人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

めまいで救急車・・・

おとといの朝、目覚めたら、恐ろしいめまいで
布団で寝返りも打てない状態になっていました。

頭を持ち上げようとするだけで、
昔遊園地にあった、まん丸の貨車でその場をグルグル回るような
(ハムスターが走って回るヤツに座っている感じ)
猛烈な回転。
目を開けただけで激しく嘔吐、動こうとするともっと・・・
脂汗をかいて布団にしがみつく状態。

これはだめかも。ヽ(;▽;)ノ

今までも7年前に酷いのが一回、あとは数分休むと治っていました。
それで治るならコトに一日全部任せるけれど一向に治まらない。
一生こうしているわけにもいかない。
ツヨはトイレも一人で行かれない状態なんだから。_| ̄|○

一時ケアに連れていくはずの日。
一時ケアの先生に、コトに耳の横に置いてもらった携帯で電話。
すぐ状況を理解してくださって、ツヨ君を預かるのに今から行くので
救急車を呼んで、待機してもらってくださいと。

そう、こうなると救急車しか・・・ない_| ̄|○

めまいと吐き気止めの点滴を・・・私に!
と願っても点滴しょったドクターが向こうからやってくるわけはないので。

それにあまりに激しい吐き気で、脳梗塞も素人判断では無視できない。

一時ケアの先生が来るまでに、
コトに私のカバンに帰りの着替えと靴(パジャマなので)、
保険証と鍵とお財布を入れてもらい、
「救急車呼んで」と。

目は開けられないけれど
たぶん3人ぐらいのぐらいの隊員さんにまず柔らかい担架みたいなのに乗せられて
(コウノトリが赤ちゃん運ぶみたいな乗り心地)
体勢を変えられたことでものすごい嘔吐とともにエレベーター下の救急車に乗りました。

病院で5時間くらい点滴を受け、やっと収まって無事生還しました・・・

でもまだ少しふらつく。

脳梗塞だと頭痛があって、その頭痛は薬では収まらないそうです。
めまいは治まってしまえばなんのその。
でも発作時はどうしようもない。

なんでしょう。体質?気質?ストレスはなくならないし。あ、歳?
どれもですね。_| ̄|○

ツヨはやっぱり家からでることを頑としていやがり、やむを得ず一時ケアの先生が
我が家でツヨをみてくださいました。
下の階の奥さんが救急車に気付いて、ツヨのその日の昼ごはんから始まって
今日のお昼の、
ツヨ・コト・私の食事まで、ずっとおかずを届けてくれました。(;▽;)

お母さんが倒れたら終わり。
周りのみんなが同じ思いで助けてくれたことに感謝です。

そしてコトは救急車を呼び、下から部屋までの誘導にも行き、一緒に乗り、
5時間くらいの点滴にずっと付き添ってくれました。

きっと家で待つのも不安だったのでしょうが、
長い時間ずっとストレッチャーの横で本を読んだりして待っていてくれました。

2時頃、「おやつ買ってきていいんだからね。」
と言うと、カップのアイスを買ってきてルンルン食べていて、
『いい子に育ってくれたかも』なんて薄目ながら眺めていました。







にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
がんばりま~す

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-07-30 20:44 | 自分のこと | Comments(26)

行動障害と自閉症

夏休みが始まりましたね。
ツヨと私は遠い学校に通わなくていいので体力的には楽ちんな夏休みです。
(ツヨは往復2時間、私は2往復4時間)

ツヨは家から一歩も出たがりません。(~_~;)
おとといは小さい頃から長期休みのときにたまに行く一時ケアに
何とか連れていくことができました。
家にいたい。というのが本人の希望ならそれもよし。としても
40日間の缶詰はちょっと・・・どうなの~?_| ̄|○ということで。

駐車場まで行ったり来たりしながら何とか車に乗り10分足らず。
しかし、着いて玄関まで行って靴を脱いだけれど、そこで表情が険しくなり・・・

あと一歩入れず、明らかにギャーっとしたいのを我慢している様子。
でも中庭に出ている大好きなプールを見て、指もさしているし、
遊びたい気持ちと、不安な気持ちがごちゃごちゃになっている。
あ、これは無理に勧めたらだめだ、と思い、一度帰ります、と車でビューっと家へ。
いつも学校が遠いので10分なんてなんのその。

家の駐車場から玄関へ走るツヨ!こういう時は機敏だな、オイ。
そして一度靴を脱ぎ、家の中に入ると
大真面目な顔でこぶしを挙げて『しゅっぱつしんこう!』の合図をしています。

ん?行くの?プール入る?と聞くと
『ん。』と玄関へ急ぐツヨ。

んじゃ行こう。近いし、行く気になったらいくらでも送りますとも。

また車でビューっと。
今度はすんなり玄関クリア。
いつものスタッフさんたちに囲まれて、
「んぎい!」(喜)
と笑顔が。
ママはバイバイ。
その後、プール入る?着替える?ぬぐ?ぬがない?のやり取りを根気強くしていただいて
30~40分後に
「プール入りましたよ~」のメールをいただきました。

17時に迎えに行くと、落ち着いてたくさん遊べたとのことでした。

何が不安なのか分からないけれど
やっぱりどこで押すか引くか。
わがままととるのか。
パニックを我慢させてまでやらせないと!と考えるか。
今は無理はさせない、とするか。
どの選択が正しいのか試されているよう。
そして今は引ける体制を整えておくこと。
(私が用事を入れたから絶対預けないと困る!という状況を作らない)

「常軌を逸したこだわり」という行動障害からは逃れられない。
「パニックになると人を叩く」という行動障害は対応によって予防できる。
自閉イコール行動障害ではありません。
でも行動障害に至るリスクの極めて高い障害であることは確かで、
もともとの子供の特性によるところも大きいし、
また特性にどれだけ寄り添えるかが重要です。
「わがまま」なのか「特性」なのかの見極めも難しい。

でも安定しているときにはたくさんのことを訓練できます。
あきらめたらいけない。何もできない子と甘やかしてはいけないと思っています。
大人になったときに、本人も介助する人もどれだけ苦労することか。
そして安定していないときは何かを無理にさせては絶対いけない。ましてや叱るなんて。

一度できたことは本人の中に残っています。
今は元気に行動できなくても、たくさん体を動かすことをツヨは今まで十分やってきました。
高学年になるまであまり体を動かさないでいると、
そこまで大きくなってしまってからでは、
周りが動かしなさいと促してもたくさん体を動かすようにさせるのは難しいそうです。

ひえ~っですね。

さて、明日ものんびり。(するしかない)

今日は児童デイでしたが、ビニールプール等のスケジュールも作ってお弁当も作って、
スタッフさんも迎えにきてくれたのに、
行こうか。と玄関を出てエレベーターに乗ったところで
「ひいいい」
と顔がこわばって心臓がバクバクしたので断念・・・。_| ̄|○ やっぱりね。

これはダメなパターン。一回部屋に帰っても
『しゅっぱつしんこう!』とはなりませんでした。
行く先によって完全に反応が異なることが分かった夏休みの序盤です。_| ̄|○

でも夜になって
『プールは?』
と手話で控えめに(控え目にみえた~_~;)何回か確認してきたツヨぽんでした・・・
気にはなっているんだよね。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうです~

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-07-24 23:08 | 行動障害・問題行動 | Comments(0)

首のスジ痛めやっちゃった

先週、毎日2~3時間ほどパソコンに向かって、
3日続けてガーッと集中してちょっとした文書を作っていたところ

ある朝起きたら首が動かなくなっていました・・・

腕の付け根から肩、首が鉄板化。

パソコンに向かうには一気にやろうとしてはいけない
ということを改めて認識。(~_~;)

書き始めるとつい止まらなくなってしまう癖が〜

いつもえらい時間が経っていて、ずっと同じ体勢なことに気づく始末。

しかし
今回の鉄板化は長引いた・・・

やっと上を向けるくらいになったのでパソコン再開。

先日、自閉症協会のローファンクションの会に行った話や
教育委員会の進路相談の話、
そこで受けた発達検査のこと
以前のマッ〇での職場体験のことなど
いろいろ少しずつ書いていきますね。

肩を回しながら。ヽ(´o`;





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうです~

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-07-21 18:19 | 泣き言 | Comments(2)