人気ブログランキング |

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ついに神様がコトにご褒美をくれた?

先日のコトの学校の代休日。
二人で久々にちゃんとしたお出かけしました。
船の苦手なコトが気分がノったのか
「乗ってみようかな。」
と言うので気の変わらないうちにシーバスに乗船!
乗っている時間は15分くらいかな~。
f0025201_21582228.jpg

「気持ちいい!船、いいかも~。」
と満喫していました。
まだまだ苦手も変わるお年頃の中学生。(笑)
f0025201_2242158.jpg


山下公園へ。
お花がきれい!バラが満開でいい匂い。
f0025201_21313415.jpg


f0025201_21315084.jpg


そのあと中華街へ。コトは初中華街。
小籠包の食べ歩きをしたりお土産やさんに行ったり。
「これテレビで見たことある!」
と、もう旅行気分~。
f0025201_2228929.jpg

美味でした〜。

f0025201_21392730.jpg

あはは・・・
さらっと流してね~。

最後はどうせならマリンタワーにも行っておこうということで・・・
私は何十年ぶりだかな・・・

すると

マリンタワー前でドラマのロケ中!

なんと嵐の大野君に会えました。

1.5メートルよこを通過させてもらい、コトは大興奮!
大野君、真剣な顔でセリフをぶつぶつ唱えていました。

本当にいい思い出になった1日でした!




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_2341657.jpg

by keikototyuyo | 2016-05-31 22:39 | 双子の姉のこと | Comments(4)

運動会で応援団

ゴールテープは切れました。しかしなぜかほとんど走らなかったのです。
歩いていました。
たくさんのお客さんや歓声に緊張していたのかもしれません。
最後はバーッと走ってふわっとゴールテープを切りました。

練習ではぶっちぎりの一番だったそうなのでちょっと残念。

学校に初めてパパが来たから興奮したのもあったのかな?

でも応援団だったので赤いはちまきに赤いTシャツに赤軍手で
応援合戦、頑張っていました。
応援の意味は全く分からないけれど、
なんか楽しそうだからよしとしました。

ツヨぽん、赤組勝ったんだよ~よかったね~

そして花笠音頭も独自の踊りで楽しみました。(笑)

3週間ほどの運動会の練習期間、どの種目も真剣に取り組んでいたとのこと。
ツヨはいわゆる行事が好きで、やる気まんまんになるのです。

世の中ついつい成果を求めがちですが、
ツヨのように
「素直な心でに根っから楽しむことができること」
はなんというか、「尊い」ことと感じます。
難しいことはできないからこその一途さや
一生懸命な気持ちを汲んであげることを忘れちゃいけない。

あえて言うと知的に障害を持った人の笑顔を守ることは大切だなと。
勉強も訓練もやることはしっかりやるけれど、
一番大事なのは笑顔で楽しい一生を過ごすことだということを
忘れないようにしたいです。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_20344224.jpg

by keikototyuyo | 2016-05-24 23:26 | 中学校 | Comments(4)

ゴールテープが切れない

明後日の土曜日はツヨの運動会です。
出る種目は応援団、徒競走、花笠音頭です。

徒競走のゴールテープを切って走り抜けるということができないツヨぽん。
テープを胸で切る意味って難しい。
そもそも勝ち負けも分らないし。

かつてはテープの手前できれいにピタッと止まって
90度横に折れてスタスタと退場していました。(笑)

まあ、確かに「ここで止まれ」とも受け取れるよね。

今年はどうかな?

先生が連絡帳経由で教えてくれた練習段階の様子では・・・

「ゴールテープは跳び越えています(笑)」
と。

ママ友たちと爆笑です。

年々走る勢いがついて
どうやらピタッと止まることに困難を感じ始めたツヨなりの打開策?

テープも切らず、走りも止めずの夢の両立。(?)

ぜひ当日も飛び越えてほしい。(笑)





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_03325.jpg

by keikototyuyo | 2016-05-20 00:24 | 中学校 | Comments(2)

中学校への要望書

書類を3つくらい書いていますと前に書きましたが、
一つはできました。
要望書です。ツヨの学校の校長先生に提出しました。
内容はいろいろです。
子どもも親もみんなが少しでも幸せに安心して暮らせるように、
といつも考えていることを具体的な要望にしました。

要望の一つは災害時の学校の対応についてです。
熊本地震のときに、自閉症や知的障害のお子さんが避難所に入れなかったり、
物資をもらうのに列に並べなかったり、
見てくれてる人がいなくて親が子供に付きっ切りになっていいる
というEテレの映像を見て、
「これはものすごく大変そうだ・・・」
と胸が痛くなりました。

そこでよく知っている自分の学校でそういう子たち用の優先スペースを作って、
非難をさせてもらえないだろうか、と校長先生にお願いしました。

学校はすでに特別避難所(福祉の手助けを必要とする方を優先的に受け入れる)と
なっているので、大丈夫ですというお返事をいただきました。
では果たして学校のお母さんたちはそのことを知っているのだろうかと思い、
皆への公示をお願いしました。

するとその後のPTA総会や地域団体の会で、そのお話を早速してくださったので、
お母さんたちの安心した顔がその場で見ることができて
とてもよかったです。
食料の備蓄も3日あるとのことでした。
公助の範疇になるので、区の支援・指導の下で物資を受けたりするシステムにも
つながっているはずと思います。

ただ自閉症の場合偏食などあるので、
本当に食べられるものを自分で担いだりして
持っていく必要もあるかもしれません。
自助といいますが、自宅に多目に食料を保管しておくことをおすすめします。
共助として、知り合いの親で子供を見守りあって、その間に買い物に順番でいく
というような仕組みもご近所で作っておくといいかもしれません。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_03325.jpg

by keikototyuyo | 2016-05-12 23:39 | 中学校 | Comments(4)

最初に習う自閉症の特性と対処法 その2

これはなんの勉強会のノートでしょうね・・・

本当に基礎の基礎ですが、よくまとまっているのでご紹介します。


自閉症の支援のために必要なことは
① 自閉症の特性を知る
② 違いを認め尊重する

この二つ。

違いを認め尊重するとは、一方的に合わせることではなく、
相互に歩み寄ること。

親は、みんなと同じようにさせたいのでさせようとする。
するとできることもある、
でも長い目で見るとそれでは無理が出る。

では何を支援するのか。

①不安を軽減する
②能力を発揮できるように
③自信を持たせる
④多数派に合わせられるように支援するのではない

と。これをもとに今まで私もやってきたのでしょう。

家庭でも学校でも日中過ごす場所でも
お友達関係でも職場でも
病院にかかるときも万一の避難所等でも
子どものうちも大人になっても大切なこと。

そして自信を持って前向きに生活するには、
こだわりを生かして習慣づけることが基本中の基本。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_03325.jpg

by keikototyuyo | 2016-05-03 14:40 | 家での教育・しつけ・身辺のこと | Comments(2)