人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

行事疲れ、いろいろ

目の下にひどいクマが・・・。
そして寝ても寝ても眠い。
しかもからだが動かないー。

どっと疲れが出たのかもしれません。
幼稚園の謝恩会の台本づくりと、当日の司会が結構のしかかっていたようで。


さて一昨日は療育センターの卒園式でした。
幼稚園とは違って、こちらには戦友ママがたくさん。

小さかった子供たちも、それぞれ成長し、
証書の代わりに卒園アルバムをみんながもらう場面では、
ツヨの番がくる前から涙があふれました。

卒園式のあとに、教室でお別れ会。
これがタイヘンだった。
サヨナラの歌を歌った後に、食べ物の買い出し、準備で50分。
どうして帰れないのか、何をするために何をいつまで待つのか
ツヨにはまったくわからない。教材も拒否。
私にしがみついて泣いていました。
立って抱っこしろ、というので立っていると、
両手で私をビンタ。両手ふさがっているので避けられない。
顔がすごく怒っている~・・・。
すまんことです。でも母をぶったらだめだぞ。

嫌な予感はしていたけど、
どのお母さんもこのイレギュラーの心配をしていないので、
園庭ででも遊ばれせれば、どうにかなるかなと思っていたら、
久々に「どうにもならなかった」。

しかし絵でも写真でもなかなか説明できない。
時計も時間も文字もわからない。
しかもまったく初めてでこの先たぶんもうないこと。

私の肩と首が限界にきたころ、やっと会が始まりました。
何も準備が手伝えなかった・・・。
というか、みんな適当に遊びながら、お利口に待てているのはなぜなの?
どうしてツヨはそんなに不安になるのか?

やはり帰りの歌は聞かせないで、とっとと園庭の写真を見せて、
外に出して遊ぶのがよかったのかな。
でもまたあらためてツヨを理解できた、とプラスに捉えよう・・・。
この扱いづらさを分かってもらえそうな学校を選んでよかった、ということにしようっと。

泣いても笑っても卒園。
春休みに突入です。

(2016年追記
ほかの子と違う大変さ。
これがのちに知った「こだわりの行動障害」というものなのでした。
終わったからいつも通り帰る、という儀式に
強くこだわっていたのでした。
視覚で分かる説明が不可欠なこと、行き当たりばったりはだめ。
ということを思い知らされました。)


                   ツヨに応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2009-03-21 22:45 | 泣き言 | Comments(6)