人気ブログランキング |

カテゴリ:中学校( 29 )

中学部卒業 新しい未来

中学校を卒業した娘に続き
ツヨも特別支援学校中学部を無事卒業しました。

高等部につながっているものの、やはり節目。
義務教育を終えて、将来に向けての準備のための高校。

大人へと昇る階段がだんだん近づいてきて
複雑な心境です。

卒業式ではツヨは校長先生からしっかりと卒業証書を受け取ることができました。
(やや奪い取る感じはありましたが…)

小学部の生徒も中学部の生徒もみんな個性たっぷりですが
全員、けなげで一生懸命でとても素晴らしい式でした。

卒業の日に合わせて小学校の担任だった先生から
郵便でお祝いのメッセージもいただきました。

お式では学年の下のママ友からかわいらしい花束のプレゼントを思いがけずいただき
放課後デイのスタッフさんも式に参列してくれ、
またお義父さんからもお祝いを送ってもらいました。
メールやメッセージカードをくれる後輩のお母さんもいて。

そして一緒に卒業する学年の子達やママと一緒に写真を撮り慌ただしく過ごす中で
本当にたくさんの方に囲まれて心配され合って
支え合って生きているんだなぁと満ち足りた気持ちになりました。

学年の先生からは温かい贈る言葉とアルバムとプリムラの植木。

三年前、不安で入学した中学部。
ツヨも先生も慣れないことでいろいろ大変だったと思います。
でも今のツヨは勉強をまじめにこなし、お手伝いも片づけも積極的にやり、
農作業では耕運機を動かし、花苗をじょうずに植えます。
小学校でいろいろやってきたので素地がしっかりとあるので
どんどんこなして役に立っていたそうでした。
経験ってすごいですね。
いつもすべてやる気まんまんのツヨです。
きっと将来は何かいいお仕事を見つけて
長所を生かせる環境で生き生きと過ごしていきたい。


皆様に心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもツヨと娘と家族をよろしくお願いいたします。


f0025201_23292526.jpg


カンパニュラ  花言葉は「感謝」


f0025201_23300293.jpg

ムスカリ 花言葉 「絶望ののちの 希望ある未来」



f0025201_23453383.jpg
      

ガーベラ 花言葉 「希望」





みなさまの近くでも、それぞれの彩りに満ちた
新しい未来が拓かれていかれますように。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写







by keikototyuyo | 2018-03-18 23:54 | 中学校 | Comments(2)

中学部の卒業に向けて その2

※ブログ村の応援クリックのシステム変更ができていなくて
せっかくクリックしていただいた22、23日の分が
反映されていませんでした。ポンコツでごめんなさい…
もしよかったらもう一度クリックしてやってください…


さて

謝恩会は無事終わりました。

全部で一時間半弱、和やかで楽しい会でした。

ツヨポンは…

はじめのことば、校長先生の挨拶、乾杯、おやつまで
座って過ごしましたが
おやつを猛然と食べ終わると
会場のお部屋の後方でずーっと立って揺れていました。(笑)
猛然と食べたおやつもすっかり消費する運動量…

スライドをチラ見したり歌に体を揺らしたり
先生へのプレゼント贈呈をチラチラ遠巻きに眺め
なぜか終わりの言葉の時はイスに戻って座っていたらしいです。
私は司会進行だったので
最後どうだっか記憶になく。ごめんねツヨポン。

ちなみに先生からの歌のプレゼントの時は
その場所がちょうどツヨが揺れていた場所で
知っている歌だったので
先生方の列に並び一緒に歌っているようになり
おかしくて吹き出しました。
お話しできないツヨの歌声は聞こえないけれど
たぶんほんとうに先生と一緒に歌っていたのでしょう。

今誰が主役とか、あちら側とかこちら側という意識のなさは
社会性・対人相互関係の難しさなんだろうなぁと
あらためて思いました。
自閉症の診断基準の一つなので、自閉症なら誰しも持っている特性なのだけど
そこがツヨはとても重いのだろうなと。
そこに知的・認知の重さも絡み。

あらためてツヨを知った謝恩会でした。

そしてそんなことはクヨクヨ気にせず
私は司会に集中です。
それはそれ、これはこれ。
引き受けた仕事は全力でやる。
楽しくてちょっと泣ける会にするだけ。

もうツヨとの付き合いは長いので
基本的に言うことをきかないことは
とっくに分かっています。
どこまで付き合ってくれるかが大事。

将来のお仕事もそうだけれど
ツヨは自分の道をまい進しつつも
自分の仕事(今回はおやつを食べること 笑)
が終わっても、
すべての片づけが終わるまで部屋から飛び出したりせず
指示があるまで待つことができる
机を拭いてなど、言われたらやる
これができている
それで十分だと思います。

障害・特性は治らない。
でも周りと折り合いをつけていくことは訓練できる。

終わりの言葉が終わるとすばやく上着を着て
リュックを背負い
「片づけ、待てるのか?!」
と先生や他のお母さんをちょっとドキッとさせたけれど
片づける私のそばをウロウロしながら
30分ほどの間ちゃんと待って(付き合って)くれたツヨでした。
リュックをおろすように促しても
そこは断固拒否でした。(笑)
そうだよね。

そしてきっとツヨなりに謝恩会を楽しんでいたはず。
全員で歌うプログラムで「最&高」の歌が流れると
先生やお友達と一緒に
一層大きくゆらゆら揺れて楽しんでいました!





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写


by keikototyuyo | 2018-02-22 19:35 | 中学校 | Comments(2)

中学部の卒業に向けて その1

もうすぐツヨもコトも中学校卒業です。

中学生時代はあっという間でした。

入学したての頃はツヨはまだまだ不安定な時期で
繰り返し行動などの非常に強いこだわりがあり
先生方も相当ご苦労されたに違いありません。

動線のこだわりが非常に強いツヨ。
根負けして本人の好きにさせてしまうと
本人もやめたいのにやめられない強迫状態になる
という難しい対応だったと思います。

対処のさじ加減がなかなか難しく、
一緒に生活していると朝から晩までそんなことの繰り返しだったので
こちらが折れたりする場面もありましたが、
学校ではいろいろと工夫をしていただいて
なんとかその時期を乗り切りました。

最近はツヨもその頃に比べれば柔軟さも出て、
何より「うわーっ!」
と熱くなってしまってからのヒートダウンが
格段によくなりました。

4月からは校舎の一個上の階にお引越し。

ツヨらしさを失うことなく
でもできるだけ穏やかに
将来のお仕事への準備の季節を過ごせるといいなと思います。

明日はお母さんたち主催の卒業を祝う会。

おやつを食べたり歌を歌ったり
ツヨにとっては卒業の意味は分からないので
お楽しみ会のようなものかもしれません。
小学校のときの卒業の謝恩会の写真があったので
明日はこれを学校でやるよ
と伝えたら
目を丸くしていました。

お楽しみ会
おやつとお茶
歌を歌う
お片付け
ママと車で家に帰る

と言葉で伝えたら丸い目のまま
「ん。」
とこっくり。

親の主催なので「お片付け」までしたい。
机上のツヨのプログラムの最後に「おかたづけ」とちょちょっと書き足しておけば
終わったらびゅーっと走っていってしまうことはないはず。



たぶん

大丈夫



と思う…

(汗)


ご報告はまた後日。



f0025201_09072720.jpg
   ↑
ベランダの花
どうしても名前が思い出せない…



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写


by keikototyuyo | 2018-02-18 22:26 | 中学校 | Comments(2)

入学選考、何を着ていく?

今日はツヨの学校に高等部入学の願書を出してきました。

内部進学という形ですが、来週きちんと受検日があります。
(受験ではなく受検といいます)
高等部の教室に誘導して、一日のスケジュールを理解させて…

いつも通りではないことに、ツヨはとても緊張して高ぶるでしょう。
ちょっと憂鬱だけどがんばろう。

こういうときはやはり写真やイラストでのスケジュール提示が必須です。
言葉ではなかなか説明できません。

高等部でお話を聞く。
体操着に着替える。
体育館で運動。(集団行動・運動機能をみます)
教室でお勉強。(認知をみます)
着替え。
下校。

そのあと児童デイまで一時間待ち時間。
ファミレスに連れて行ってごはんかな。
緊張する~。
息子をファミレスに連れていくのに緊張する母です。

急に走り出すのさえ収まってくれるとだいぶ楽になるんだけどなぁ。

いつか走り出さなくなりますように。

いつ?
なる?
だめですか?
なりませんか?(笑)
(誰に聞いているのでしょう…)

スニーカーで行こう。
あっ、親はスーツですよね。一応。
スーツにスニーカー…?



うん。スーツはやめましょう。

安全第一!です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ



禁複写




by keikototyuyo | 2017-11-28 00:13 | 中学校 | Comments(2)

正々堂々と子どもでいられる時期

ちょうどテレビのリモコンの話をしたところでしたが
昨夜テレビが急につかなくなり
突然寿命を迎えました~

2005年に当時としては奮発して買った液晶テレビ。
サヨウナラ

しあさってまでリビングではテレビ稼働せず。

最初に故障に気づいたのはツヨポン。
異変を感じて私にリモコンをそっと渡してきました。
でもすぐに状況を察知し
今日は一度もリモコンに触ろうとせず、
コンセントを抜いてみたり何度もつけたり消したりする私を見て
『あーあ。こわれちゃったのか。』
と思っているようです。

よーし
金曜に学校から帰ったらちょっと大きくなった新しいテレビに
びっくりさせるぞ。

よりはっきりくっきりしたちょっと大きい画面で
忍たまやおじゃるだ!

そうそう明後日木曜はツヨの学校の文化祭。
学年でステージ発表があります。

ツヨは遠足で乗った水陸両用バスを模した段ボールを組み立てる役。
一人一人にあった役を考えてくれます。
たくさん練習を積んだし、今日はリハーサルもちゃんとできたらしいので
本番が楽しみです。
親御さんもたくさん来て、みな目を細めて我が子やお友達を観ています。
拍手をもらうと子どもたちはやっぱり嬉しそう。
親が楽しそうにしていると子どもたちにも自然と幸せが伝わるのかもしれません。

学校生活もあと三年ちょっと。
この子たちが正々堂々子どもでいられる
とてもとても幸せな時期です。


f0025201_2312250.jpg




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ





禁複写



by keikototyuyo | 2017-11-14 23:58 | 中学校 | Comments(0)

修学旅行は特性が顕著に現れるもの? その2

ツヨの修学旅行の日程は二泊で、
広い公園でアスレチックをし、水族館に行き、湖で水陸両用バスに乗り、
忍者村に行き、森を散策し・・・
と盛りだくさんでした。

ツヨが一番楽しそうだったのは、アスレチックのようです。
わかりやすく体を動かすのがシンプルに楽しいのかな。

でも水族館も忍者村も家族ではなかなかチャレンジできないので
とってもありがたい。

忍者村のからくり屋敷で
『こ、これはなんだろう!床がまがっているぞ?』
と思ったか思わなかったか。(笑)

水陸両用バスも、その仕組みなんてツヨには全然わからないけれど、
ガタガタ砂利道を走って湖にドーンと入る(のかな?想像です)非日常的な感覚を
子ども時代の心の柔らかいうちに体感をすることや、
目に飛び込む景色に胸を高鳴らせること、どれもいい経験だと思います。

いやしかし無事に帰ってきてなんだか少しほっとしました。
入学した時から、修学旅行大丈夫かなと若干不安だったので。
ツヨもこの二年半で以前に比べれば落ち着いたし
先生方もツヨに対するコツみたいなものを得てきてくれています。

今回の旅行で明らかになった、これまでもうすうす気づいていた
ツヨのこだわり三点セット。
それは

トイレ
ごはん
アイス

どこでトイレに行くか。
もはやトイレに行くためにその前の旅行の行程があると言っても過言ではない。
いやいやオーバーじゃなくで。
心配なのでしょうね。
そしてトイレは全国どこでもトイレ。やることも決まっている。
旅行でもただの外出でも唯一ツヨにわかるもの。

それがかつてはエレベーターでした。
初めての場所に行くとエレベーターの場所を瞬時に見つけて
ダッシュして何時間でも乗り続けるという・・・
不安な中、エレベーターに乗ることで心を落ち着けていたのでしょう。
あれに比べたら手をつないでトイレにダッシュすることなんて天国くらいの楽ちんさです。
たぶんはたから見たら天国どころか
「まぁあの親子大変ねぇ・・・」
となるかもしれませんが。気にしませーん。

ごはんは、朝を食べ終わると
「ご!(昼ご飯は?)」
昼を食べ終わると
「ご!(夜ご飯は?)」
本人にとっては非常に重大な関心事。

「くいしんぼうか!」
ってたまにツッコみますが、はいリアクションはありませーん。

アイスはとにかく好きだしこだわるし、
これも旅や外出時の重大な儀式なのでしょうね。
パーキングエリアや公園でソフトクリームの模型
(一メートルくらいの高さで黄色いコーンにソフトクリームの巻いたやつ)
を見つけるともうそこのお店のものを食べずにおられません。
そしてその動きの素早いこと!

そして今回の修学旅行でも三点セットをきっちりこなし、
心と一緒に胴回りも一回り大きくなって帰ってきたツヨポンなのでした。

はい。修学旅行のお話は以上でーす!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写






by keikototyuyo | 2017-10-11 23:24 | 中学校 | Comments(2)

修学旅行は特性が顕著に現れるもの?

ツヨが修学旅行から超元気倍増で帰ってきました。

アイスが大好物なもので各所で食べ

おなかがポンポン満足げに膨らんで
思い出も心に焼き付けた表情で
どどーっと文字通りすごい勢いで帰宅です。(笑)

二泊いなかったあと、改めて存在感がすごい。

ツヨが二泊することを忘れていたコトが、
二泊目の夜に塾から帰ってきて(ちなみに進学塾ではなくて補習塾です~)
玄関を入って一歩で
「あれ?ツヨいないの?」
と。
「え、そんなたった一歩でよく気づいたね。」
と驚くと
「だって家が限りなく静か。」

ツヨがいない夜は虫の音もよく聞こえて
本当に限りなく静かでした。
えーと、たぶん普通のおうちはだいたいこんな感じのはずなんだけど
そんなことを私は忘れているし
コトに至っては生まれてからずっと一緒なので
普通の生活を知りません。

二泊目の夜はそのあとコトといろいろな女子トークで盛り上がりました。

だがしかし

ここが静かということは

ツヨをみてくださっているお宿の中は
なかなかのにぎやかさなのだろうなぁと
先生に感謝でした。

お宿のお風呂は温泉で、いくつか浴槽があったそう。
ツヨは初めての場所であっても
瞬時に浴槽めぐりのルートが頭に浮かんで
早く実行したかったらしく
ほっておくと次から次に入っては出て走って(走ったらダメです!)
浴槽めぐりになってしまうところ。
先生が一つのところに100数えるまで入っていることと
お風呂で走らないことを伝えてくれて
ツヨはきちんと指示に従えたそうです。

ツヨの特性と対応のコツを抑えてくれているのは
とってもありがたいこと。

それに尽きるのかもしれません。
示されたスケジュールを理解したり
ここでお友達を待つなどの
根本的なルールは小学校でしっかり身についているし
性格的にも律儀なのでそこはまぁ大丈夫なのかなと。
逆にそこができなくて動きも早いと修学旅行どころではない・・・。

問題はこだわっているいくつかのことを
『早くやり遂げたい!』(ツヨの心の声)
となったときの対応。

でもツヨにとって一日の大きなゴールはお布団に倒れこむこと。
しかも眠くなれるお薬も飲んでいるので20時半には寝たそうで。
動きも早いけれどゴールも早い。
帳尻合ったかな?ということで。

あ、ちなみに水風呂は100数えないうちに
即刻あがったらしいです・・・ふふ

続きはまた。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写





by keikototyuyo | 2017-10-07 23:11 | 中学校 | Comments(2)

作業実習の野菜ができました!

ツヨが学校で栽培した枝豆となすときゅうりです。

みずみずしくておいしかったです、

とても一生懸命取り組んでいるらしいでので
体力もつくし肌も焼けて健康的になってきました。

f0025201_00323004.jpg
虫と格闘しつつがんばって枝から豆をとりました~。
植物らしい青々した香りに包まれた
自己主張のある枝豆くんたちでした。

先週はじゃがいもも。
ツヨのリクエストにより
じゃがバターにしていただきました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写



by keikototyuyo | 2017-07-06 00:43 | 中学校 | Comments(6)

走る ぼくは今ここにいる

今の学校での運動会も三回目。
ツヨもすっかり進行に慣れて
彼なりに楽しめたかな。

徒競走は・・・

幼稚園から今までの運動会、歩いてしまう年もあって
パパとしては走らせたい。

今年は中三。
中学部で一年生から学年順・速さ順に走っていく中、中三の最終組。

(もし全力疾走したら)結構早いんだものね。
体育の得意な先生に
ツヨくんは体のつくりも運動能力も非の打ち所がないですよ
と昨年度ほめられたの嬉しかったなぁ。

さあ、同じくらいの速さの同学年男子でそろってスタートラインに立ちます。

そうそう
パパがスタート地点で
「ツヨ!走れ!」
と一生懸命やる気スイッチを鼓舞していました。
それを見たツヨ。
スタート前にケタケタ笑って猛烈にスタートしました。
あはは!まだだよ!
先生に引き戻され、もう一回。

よーいドン!

本番もこぼれるような笑顔で走ってきました!

あはは

あはは


風を切るツヨの体が躍動していました。

今日は思い切り走っていい日。

周りのお客さんもみんな楽しそうに手を叩いている。

同じ学年の足の速いお友達が前を走っていたので
そのラインをきれいになぞって走ることができました。

一緒に観ていた学年一個下のママ友がそのことに気づいて
私に教えてくれたのです。

そういえば小学校のとき、とても達者で素直で素敵な級友がいました。
彼をじっと見て真似をすることで、
拙いながらも本当にたくさんのことができていました。
模倣の得意なツヨはいろいろな道筋を彼に見せてもらいながら
本人なりに真似をして過ごしていたのです。

そして今日は、グラウンドにきれいに弧を描きながら
お友達の後ろを笑顔で走っている。

自閉症の子の目にいろいろなものがどんなふうに映っていて、
その体は私たちにとって当たり前のこの世界をどう感じているのか、
想像するのはなかなか難しいことです。

人生は長い。

学校に通える子どものうちにたくさん楽しい思い出を作って
健康な体を作って。

今日も一日、楽しかったなと
明日もきっと楽しいはずと
そう思って夜、眠りについてくれるといいな。

ひょっとしたら風をきって走る夢をみているかも・・・



あはは

あはは

ごーごー

かぜのおとがする

まえをはしる彼のあとをついていけばいいんだ

よーし

ぼくもはしれるぞ


ぼくはいまここにいる


f0025201_02302309.jpg




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写









by keikototyuyo | 2017-05-21 21:48 | 中学校 | Comments(9)

走っていい日

ツヨはよく動きます。
動きも早い!
学校でツヨを見かけたお母さんが
「廊下や教室を走ってたよ〜。」
と教えてくれました。(汗…)

「あちゃー、人の三倍速なんだよね 。」
と言うと
「三倍? いやもっと...(笑)」
ですと。あはは。
朝の着替えやお仕事をこなすことで
気持ちが前へ前へと焦っているのです。

ちなみに人にはぶつからないようにギリギリにうまくよけていき、
(だからいいというわけではないですが)
跳んだり跳ねたりではなくて短距離選手のように
軽やかにいいフォームで走ります。
脚の筋肉も鍛えていないのにいい感じ。

明日は運動会。
競争は意味が分からないけれど
早く走ると唯一皆さんに拍手で褒められる日。

どうか走りますように。
頼みます...!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写




by keikototyuyo | 2017-05-19 07:50 | 中学校 | Comments(2)