人気ブログランキング |

カテゴリ:偏食( 16 )

偏食のこと 「ばっかり食べ」「食わず嫌い」

偏食のことを前の記事で触れて、
ツヨがどんな偏食だったか思い出していました。

たしか離乳食までは順調に食べていたはずです。
ところがある時
「ばっかり食べ」
が始まりました。

食事を摂らないで、同じ銘柄のビスケットばっかり食べる。
食事を摂れないから、何か食べさせなければと、いろいろ食卓に出してみて、
結果、気にいたものしか食べないようになる。
といったほうが正確ですね。

生協のビスケットが好きでしたねー。
米と同じ炭水化物だから、もういいや
と思っていました。

そのあと白米を食べるようになったけれど
のりで巻いてやらないと食べない時期もありました。
療育センターの給食のとき、若い女性の先生が、
ツヨの傍らで小さいのり巻きを一個ずつ作っては
ニコニコしながらツヨの咀嚼を待ってくれていたのが
昨日のことのように思い出されます。

バランスは気にせずに、何かを食べれているなら
そこから栄養はそれなりに摂れているものだから
いろいろ食べさせようと悩まなくていいよと
別の先生に言われたことも、とてもよく覚えています。
その言葉に救われたのでしょうね。

タンパク質のおいしさに気づくと、今度はベーコンしか食べなかったり、
ハンバーガーを毎日食べたがったり。

問題は野菜でした。「食わず嫌い」をどうするか、これは難しいですよね。
小学校の三年生くらいから偏食指導が始まり、
人参を5ミリくらい食べたら、フルーツを食べてもいい
というような非常に根気強い指導をしてもらい
野菜が食べられるようになりました。


家は楽しく食事をする場としたほうがいいと
先生が言ってくれたので
学校では頑張り、家では偏食指導はしませんでした。
本当にありがたかったです。

「食わず嫌い」は減ったけれど
「ばっかり食べ」は今でも大いに健在です。
コンビニに行くと、いつも同じものしか買いません。
そういうお子さんはたくさんいらっしゃることでしょう。
いつも同じもの・いつも同じことが大好きなこの子達ですものね。

「よく飽きないね。」とも思いますが、
チキンが、ある日からLサイズにマイナーチェンジされていたりと
ツッコミどころもあって、かわいいもんです。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとう
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

禁複写





by keikototyuyo | 2019-04-12 22:43 | 偏食 | Comments(0)

日曜日のママとの外出

昨日の夕食は炊き込みご飯にしました。


f0025201_22115557.jpg

鶏肉と筍と油揚げ、ごぼう、にんじんなど入れて。

炊き込みご飯は炊きあがるまで成功かどうかわからないので
なんかドキドキしませんか?

炊き上がったら、少しだけ味が薄かったので
ほんだしを炊き立てにパラッとふりかけて
強引に混ぜ込んでしまいました。
荒業。

ツヨは白飯はおかわりしない(させない)のですが、
これはすごい速さで慌てて食べて
お茶碗を持って
一杯目をまだよそっている私の後ろに並んでいました。あはは。
昔はひどい偏食でしたが、今はほとんど偏食がなくなり、
ほとんど普通に食事を楽しめるようになりました。
私も作り甲斐があります。




さて今日は日曜日。

ツヨと二人で隣の駅までお出かけしてきました。

ラーメンを食べたいと50音表で伝えてきたので
ラーメンのあるレストランにGO!
ところが到着してみると、「本日貸し切り」の立て札が。
わー
どうしよう。
パニックになるかしら──とドキドキでした。

すると一応レストランの中までスタスタスタっと入っていき、
レイアウトやお客さんの様子がいつもと違うのと
私が「今日はだめなんだって!」
と連発したので、納得してくれました。

すぐに踵を返してレストランのある建物をあとにし、
駅に戻るほうに歩き出したので、どうするのかな?と思ったら
スーパーを指差して
『買い物に行く』と。
おお。なんだか偉いな。
「一番、ハンバーガー。二番、お買い物にする?」
と尋ねると目をキラリとさせてウンとうなづきました。

そういえばマックのカウンターは手元のメニューが復活したのですね。
以前一度、なくなったことがあったような。
手元にあって、写真がたくさんないと本当に困ります。
ツヨは自分の食べたいものの写真をテキパキと指差してくれます。
写真付きのメニューバンザイです。

ちなみにMサイズのポテトを半分ずつにトレイの上で分けると
私のスキを見て、自分のほうへ私の分をスーッと移動させようと
何回か遠慮がちにトライしていて、おもしろかったです。


次回へつづく・・・




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとう
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

禁複写









by keikototyuyo | 2019-03-31 22:42 | 偏食 | Comments(0)

偏食指導

小さい頃は偏食がひどく、白米かパンかビスケットばかり食べていました。
小4くらいに学校で偏食指導をしてくれて、ほんのひとかけ、2ミリとか、
おかずを食べたら次は好きなものを食べていいというやりかたで、
少しずつ、おかずのおいしさに気付き、受け入れるようになりました。

食わず嫌いのものは、先生がツヨを肩を組むようにして抱えて、
外側からアゴを押さえてあーんして食べさせました。
そのやり方は子どもが偏食から脱する時期がきているかどうかの
頃合いをよく見計らってやるとのことで、
ツヨはおかずに興味を示していたから取られた方法だったと思います。

食べてみたいけれど、こわい。
先生が押さえてくれたら食べられるかも、
とツヨ自身が感じていたのではないでしょうか。

新しい食べ物にチャレンジするとき、
ツヨはまた顔を押さえてほしいと、
ジェスチャーで先生に伝えたそうです。
こう、手を上にあげて、反対側の耳を触るようなポーズ。

それは押さえられた感触への一種のこだわりだったのかもしれませんが。

こう書くと簡単なようですが、給食での先生とツヨのやりとりは
私の想像を超えて、気の遠くなるような真剣な作業の繰り返しだったのだと思います。
長い期間、一定のルールで対応し続けるわけですから。

その時期は家では好きなものを好きなように食べさせてくださいとも言われました。
食事の時間が嫌いになってしまわないように。

いろいろな要素がうまく重なって、今はメニューにこだわりはあるものの、
ほとんど何でも食べられるようになりました!


まぁ食事のこだわりはまだまだいろいろ続くのですが・・・
食べる楽しみを知れたことは人生における大きな宝です。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援いつもありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ
by keikototyuyo | 2015-07-30 21:58 | 偏食 | Comments(1)

このままじゃデビューは無理

食欲の秋とともに
ツヨの食欲も増進中・・・。

ついに保健室より
「ふとりぎみのゾーン」(だっけ?)への突入警告がありました。

今日のツヨ。
f0025201_22184693.jpg
f0025201_22192695.jpg

胴回りが分厚いのです。

このままの体重で身長が伸びればいいわけで
深刻さは感じていない私・・・

ただ食べ方(ゆっくりね)と
野菜を多めに(なかなかね
は気をつけよう。

このままじゃ
ジャニーズデビューはむりだわ。
(無理だから)

 応援のクリック励みになります・・・→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-11-29 22:21 | 偏食 | Comments(12)

すいかの種を食べる男

ツヨがすいかを食べるようになった夏。
毎日すいかの絵カードを持ってきて、
指差して『食べたい!』。

先日、
すいかの絵カードをボードに貼ってなかったら
代わりにバナナのカードを持ってきて、
『食べたい!』。

え~バナナなんてないよ!
と言ったら私を冷蔵庫に連れていって
パパとコトに分けてあったすいかを差して、
遠慮がちに
『これも、たべたいの・・・』

すいかのカードはないけど、
くだものつながりでバナナを持ってくるところがまた・・・
母はキュンキュンして思わずあげてしまった。
パパとコトよ、すまん。

いつか食べられるかなと
机にしまってあったすいかカードをすぐにボードにはりつけました。

モグモグ。
f0025201_23361064.jpg


あれ?なんか変。

どこにもタネがない・・・。

食べちゃってる?

・・・。

こうやってプッってするんだよ、
と教えたらプッとやった。
これはまたお代わりのすいか。
f0025201_23383742.jpg


でも翌日にはまたお皿にはタネがない。

ま、いいか・・・
(いいのか?)
なんでも栄養・・・
(なるのか?)

 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-07-27 23:42 | 偏食 | Comments(3)

次第にやわらぐ偏食 その3

炭水化物ばかり食べていた年長さんのツヨが、
初めてびっくりするぐらいおかずを食べたことがありました。

療育センターの遠足で公共施設のレストランに行ったときでした。
ハンバーグ・オムライス・ポテトのお子様ランチを
バクバクバクバク・・・・!
毎日給食でご飯をのりでせっせと巻いてくれていた先生が、
卒園アルバムに
「ツヨくん、あのときは本当にビックリだったよ!」
と書いてくれました。

家や給食で出されても食べないのに、
特殊な環境、味付け、ちょっとしたきっかけで口にして、
おいしい!と気付くときがあります。

その後もそう簡単に家・給食では食べなかったけれど、
あるときファミリーレストランで
大人のハンバーグを口にして目がキラッと輝きました。

たんぱく質をとってくれたことが私は嬉しくて、
やせっぽちの体になんとか栄養をいきわたらせたくて、
ハンバーグフェアが終わるまで
一日おきくらいにそのファミレスに連れていくことにしました。

お金はかかったけれど、
私が作っても食べないし、
ツヨがハンバーグに飽きるまで、と思ってせっせと通い、
自分はその時は食事の介助で精一杯で(コトも幼く)
家に帰ってから適当にすませました。

きっかけがありきとして、おいしいものには正直。
夏休みに行ったホテルの食パンがおいしくて、
それから食パンブームになったり、
バイキングのわんこそばがおいしくて、
それからそば好きになったり。

今では家のハンバーグも、おそばもスパゲッティも
食べてくれるようになってきました。
(食べないこともあります)

すべての行動には理由があるし、
食事に対する記憶力や負の学習能力をこだわりと呼ぶのなら、
心の成長をゆっくりと待つしかないかもしれません。

もし口の中の触覚・味覚・鼻からの嗅覚過敏があったとしても
『ま、しょうがないか。食べてみるか』
『あ、たしかこれはおいしいな』
『ボクが食べると、周りの人が誉めてくれるから食べてみようか』
そんな風に許せるときがだんだんと増えてくる。
発達年齢ではなくて、まさに成長年齢に従って。
生きてきた年数が増えると、許せることも少しずつ増えてくる、ということです。

お子さんそれぞれもちろん違いますが、
偏食で悩むお母さんに少しでもヒントになれば・・・

あと本人が受容れられればの話しですが、
ツヨにはビタミンゼリー(製薬会社の第2類医薬品)を与えています。
ビタミンA、D3、Cがしっかり入っています。
それに頼ってしまっては困るし、副作用も絶対ないとは言えないので、
なんとも言えませんが、
わが家にとってはとてもありがたい存在です。




f0025201_22153464.gifにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ



by keikototyuyo | 2011-07-01 22:12 | 偏食 | Comments(6)

次第にやわらぐ偏食 その2

食べ物にもすごくこだわってきました。
三食ビスケットばっかり。
三食ふりかけご飯ばっかり。
毎日のりとご飯ばっかり。
毎日ハイチュウばっかり。
そして毎日ハンバーガーにポテト。

心がどうしてもそれしか受け付けない。

小学校の給食でも二年生のときまでは
ツヨの横で先生が一生懸命ご飯をのりで巻いてくれていました。

三年生になっておかずに少しチャレンジ。
チャンレンジ・・・というのは厳密には違うかな。
心の扉を少~しあけてみようかな?みたいな。

野菜を何ミリか何センチか先生が細くして今日は一本。
あ、食べてみると意外とおいしい・・・

肉と魚のたんぱく質のうまみにも気付き。

そして知っている味覚が増えてくると、
体も大きくなってお腹もすくし、
食べないで我慢という選択肢の存在が
必然的に薄れていった・・・?

そしてついに煮物、酢の物、野菜へと・・・・?!
まさか、そんな!

給食だけでなく
家でもがんばらないとなぁ。

(続く)
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-06-24 22:27 | 偏食 | Comments(10)

次第にやわらぐ偏食

f0025201_23462036.jpg
カサの扱いがじょうずになりました。^^
ワンタッチも、たまに屋内でもボン!と開いてみるものの、
ひとしきりやったら案外落ち着き・・・。

私の腰がひどく、
イスに座るのがつらい日が続きます。
更新がなかなかできなくてすみません。T T

そうそう、このところ、
給食で、今まで全く手をつけなかったメニューに初チャレンジすることが
続いています。

冷やし中華、ビビンバ、豚肉とピーマンの炒め物、煮物系、マリネ、酢の物・・・

やせっぽちだったからだが、ガッシリ&むちむちに。

まだまだ入り口ですが、
着実に一歩ずつ食事を楽しむことができて
きたかもしれない。

また続きは今度・・・。^^
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-06-22 00:00 | 偏食 | Comments(7)

夕食はピザ。 君の食べたい要求は本物か?

ピザ・・・
どうしようと思っていたら、
コメントに市販の生地を使って自家製で作ってみたら?
とありがたいアドバイスをいただきました。

さっそく生地を買って、
ピザソースの上にいろいろのせてオーブンで焼く。

作っているのをちらちら見ていて、
焼いているときからいそいそとテーブルについているツヨ。
おっ、やる気?

まだ焼き上がりまで5分くらいあったので、
テーブルの隣に座って例の絵本を渡してみました。

すると絵本をパラパラとめくる。
「ピ」だから後ろのほう。
ちゃんと後ろのほうを探している。
こういうときはどんな記憶の能力を使っているのだろう。
ああ、いつか字が読めるようになったりして・・・
なんてほのかな期待が・・・

「ピザ」の絵を発見。
ピシッと指差し。

そうしているうちに焼けました。
ベーコン&ソーセージとシーフード(冷凍のミックスで)の二枚。
仕上げにオリーブオイルとバジルをかけたら、
あら、なんだかおいしそう。

ツヨはシーフードがお気に入りで、
エビも小柱も玉ねぎもトマトも食べちゃいました。
ピーマンはきれいに取り除いていたけど。

宅配のより、あっさりしていて、塩と黒コショウをかけたらいい感じでした。

食べたあと、
もう一度一人で絵本をめくって、
「ピザ」をピシッと指差して、
手を洗いに洗面所へ走っていきました。
律儀・・・。
できれば手を洗ってからやってほしいがなぁ。

 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-03-01 22:29 | 偏食 | Comments(6)

偏食が和らぐのはなぜ?

双子たちにと思って、
赤ちゃんの頃から絵本をたくさんそろえました。

コトはお話の絵本がすきでした。幼稚園の三年間、
毎晩寝る前に一冊ずつ読み聞かせしたものです。

ツヨは・・・
隣に座っていっしょに絵本を開くということを、
ずっとしたことがありませんでした。

一緒に見ようと思っても、
ピュッといなくなってしまいます。

それもそのはず、
興味がないし、
楽しくなかったのでしょう。

それが、昨日から、
絵本というか、
食べ物の絵と単語の書いた絵本を一緒に見ることに成功。

あいうえおの頭文字で食べ物のかわいらしい絵があるもの。
アイスクリーム、いちごじゃむ、・・・おにぎり、チョコ、ハンバーガー。
好きなものがあると、
私の目を見て、パクパクと食べるしぐさ。
手をパチンと合わせて『ごちそうさま』

好きだけど名前を覚えていなさそうなものは、
「これは、ドーナツだね。今日食べたよ。」
何気にドーナツよ、ドーナツだね~としつこくならないように連呼。(しつこいって?)

食欲が出てきて、
偏食も少し和らいで食べられるものが少しずつ増えてきた。

音が聞こえるようになって、
名前に気付き、
何年もの積み重ねの経験で、
食べ物に対する恐怖心みたいなものがうすれてきたか。
成長というより、経験。

繰返しや同じものを愛するものにとって
食べたことのない食べ物は襲ってくるようにでも見えていたか。

ツヨが寝た後に見た、絵本の50音と濁音で始まる食べ物たち。
いつのまにか、随分食べれるものが増えたなぁ。

おすしとかのりまきはダメだな・・・あ、もしかして「酢」がダメなのかも。
確かにちょっと刺激が強い。

バター、塩、コショウでパリッと焼いた鮭のムニエルなんか、
今日は2枚も食べ、
欧米か!

しかし4日前くらいから、レタスを短冊にして、ゴマドレをかけた物を、
「どうぞ」と言うと、そ知らぬ顔でポリポリと食べ始めた。

思わず家族3人で、示し合わせたわけでもなく湧き上がる静かな拍手。
「ポリポリ」
ぱちぱちぱち。
「ポりポリ」
ぱちぱちぱち。
そのお顔はひょっとして誇らしいのかい?ツヨ。

ふりかけご飯だけで生きていた幼児期。
昨年の大晦日から毎日食べ続けたハンバーガーも、
一日おきになり、二日おきになり・・・。

特に私の作ったもので、食卓にいる時間が長くなった。

以前は席にも着かなかった。

できるだけ、好きなものや味付けでおいしく楽しい食卓にしたいね。
それはコトだって同じこと。

しばしいろいろなものは給食でチャレンジしてくださーい・・・

☆☆☆

今日の絵本のしめくくりは・・・

ツヨ、パラパラパラとめくる
ピザのページで止まる。

母「これはピザだよ。ピザ」
ツヨ、口パクパク。
母「食べたいの?」
ツヨ、口パクパクで頭コクン。

欧米・・・。

宅配は高いし。
作る?
いや、どうやって?!
しばし時間をください。
母「今日は食べないよ。」

ツヨ、手をバッテンにして『ありませーん』
ニヒヒ顔。
えっ、そんなことできるの!?
学校で教えてもらったのね!

こんな楽しい会話ができるようになるなんて、
夢のようです。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-02-28 23:56 | 偏食 | Comments(8)