絵カードから、まさかの「次の段階」へ!

ツヨのスケジュールボードです。
f0025201_2245420.jpg



その日の予定を終えると
ツヨがここのそばに立って
『あしたのよていは?』
とアイコンタクトを送ってきます。^^

私が
「〇〇だよ。」
と言うと
下のスケジュールに、翌日の行先を貼ります。

耳で行先を聞き分けられます。(たいした種類はないのですが)

このPECSを作ったのは小1の時。
「絵カードでコミュニケーション」(右のお気に入りにもあります。)
を参考にして、学校で使い方や訓練の仕方を教わりました。
ツヨはすぐに
『これはべんりだな。』
と思ったようで、それから毎日欠かさずスケジュールを確認してくるようになりました。

行先の写真を撮ってきて
パソコンとラミネーターで行先カードを作りました。
カードを作るときに、文字は読めないけれど
いつか読めるようになるかもしれない。と
写真の上部にその名前を書きました。
f0025201_2251859.jpg


文字を入れたことを、その後はあまり気にしていませんでした。

しかし

今年のツヨの先生たちは、またしてもチャレンジャーでした。
字のほうが、いつでもどこでも誰でも
ツヨに「伝達すること」ができるからと
学校での見通しのスケジュールをひらがなで提示するという
私にとっては「まさか」のステップアップ。
ツヨもきっと『おっ??』っと思ったでしょう。^^;

一年生からの積み重ねはもちろんとても大きいものがありました。
50音を勉強して、50音を聞き分けられて、
一文字ずつ書けるようになり、
同時進行で耳から「物には名前があること」を勉強しました。

そして5年生で、耳で知っている単語をひらがなに置き換えていく
気の遠くなるような勉強をして。

さらに2月に一か月寄宿で生活する機会をいただき、
寄宿の先生も、字でのスケジュール提示を徹底してくれました。
朝から晩まで一か月徹底・・・

そして

5年生の終了式を終え、春休みのある日。

ツヨがスケジュールボードを前にして
何か指差ししていました。

私が、明日は「ぴっ〇〇〇〇」だよ~と何気なく言った後のことです。

今自分で貼った、児童デイの写真の上のひらがなを
声にならないけど口を動かしながら
一文字ずつ『ぴっ・〇・〇・〇・〇』と読んでいました!

読んでいた!

まさに字を読んでいたのです。

音と字と意味が一致した瞬間を見た思いでした!

じゃ、これは?これは?
とひらがなで書いてあるものを試しに私が指差すと
『がっ・こ・う』『お・べ・ん・と・う』
などと得意げに口をパクパクして読んでくれました。

読めたね!
ここに名前が書いてあることに気がついたんだね!
字って素敵だね。
こんなに便利なんだよ。

街には便利な字がたくさんあふれているんだよ!
メニューだって読めたらいいね。
駅にも名前があるんだよ。
本だって、絵だけじゃなくてお話が書いてあるんだよ。

次の扉をかちゃりと開けたツヨ。
きらきら輝く目で
次はどんな字を読むのか。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつもツヨに応援ありがとうございます!
にほんブログ村 子育てブログへ











# by keikototyuyo | 2014-04-02 22:39 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(6)

立派に生きる

卒業シーズンになると
幼稚園の入園と卒園の時のことが思い出されます。

入園はツヨは年中から、すでにコトが年少から通っていた幼稚園に
加配の先生をつけてもらって週2回通いました。

みんなと同じようにできなくてもいい。
みんなに追いつこうなんてこれっぽっちも
思っていませんでした。

子どもがいっぱいいて
明るくて
たくさんのお喋りする声にあふれていて
子どもたちがめいっぱい動き回っていて
歌ったり、踊ったり、作ったり、笑ったり、泣いたり。

ツヨは先生に抱っこされたり
そっと手をつないで

そんな風景を
心の中でリズムをとりながら
音にならない鼻歌を歌いながら
眺めて楽しんでいたのではないかと思います。

そんなツヨをかわいがってくれる女の子もいたし、
周りのお母さんたちも
くったくなく無邪気に笑うツヨを見ると
みんな自然と笑顔を返してくれました。

今でもたまに会うと
ツヨ君元気?どうしてる?
と聞いてくれます。

加配についてくれていた先生とも
先日ばったりお会いし、
先生をやってこられた中で
一番楽しい2年間だったと言ってくださいました。
お父さんお母さんにもいろいろなことを
教えていただいて・・・
なんて。

とんでもないです。

こちらこそ本当にありがとうございました。



卒園間近のツヨ
f0025201_0225451.jpg



ぼくは
これからも
むねをはって
りっぱにいきていくつもりです。


そう言っているように見えるのは私だけかな。

ツヨに負けないように
曇りのない目で立派に生きていかないと。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつもツヨに応援ありがとうです~ 









# by keikototyuyo | 2014-03-30 00:34 | 受容 | Comments(8)

単身赴任の準備&子供たちのこと

パパの引っ越し荷物の段ボールが
家じゅうを占拠し始めました。

趣味が特にないので
持っていくのが服と、日用品と本、薬、当座の食糧。
カップラーメンとか野菜ジュースとか。
とっても不器用で・・・
パソコンすら持っていない。
会社にはあるでしょうが。

もし私が一人暮らしするなら何を持っていくかなぁ。
レンタル映画は見たいからDVDデッキは必需よね、^^;
パソコン、プリンター
お気に入りのキッチン用品・雑貨・クッションとかブランケットとか?
ジャニーズのDVD・CD^^;
ラケットボールのシューズとラケット・ウエア
コーヒーメーカーとスタバのコーヒーをたんまり・・・

遊ぶものばっかりだぁ・・・^^;
本も持っていかなきゃね!

俺は仕事に行くんだ!遊びに行くんじゃないんだ!
ってパパに叱られそう。

そんな妄想がばれないように
パパの荷物だけを真面目顔で荷造り。

廊下や窓辺にある段ボールを見て
ツヨは一体何を思っているか。

パパがしばらくいなくなることを
説明するのはとっても難しい。

土日の朝に
パパの部屋を指差して「あっ!」(パパいるんでしょ!)
と言って早く遊びたがるツヨ。
自分の学校が休みの日は
パパも休みのハズ、と思っているからこそ。

これからは、「あっ!」とドアを開けて中がもぬけのからなのを確認し、
私が「パパ、いません!」(手で大きく×バツのしぐさ)
を繰り返して
『いないのか』と慣れていくのかなぁ・・・

コトは女子力がアップ中。
パパの転勤の話も極めて冷静に受け取っていました。
でも最近遅く帰るパパをパジャマ姿で出迎えて
なんだかんだ楽しくやりとりしています。
いわゆる、男親と娘の距離感が出てきた頃だから、
差し当たりなぐさめる必要はなさそう。^^

出発は1日の朝、早朝。
まだ寝ているツヨの顔を見て
パパは果たして泣くのか

転勤が決まって、すぐ、
「これは持っていく。」
と一番に言ったのがこれ。

学校の図工でツヨが絵付けしたマグカップ。焼いてあります。
f0025201_0522125.jpg


f0025201_0523064.jpg

忘れずに梱包しましょう。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
『おとうさんだいすき』か。いつも応援ありがとうです~ 

にほんブログ村 子育てブログへ
# by keikototyuyo | 2014-03-27 00:59 | 日常生活 | Comments(1)