手をつないでいこう

最近のツヨはふりかけご飯とトーストばかり
食べます。f0025201_0195848.jpg

おやつはビスケットとかおせんべいとか好きです。
全部穀物ですね・・・
でも乳製品が取れているのでたんぱく質は多少摂取
できているということにしています。
食欲にも波があるようです。

この写真はコーンに入ったアイスをとても
積極的に食べているところです。
もう正座しちゃってます。


最近のツヨはママ命!という感じがします。
だんだん周りが見えてきて、ツヨには混沌として見えるだろうこの世界の中で
ほんとに頼みの綱なんだろうなぁと思います。
幼児の頃は健常児でもママは命でしょうが、
今のツヨのママが見えない時の不安感はきっと計り知れない気がします。

今日は療育の母子分離をする時、この世の終わりかというような悲しい声で
大泣きしてました。
声を別室で聞きながら、今日はダメですね。と先生も1分であきらめました。
ツヨの部屋に急いで帰ると、ドアの前で「うわーん!!(あけてー!ママー!)」
と泣叫んでました。

何の取り柄もない母をそんなに慕ってくれてありがとう・・・
ママももっと勉強して、ツヨが少しでも不安にならないでいいような環境を
作れるように頑張るね。
だんだん、外の世界にツヨなりに踏み出していくまで、
あと少しの間頑張ろうね。

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif
# by keikototyuyo | 2006-06-02 00:25 | 療育 | Comments(2)

海を見に

f0025201_1625416.jpg
コトの幼稚園のバスを見送った後、
ツヨとどこか行こうと思い立ち、
電車にのって横浜みなとみらいに行ってきました。
ツヨは電車に乗るのは2回目。
二人を連れて電車で出かけるには大変なので、今までできなかったけど、
ツヨ一人なら何とかなるかなーと。
f0025201_16261743.jpg
途中で暴れたら・・・と思うとかなりドキドキですが、
たまには遠出もしたい。
電車の中でツヨは私にひしっとつかまって窓の外の
流れる景色にくぎづけ。
電車で20分くらい、それから徒歩で20分くらい?
海の見える公園に行きました。

f0025201_16282525.jpg
頑張って少し歩かせたものの、
すぐ抱っこをせがみ結局ほとんどバギー・・・
ママはすごーく歩きました。

遠くにベイブリッジ。
公園に咲いていた花。

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif
# by keikototyuyo | 2006-05-22 16:56 | 外出 | Comments(6)

熟睡してね

f0025201_2218527.jpg
双子なのでやや似ているでしょうか?
よく同じ格好をして寝ていることがあります。
今日はツヨは私の足を枕にしてピタッとくっついて寝ました。
これはヨイショっとおろしたところ。パジャマを嫌がり、ランニング姿・・・
f0025201_22183098.jpg
コトは明日から幼稚園再開です。ひどい風邪で一週間も休みました。
明日はツヨも療育。母はエンジン全開でいくよ~!
早く寝なきゃ。でもER見たーい。(BS2!)

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif 
# by keikototyuyo | 2006-05-15 22:29 | 日常生活 | Comments(3)

一人で出かける

今日はツヨの地域の訓練会の日でしたが、
コトがまだひどい状態なのでお休みしようと思ってました。
朝欠席の連絡をすると、先生が車でツヨだけ迎えに来てくれると言って
くださったので、甘えることにしました!

この訓練会は週一回去年から通ってます。
ボランティアの先生が散歩に連れていってくれたり、
お弁当を食べさせてくれたりします。

親は別室で分離で、会の仕事をしたり、掃除したりおしゃべりしたり。
今療育で母子同伴で過ごしていると、
訓練会の母子分離がどれほどありがたいか身にしみます。
3時間も、障害児を預かってくれるんです。
もちろん謝礼は払いますが、薄謝です。

今日迎えに来てくれた先生は心から信頼できる方で、
本当に感謝しています。

ツヨは朝先生の顔を見て飛びついて行きました。
帰りは満足そうに目をキラキラさせながらまっすぐ私のところにきて、
両手で私のもものあたりをそっとタッチしました。
「ただいまの合図だね。」
先生が言いました。
そんなしぐさは初めてでした。
うちから一人で出かけていくのすら考えたら初めてでした。
話せないけど、「ママただいま!」とは言わないけど、
心で言ってる!ツヨと私は心が通じ合ってるんだと感じた瞬間でした。
先生がお帰りになった後、
部屋でぎゅうぎゅう抱きしめるとツヨもとても嬉しそうでした。

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif 
# by keikototyuyo | 2006-05-12 23:18 | 自閉症の息子のこと | Comments(9)

自閉症でも反抗期

ツヨが反抗期になりました。

おとなしくて、従順で、甘えん坊で
バギーで買い物に行っても黙って1時間くらいじっとして、
時には足をルンルンして座っていたツヨが、

おむつ替えようって誘うと自分からゴロンしてじっとしていたツヨが、

交差点の真ん中で大の字でのけぞり、

お風呂のあと着衣を嫌がって裸で布団で寝る。

マイカーの乗り降りの際、車内をあちこち一通り触らないと次の行動に移れない。
無理に降ろしたりしようものなら烈火のごとく暴れる。

自分のやりたいことが出てきた証でしょうか。
自己主張ってやつですね。
知恵がついてくるとこだわりが強くなる。とも聞きました。

一日何回もいろいろ些細なことでパニックです。

ことばが話せないので、こちらもどうしたいのかよくわからないし、
時間や場所などいろいろ都合もあるし、
主人は暴れるのを押さえようとしてメガネを飛ばされたりして、
キレてました。人は体に力が入ると感情も高ぶるのです。

真っ向からむきになるとよくないですよね。
いろいろ考えました。
最近ことばで言うと結構理解してくれてすごく楽で、
ちょっとのん気になってました。
これからは先回りして主張を予想し、かなえられることは
こちらの都合は極力排除してかなえてやる。

なのでこちらの都合でどこかへ連れて行こうとしたり極力しない。
時間は余裕を持って行動する。
オムツは洗面所の水遊びをさせながら替える。
お風呂のバスマットもくるまるので撤去しました。

叱ればいいのにと思うかもしれませんが、
3歳の自閉症児はたぶん叱られても「どうして」叱られているのか
理解できないんです。
その証拠に、あることをもう何100回も注意してますが、
一向にやめられません。どんなに真剣に怒っても、泣きながら説得しても
もし叩いたとしても、
怖くて泣きながらまたその行為をします。
不毛なエネルギーをどれだけ私も費やしたか。
しかも叱られると余計に怒ることがあって、
大の男でも手に負えないほど体を突っ張って抵抗します。


というわけで、この時期が終わることを信じて待つことにしました。
療育の先生に聞いたら、もう少し成長したら、我慢させることもあるそうです。
今はまだその段階ではないとのこと。
大体1歳半くらいの赤ん坊と同じくらいの中身と思ってもらえるといいかも。





さてコトはというとやっと熱が微熱になりました。
ただ中耳炎の抗生物質のせいでお腹がピーピー、機嫌もキーキーです・・・
これじゃ幼稚園にも行けません。
早く通常の生活に戻りた~い!

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif 







# by keikototyuyo | 2006-05-12 00:45 | こだわり | Comments(0)

また風邪ですか~

日に日に暖かくなりますねー。
家で掃除機をかける時なぞはもう半そでです。

春だというのにうちの子達は風邪続き。
ゴールデンウイーク前半にツヨが3日間40度の熱で、
休日診療所に行ったりしてました。
昨日の晩から今度はコトが40度の熱です。
昨日だけ久々に待ちに待った幼稚園に行き、また今日からお休み・・・。
念のため耳鼻科に行ったら両耳軽い中耳炎&風邪だそうです。

今日はコトに付き合ってツヨも療育はお休み。
最近すごくこだわりが多く強くなってきて、やや困っています。
お風呂から出るとぬれたまま脱衣所でバスマットを何枚も並べて
その上に寝そべって、ガンとして動きません。
体を拭いたり、オムツをはかせたりしようとすると、暴れる暴れる。
大の大人二人でもオムツをはかせるのは至難の業です。
抵抗する時のすんごい力は一体どこから出るんでしょうか。
文字通り「必死!!」なんでしょうね彼なりに。

さて、ツヨを抑えたりするのに体が痛いし、あまりに運動不足なので
さっき久々にストレッチ&腹筋をやってました。
コトだけまだ起きてて「ママなにやってんの?」と聞いてくるので、
太っちゃったから運動してるの。とか答えながら
コトは1歳位から、私がストレッチとかするとよく真似してたなぁ・・・
なんて思い出にひたりながらわき腹腹筋の足上げ。
ふと気配&視線を感じて振り向くと
f0025201_2353871.jpg

同じ格好の娘が!熱が39度あって冷えピタしてわき腹腹筋の図・・・!
私の同じ格好の写真は見苦しいため掲載できませんので悪しからず。

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif 
# by keikototyuyo | 2006-05-09 23:17 | 日常生活 | Comments(0)

コトも

f0025201_23173987.jpg
先日のコトのヒステリーはやはり風邪薬の眠気のせいでした。
ブログにツヨのことばかり書いて、コトは悪口では心が痛んだので
おわびに実物よりよくとれた写真を載せちゃいます。
これで許せコト!

明日から2泊3日で千葉の主人の実家に行ってきまーす。

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif  
# by keikototyuyo | 2006-05-03 23:25 | 日常生活 | Comments(0)

小麦粉粘土

先日の療育はあいにくの雨で、プログラムの園庭遊びが
急きょ小麦粉粘土に変更になりました。
私もやったことも見たこともなかったので、ちょっとどきどきでした。
トレイの上にサランラップが敷いてあって、
そこに小麦粉が広げてありました。そのまんまですね。
なぜかスプーンとカップが置いてあったので、
ひょいとイスに座らされたツヨは「・・・!」「・・・??」無言・・。
っていつも無言なんだけど。
まぁ通訳すると、「おっ!これは!」「うーん食べ物かなぁ?」
手をそっと小麦粉に促すと、「うわー!不思議な感触!」
君のほうがよっぽど不思議君だゾ。
f0025201_18946.jpg
スプーンでスーっと小麦粉をすくって口に
持っていったので、すんでのところで制止。
「これは食べられません!」と私。
「あ、そうなの?」てな感じですんなり諦めました。
ふぅ。
粉の感触が楽しいのかしばらく恍惚として触ってました。
粘土にするために先生がお水を入れ始めたので、
私が必死にこねると
100均で買った柔らかい粘土とは違ってやや扱いにくいのか、
固形になったので少し遊ぶとさっさと離席(終了)。

ところで、何回か通ってみた療育の印象は・・・
正直もう少し厳しいところかと思っていました。
年少組だし、今はこの場所を好きになってもらう、
安心できる場所だと認識させることを目的にしているようです。
担任の先生にもよると思いますが。
私の当面の目標は・・・
上記プラス先生の話に少しでも注目する。
流れに慣れる。座ってやる課題に慣れる。
トイレに座っておしっこを出す。
という感じでしょうか。

楽しく!ということに関しては・・・
幼稚園に通いだしたコトは何が楽しそうってやはり
お友達の名前を家で楽しげに言ったりしているのを
見ると、「友達=楽しい」というのがあるわけで、
ツヨの場合それはあまりないのかなぁ・・・と。
その部分は全く心が読めません。
コトと一緒にいるときですら楽しいのかどうかよくわからない。
パパとママのことが好きなのは確かですが。
療育でのこれからツヨなりの楽しみを探してみます。

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif  
# by keikototyuyo | 2006-05-01 00:49 | 療育 | Comments(0)

あずき遊び

今日は療育で「あずき遊び」をしました。あずきの豆を床いっぱいに広げて
各々好きなように遊びます。
ツヨは水遊びで使う水車にずっと豆を落として、穴に落ちるさまに見入っていました。
2、30分は続けていたでしょうか。
飽きることなくずっといれ続けていました。
私があずきをバットなどに入れて渡そうとすると、ぶんどって穴に入れ、
バットをポイと投げ捨てます。
「どうぞ」「かして」とかやる暇もなしです。私はあずき拾いの道具かい!

f0025201_22465387.jpg
f0025201_22463189.jpg

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif  
# by keikototyuyo | 2006-04-25 23:01 | 療育 | Comments(0)

双子なのにー

今日のコトはひどくヒステリックでした。
幼稚園に行きだしたストレスか、風邪気味による機嫌の悪さか、
薬を飲んだだるさからか・・・
昨晩の夜中に「ダメー!ダメー!ダメー!」と寝言で叫び、
目を覚ましてしまってキーキー泣きながら抱っこさせられました。
夜中起こされての抱っこはほんとつらいですよね。
それで今日は素直さのカケラもない無敵の三歳児・・・
赤ちゃんの時からそうだったけど、コトで疲弊し、ツヨに癒される・・
って感じです。正直。
双子でも性格は全然違います。二卵性だから顔もあんまり似てないし。
まぁ少しすれば落ち着くでしょう。
落ち着いてくれないとお嫁の貰い手がないです。

  ブログランキングに参加しています→
f0025201_22153464.gif  


 
# by keikototyuyo | 2006-04-23 23:38 | 日常生活 | Comments(0)