<   2018年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

そして薬の量をもとに戻す

朝の薬を復活させて3日。
落ち着かなくてウロウロする時間が
少し短くなったように思います。

夜中や夜明け頃にがばっと起きて
トイレに何回も行ったりしていて
昼間眠くてトロンとした目をしていたので
これはいけない、と朝の薬を再開しました。

飲んでいるお薬は眠くなる効果が強いらしく
夜だけでいいのでは?
と思ったけれど、そんな簡単なことではないのかもしれません。
眠気は副作用の部分でもあって
そもそもの作用は不安感を和らげるというものです。
医師からはいつでも飲むことを再開していいと言われていました。

今日は笑顔もみえてほっとしました。



小さい頃から不安感を強く持った子でした。

不安感が強いけれど性格は穏やかで優しく
たぶん前向きなのではないかな?と思います。


◇ ◇ ◇


小さい頃の写真を整理していたら
療育センターの卒園アルバムに
穏やかで幸せそうな笑顔の写真がありました。

先生のコメント付きです。

不安も多かったけれど
みんなとっても小さくてもろ手を挙げてかわいがってもらえた
とっても幸せな時期だったなぁと
当時を懐かしく思い出しました。



f0025201_22524830.jpg
f0025201_22525967.jpg
また先生に会いたいね。
大きくなっちゃってびっくりして
先生泣いちゃうかもしれないね。

いつか会いにいこうね。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写






by keikototyuyo | 2018-02-28 23:07 | 入院・治療・強迫症状 | Comments(2)

向精神薬を減らした結果

朝夕二回の薬を夜だけに減らしてみたら
しばらく大丈夫だったけれど
どうも最近おかしい。

多動が激しい。動き方も早い。
トイレの回数も多い。
夜中に起きて何回もトイレに行く
一回が長い。

強迫症状が悪化しているのかも。

かかりつけの医師にいつでも薬は戻していいといわれてたので
朝の分も明日から飲ませることに戻してみようかな。

別の入院したときの医師には
「薬の量は増えこそすれ減ることはおそらく一生ない」
と言われてはいました。
副作用がこわかったので減らせるものなら
減らしたかった。

でも気を付けないと。
生活が苦しくなってしまったら元も子もない。

とりあえず明朝は飲ませて
学校の先生に様子を聞いてみましょう。
一日で効果が出るものでもなく
2週間ほどすると
あれ?最近ちょっと・・・と気づきます。


副作用も怖い。
少しでもゆったりと
不安感を少なくして生活させてあげたい・・・


難しい


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写


by keikototyuyo | 2018-02-25 23:31 | 入院・治療・強迫症状 | Comments(2)

中学部の卒業に向けて その2

※ブログ村の応援クリックのシステム変更ができていなくて
せっかくクリックしていただいた22、23日の分が
反映されていませんでした。ポンコツでごめんなさい…
もしよかったらもう一度クリックしてやってください…


さて

謝恩会は無事終わりました。

全部で一時間半弱、和やかで楽しい会でした。

ツヨポンは…

はじめのことば、校長先生の挨拶、乾杯、おやつまで
座って過ごしましたが
おやつを猛然と食べ終わると
会場のお部屋の後方でずーっと立って揺れていました。(笑)
猛然と食べたおやつもすっかり消費する運動量…

スライドをチラ見したり歌に体を揺らしたり
先生へのプレゼント贈呈をチラチラ遠巻きに眺め
なぜか終わりの言葉の時はイスに戻って座っていたらしいです。
私は司会進行だったので
最後どうだっか記憶になく。ごめんねツヨポン。

ちなみに先生からの歌のプレゼントの時は
その場所がちょうどツヨが揺れていた場所で
知っている歌だったので
先生方の列に並び一緒に歌っているようになり
おかしくて吹き出しました。
お話しできないツヨの歌声は聞こえないけれど
たぶんほんとうに先生と一緒に歌っていたのでしょう。

今誰が主役とか、あちら側とかこちら側という意識のなさは
社会性・対人相互関係の難しさなんだろうなぁと
あらためて思いました。
自閉症の診断基準の一つなので、自閉症なら誰しも持っている特性なのだけど
そこがツヨはとても重いのだろうなと。
そこに知的・認知の重さも絡み。

あらためてツヨを知った謝恩会でした。

そしてそんなことはクヨクヨ気にせず
私は司会に集中です。
それはそれ、これはこれ。
引き受けた仕事は全力でやる。
楽しくてちょっと泣ける会にするだけ。

もうツヨとの付き合いは長いので
基本的に言うことをきかないことは
とっくに分かっています。
どこまで付き合ってくれるかが大事。

将来のお仕事もそうだけれど
ツヨは自分の道をまい進しつつも
自分の仕事(今回はおやつを食べること 笑)
が終わっても、
すべての片づけが終わるまで部屋から飛び出したりせず
指示があるまで待つことができる
机を拭いてなど、言われたらやる
これができている
それで十分だと思います。

障害・特性は治らない。
でも周りと折り合いをつけていくことは訓練できる。

終わりの言葉が終わるとすばやく上着を着て
リュックを背負い
「片づけ、待てるのか?!」
と先生や他のお母さんをちょっとドキッとさせたけれど
片づける私のそばをウロウロしながら
30分ほどの間ちゃんと待って(付き合って)くれたツヨでした。
リュックをおろすように促しても
そこは断固拒否でした。(笑)
そうだよね。

そしてきっとツヨなりに謝恩会を楽しんでいたはず。
全員で歌うプログラムで「最&高」の歌が流れると
先生やお友達と一緒に
一層大きくゆらゆら揺れて楽しんでいました!





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写


by keikototyuyo | 2018-02-22 19:35 | 中学校 | Comments(2)

中学部の卒業に向けて その1

もうすぐツヨもコトも中学校卒業です。

中学生時代はあっという間でした。

入学したての頃はツヨはまだまだ不安定な時期で
繰り返し行動などの非常に強いこだわりがあり
先生方も相当ご苦労されたに違いありません。

動線のこだわりが非常に強いツヨ。
根負けして本人の好きにさせてしまうと
本人もやめたいのにやめられない強迫状態になる
という難しい対応だったと思います。

対処のさじ加減がなかなか難しく、
一緒に生活していると朝から晩までそんなことの繰り返しだったので
こちらが折れたりする場面もありましたが、
学校ではいろいろと工夫をしていただいて
なんとかその時期を乗り切りました。

最近はツヨもその頃に比べれば柔軟さも出て、
何より「うわーっ!」
と熱くなってしまってからのヒートダウンが
格段によくなりました。

4月からは校舎の一個上の階にお引越し。

ツヨらしさを失うことなく
でもできるだけ穏やかに
将来のお仕事への準備の季節を過ごせるといいなと思います。

明日はお母さんたち主催の卒業を祝う会。

おやつを食べたり歌を歌ったり
ツヨにとっては卒業の意味は分からないので
お楽しみ会のようなものかもしれません。
小学校のときの卒業の謝恩会の写真があったので
明日はこれを学校でやるよ
と伝えたら
目を丸くしていました。

お楽しみ会
おやつとお茶
歌を歌う
お片付け
ママと車で家に帰る

と言葉で伝えたら丸い目のまま
「ん。」
とこっくり。

親の主催なので「お片付け」までしたい。
机上のツヨのプログラムの最後に「おかたづけ」とちょちょっと書き足しておけば
終わったらびゅーっと走っていってしまうことはないはず。



たぶん

大丈夫



と思う…

(汗)


ご報告はまた後日。



f0025201_09072720.jpg
   ↑
ベランダの花
どうしても名前が思い出せない…



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写


by keikototyuyo | 2018-02-18 22:26 | 中学校 | Comments(2)

きらいな単語は覚えないよ。それはぼくの自由なのだ。

学校給食で納豆が出ました。

給食メニューの名前を
50音表で指せるのかということを
毎日のように先生が確認してくれています。

今まで覚えた名詞をだんだん忘れないでほしいし、
献立の名前を一つでも多く覚えるのが
食いしん坊のツヨには生きるうえで一番役に立ちそうなので。

給食という学校の中で一番やる気のある(笑)場面。
メニューには納豆…

偏食は治ったけれど
「梅干し・きゅうり・酢の物・納豆・漬物」
は苦手です。
これぐらいは好き嫌いの範囲だと思っています。

すると
「納豆の字を覚えていないようでした。」
と連絡帳に報告あり。
「なっとう」
のような簡単な言葉は覚えているはずなのに、と
先生は意外に思ったようです。
「さかなのこうみやき」や
「ぶたにくのぐりるやき」
なんてのは覚えられません。
「さかな」
「おにく」
と50音表を指差してきます。それで十分。

「なっとう」を指せないとは。
そうかこういうことだな。

『なっとうは知っている。なんなら学校でなら一応食べる。
でも、きらいだから字なんかぼくは覚えないからね。
その字を覚えて利用することもないからさ。』

そんな声が聞こえそう。

でも学校では納豆食べるんだ…

梅干し・酢の物は見ると逃げていくくらいきらいだから
当然覚えていないでしょう。
50音表で「うめぼし」くださいと指す可能性は
ないもんね。

ちなみに今朝、納豆を試しに勧めててみました。
「納豆、食べる?」

ツヨ「…」

おもしろいほど、無反応。

ツヨの心の声
『学校ではまぁ食べてやったけれど
家ですすめられてもぼくはそうカンタンには折れないぜ。
ママは珍しく「なっとうなっとう」って嬉しそうにすすめるけど
ここは知らんぷりだ。』

そうかぁ。
納豆、おいしいし体にいいのになぁ。




f0025201_09072720.jpg




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写





by keikototyuyo | 2018-02-15 23:46 | コミュニケーション | Comments(2)

チョコ、消える

児童デイのイベントで
バレンタインのチョコを作ってきました。

すぐに食べたいツヨの目を盗んで
ささっと写真に収めることに成功。

f0025201_23263949.jpg
このパッケージで見たときは
「いろんなデコレーションを頑張ったんだな~。」
ぐらいに思ったけれど

袋から出してみたら
かなりの力作だということが判明。

とりあえずツヨには三個くらいあげて
じっくり眺めよう。

アポロとスティックのチョコ刺さってる~
なんて思ってよく見たら

f0025201_23265345.jpg
!!

これは・・・

にゃんまげ・・・?

いや、これはちょんまげなのか?しっぽなのか?

どっちなんだ!

うう

かわいくて食べられない!

他にもたくさんあったのでとりあえず昨日のところはそれを食べて
今朝、この白いマシュマロのと、にゃんまげ(勝手ににゃんまげ命名)
一個を三人にあげて
最後のにゃんまげを大事にキッチンにとっておきました。
あとでゆっくり…と思いつつ朝食の片づけ後にちょっとウトウト…

はっ!寝てしまった。
いけないいけないコーヒーでも入れよう。
と思ってふとお皿に目をやると…

にゃんまげ行方不明…

お皿にチョコのカスだけを残し。

そしてかけておいた透明のふたも、きちんとかぶさっている。

推理はこうです。

ぼくはもうチョコをけっこうたくさん食べたぞ
でもここに一個だけ残っているのが
さっきから気になってしかたがない

ママはいったいいつ食べるんだろうか

あれ
グーグー寝ている

(ここでママとチョコの間をおそらく何往復かしたでしょう)

そして

お皿を手に持った
すばやく自分の食卓に付く
(必ず自分の席で食べるというこだわりがあります)
あわてて食べる!
お皿をすばやくもとの位置に戻す
律儀にふたもする

そしてまたママとカラのお皿の間を行ったり来たり。

想像するとかわいいんだけど

どんなお味だったか教えて~。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写



by keikototyuyo | 2018-02-13 00:08 | 日常生活 | Comments(2)

たまには自分のこと

最近、会う人会う人に
「ブログ読んでるよ!」
「ブログ読んでます!」
と言われるのだけど
なんだろう…

本当に会う人会う人に言われる…

もはや
ツヨママ=ブログ
みたいな?

おそらく実際そうなのかもしれないです。

ついに
ツヨママ自身のことを書いてというご意見まで
いただきました。

私の半生を書くと、短編小説10本は書けると思います。
でも内緒にしたいので。(笑)

別ブログをやろうかな。
こっそり。
(すでに一個やっていますが)

それとは別に
社会や人間を観察して
人は何を心のよりどころにして
どう生きていくかをひたすら書くとかね。

昨日金曜22時Eテレの
「ダイアモンド博士の”ヒトの秘密”」
すごくおもしろかった。
シリーズがまだあと二回くらいあるのでよかったら見てみてください。
あ、今日の深夜に再放送ありますね。

そのあとの「欲望の経済史」も流れで見たら
すごくおもしろかった。
資本主義の未来にかけるのなら
人々に夢を与える芸術や人文学に投資すべきという
大学教授の言葉が印象的でした。

利益追求の果てに
地球の資源を使い果たし、地球環境を終末期に追い込まないためには
子ども達を本当の意味の豊かで教養ある環境の中で
賢いビジョンを持つ大人に育てていくことが大切だと
私も思っています。

小学校で詰め込まなければならない教科学習はぎちぎちなのだろうけれど
読書や道徳にもちゃんと時間は割かれているのかしら。

ちょっと難しい話になってしまいました。



おやすみなさい。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写

by keikototyuyo | 2018-02-10 22:49 | 自分のこと | Comments(0)

床をふわふわにしようね

最近のツヨのお気に入りのこだわり。
私がお風呂に入っている間、お風呂の前の廊下で
寝そべってリラックスしてゴロゴロ。

そこで
「あーあー」

「ぐふふふ~」

と楽し気に声を出しています。

この季節、廊下は寒かろうと思うけれど
ツヨはいつも体がほかほかしている子で
(冷え性の逆です。なんて言えばいいのかな。)
どうやら大丈夫らしいです。

最初は私がお風呂に入っていると、ドアの前に着て
『まだかな?』
なんて感じでちょこんと座ったりしていて
「お、待っているな。」
なんて思っていたのですが、
だんだんドアの前に早く来るようになって

なぜか今では
私がお風呂に入る前から
ドアの前でゴロゴロ…(笑)

ツヨポンさぁ…ママを抜かしてるから…

善は急げって?

あまり長風呂はしないけど
30分もそこでゴロンゴロンするの?

フローリングの床は硬くて冷たいし
下階への防音もかねて
防音シートと防音カーペットを敷きましょうね。

昨日ホームセンターで買ってきた一式を出す。
新しく物をおくことに抵抗しないかな?
物の置き場所や片づけこだわりが最近少し治まってきたような気がしていたところ。
あえて目の前で昨日買ってきたばかりのパッケージを開けて
廊下に敷いてみよう。

リビングにいたツヨが作業に気づく。
どうかな。
「ひー!(はがして!)」
ってなるかな?
ドキドキ…

あれ?なんかまんざらでもなさそうな顔でこちらを見ている。

トコトコやってきたので、手早く敷いて
「どうそ。」
と勧めると素直にゴローン。

ふわふわする感触を楽しんでいました!

よかった~。

ママのお風呂の間、こちらでごゆっくりおくつろぎください。

ちなみにコトも乗りに来て
「ふわふわ~」
と軽く跳ねていました。(笑)

画像はまた載せますね。


 
f0025201_22204730.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写








by keikototyuyo | 2018-02-07 22:51 | 自閉症の息子のこと | Comments(2)

ゲラ笑い 再来

最近のツヨはゲラ笑い再来です。
小さいときはよくそういう時期がありました。

ごきげんなのは何よりです。

が、ちょっと度が過ぎまして
ゲラゲラゲラ
うーひひひ
あっははははは

どうしちゃったのでしょう。

お腹に笑い虫でもいるのかな?

今朝は5時から大笑い。

ご近所さんにどれほど聞こえているのか
気になります。
窓は全部閉めています。
マンションなので一戸建てのように
大声が屋外にもれる心配はないと思います。
お隣さんは長期の県外赴任でお留守。
問題は下階です。
声はどうなのでしょうね。

廊下などの床に寝そべって笑うので
明日ホームセンターで防音カーペットと
防音シートを見てきます。

10年前のゲラ笑いの記事です。
  ↓




立春ですね。
小雪のちらつくような日があるものの
ほんの少し日差しに温かさを感じられるようになっていく季節。

梅の便りもとどき
本当の春、遠からじ。

みなさま、風邪などひかれないよう
どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。


f0025201_02302309.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ







by keikototyuyo | 2018-02-04 21:53 | 自閉症の息子のこと | Comments(2)