人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

卒業の準備をする?それともやさぐれる?

ある程度忙しくしていないと
どよーんとしてしまうので、
卒業謝恩会の準備と卒業アルバムの作成に
とりかかっています。

どちらも一から手づくり。

卒業するのはたったの5人。

しかも卒業式にツヨが出られるかどうか
分からないけれど、
準備だけはしておこうと思います。

どちらもなくてもいいや

誰かやりたい人がいたら協力はするけれど

なんて思っていたら

刻々と時期がせまるだけだったので
重い腰をあげて企画書を作ってみました。

謝恩会の招待状作成にお弁当やお茶の発注に飾り付け、
式の内容、先生に渡すお花やミニアルバムの用意・・・
寄せ書きの準備。

そして卒業アルバムの作成。

洗い出してみたら
いろいろあるものです。

やさぐれていてもしかたない。

みんなで分担して楽しくやろう。

何もないところに何かを作り出すことしか
結局私にはできないのかもしれません。

卒業証書授与式が終わったら、
ツヨはだーっと走って帰ってしまうかもしれませんがね。 Σ(・□・;) 

その時は、あとよろしく

と4人のママ達に言いました。^^:



寒くなってきたので毎晩寝る前に湯たんぽを布団に入れます。
これはたまらんです。

私はこれを愛用。
この昭和の感じが懐かしい。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
今日も読んだよ!のクリック、ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


f0025201_214231.jpg

by keikototyuyo | 2015-01-25 21:34 | 自分のこと | Comments(0)

きょうだいの協力、どこまでさせるか

他にきょうだいがいるとなおさら
食材や水道、冷蔵庫をシャットアウトするのは難しい

と前記事で書きました。

この家にはお菓子がなさすぎる!
とツヨが入院する前々日、学校から帰ってきたコトからクレームがありました。
そうだった。あちこちの戸棚に隠したままだった。

今後、お菓子等の保管場所を厳密にすること、
コトが外出する際はツヨに予告する、
帰る時間を決め、ツヨのスケジュールに貼るなど
(コトが土日に外出したら、ツヨが激しく混乱することが起こりました)
コトにも今後、出来る範囲で協力をお願いしないと。

自分のことで精一杯、と言われても
こういう兄弟を持ったからには
出来る範囲でやってもらわないとお互いにつらいことになる。

今までコト本人も相当に我慢し、
私も相当にかばってきましたが、

いろいろ協力をしてほしい。と
一段階上の話し合いをしないとならない時期にきたかもしれません。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
今日も読んだよ!のクリック、ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


2015.3.13 追記 

この記事を書いたときはこう思いましたが、
今は、コトに最初からツヨに合わせて協力をお願いすることはできない
と思っています。
なぜならコトには普通に生活する権利があるから。
コトもそんな気はさらさらないと思います。

家族が困ったときに助け合うのはもちろんですが、
どちらかが我慢を続ける関係というのとは違いますものね。

そうしないと将来、コトがツヨに対して恨みを積もらせる可能性もあるでしょう。
障害があろうとなかろうと、きょうだいはフェアでないと、と思います。





f0025201_1133584.jpg

by keikototyuyo | 2015-01-24 00:36 | 双子の姉のこと | Comments(1)

ブログ以前のツヨ

みかんは無事買うことができました。
おいしい有田みかんで、
ツヨは嬉しそうに3個食べ、
終わることができました。

ツヨの小さいときの様子をお知りになりたいという
コメントがありましたので、
コメント欄にリンクが貼れないのでこちらに載せます。

自閉症と診断されるまで①

自閉症と診断されるまで②

ブログ以前のツヨというと
あまりに双子の育児が大変で
記憶がぶつ切れです。
今思い出す限りでは、
もともと穏やかな性格(たぶん)で、
3歳くらいまではパニックはたくさんあっても
他害はほとんどなかったような気がします。

一つ言えることは他害をするには「本人の思い」があって、
思いがあるには「自分の状況に気付く知恵」があるからなのだろうと思います。
「知ってしまったつらさ」
とでもいえるでしょうか。

ツヨは4歳くらいで集団生活を体験した中で
噛みつきで
『あ、これで身を守ることができるんだ』
と気づいたように思います。

その時は噛んだらいけないということを
徹底的に伝えました。

他にも感覚過敏などが原因で他害に走ることもあるかもしれませんね。
感覚過敏については詳しくないので触れませんが、
想像以上につらいものなのでは、と思います。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
今日も読んだよ!のクリック、ありがとう!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2015-01-14 23:10 | 自己紹介 | Comments(0)

ひどくうなされた夜

夜中にツヨが「うがっ」とうなったので目が覚めました。
みると何だかいつもとちがう様子。
熱を計ると39度でした。

うちの双子は熱が上がりやすく、
40度以上はざらで、
何度も肝を冷やしてきました。

すぐにカロナールを飲ませ、薄着にして、氷枕を。
ひきつけを起こしたことはないけれど、
怖いので1時間おきにタイマーを掛け、
様子を見に行って、氷を取り換えていました。

ツヨの部屋は廊下を挟んで2メートルほど先の向かい。
両方ドアをあけていれば、何とか様子は分かります。
でもいつも私はドア側に足を向けているので、
いまいち音がよく聞こえない。
で、布団をぐるりと回してドア側を頭にして寝ることにしました。

北枕だな
と思ったけれど
しょうがない。

夜中、浅い眠りの中ですごい怖い夢を見ました。
今まで見た中で一番恐ろしかった。
家族や知人がたくさん出てきて、
一人も分かり合えないという。
リアルだけにうんうんうなされました。
何だろう。裏返しかな。

起きたら北枕で、まるで宙吊りになっているような感覚の気分の悪さ。

なぜ小さいとき、おばあちゃんに北枕はだめと厳しくいわれたのか、
意味はなんとなくしか分からないけれど、
感覚的に、もう二度と北枕はしない・・・
おなかのあたりが重く、どんより疲れた朝方でした。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
今日も読んだよ!のクリック、ありがとう!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2015-01-10 00:13 | 自分のこと | Comments(9)

ホットカーペットとコタツの魔力

関西に単身赴任に行ったパパが、
エアコンつけていても寮が寒い。
と悲しそうなので、
ホットカーペットをネット注文して配送してもらいました。

数日すると、
ホットカーペットあったかくて最高!
エアコンいらない!
ありがとう!
とメールが。

ホットカーペット、恐るべし。
(エアコンいらない!っていうのはどうなのか分からないが^^;)

そして、ネットでホイ!と送れるとは、なんと便利な時代だ。

我が家の北側のコトの部屋のホットカーペットも
毎年大活躍です。

子どもの頃の実家は石油ストーブとコタツだけだったな。
冬休みはずっとおばあちゃんの部屋のコタツに入っていた気が。
そしてコタツで昼寝。
最初は腰までだけど、
寝ているとだんだん寒くなってきて、
しまいには首まですっぽりと入る。
で、体があったまって、外がますます寒くて出られない。みたいな。

あああ

コタツが急にほしくなってきた。
ダメダメ~!
寝ない自信がゼロです。

おばあちゃん(祖母)なんて
コタツに自分の布団を合体させて
そのまま朝まで寝ていたな。

・・・

すごく大胆な図だったな。今思い出すと。

・・・

おばあちゃんになったら
やろう。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
今日も読んだよ!のクリック、ありがとう!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2015-01-05 21:49 | 日常生活 | Comments(2)

ご近所さんとのお付き合い

洗濯物 夜干し指の先凍え
加湿器に手をかざして 温めし
蒸気でひび割れホッと潤う

ふと美顔器なるものがほしくなる夜

そっと鏡をのぞいてみても




なんてね。

パソコン開く前に洗濯物を干していたので、(冬でも夜干し^^;)
ふと思いついた五行詩でも書いてみました。

歳も一つとりましたものね。
お肌、大事にしましょう。


さて、昨日、斜め下の階のご年配の奥さんが
「お正月の和菓子おすそ分け」と「チューリップ一輪おすそわけ」
を持ってきてくれました。
私がツヨと家で缶詰状態だったことを心配して。

以前私がめまいで倒れたときに、おかずをずっと持ってきてくれた方です。

お礼に田舎から段ボールでもらってきたリンゴをおすそ分け。

それから我が家の真下のお宅にも、リンゴを持って新年のご挨拶に。
冬休みの間、かなり足音ドタドタが響いているはずです。
今、ツヨにすり足を教えているところですが、習得するのか。

それからご主人さまとお二人暮らしのお隣の奥さんにもリンゴを。
毎年双子の誕生日とクリスマスに、洋服やお菓子をいただきます。
私と同年代くらいかな。
コトが家の鍵を忘れて私の帰りを待つ間などに(一年に一回あるかないか)
お邪魔させていただいたりします。

真横と真下と斜め下。
万一の時は玄関を開けて叫べば、お互いすぐに飛んでこられる距離。
部屋の独立感・密閉感はあるけれど、
玄関をあければどんな親族より、どんな親友たちより早く飛んできてくれるでしょう。
それがご近所。
私の大切な親族も親友たちも、そうやって近隣の方に助けてもらってほしいです。

普段、家に上がり込んだり、一緒に出掛けたりはしないけれど、
実はすごく近くで毎日寝食を行っている。大切な近隣の方たち。

引っ越して10年。ツヨのことも過不足なく伝えてきました。
裏表なく心を開いて、でも礼節を保つ。踏み込まない。

ご近所さんについて考えるなんて、あれ、私がいよいよ大人になったのかな。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
今日も読んだよ!のクリック、ありがとう!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2015-01-04 01:22 | 日常生活 | Comments(4)

目にも止まらぬ速さ

今年もよろしくお願いいたします。

f0025201_18441100.jpg

ツヨが学校で作成した門松。
なかなかの大作です。

土台のわらは、昨年稲刈りしたものだそう。


今年も僕は元気炸裂でいきます。
f0025201_18452299.jpg


まずは目にも止まらぬ高速スクロールを見よ!
f0025201_1846948.jpg


みなさんの応援のおかげで毎日頑張れています。

みなさまにとってよい一年になりますように。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
今日も読んだよ!のクリック、ありがとう!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2015-01-01 18:48 | 日常生活 | Comments(2)