言葉のない子の発音練習

ひどいめまいはその後起きていません。
新聞の活字などを読むと目がちかちかしたり、
急に立ち上がるとくらっとするぐらいです。

内科に行ってめまいのことを話したら、
寝ている間に起きることが一般的に多いとのことでした。
もちろんそうでない時もありますが。
朝、起きると、今日はどうかな、とドキドキします。

ツヨは落ち着いています。
落ち着いているときのツヨはとてもよく目が合って
目は口ほどにものを言うというけれど
私とツヨの間では言葉は要らないのでは?と思うほどです。

でもそれに慣れてしまって
無言のやり取りで事を終わらせないように気をつけています。
誰にでも少しでも何かを伝えられるように、
ジェスチャーをつけたり
食べる前、取り掛かる前にその名前を言って
あいうえお表で指で確認したり、
できたらほめ、少し発音の練習もして
『伝わるって楽しいな』
『できるとほめられて気持ちがいいな』
と感じてくれるといいなと思います。

発音練習はツヨには本当にハードルが高いです。
あ・い・う・おの母音がかろうじて。
あとは「は・ば・ぱ」行、「ご」「ん」。
外からみた口形しか理解できないようで、
歯茎がどうの、舌をどうのこうのという指導は難しいです。
でも発音しようとしなければ何も前に進みません。

なので今は「あ」も「か」も同じ。

それでも発音は一生懸命やろうと口をあけてパクパクしてくれます。
無理強いは絶対にさせません。
楽しいこと以外はやりたくない、というのが子供のもっともな反応で、
こういう大事なことに関しては慎重に取り組みたいです。
「発音する」というツヨにとって非常にデリケートで大切な箇所の
シャッターがまさか降ろされてしまったら・・・

そう思いながら、おふろのあいうえお表で
私「か。」
ツヨ「あ。」
私「じょうずだね!」
ツヨ、ぱちぱち。

発音はそんな様子だけれど、濁点・半濁点・長音→「ふ・ぶ・ぷ・ふー」などの聞き取りと指差しはできています。
学校の5年生くらいからの学習で理解できました。

やっぱり、らーめんはらめんじゃない。らーめんですものね!^^
ラーメン(カタカナ)も6年生で覚えました。^^

あとはこの先、一個でも二個でも「言える単語」ができたらいいなと思います。
唯一の得意の発音は
「ご・は・ん!」
「ご」と「は」と「ん」は得意なんだもんね。

流れるような発音はできないけれど、
精一杯の「ごはん!」にグッときます。

# by keikototyuyo | 2014-08-03 00:12 | 言葉の発達 | Comments(1)

めまいで救急車・・・

おとといの朝、目覚めたら、恐ろしいめまいで
布団で寝返りも打てない状態になっていました。

頭を持ち上げようとするだけで、
昔遊園地にあった、まん丸の貨車でその場をグルグル回るような
(ハムスターが走って回るヤツに座っている感じ)
猛烈な回転。
目を開けただけで激しく嘔吐、動こうとするともっと・・・
脂汗をかいて布団にしがみつく状態。

これはだめかも。ヽ(;▽;)ノ

今までも7年前に酷いのが一回、あとは数分休むと治っていました。
それで治るならコトに一日全部任せるけれど一向に治まらない。
一生こうしているわけにもいかない。
ツヨはトイレも一人で行かれない状態なんだから。_| ̄|○

一時ケアに連れていくはずの日。
一時ケアの先生に、コトに耳の横に置いてもらった携帯で電話。
すぐ状況を理解してくださって、ツヨ君を預かるのに今から行くので
救急車を呼んで、待機してもらってくださいと。

そう、こうなると救急車しか・・・ない_| ̄|○

めまいと吐き気止めの点滴を・・・私に!
と願っても点滴しょったドクターが向こうからやってくるわけはないので。

それにあまりに激しい吐き気で、脳梗塞も素人判断では無視できない。

一時ケアの先生が来るまでに、
コトに私のカバンに帰りの着替えと靴(パジャマなので)、
保険証と鍵とお財布を入れてもらい、
「救急車呼んで」と。

目は開けられないけれど
たぶん3人ぐらいのぐらいの隊員さんにまず柔らかい担架みたいなのに乗せられて
(コウノトリが赤ちゃん運ぶみたいな乗り心地)
体勢を変えられたことでものすごい嘔吐とともにエレベーター下の救急車に乗りました。

病院で5時間くらい点滴を受け、やっと収まって無事生還しました・・・

でもまだ少しふらつく。

脳梗塞だと頭痛があって、その頭痛は薬では収まらないそうです。
めまいは治まってしまえばなんのその。
でも発作時はどうしようもない。

なんでしょう。体質?気質?ストレスはなくならないし。あ、歳?
どれもですね。_| ̄|○

ツヨはやっぱり家からでることを頑としていやがり、やむを得ず一時ケアの先生が
我が家でツヨをみてくださいました。
下の階の奥さんが救急車に気付いて、ツヨのその日の昼ごはんから始まって
今日のお昼の、
ツヨ・コト・私の食事まで、ずっとおかずを届けてくれました。(;▽;)

お母さんが倒れたら終わり。
周りのみんなが同じ思いで助けてくれたことに感謝です。

そしてコトは救急車を呼び、下から部屋までの誘導にも行き、一緒に乗り、
5時間くらいの点滴にずっと付き添ってくれました。

きっと家で待つのも不安だったのでしょうが、
長い時間ずっとストレッチャーの横で本を読んだりして待っていてくれました。

2時頃、「おやつ買ってきていいんだからね。」
と言うと、カップのアイスを買ってきてルンルン食べていて、
『いい子に育ってくれたかも』なんて薄目ながら眺めていました。







にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
がんばりま~す

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-07-30 20:44 | 自分のこと | Comments(26)

中学部の就学相談と発達検査 その1

ツヨの中学校進学について、教育委員会の個別相談に行ってきました。
今、通っている自閉症専門の特別支援学校は小学部で終わりなのです。
車で高速に乗って一時間ほどのところにたまたまあったので(本当にたまたま)
頑張って6年間通うことにしたのでした。

6年前の小学校の就学相談のとき、地元の市立の特別支援学校と今通う学校のどちらにするか、
相談をしたのも同じ相談センターでした。
その記事を読み返してみて、はー。そうだったのか。と思い出しました。

ツヨの持つ障害の困難さから、小学校の時期に少し無理をしてでも
将来に向けてがんばったほうがいいのでは、という私の考えに、
相談員の先生に同感だと言われたと。

今思うと、その頃のツヨは、まったく言うことをきかず、周りの私たちも人生ごと巻き込まれて、
この先どうなるんだろうと困り果てていました。
就学相談でも建物の中で興奮が炸裂して、エレベーターの中で就学相談をして、
発達検査は一度も立ち止れず「測定不能」でした。
それは「多動」ではなくて、「こだわりからくる行動」でした。

相談員の先生に(確か元養護学校の校長先生だったような)
「カードを使った自立ができるようになること。
そして、独特のひどく強いこだわりを
周りの人となんとか妥協していく道をさがしていくこと。
この二つを目標にしたほうがいいですね」とアドバイスされました。

言葉のない子がカードを使うことの有効性は誰だって分かります。
大事なことは、それを手段として獲得した上で、
「人の指示に従うこと」を学ぶこと。
それが重要だったのです。

その二つをこの上なく実践してくれる学校で5年間みっちり学びました。

やっと少し地元の支援学校のお友達に近づけたかもしれません。
18歳になっていよいよツヨなりの社会に出るまでのこれから先6年間、
地元の中学部・高等部で楽しい学校生活を送ってほしいと願っています。

そして基本的には、ツヨは何も変わっていないことも分かりました。
変わるはずがないのです。障害なのですから。
独特の強いこだわりも、言葉がないことも、本当は人の言うことなんて、
これっぽっちも聞くつもりのない強い自閉も。

従順さ、って何だろう。
ツヨには従順さはどれぐらいあるのかな。
指示が出たら、従う、ということすらこだわりで行動としてやっているだけなのでは?
そもそも自閉の強い子たちに従順さってあるのかな。

いや、ある。
以前、東田直樹くんの講演会で、
彼の行動と、パソコンでの言葉がまったく同一人物と思えないことがあったっけ。
こんなことしたら、お母さんに怒られるだろうな、なんて冗談まじりで筆談するのに、
実際の行動は体が止まらなくて、筆談が止まることもしばしば。
心で感じることをこだわりが邪魔をする・・

ツヨには、やっぱり、指示をはっきりきっぱりと出してあげることも、
本人のためになっているのでは。
カードやスケジュールがないと混沌としてしまうからダメ、と言われるのは
すべきことが分からなくて不安という意味以外に、
自分がどう行動することが自分にとっても他人にとっても望ましいのか、判断ができないから。
それがきっと6年前に言われた、
「独特のひどく強いこだわりを周りの人となんとか妥協していく道をさがしていくこと。」
なのではないかと思うのです。



先日の中学進学の就学相談。(やっとここに戻れた)
ツヨは相談員の先生と、静かに発達検査の部屋に移動し、
心理士の先生に「すごくお利口でした!」と絶賛されるほど、
全力できちんと検査を受けることができました。
エレベーターも乗りませんでした。
入ってすぐあるエレベーター。ツヨは6年前のことを覚えていました。
『これは乗ったらいけないんだよね。これぼく前に来た時はいっぱい乗っちゃった。
ダメだと分かっていたんだけど、みんなの声は聞こえていたんだけれど、
怖かったからここに逃げ込んじゃったんだ。』
そう言いたげに、ツヨは私の目を見て静かにエレベーターを指差していました。

言葉はないけれど、やっぱり何でも分かっている。
何でもお見通しなのではないか。
こちらのお粗末な対応やおろおろした反応を見て、試している部分もあるのではないか。
そんな風に感じずにいられません。
頼もしいぐらいだな。
もっと信じてあげないと、いい部分を引き出してあげないとということかしら。

6年前の就学相談、よかったら読んでやってください。
就学相談
就学相談で大暴れ

検査として伸びない部分は伸びないとして、この場の状況を察して、
望まれる行動をしっかりとれたことがえらいなぁ。
検査後も結果をまとめるのを待つ間20分、説明に30分。きっちり着席できました。

あの検査官の先生に見てもらいたかった。

やりましたよ~~って。
座って検査を全力でやって、期待に応えようとする子になりましたよ~^^ってね。



ああ、朝になってしまう。寝ないと~




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうです~

にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-07-28 01:37 | 診断・診察 | Comments(13)