人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

課題のための参考本

自閉症と診断されて、何が何だか分からないまま、
何とかしなければならない、といろんな本を買いました。
3年前のことです。
誰もこうしなさない、こうしたらいいよとは教えてくれませんでした。

小さかった2歳のツヨももうすぐ6歳。
運動面と身辺自立、そして精神的な内面だけきっちり6歳になり、
社会性と言語理解の深いハンディを残したまま、
こだわり、不安といつも隣り合わせの男の子になりました。

それでも慣れ親しんだ人、所では満面の笑顔を惜しみなく
見せてくれます。
もし、なんて意味のない仮定だけど、
もしハンディがなかったら、穏やかで明るい優しい子だったんだろうなぁ、
なんて勝手に思っても許されるかな?

と、ついつい感傷的になるけど、
泣いている暇はありません。コラ。

まだまだ使えなかった本が、やっと役に立つようになってきました。
今日はちょっとご紹介します。

①自閉症児の指導法(上岡一世)
  身辺自立・教科・生活・そして働くことまで、
  具体的に指導法が書いてあります。

②2歳からはじめる自閉症児の言語訓練(藤原加奈江)  

③自閉症児の発達単元267(E.ショプラー、他)

④認知発達治療の実践マニュアル(太田昌孝、他)

以上は実践的な内容です。③④は分厚く高額です。
入門書や体験本もいろいろ読みましたが、
他のところでも紹介されていると思いますので。
いずれも高機能のお子さんには不向きかなと思います。

⑤DVD「自閉症の子どもの自立課題」1から3(朝日新聞厚生文化事業団)
 手作り教材の参考にしています。本屋さんにはないかも。


ただ、②③④はツヨの場合も使えるようになるまで3年書棚で眠りました。

いずれにしても、何か特別なものを身につけることは何一つ書いて
ありません。
人として、人並みに、自尊心をもって生活するために、
何年もかけて身につけていきたいことばかりの内容です。

ツヨはどんな大人になるだろう。
隠れるように生きるのも、
謝りながら生きるのもごめんです。

だよね?ツヨ。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-09-22 23:20 | おすすめツール・教材 | Comments(9)

模倣(加筆修正しました)

最近、人の真似を少しだけするようになってきたので、
「模倣」も始めました。

私がテーブルをこぶしでとんとんと叩く。
ツヨも叩く。回数はあっていたりいなかったり。

手を叩く、ひざを叩くなど。

一番苦手な音声模倣も。

(でもこれは要注意です。
しゃべらせたくてやったり、無理にさせようとするものではありません。
かえって声をだすことや口を開けることを嫌ってしまうことも、
お子さんによってはあるかもしれません。
無理強いは禁物です。
子供の様子を見ながら、あくまで遊びの延長で。)

私が「あー」と言って大きな口を開ける。
ツヨも開ける。声は出そうとしているのかいないのか。
きっと音を聞き分けて、同じ音を出すことができないのでしょう。
それがツヨの自閉症の障害であるのだから。

そうだよね。そんなカンタンにできたら、きみも苦労しないよね。
あーの形で口をパクパクしているツヨが不憫で少し泣きそうになる。

やめたくなった・・・。が、気を取り直して。

私が「シー。」

「パッパッパッ。」

この二つはできるはずなので、
私の真似をするという意味でできるかどうか。

そして口をすぼめる。

一つずつゆっくり見せる。

少し考えてから、遅れてマネをしたり、しなかったり。

でも終わってからしばらくして、どこからか「パッパッパッ」。
見るとツヨがこっそり一人で口を動かしていました。
アーと開けてみたり、シーと言ったり。

ほおっておいてもできるようになることはあるかもしれない。
定型発達の子ならそれが普通だし、
ハンディがあってもその子自身の力で伸びること、
得意な分野が伸びることはあるでしょう。

逆に、社会性などは、伸ばそうとしても伸びるのは難しいそうです。
でも、例えば社会性を補うツールを身につけるとか、
信頼する大人のすることを真似できるとか、
手助けをすれば伸びることもあるに違いない、そう思います。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-09-14 10:38 | 家での教育・しつけ・身辺のこと | Comments(3)