超・合理的な男 ~運動会で~

運動会はツヨなりに楽しめました。
校庭に流れる音楽に体を揺らし
独特の動きでラジオ体操をこなし
徒競走ではスパーンとスタートして
華麗に第一コーナーを曲がり、スピードを落とさず
しっかりゴールテープも切れました。

あしびなーも独特の踊りで楽しみました。
ねじり鉢巻き姿が漢でした。

お昼。
お弁当をシートで食べおわると、校庭をウロウロ。
午後のスタートまでまだ20分くらいある・・・
間が持たない。

「トイレ行く?」
と聞くと
サッサーっとトイレへ。
ぎりぎり追いついてトイレの前で見張り。
また校庭に戻ると何をひらめいたのか手をランニングみたいにふるしぐさ。
いつも通り昼休みに体育館で走りたいのかな?
なんて担任の先生と言っていたら、サッサカサーと校舎へ小走り。

動きが素早い。
スリッパをはくのに2秒目を離したら見失ってしまった!
人もごった返した昇降口。

どうしよう!
でも外用の運動靴はここにあるから、ここで張っていればいつか戻ってくるはず。
万一学校の外に出られちゃったらアウトなので。
ああ、それにしても学校内で行方不明なんて、恥ずかしい〜

しばらくするとツヨが急に目の前に。
見ると体操服から洋服に着替え、リュックを背負って帽子をかぶって
完璧な下校態勢。

「えっ!帰るの?運動会は?」
「・・・」(門の外を差すツヨ)
「うっそお・・・」

やっと担任の先生に会えて、二人で説得したけれど
ツヨの意思は固く(汗)
『帰る』(心の声)
あ、そっか。さっきのランニングのジェスチャーは「帰る」だったんだぁ。

連絡帳もしっかり回収してリュックに格納してあるし、
体操着もすばやくしまってある。
ある意味すごい。
自分の出番は終わったと。
この先、帰りの会まで2時間弱。
毎年最後までいるので内容も頭に入っているはず。
そこであえての強い意志。
超合理的ともいえる。

あきらめた先生と私。
「お母さんと一緒に帰るんだよ。(一人で先に行かないように!)」
と先生に言われて
『ん。』(心の声)
と答えるツヨでした。
走り出したら後ろなんて振り向かないくせに。
大体は叫べば何とか止まるけれど。
本当に、もうお外で見失ったら探せないからね!(私の心の声)
ガシッと手を握って緊張して帰路につきました。

後ろで運動会の楽し気な音楽が
次第に遠のいていきました。

ママ友たちにバイバイも言わず帰ってきてしまって、
あまりに寂しいのでLINE で
「こうこうこうで、ウソみたいだけど、帰るね~(涙)」
と送り、元気を出して帰りました。
何人かのママ友から午前中の徒競走のツヨの雄姿が写メで送られてきました。
ありがとう~
さびしくなくなった。

もし漫画が描けたら
リュックを背負ってスタスタ歩くツヨに
「まって〜」
と引きずられて帰っていくギャグ漫画を描くのになぁ。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写






by keikototyuyo | 2018-05-21 00:51 | 高等部 | Comments(0)
<< 一番大事なこと 運動会と病院と >>