そして薬の量をもとに戻す

朝の薬を復活させて3日。
落ち着かなくてウロウロする時間が
少し短くなったように思います。

夜中や夜明け頃にがばっと起きて
トイレに何回も行ったりしていて
昼間眠くてトロンとした目をしていたので
これはいけない、と朝の薬を再開しました。

飲んでいるお薬は眠くなる効果が強いらしく
夜だけでいいのでは?
と思ったけれど、そんな簡単なことではないのかもしれません。
眠気は副作用の部分でもあって
そもそもの作用は不安感を和らげるというものです。
医師からはいつでも飲むことを再開していいと言われていました。

今日は笑顔もみえてほっとしました。



小さい頃から不安感を強く持った子でした。

不安感が強いけれど性格は穏やかで優しく
たぶん前向きなのではないかな?と思います。


◇ ◇ ◇


小さい頃の写真を整理していたら
療育センターの卒園アルバムに
穏やかで幸せそうな笑顔の写真がありました。

先生のコメント付きです。

不安も多かったけれど
みんなとっても小さくてもろ手を挙げてかわいがってもらえた
とっても幸せな時期だったなぁと
当時を懐かしく思い出しました。



f0025201_22524830.jpg
f0025201_22525967.jpg
また先生に会いたいね。
大きくなっちゃってびっくりして
先生泣いちゃうかもしれないね。

いつか会いにいこうね。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写






by keikototyuyo | 2018-02-28 23:07 | 入院・治療・強迫症状 | Comments(3)
Commented by ばあば at 2018-03-03 19:43 x
ツヨ君の小さい頃の笑顔の写真を見て
ツヨ君は「何、想う!」でしょうか?

Pは以前 小さい頃のビデオを見せると
とても嫌がったそうです
娘は多分 その頃 2歳からインストラクターを
雇ってトレーニングをしていた記憶から
なのではないか?

泣きながらもインストラクターの手を取って
自宅の訓練室に入って行くのを私も見て

これは自閉症の強迫観念からなのか!
行きたくなくても
行かねばならない
「なんて 不憫な子よ」と切なくなりました

でもこの頃のPの笑顔いっぱいの写真も
多くあります

天真爛漫なツヨ君の笑顔の写真
「かわいいなぁ!」。


Commented by keikototyuyo at 2018-03-05 21:56
ばあばさんへ。

コメントありがとうございました。
ツヨは小さい頃の写真を見ると
『お』という表情をします。
ほんとうに何思う?ですね。
さすがに自分が変わったことに気づくかな?
Commented by Chee at 2018-10-29 08:02 x
かわいいですね!

こだわりと入院のこと中心に今読んでいますが、ケースがかなり似ていて、驚いています。

こだわりについては、そこまででは無いですが、シャワー、トイレ、プール…同じです。

ふりかけご飯とみかんばっかり食べたりとかも同じです。

家中のドアを開けられないようにしているのも同じです。

療育やセラピーもあらゆるものをやりましたが、なかなかうまくいきません。自発的な行動が全てこだわりと多動になってしまうからです。

そこで、条件反射的に行動や生活を刷り込んでいく学校に入れたところでした。家では困難をきたして、入院を繰り返しています。

薬の反応も似ています。寝なくなって、トイレに何回も行く…うちの場合はオネショになってしまっています。

本当に参考になります。
<< 癒しの少年 向精神薬を減らした結果 >>