシャツをインしてベルトができるのか

先日、学校で施設訪問の学習がありました。

駅などに、日ごろのお礼に作業で作った作品等を持っていく
というものでした。

ツヨは「久々の校外学習的なもの」ととらえたのでしょう。
事前学習のときに写真などで説明されると
目をまん丸にして興味深々だったようです。

私としては少し構えたのが当日の服装についてでした。
「標準服で」
と学校からのお便りにあったのです。
制服、またはそれに準じた服装で登校するようにとのことでした。

高等部ではそもそも毎日制服で通うお子さんが、中学部に比べると多いのですが、
ツヨは相変わらず夏はTシャツに短パン……
冬はトレーナーかパーカーに長ズボン……

「高等部になると、制服で作業実習や作業所訪問をする機会があるよー」
とは先輩お母さんから聞いていました。
おお、さっそくその時がきたのか。

施設訪問にTシャツで短パンはひどいと
DK(男子高校生)っぽいチョイスにチャレンジさせてみることに。
さしずめ白ポロシャツに紺ズボン?
と思ったけれど、白ポロシャツを持っていない!
じゃブルーのYシャツでと思ったら、そうかYシャツだとパンツの中にシャツを入れて
ベルトをしないと、ということに前夜気づくという…

インできるのか?
ベルトはできるのか?

そんな疑惑を残し、まず、タンスの中の服を全部隠し、
ブルーのYシャツと紺ズボンだけ入れておくと
朝、素直に着用して部屋から出てきました。
よしよし。

朝、こだわりで何度もトイレに行くので、シャツはアウト状態。
よし、最後にトイレに行ったあとにインしよう。
学校で朝は「大」は行かないはずだから
チャックからの「小」で済むはず…

出かける直前にシャツをイン!

よいしょよいしょ

されるがままのツヨ「……」

そしてベルトを装着。

されるがままのツヨ「……」

なんなのその「……」は。
なんだか施設までこの状態を保てる気が一向にしないんだけど、
とりあえずできた!
スクールバス乗り場まで、そこそこかっこよくキマッている〜。

おとなしくバスに乗ったぞ。

「いってらっしゃーい。がんばって〜。」
と手をふる私をチラとも見ないのはいつも通り。

そして座席に座ってシートベルトをするやいなや
バッ
とシャツをズボンから引っ張り出したのでした……

ええ。郷ひろみのジャケットプレイ並みのすばやさで。

「いやーん!せっかく苦労したのに〜」


……まぁすごいウケたけどね。





そして夕方帰ってきたときは安定のこの状態でしたとさ。

f0025201_16180161.jpg









by keikototyuyo | 2018-07-10 16:29 | 高等部 | Comments(0)

体幹筋トレですとな?

少しいろいろあって元気がなくなっておりますが
もしかしたらブログを楽しみにしてくださっている方々が
いらっしゃるとしたらと思い
とりあえず来てみました。

地震や悪天候などの天災も続き
ご苦労されている方もきっといらっしゃるかと思います。

みんなそれぞれ
大変ですよね。

たまに何もかも投げ出したいなぁ
もうしらん
なんて
一瞬思ったりしますが
こらえることが大事ですね。

こういう時は気分転換。

そうそう
一昨日から本を見ながらヨガをしています。
習いに行く時間も元気もないので一人ヨガ。

整骨院に行ったら
「この姿勢と骨盤じゃだめだ」
みたいなことをコテンパンに言われてちょっと悔しかったのと
本当に何とかしなきゃと素直に受け入れたのの両方で。

最終的には体幹筋トレをしないと
結局だめなようです。
運動嫌いです。
心底嫌いじゃないけれどもう一人の私が
「きらいだよう〜。やめなよつかれるよ〜」
とささやきます。
でも自分と家族のためにちょっとだけ頑張ろう。

というわけでこれからやりまーす。
(え、昼間やれって?)





by keikototyuyo | 2018-07-05 22:59 | 自分のこと | Comments(6)

高等部授業参観の様子

先日の授業参観のことを少し。

体育・課題・作業と見学してきました。
ツヨの課題はボルトはずし、指先の巧緻性作業等をしていました。

高等部に上がって、全体的にお仕事モードになってきたというか
皆それぞれに合わせた課題を、
ちゃんと席に座りしっかりとやっていたので感心しました。

いい意味で子供らしさが抜けて、落ち着いてきたというか。
先生も将来を見据えた指導をしてくれているのが感じられて、
親も、卒業・就労という意識をだんだんと高めていかないと
と思いました。

作業は陶芸。
いの一番に陶芸室に着いて、ぞうきんで机を拭き、
着席して待つツヨでした。

手元だけちょっと写真を載せさせてもらいますね。

道具の準備をし、模様つけの葉っぱを取りに行き、
ダイナミックな一枚をゲットしてきました。

f0025201_22371304.jpg


何度か向きを変えながら延べ棒で粘土を平らにする
葉っぱをのせる
ボールの型で形を作る

f0025201_23024624.jpg

すっかり流れが分かっていて、あっという間に完成。

f0025201_22260215.jpg
どんな模様の器ができるのでしょうか。


学校でのツヨは、ときおりイライラして
手をパチパチすることもありましたが
時に笑顔も見えて、
自分のするべきこと
必要に応じてなんとか周りに合わせることを
本人なりに頑張っているように見えました。

先生の指示を受け入れることと、
自分の思い通りにやりたい気持ちとの
折り合いをつけていくことが
おそらく多くの自閉症のお子さんには難しくて
指導も難しいところでしょうが、
「自分でやることに喜びを感じる」
のが自閉症の特性の一つと聞いたことがあります。

そんな特性やその時の気持ちをどう慮ってやるか。
奥が深い……
と思いました。

学校の先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。



by keikototyuyo | 2018-07-02 22:58 | 高等部 | Comments(2)