人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

屋外のジャンボプールは卒業!そして兄弟児にもエネルギーをそそげ!

一泊で近場に旅行に行ってきました。
大きなお風呂とプールが自慢の三日月ホテル。^^

ツヨが幼い時は部屋にいるよりプールとお風呂にいる時間のほうが
長いのでは・・・・いうぐらい行ったり来たり、ご飯を食べては行ったり来たり・・・
ですが、年々ツヨもプールではしゃがなくなってきました。
それと同時に双子のコトが
「私はプールは入らない。」
自分と同じ小6くらいの女子でまだ親と一緒に無邪気に遊んでいる子がいるのかどうか。
そこがとても気になるようで・・・
今回は若干名いたので、じゃ、私も少しだけ。とプールで遊んだけれど、
立ち振る舞いがもう子供じゃない。
プールを卒業するべき年代に我が家は突入したのか?!

毎年夏に屋外のジャンボプールに家族4人で行っていたのですが、
コトは今年はもういかない宣言。
50代近い私も炎天下の中、たとえ日陰でもツヨが迷子にならないかハラハラしながら
立ったり座ったりは年々正直きつい。
しかもものすごい人人人!ウォータスライダーにツヨを乗せたけれど
楽しいかどうかが表情からは判断不能・・・もちろん感想は言えない。

何より、「もう背のほとんど変わらないパワー炸裂の青年を、
ひたすら追いかける50過ぎたおじさんの図」が何時間も繰り広げられると
パパさん、何かが限界にきている気がするよということばが脳裏を行ったり来たり。
連れていったからには危険のないように目を離さないのが当然だけど
「その場所自体に行かない」という選択をする思い切りもそろそろ必要かも。

今年思い切って、大型プールは卒業しよう、と言ってみます。
このまま気づかずあと5年10年がんばってもそこには何が残るのか。

今後はまた山登りのほうにライフワークを向けていこうかなと思っています。
年齢相応の余暇を過ごす、というのも大事なこと。

ツヨが夏のプールを年一回のライフワークにしているのなら、
頑張って連れていってあげたいとも思うけれど、残念ながらツヨは本当に何もあまり分かっていないのが実情。

それより家族に遠慮したり気を使うのに慣れてしまっている
「こっちの子(うちの場合はコト)」の心のほうにしっかりと親は向いて、エネルギーを注いでいくことに手遅れになってはいけないのでは!と思います。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
ドンマイのクリックありがとうございます~

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-05-25 23:58 | 外出・余暇 | Comments(4)

青い鳥ハガキの締め切り間近

今日、郵便局に青い鳥ハガキの申込みに行きました。
重度の療育手帳を持っている人に毎年20枚無償配布されます。

一年でハガキ20枚って・・・私はなかなか使い切れません。
昔はたまーに懸賞に応募してみたりしたけれど。
ちっとも当たらないし。(~_~;) (そりゃそうだ)

申込みを忘れる年もあったりなんかして
それでも手元に100枚近く溜まり、
昨年末、ふと
「あ、年賀状にさせてもらおう」
と気づき、
年賀の文字を切手の下に自分で赤で印字して、
お年玉付きじゃなくてごめんね~と心で唱えつつ
お友達に出させてもらいました~
あれ、ちゃんとお正月明けてから着いたのかな。着いたよね?(って誰に確認)

重度であるがためにもらったんだよなぁと
使うたびになんとなくどよーんとする青い鳥ハガキを(ありがたいんですけれどね)
一気にポストに投函する小さな幸せ。(・・・微妙な幸せ感・・・_| ̄|○)

重度の手帳をお持ちのみなさま
申込みは6月2日までですよ~。
手帳をお持ちくださいね。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援クリックありがとうございます~

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-05-21 23:17 | 福祉・教育・社会 | Comments(4)

兄弟児の病気の時、どうするか

母を病院へと思っていた日、
コトが高熱を出しました。
熱はみるみる上がり、40.2度まで!
真夜中。
カロナール(解熱剤)を飲ませ様子をみるものの
頭痛と吐き気でもどしてしまったりして
ひたすら氷枕を取り換え、朝までがすごく長く感じました。

あまりに高熱でぼーっとしていると髄膜炎が怖くて
「誕生日はいつ?」
と聞いたり、面白いことを言ってウケるか確認していました。

うなされて
「・・・だから、自分の子供の名前は自分でつけていいんだよね・・・」
と言ったときは
あまりに恐ろしくて「2100円の50%は?!!!」
と聞いてしまった。
「・・・・せん・・・ごひゃく?」
「違うよ!」
「せん、ごじゅう・・・」
「正解!」単に学力の問題だった・・・(;▽;)

最近のツヨは自分の行きたくないところにはテコでも動かないので、
コトの病院に付きあわせるのは無理だろう、と
朝、もう一回カロナールをコトに飲ませてツヨを学校へ送りました。
急いで帰ってきてまず耳鼻科。インフルエンザでも中耳炎でもない。
そうこうしているうちにツヨのお迎えが迫ってくる。往復で一時間半。
30分おきに枕元においた電話に
「熱を測って、トイレ行って、水分補給して!」
と様子を確認。38度台で一安心。
ところが帰ってきてもう一回測ると、また40.2度!もうやだ~T T

内科も行かなきゃだめだ。(11歳から、小児科ではなく内科へ行っています)
ツヨに一人で留守番させるか、
歩いて3分の敷地内の内科クリニックへコトを一人で行かせるか。
どっちだ。

こういう選択は今までもずっとありました。
小4くらいからコトは耳鼻科、歯科、眼科は一人で行かせています。
最初は失敗もしたけれど
今では院外処方の薬局でしっかり薬ももらってこれるようになりました。

ツヨに「クリニック行くよ!」と言うと
ものすごい怖い顔で今にも叩いてきそう。
いざとなったら叩かれてもいいけれど、テコでも動かないのでどうしようもない。
コトの様子次第だな。
熱は高いけれど意識はしっかりしているし、足取りも大丈夫。
敷地内だから車にぶつかる心配もない。
クリニックに電話をして事情を話し、熱と解熱剤の推移と耳鼻科の薬等をメモして
「つらかったら横になれるところはありますかと聞くんだよ。」
と送り出しました。

40分後、やっぱり心配でツヨを置いてクリニックまで走ろうとしたら
向こうからしっかり薬をもらって歩いてきました。
尿検査異常なしの紙と薬と領収書を持って。

頑張ったね。とぎゅーっと抱っこしようかと思ったけれど
もう、抱っこなんてしてほしくないお年頃。

せめて元気になってもしばらくは、
宿題やったの?!とか、忘れ物ない?!とガミガミするのをやめよう。うん。

祝日をはさんだ翌日元気に登校していきました!

しかし、ツヨの学校送迎を終えて15時ごろ帰ると
玄関に上履きと体操着がぽつんと残っておりましたとさ~

朝、またいで行ったらしい・・・_| ̄|○

やっぱりガミガミ・・・必要。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとうです~
by keikototyuyo | 2014-05-02 23:59 | 双子の姉のこと | Comments(2)