認知症の母を病院へ

認知症グループホームにいる母(要介護5)の右足が動かなくなったと
ホームから先週連絡が入りました。
付け根からダランとして、立ち上がろうとすると体がクルッと回って転倒してしまいます。
脳梗塞が怖いので脳神経外科専門の病院へ。

じっとしていられないのでMRIは無理。
CTを撮ってもらいました。
脳梗塞ではないけれど脳出血していました。

高齢になると脳出血も稀ではないとのこと。
もちろん入院も点滴も無理。
環境を変えないで安静にして様子をみてください
と、またグループホームに連れて帰りました。

もう何があってもこちらが大騒ぎする母の年齢でも状況でもないので
一日一日が痛くなくつらくなく安心して過ごしていかれることだけです。
ホームではとてもよく看てくれていて頭が下がるばかり。
認知症の症状がかなり進んでいる上に
足がマヒしていても急にスタスタ歩こうとする元気なおばあちゃん、
ってどれだけ危なっかしいか。

病院で車から車いすに移すのに、素人の私一人では全く非力で、
助けを呼ぶと力のありそうな看護師さんが抱えて降ろしてくれました。
診察・検査・結果待ち・診察・会計と一時間半くらいかかったかな・・・
その間、ジャスト10秒ごとに立ち上がろうとするので
私がずっと母のトレーナーの背中を握りしめて
気がまぎれるようにと他の患者さんの迷惑にならないように
待合室の端っこを車いすで往復していました。

昔は看護師をしていて、あんなに働き者だったのにね・・・

みんないつかそれぞれの形で年をとっていくんだよなぁ・・・

ホームに連れて帰ると食事をして
グーグーといびきをかいて気持ちよさそうにお昼寝しているのを見て
赤ちゃんに戻っちゃったね、でもそれも一つの形だな・・・と思いました。

さ、ツヨのお迎えだ。と、また高速を飛ばしてレッツゴー。
私だっていつかくるゴールに向かって止まれない道を走っているんだろう。
なんて思いながら。

明日は再検査の日。
ツヨを送ったら、また母のところへレッツゴー!




(読み返すとほとんどエッセーですね。何年もよく書いてるなぁ、と少し自分を褒める)



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとうです~
# by keikototyuyo | 2014-04-27 23:10 | 父母のこと | Comments(2)

カタカナの勉強、始めました。

ひらがなを少し読めるようになったツヨですが、
「らーめん」「すーぷ」「れたす」など
本来カタカナ表記の単語もひらがなで学習してきました。

でもツヨが冷蔵庫を開けて
これがほしい!っていうときに
ふと一緒にラベルを見ると
子どもの好きなものはカタカナ語が多いですよね。

「マンゴーカルピス」
「ビタミンレモン」
「のむヨーグルト」
などなど。

視覚優位のツヨはラベルを記憶しているようで、
カタカナも必然的に目に入ってきます。

勉強していなくても自然とカタカナの存在に気づいているでしょう。
試しに、
「マ・ン・ゴー・カ・ル・ピ・ス」
と指で追ってやると
目がきらっとなりました。

さっそく学校のに個別課題してもらおう!と先生への連絡帳に書いたら、
なんと、先生も同じタイミングに同じことを考えてくれていて、
「昨日から、カタカナの勉強、実は始めています!」とのこと。

やったー!

現在6年生。今年で学校は卒業です。中学部はありません。
毎日20分の国語算数の個別学習の時間があります。
この一年で、どれだけの語彙を字で覚えることができるか、
それが大きな課題です。

学期はじめの学校が早帰りの日に、サービスエリアでラーメンを食べたいツヨですが、
一年生のうちは、何が食べたいのかを伝えられず、
食券券売機の上の、天井まで届きそうなパネル写真から選ぶしかなくて
椅子を持ってきて私が乗り、指差ししてツヨの反応で
「これ?ラーメン?」などやりとりしていました。^^;
なにやってんの?って感じですが
その頃はそれしか方法はなかった!_| ̄|○

そしてここ数日、カタカナの勉強をして、
今週の早帰り週間で券売機の前に立つツヨ。
「塩ラーメン」
「ミニカレー」
の二つが食べたい。
券売機の2㎝×5㎝くらいのボタンには「塩ラーメン 600円」などと書いてあります。

お金を入れて・・・

ピッ!と食券ボタンを自分で押すことができました!

この字を押すとあの食べ物が食べられる!という一連の意味や
食べ物のイメージがつながっている。

いいね!これからどこかへお出かけしても
写真のないメニューでも選ぶことができるね!

認知は一般的に10歳くらいまでしか伸びない、
それ以降に言葉が出ることも非常に少ないと聞きます。

でもきちんと段階を踏んで積み重ねていけば、
終わってしまうことはないと感じています。

字が読めたり書けたりお話が少しできたり、
何かしらのコミュニケーションの手段を持っているお子さんが
知的障害児の中で比率としては多い中、
(そうでないお子さんももちろんいらっしゃいますが)
中学までに地元のみんなに少しでも追いつけるよう
ツヨだけ遠い学校に通っています。
f0025201_930295.jpg


f0025201_9252451.jpg



先生がツヨの連絡帳に貼ってくれた写真から。
好きな単語から勉強を始めます。
写真の下のマジックテープに、左の「ン」「パ」を貼るのですね。
最初は写真の上部に「パン」と表示がありますが、
字を覚えたら「パン」の表示はなくなって
写真だけで「パ」「ン」と貼れるようにするのでしょう。

昨年度見ていて驚いたのは
最初はヒントがあって、次第になくして・・・
というのを何日もかけてヒントを減らすのはなくて、
その日のうちにどんどんヒントなしバージョンにしていきます。
混乱したらすぐヒントありに戻して、
できるとまたヒントなし。

例えば今日10個の単語をやって、
次の日もまた同じようにその10個。
完全に定着するまで待って、
定着したものは外しつつ、
新しい単語を混ぜて10個。
10個の中には自信を持ってできるものを残し、
新しいものでヒントなしバージョンでつっかえると
自信を持っているものを織り交ぜる。

毎日この繰り返し。
つまり一つの単語を覚えるのに繰り返し何日もかけることになる。
高校生の一夜漬けの逆パターンですね。
だからしっかり定着します。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつもツヨに応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログへ










あきらめたら終わり。
# by keikototyuyo | 2014-04-26 01:20 | 小学校での学習 | Comments(5)

ツヨの料理 野菜を切る

昨日テレビでカレーライスが映ったとき、
ツヨが私をさっと見ました。
『食べたいよ!』
『しばらく作ってないよね?』
ってところかな。

最近、アイコンタクトがとっても分かりやすい!
こういう素直なやりとりなら誰にでも分かりやすいなぁ。
自閉症児は目が合わないというふうに言われることもあるけれど、
ツヨはアイコンタクトがじょうずになってきました。

「いいよ。明日ね。カレー食べようね。」
と返すと『ん。』と納得してくれました。

そうだ、久々にツヨに野菜を切らせてみよう。
今日は時間がたっぷりあるので
コトも巻き込んでみんなでカレー作り。

まずツヨに人参の皮むきを。
果てしなく剥かないで、ちゃんと一周で止まっていたので感心。
私が横に二等分し、さらに縦に棒状に4等分。
一センチ幅くらいで一つ見本を見せると
あらら

見本を見てすぐ理解。

f0025201_21544393.jpg


あっという間に出来上がり。
玉ねぎは私が・・・と思っていたら
さっさと自分の席に持っていって
あっという間に切れた。おお~!
そうそう。
学校で野菜を畑で作ってちょっとした調理もしているんだもんね!

まだまだやる気満々のツヨ。
じゃ、マッシュルームもやる?

トントントン!
できた!適当に切ってました。でも適当にそれなりに切れるのってある意味すごい?
完成~^^/

f0025201_227592.jpg


ジャガイモはコト作。
そしてキノコがコワい~とビビりながらマッシュルームを半量切ってるコト。

f0025201_21593223.jpg


ここだけどえりゃー時間がかかりました。(~_~;)
たぶん、きのこと戦って細切れにして征服しているのでしょう。

小さくてフニフニだったツヨの手が、
すらっとしなやかになったのが去年の夏頃。

私がキッチンに立つと、じっと眺めていることが多いし、
お米のとぎ方や、みそ汁の作り方も見て覚えているかも。

この人・・・料理・・・好きかもしれない。
ああ、ちょっと妄想が膨らむ~
(単に自分がラクできるんじゃないかという妄想)

だからといってこれから猛烈に料理の腕を仕込むほど
私の腕がないので~(;▽;)ノ
とにかく野菜切りだ。
週末クッキングを楽しむくらいで行こうかな。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつもツヨに応援ありがとうございます!

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-04-20 22:29 | 家での教育・しつけ・身辺自立 | Comments(4)