人気ブログランキング |

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母の予後を聞きに病院へ

誤嚥性肺炎かと疑われた認知症の母ですが、
尿路感染だったようで、抗生物質が効いて、
感染を示す値がすっかり正常に戻りました。

昨日から病院の全粥が始まったそうで、
また勢いよく食べ始めました。
むせないでよ~T T 

お見舞いの時に顔のムダ毛を剃ろうと思ったら、
看護師さんが剃ってくれてきれいになっていました。
昨日は浣腸もしてくれてすっきりしたそうで、
感謝感謝感謝しかありません。
来週退院です。
もうだめかなと何回か覚悟をしましたが、
本人の復活力もすごい。

ちょうど入院していた病院は、
母が看護師をしていた病院。
若かった母のことを思い出しました。

定年間近になると、次第に記憶力が悪くなったり、
いままで出来ていた注射が打てなくなったり、
カルテの整理ができなくなっていき、
今思うと認知症の足音がひたひたと迫っていたのでしょう。

定年退職してしばらくすると、
趣味だった庭木の手入れも、編み物も、料理も
ゆっくりゆっくりとできなくなっていきました。
家にこもって、死にたい死にたいと言うようになりました。

かなりぼけてしまっても、一緒に住んでいた父の食事の支度をずっと気にしていて、
病院に連れていって、会計でお金を払おうとすると、お財布に
乱れた字で「 お 父さん おさし み 」
と走り書きしたメモがよく挟まっていました。
ヘルパーさんをを家に来てもらおうとしても
「誰?!あなた失礼だわ!他人さまにやっていただくことなんかありません。」
と玄関で追い返してしまう、かわいくないおばあさんでした。^^

今はすっかりぼけてしまったので、たまに「いたたたた!」と抗議するくらい。^^

昨日、くちびるが乾燥していたのでリップクリームをつけようとしたら、
反射的に「あーんぐ」と口が開いて
食欲あり!の感じでした。

来週、介護タクシーで退院です。
またグループホームで受け入れてくれるそうです。
しばらくしたら次はいよいよよ特養かな・・・
この先、延命措置をどうするのか、とか、
いろいろ家族で決めないといけない場面が出てくるでしょう。
決めるときはきっとものすごく葛藤しそう。
いろいろ分かってはいるのだけれど。

後悔のないようにしたい。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んでるよ!のクリック、うれしいです

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-12-26 23:55 | 父母のこと | Comments(6)

学校を休む

今日はツヨはショートステイに一泊。
平日に学校をお休みしていくのは初めてです。

短期入所も検討したけれど、
自分で三か所見学に行って様子を知り、
またいろいろな人から口コミなどの評判も聞き、
今は利用しないことにしました。
本当に困ったときにお世話になります。

一時ケアは家族の用事や休養のために不定期で使うところ。
どんなお子さんでも泊りにきます。

短期入所は家族だけで面倒をみることにいろいろな事情で
恒常的に限界がきている場合に使うところ。
いろいろな事情の中に「他害」の問題行動を持つお子さんがいるケースも
少なくないように感じました。

壁はびりびりに破かれ、洋服ダンスの中には大きな紙おむつが無造作に置かれ、
毎日、ここの部屋の子はどんなに苦しんで暮らしているのだろうと思うと、
あまりに切なかったです。
きちんと治療は受けているのだろうか。
薬を拒否する親御さんもいると聞きました。

短期の新入りで来た子をイライラのはけ口にしてしまうことも
あるということでした。

そんな施設ばかりではないでしょうが、
すぐにお友達を模倣してしまうタイプのツヨには
刺激が強すぎるかもしれません。

今日お泊りするショートステイはツヨが5歳の頃から家族の用事の時に
利用してきた場所。
たぶん、平日なので皆夜には帰っていってツヨの貸切状態・・・かな?
いつものスタッフのお兄さんにたくさん甘えているといいな。
お兄さんはこだわりに付き合ってぐったりしているかもしれないけれど。^^;

今日は私は絶賛風邪ひき中だったけれど、とにかくぼさぼさの髪をカットし、
耳鼻科に行き、
コトと夕方パソコンをやっと開けて、
(コトがパソコンの前に座る動作をツヨが許さなかった _| ̄|○)
修学旅行の写真を一緒にネットで注文しました。
締め切りに間に合った!ヽ(;▽;)ノ

毎朝、7時半に学校へ出発するのが二日ないだけで、
私の体は休まったと思います。
それから儀式的なこだわりに付き合わない時間を持って、
気分転換。
「積極的に休む」こと、みんなに勧められるので
5年半律儀に通っていた遠い学校を、
今日明日、初めて積極的にお休みしました。

いつツヨの入院の順番がくるか分からないし、
母も吐血して入院中でそちらにも顔を出さないといけないし、
3月の卒業まで何が何でも休まず通うことにこだわらないでいこうかなと思います。
まぁ、そういいながら行くのでしょうが・・・
ツヨが学校が大好きなので・・・^^

学校は子どもにとって特別な場所。
そこが大好きって、素晴らしいこと。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んだよ~のクリック、うれしいです!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-12-08 20:08 | 福祉・教育・社会 | Comments(3)

インフルエンザの予防接種ができるか・・・?つづき

インフルエンザにかかるといつも40度以上の熱が出る双子。
脳症など重症化するのが怖くて、
毎年予防接種は受けています。

夜19時のあえて閉院間際。
小さいお子さんやお年寄りが比較的少ない時間を選び、
前もって用紙の記入もしておいて順番ギリギリに連れて行きました。
それでも他の患者さんに迷惑なのはもちろんだけれど、
病院は遠慮していたら命に関わる場所。

行く、行かないの行ったりきたりは家の玄関からクリニックの前まで続き、
到着してもクリニックを出たり入ったり、
「あー・・・!あー・・・!」と大きな声もたくさん出ました。
でもそれは順番があと一人いたせい。
ツヨは注射を打たれる気でクリニックに行ったのです。
待合室で待てるほどの気持ちの余裕がなく、
すぐ診察室に入ろうとするのを私が制止したから。

迷惑なのでクリニックの外で待ち、
コトが呼ばれたのが見えたので、
待合室をスルーして震えながらも勇んで診察室へ。
やっぱり、やらなければいけないこと。頑張ること。と思っているとしか思えない。

恐怖で「うおー!」と言ってはいますが・・・^^;

そして・・・

先生と看護師さんたち2人が全力で対応してくれて、
無事、注射をすることができました!

初めにだいぶ暴れたけれど、先にコトの見本を見せて
「1,2,3,4,5」
と5秒で終わることを確認し、
先生、看護師さんもみんな
「1,2,3,4,5!」
とカウントしてくれました。

診察室の外にも、4人の大人が真剣に大声で
「1,2,3,4,5!」
と唱えるのが聞こえたでしょう。

頑張ったご褒美に私が用意しておいた飴を
私にも大急ぎで注射が打たれる間に
看護師さんがさっとツヨの口に入れてくれました。
ナイス連携。

そのまま走って家に帰ろうとしたのを、
たまたま居合わせた知り合いのママさんが「お金払っておくよ!」
と言ってくれたので、
「ありがとう!」と一万円を飛ぶように渡して甘えました。
「お騒がせしました。」
と待合室の皆さんにも軽く会釈して走って帰りました。
偉かったね。とツヨに告げると
「むーん・・・」とつぶやき、体をやさしく揺らしていました。

何よりうれしかったのは、家に着いて
「恥ずかしかった!」
と言われるかと思ったら、
「・・・お疲れさま。」
とコトが言ってくれたことでした。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んだよ~のクリック、うれしいです!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-12-04 21:57 | 病気・病院・予防接種 | Comments(7)

インフルエンザの予防接種ができるか・・・?!

ツヨはインフルエンザの予防接種を
毎年大人しく受けることができていました。

今年は一か月ほど前、注射の絵を見せて「行くよ~」と予告したら、
さっと顔色が変わり
自分の腕に注射のしぐさをしてバイバイのジェスチャー。

えっ

まさか

怖いの?

と聞いたら

大きくコクリ。
『うんうん。こわいこわい!
ぜったいいや!』


そうか、そうか!意思を伝えられるようになったんだな~。
最近、コクリ『そう。』やちょうだいのポーズ『お願いします』などで
意思をはっきり伝えられるようになってきました。

そんなこともできないの?
と思うかもしれませんが、
自閉症はコミュニケーションの障害があるので、
提示されたらやりたくなくてもやってしまったり、
思っていることと少し違うことを答えてしまったり、
オウム返しや模倣をしてしまうことがあります。

注射が怖いから行きたくない!

とはっきり伝えてくれたことは驚きでした。

そのやりとりをしたのは一か月前。注射は無理か。
と完全にあきらめていました。

が、最近の目の落ち着き具合を見て、今日もう一度トライしようと。

この先、注射の一本も打てなくて、
本当に病気になったとき治療をあきらめる?
それが寿命?

今、幸い薬も効いていて、
ツヨの『こわいから行きたくない!』の拒絶感が
100%から80%くらいに弱まったように見える。
まだ体も声も大人ほどは大きくない。
まぁ、落ち着いていると言ってもはたから見たら
全く落ち着いていないレベルなんですが・・・^^;

行けるかな?
誘うこと30分。
一度声をかけて、10分その話に触れず、
また声をかけて、また少し落ち着くのを待つ。
その繰り返し。
自分から行こうとしてくれないと
引っ張って連れていくのは、もう無理なので。
しかし、「ぎゃー!」っと言い、なかなか出発しようとしない・・・

しょうがない、じゃコトだけ先に行かせよう。と私とコトが玄関に立つと、
慌ててコートを着て玄関に走ってきました。

(首が痛くなってきたので続きは明日に・・・)




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んでるよ~のクリック、うれしいです!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-12-02 23:12 | 病気・病院・予防接種 | Comments(2)