人気ブログランキング |

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

やさしいふたり

田舎にお墓参りに帰っていました。

皆はいろいろおしゃべりして
久しぶりに会った間を埋めるように懇親を深める中、

ツヨは・・・

めずらしいクッキーで心を落ち着けています。

野良ちゃんから居座ったネコちゃんと
f0025201_8183779.jpg


やさしい2人。
f0025201_831544.jpg


ひだまりで無言の懇親を深めていました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうございます!
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2012-11-27 08:18 | Comments(2)

立ち止まっていろいろ考える

ツヨの寄宿体験が一ヶ月の4分の3終わります。

最初の週は
ツヨの部屋を整理して、

2週目は母の通院と学校の役員がらみであっという間に過ぎ、

3週目はいよいよ自分の時間と身体のためにという
ばななさんのコメントにいただいた言葉を胸に
行きたかったところへ行ったり、

何年に一回しか会えないけれどブログを見てくれている高校の友達が、
せっかくだから集まろうよと言ってくれて、
仲良し三人でたくさんおしゃべりしてきました。
子どものこと、だんなのこと、親の介護のこと、
自分の健康のこと、PTAのこと、家事のこと、
そしてこの先のライフスタイルのこと・・・
泊りがけでないと話がつきないかも・・・
いつかは泊りがけでどっか行きたいね~

と夢はふくらみつつ
皆また別々の暮らしへと戻っていきました。

3週目の今週のスタートは療育手帳の更新で始まりました。
予想通りの判定でした。
二年前に始めてきたときに比べると
だいぶ行動に落ち着きができたなぁを感慨無量。
恐ろしく多動だったのが、
こちらの指示もよく聞こえていて
お利口でした。
判定にいたるまでのことについてはまた次回に・・・

今週くらいになって
やっと疲れも(特に気持ち)取れ始め
少し昔の自分を取り戻したかもしれません。

夜になると子どもの夢ばかりみるけどね

来週はいよいよコトと二人で東京へ行ってきます。
博物館や東京タワーや、クリスマスのイルミネーションをみたり
したいそうです。二人で都内でお泊りをすることにしました。
(学校は?って聞かないで)

だれも体調を壊すことなく実現しますように・・・

今まで立ち止まることも許されず
ずっと走り続けてきたけれど

立ち止まっていろいろ考えることができました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうございます!
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2012-11-22 00:48 | 自分のこと | Comments(12)

ジンベエザメに遭遇

水族館に行ってきました。

ジンベエザメに遭遇・・・

でっかい・・・
f0025201_21212474.jpg

5メートル以上あるらしい。

ツヨ、ややビビリつつ、超はやい連続指差ししてました。
わが家では機関銃指差しと呼んでます。
f0025201_21224660.jpg



小さいときは水族館はとっても興奮してしまって(エレベーターに。)
構内を走り回っていたけれど

だいぶ落ち着いて
魚なんぞを眺められるようになってきました。

こっちが油断すると猛ダッシュで走るけど。Σ(゜д゜lll)

猛ダッシュするポイントが大体決まっているので
逃がしません。

おさかなを眺める・・・
f0025201_2122243.jpg


いわしが渦をまいています。

ツヨは何を考えているのでしょうね。
ひたすら指差ししていました。

『おさかな。』
『おさかな。』
『すいすい。』
『すいすい。』

かな?




今週の寄宿生活体験は明日、水曜から2泊です。
行く?好き?ときいたら、
コクンとして、
もう一度、「行きたい?行かない?」と
指を選択肢として二本立てたら、
サッと行きたい方の指を選びました。

自信を持っての返答に、
頼もしさを感じたりして…



人気ブログランキングへ
by keikototyuyo | 2012-11-13 21:37 | 外出・余暇 | Comments(2)

人生で一番よかったころ

昨日から本格的に
ツヨの寄宿体験が始まりました。

寄宿の生活は規則正しくて
夜は7時半に就寝。

お部屋が・・・真っ暗になります。

朝は眠くないかな。
楽しんでいるかな。
イライラは大丈夫かな。
先生がたを困らせていないかな。



私といえば

いつもはツヨの学校の送迎に
一日3~4時間かかっている生活。
朝や一旦帰ってきた昼や夕方に家事をコマギレに
片付けつつ

ここ数年は
母の痴呆が始まってから
実家に通って食事を2食くらい作ったり
病院へ連れていったり
グループホームへ入る手続きをその合間にしていたっけ。

その後は父も別のホームへ入り、
実家を処分し、その手続きにも行ったり来たり。

ホームに入っても
母が脳出血や骨折で入院したり

父も転倒して入院したり。

とにかく車で行ったり来たり。

いつも自分を客観的にみるところがあるので
心底大変だぁとは思ったことはあまりないけれど
母を一人で車から車椅子に乗せかえたりするときは
どうしてもうまくできなくて
そんな自分に
くっくっくっ・・・っと内心笑ってしまう。
あーあ、ガンバレ私。みたいな

最近は病院のスタッフさんに声をかけて
手伝ってもらう要領を得ましたよ。

一度、タクシーで姉に行ってもらったら
「もう、すごい大変だった~!」
と疲れ果てていて

そうか、私はツヨを病院に連れていくことで
だいぶ慣れているんだなぁと思ったり。

何せツヨは目を離したら
ダッーっと走って探検にいこうとするので
受付も待ち時間も会計も
手足全部使って目も離せない。
カウンターに足で押さえつけながら
お金を払ったりとかね。


そんな感じで
駆け抜けてきた数年だったなぁ。



今日は朝
パパとコトを送り出したら

もしかして
夕方まで自由?
でもあれもやらなきゃこれもやらなきゃなんて
もんもんと考えながら

結局朝、コトに行ってらっしゃいして、寝て、
一本映画見てお昼食べて、寝て、
ちょっとテレビ観て、また寝て、

よく風邪薬も飲んでいないのに
昼間からこんなに寝られるな
どんだけ疲れてんだ
と自分に突っ込みつつ

今、私誰にも必要とされていないなぁ
なんてぼんやり考えていました。

最後に寝たときは
うなされて起きました。

今はもうない実家に父と母とパパとコトとツヨがいて

みんな好き勝手なことを言ったりやったりして
「ひどい!ひどいじゃないの!私こんなにがんばってきたのに!」
って大泣きして目が覚めました。

目が覚めたら本当に泣いていました。

実家はないけれど
父も母もパパもコトもツヨも
みんな生きているよね?
寝ぼけながらほっとしました。


そして現実のみんなは私のことを
心から必要としてくれて頼っている。

義父母だって頼ってくれているかもしない。

そのことが胸に迫ってきました。

あと20年
いやあと10年もしたら

ひとり、ふたりと離れていって

ああ、あの頃は人生で一番よかった

みんなに頼られて幸せだったと
思う日がきっと来る。

昼寝でうなされて
そんなことに気づきました。


 f0025201_22153464.gif応援クリック励みになります。頑張りまーす

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-11-07 00:13 | 自分のこと | Comments(22)