人気ブログランキング |

温泉へゴー

お正月、両家の実家におじゃました後、
今度は家族だけで温泉に行きました。

行くのは初めての伊豆長岡の旅館。
貸切露天風呂が5コあって、いつでも入れるというのが嬉しかったです。
中でも大き目のお風呂に夕方家族四人で、
ツヨと二人で大浴場へ、
夜一人で貸切へ、朝また四人で貸切へと、欲張りました~。
温泉なんてそうは行かれないから、たくさん入らないと損・・・
・・・まったく貧乏症。

ツヨはちょっと前までは、旅館というと落ち着かなくて、
部屋の一番玄関に近いところで、泣いていることもありました。
温泉も私にしがみついて離れなくて、体も洗えない状態。
帰る頃になってやっと楽しそうにする、という感じだったので
今回、どうかなぁと心配。
で、事前に宿の部屋の写真をプリントしておいて、
到着前に「ここに行きます。ここでご飯を食べます。寝ます。」
と言って見せると、じっと見てました。

そのおかげかどうか分からないけど、宿に着いて、車を降りる時も、部屋に入る時も、
温泉も、食事時も終始落ち着いて、楽しめました!わーい。
浴衣を着せて、廊下を二人で手をつないで歩いていると、
「おーなんか一見普通じゃん~。うぅ~浴衣がかわいいぞ~。」
と成長を噛み締めました。
たぶん親もいろいろ要領を得てきたんでしょうね。
ちなみに食事はふりかけ持参でご飯のみ、四杯お代わりしました。
最近偏食がきつくて、ご飯とパンだけの時期が長く続いています。

帰り際。一旦、帰る気になるとすぐに車に家族四人で乗らないと号泣してしまうのがツヨ。
すんなり車まで行けるようにパパとコトは先にチェックアウトへ。
すっかり部屋を出る支度をしてから、「ツヨ、帰ります。車に乗ります。」の声かけ。
するとすぐに靴を履いて、退出。
『お。帰るのか!ヨシ、車に乗るぞ!』てな感じでしょうか。
すると歩き出してすぐ忘れ物に気づきました!
「しまったー!コートを忘れた!!」
これは説明できません!(きっぱり)
「ちょっと待って。コート忘れたから。すぐ来るよ。」
だが待てません。訳がわからず、地面にうつぶして号泣・・・ごめんよ~。
泣いてるツヨを残し、部屋までの5、6メートルがちくしょうめーという感じです。
ほんのちょっとが待てないでパニック。
最後に母は失敗してしまった・・・。

               今年も読んでいただきありがとうございます。
                もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-01-08 15:28 | 外出・余暇 | Comments(1)
Commented at 2007-01-11 00:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 果たしてコトはお餅をつけるのか 箱根駅伝。生は感動です >>