人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一緒に遊べた!

最近、模倣ができるようになってきたツヨ。

今日は公園で、コトの後にずっとくっついて、
アスレチックの遊具で遊べました。

双子が二人一緒に公園で遊べたのは生まれて初めてでした。

いつも別々に遊んでいたので・・・。

そんな二人のツーショット!(左コト・右ツヨ)
f0025201_019833.jpg

コトは一緒に遊べて、(というか後ろからついてきてくれて)
「楽しい!!」と連発してました。

よかったね。

                      ツヨとコトに応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-11-25 00:22 | 外出・余暇 | Comments(7)

ツヨの運命、預かったよ

自閉症専門の養護学校の抽選が、今日ありました。

たくさんの学校に見学に行きましたが、
最初に見学に行ったとき、
あまりにツヨにぴったりだったので、
感動したところです。

集まった親御さんたちの緊張感の走る中、
透明な箱から、あたりかはずれのくじの入った封筒を一人ずつ引いていきます。

順番がくるまで、ドキドキして頭が痛くなってきました。

はずれたら、地元の特別支援学校へ行きます。
そこには知っているお友達がたくさん。
私も今まで一緒に戦ってきたお母さん達と、また一緒に歩めます。

あたれば、自閉症専門の手厚い支援が受けられます。
でも毎日往復2時間弱の道のり。
私は送りと向かえで、2往復。
小学校に上がるコトのことも心配。

私の番がきました。私は7番目。まだたくさん封筒が入っています。
箱の中をのぞくと・・・

一枚の封筒に視線が吸い寄せられました。
こう、封筒から「気」が出ている。(ような気がした)

当たりました!
当たってしまった。
神様が「ツヨくん、行きなさい。」
と言っていたんだよと、訓練会の先生に報告したら
言われました。

9月の学校説明会で、
発達年齢2歳未満のお子さんがほとんどです。
と言われました。

そこに通ったからといって、数値が伸びるわけではありません。
ただ、分かりやすい、落ち着いた環境で、
ツヨの得意な部分を伸ばしてやりたい。
そして何かコミュニケーションの手段を見つけて、
発信することの喜びに出会ってほしい。
そんな思いがわきました。

正直、周りの子供たちもツヨと同様の症状であれば、
例えば幼稚園とは真逆の環境になるかもしれない。

ツヨくんツヨくん!と抱っこしたり、なぜてくれたり、
コチョコチョしてかわいがってくれるお友達はいないかもしれない。
でも、かけがえのない友に会える可能性もある。

これからの何年かは、そんな新しい環境で過ごすのも、
また一つの道。

一緒にがんばってみようか。

                      ツヨとママに応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-11-17 23:49 | 就学・進路 | Comments(12)

親の思い、いろいろ

昨日の遠足は、朝から雨。
だんだん晴れてくる感じでしたが、
地面が濡れているので遠足は公園から水族館へ変更。
水族館はエレベーターにハマるので欠席です。残念。

ツヨと二人でコトを遠足に見送り、
療育センターへいつも通り行きました。

先日、小遠足で鎌倉の山歩きができたので、
もうそれだけで十分、ということにしましょう。

ヘンな話、幼稚園から「連れていけません、付き添い参加も
ダメです」といわれて行かれなかった去年と、
雨で行かれない今年では、ガックリ感が全然違います。
ちなみに園に拝み倒して付き添い参加の許可をとったと、
先日書きましたが、
拝み倒した時、どうお願いしたかというと、
「思い出が他の子より少なすぎて淋しい」
でした。
園長先生も、グダグダ文句のようにゴリ押しされるより、
そう言われほうが、よっぽど断れなかったのかもしれませんね。


話変わって、先日、地元の訓練会の先生に、
「ねえ、篤姫、見た?!」
と言われました。
ご主人様と「この子、ツヨくんに似ている!」
と盛り上がっていただいたそうで。
やはり私の思い込みではなかった~。

ちなみにツヨに似ていると騒いでいるのは、
「セレブと貧乏太郎」次男役としても出ている小林海人くんでした。

こちらはちょんまげではないけど・・・。(そこにこだわるか!)

亀之助のキリリとしたはかま姿にちょんまげをみて、
平成7年の大河を思い出しました。
八代将軍吉宗(西田敏行)で、中村梅雀が言語に障害のある、
徳川家重を演じました。
ご記憶にある方もいらっしゃるかと思いますが、
すごい演技で注目を集めましたよね。

多少の記憶のあいまいさはあるかもしれませんが、
吉宗は、家重が将軍職を継ぐには荷が重い障害を持つことに、
心を痛めます。
思い悩む吉宗がある日夢を見ます。
家重がしっかりとした口調で、
りりしく「父上!」と言うのです。

ツヨに見えた亀之助はそんな感じでした。
きりっとちょんまげ、はかまで「ハイ!」と
ツヨがいっているような。

夢から覚めて、吉宗は「あぁ、夢だったのか」と肩を落とします。
特に大河ドラマのファンではないですが、
苦しい立場に立つ将軍の心と、一人の親としての悲しみが秀逸でした。

ツヨが生まれるずっと前にみたドラマだけど、
そのシーンが忘れられません。

                      ツヨとコトに応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-11-08 22:50 | 自閉症の息子のこと | Comments(5)

亀之助どの!

さっき、篤姫を主人と一緒に見ていたら・・・。
篤姫が、次期将軍になるはずだった幼い徳川田安家の当主、
亀之助と会見するシーンが。

えっ、あれっ!

亀之助殿。
に、似ている・・・ツヨに。
かなり似ている。

主人に同意を仰ごうと、顔を見ると、
目を赤くしているじゃないですか。

私「似てるよね?」
主人「うん。」

私「『ハイ!』」って言ったね。
主人「うん。」

ハイってツヨが言ったら、こんな感じかなって
思ったか、
なんかグッとなっちゃったか。
どうしてこういう時、男の人は口数が少なくなってしまうんでしょう。

たまたま録画してあったので、その後何回もそのシーンだけ繰り返し見てしまいました。
カワイイ子役の子と似ているなんて図々しいにもほどがあるけど、
どうかお許しあれ!

                      ツヨとコトに応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-11-02 23:56 | 日常生活 | Comments(5)