人気ブログランキング |

無力感と不安

本格的に暑くなってきましたが、夏休みは皆さんいかがお過ごしですか?

ツヨはほぼ毎日児童デイに行っています。
元気なのはいいことですが、元気過ぎて少々困っております。
もともとそういう子ですが、ツヨはとても気が焦るタイプで
『あれをしないと!早く早く!あれもやらないと!早く早く!』
そんな様子で一日中動いています。

あー、さっきから、左の耳がとても聞こえづらい・・・
たまにそうなります。耳鼻科に行かなきゃね。

はい。タイトル暗いですが、とにかく読んでやってください。

高校一年生、二年生あたりを対象に、
夏休みの間に「お仕事体験」をさせてくれる事業所があります。
ツヨにも行けるのか?ハードルが高いか?なんて悩みつつ、
ある事業所に体験を申し込んでみました。
体験は来月。その前に面談にきてくださいと言われ、昨日、行ってきたのですが・・・

連れていくだけでやっぱり大変──
電車とバスの乗り継ぎも、ぐんぐん進むし、手は離せない、目も離せない。

小一時間後、やっとのこと事業所に到着。
ところが担当の方がツヨのことを知ろうとして、いろいろ話しかけてくださるのですが、
全くコミュニケーションが取れるはずもなく。
察しはいい子なので、『今日は、ここの見学に来たのだな』ということは分かっています。
で、事業所内の見学は一通り回ることはできたのですが・・・
そのあと担当の方と三人で着席して面談&説明に入ろうとしたところで事件は起こりました。

彼なりに納得しないと、いつもなかなか着席をしません。
無理に座らせようとしたところで、「ひーっ!」となり、
以前に行った同じような作りの建物がひらいめいてしまったようで、
そこでこだわりになっていた「毎回自販機でジュースを買う」というこだわりが
頭から消せなくなってしまったのです。
いったんそういう強迫的な気持ちになると、もう何を言ってもダメです。
50音表をリュックから取り出し、切羽詰まった顔で「じ・ゅ・ー・す」と伝えてきます。

頑として説明の席につかず、外の自販機へ私は引っ張られていきます。
そうだ、この子はそういう子だった。
簡単に職場見学なんて実現しないのだ。
飲み終われば説明を聞くことはできるだろう。
(でもその選択には落とし穴があります。)
飲ませないならきっぱり禁止して帰るしかない。
すると説明を聞けないので職場体験はできない。
でもこんな形で帰るのも担当の方に悪いと思い、ジュースを買って飲み、とにかく説明を聞く道を選びました。
ジュースを飲んで目の色が落ち着いたツヨは、少し離れたソファーで
ゆらゆら揺れながらずっと待つことができました。

ではどういう落とし穴に落ちたか。
── もし将来この事業所で働かせてもらうことになったとしても、
今日の出来事が彼にはインプットされたので、
毎日同じ儀式をすることになってしまうのです。
今後この場所に来るたび、ツヨは同じ自販機から同じジュースを買って、
同じイスに座って飲み干し、自販機に戻ってペットボトルを捨てる ──
なので、この事業所に将来お世話になることは、もうできないでしょう。

こんなことを続けていったら、将来通える場所がなくなってしまう。
私一人の力ではどうにもなりません。
職場実習をする際には、学校と事業所とできちんと打ち合わせをして、
誤った刷り込みをしないようにしなくてはいけない。

ツヨにはこちらが思うより、いろいろなことがとても強い刺激に感じられるのです。
その刺激がつらくて、知っていること(ジュースを飲むこと)をして
気持ちを落ち着けたのだと思います。
しかも私に対してどうしたって甘えもある。
学校の先生のほうが、ツヨもわがままを言えないでしょう。
(私だって結構厳しいつもりです…。
でもなにせ赤ちゃんからの付き合いなので、限界があります)

なんてことだろうか。
こだわりの強さとツヨの精神の不安定さをあらためて思い知りました。
「いつも通り」を繰り返すのが至福な子。
安易に(安易じゃないつもりだけど)いつもと違うことをすると、こういう結果になるのだ。

どよーん・・・
無力感・・・

普段は学校で先生方がみていてくれるのが、どんなにありがたいことなのか。
とにかくもう仕事関係のところに連れていくのはやめよう・・・

将来の事業所の送迎も、ときにヘルパーさんに頼むにしても、
その手配にも結構手間がかかります。
全てひっくるめていつか私一人で面倒をみることにも限界がくるのでしょう。
でも、もうちょっとだけ、一緒にいたいのです。
そのためには足腰を鍛えて、運転だってしないと。

とまぁ、いろいろ考えていたら、無力感と不安感にさいなまれたのでした ───


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

いつも温かい応援ありがとう
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
禁複写



f0025201_21295559.jpg


by keikototyuyo | 2019-07-28 00:13 | 泣き言 | Comments(4)
Commented at 2019-07-29 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-07-30 09:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by keikototyuyo at 2019-08-01 21:20
鍵コメントのCさんへ
いつも温かいコメントをありがとうございます。
暑い夏ですが、どうぞご自愛くださいませ。
Commented by keikototyuyo at 2019-08-01 21:21
鍵コメントのMさんへ
いつも温かいコメントをありがとうございます。
お互い無理しすぎずに頑張りましょう。
どうぞお体をご自愛くださいませ。
<< 今日の記事は「楽しいこと」 ぼくは、りょこうに、いきたい >>