おでんの続き

おでんの続き・・・

翌日の昨晩
我が家の夕食はハンバーグ
にんじんとほうれん草くっつけて。
そしてコーンスープとサラダでした。
(結構がんばった・・・
ハンバーグ8人前作ってみんなで爆食です)

そしてお風呂でツヨがなんと指差ししたか

パパが夜中に廊下でうろうろしているので
「何か話があるの?」
と尋ねると

「今日のお風呂の指差しなんだけどさ・・・」

と報告してくれました。

(そんなうろうろしないでバーンってきてくれていいんだけど・・・)

指差しは

は・ん・ば・-・ぐ
す・ー・ぷ

だったそうです。

ふふふ

スープ系が大好きなツヨ。
何だかおかしくて夜中に笑ってしまいました。

野菜は指差ししてくれないのね。

それから昼間に公共のお風呂施設で食べた

か・れ・ー
す・ぱ・げ・て・い

だったそうです。

食べることって
楽しいね!


ちなみに今日の夕食はパパもいないし
昨日ごちそうだったので
カロリー調整のため
ししゃも。

我ながらメリハリがすごいです。




f0025201_22360377.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写




# by keikototyuyo | 2017-02-27 22:40 | 日常生活 | Comments(2)

おでんの具って・・・

ツヨは土日のお風呂はパパと入ります。

お風呂の壁には100均ショップの「あいうえお50音表」が
貼ってあるのですが、

お風呂に入ると
その日に食べたものを指差しで楽しそうに指すそうです。
その行動も主人と入る時だけのこだわり行動なのでしょうが、
ほほえましくて笑えます。

今日の我が家の夕飯は「おでん」。

おでんの具って・・・
さつまあげとか、もち巾着とか、はんぺんとか、ちくわぶとか?
鶏肉の手羽元とか。(笑)
教えてないけど、どうするんだ?
と思ったら


ツヨは
「た・ま・ご」
「お・ちゃ」
と指したそう!

あはは!
はしょった!

お風呂から
「わははは!」
とパパの楽しそうな笑い声が聞こえていました。


家族の幸せって何か
少しだけ分かるような気がしてきました。

ツヨの純粋さとコトのやさしさと
パパの前向きさ
切れ者はいないけれど
集まったらいいチームワークかもしれませんね。

f0025201_02302309.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写




# by keikototyuyo | 2017-02-26 00:15 | 日常生活 | Comments(10)

学校で走る!

学校の体育で先生がたくさん運動させてくれ、
ツヨが落ち着きました。

校内持久走で200メートル×7~8周。
途中息が上がると歩くけれど
「走ろう!」
と声を掛けられると
また走り出すそうです。
からだを動かす楽しさ、感じているかな。

一緒に走ってくださる先生方には
感謝しかありません。

学校は本当にありがたいです。


f0025201_02302309.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

# by keikototyuyo | 2017-02-24 02:27 | 中学校 | Comments(2)

走る楽しさ

ツヨに
「走らないで。」
と何回か伝えました。

心がウキウキしちゃうと走りたくなるようで、
笑顔で走るんです。
走らせてやりたいけれど、
ちょうど学校の体育で持久走が始まったので
そこで思いっきり走ってもらうことにしましょう。

この間、バス停までダッシュしたときは
一応信号でとまったので
追いついて
「走ったらだめ。
ここ(足のふとももをポンポンして)だめよ。ゆっくり」
足をゆっくり動かす動作をやってみせました。
ニヤッと笑っていました。
たぶん分かったかな。
やれやれ。

私の手をふりほどいて走るような悪いことはしません。
手を放すと
無意識にスイッチが入っちゃう感じ。

本当にいろいろ不思議です。
慣れたけれど慣れない・・・(笑)

体力があまっているのでしょうね。

f0025201_23144567.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写





# by keikototyuyo | 2017-02-20 23:11 | 外出 | Comments(4)

走ったら本当に追いつけない

最近のツヨは元気すぎるくらいです。
落ち着かないともいえます。

スクールバス乗り場へ行くときや
新聞を取りに行くとき
児童デイのお迎えの車まで玄関からほんの10メートルを

急にダーッと走り出すことがあります。
ダッシュです。

車や人にぶつからないように気をつけないと。

私が追いかけても
追いつくわけがありません。

中二。
背格好はだいたい一緒なのに
筋力と体力、瞬発力がいつの間にかすっかり追い越されて
小さかったツヨからは信じられない力強さ。

正直怖いです。
ここ数年は走り出すことはなかったので。
もう全力で勝手に走ることはないかもと
たかをくくっていたのかもしれません。

手をつないで歩かないとだめなんだ。

最近ツヨが外出先でいなくなるという
怖い夢をよく見ます。
ツヨー!
と叫んで起きる。

現実ではほとんど外には出かけないので
大丈夫です。
もう連れて行く自信もないので・・・

・・・がんばります。

ちょっと暗くてごめんなさい~。

f0025201_01064262.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

# by keikototyuyo | 2017-02-18 16:41 | 外出 | Comments(4)

インフルエンザでの高熱対処

ツヨが1週間前にインフルエンザにかかりました。
もう大復活しています。

予防接種をしても毎年のようにかかり熱も出やすく、
1日目は40.7度まであがり怖かったです。

一日目の昼は、解熱剤を必要に応じて使い、
氷枕をして丸くなってウンウンつらそう・・・・
足が冷たい時は寒がっているのでツヨには水枕はしません。
足がほかほかになったら薄着をさせて水枕。
解熱剤を飲むと39度ほどに下がり
リビングまで出てきて「ひゃーう。」
と少しご機嫌なそぶりを見せます。
静かに寝ていてほしいものです・・・

そのうち4時間ほどすると解熱剤が切れて
またお布団でウンウン丸くなり出します。

髄膜炎などが怖いので、夜はほとんど徹夜で
本など読みながら様子をちょくちょく見に行きます。
水枕も変えたいし、つらくても私を起こしにこないだろうから・・・
不眠症なのでちっとも眠くないのです。

お医者さんに聞いた話だと
熱の下がり際に容体が急変することもあるらしいので
本当に気をつけたいです。
そもそも解熱剤の使用も副作用をよく考えて使わないといけないですよね。
髄膜炎の大きな兆候は、意識があきらかにもうろうとしていたり、
呼吸があきらかにおかしいときなどで、
迷わず救急車できてくださいと言われました。
でもそのほかの兆候も本当に要注意ですね・・・

14歳といっても体はまだ子どもで
かかりやすい疾患が大人よりたくさんあるのだそうです・・・


インフルエンザによる異常行動を見守らないといけないのですが
そもそも自閉行動の危険防止にベランダや各部屋や玄関に
全部カギをかけられるようにしてあるのでこういう時にはそこは便利。


よくなってしまえばあとは家でのんびり。

買い物はネットスーパーがあるので大丈夫だし。

ラブラブで過ごしました。(?!)

たまったドラマを見たかったけれど
「あうー。」
の声がずっと出ているし、
家の中でも立ったり座ったり動きが多くて
セリフがちっとも聞こえず・・・
結局Eテレの子ども番組とザ・少年倶楽部。

今クールの私のドラマのお気に入りは
「お母さん、娘をやめていいですか」
「嘘の戦争」

来週ゆっくり見ることにしましょう。


f0025201_01064262.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写


# by keikototyuyo | 2017-02-11 20:37 | 日常生活 | Comments(4)

ニワトリが先か タマゴが先か

家族の中で 息子の言いたいことを以心伝心で察して
夫や娘に通訳できるのは
私だけ

私がいなかったらどうするんだろう
さぞや二人とも困るだろう
まぁ
いるからいいのだけど

私と息子の絶妙な一体感

あれ?
ひょっとして 私は息子のために生まれてきたのでは?

いやいや息子より私が先に生まれたんだから
このために私は生まれてきたんじゃないだろう

でも 生まれたのは先だけど
この子を育てるうちに 今の私が生まれたような気もするし
ここにいるのは いるべくしている そんな気もするし
あれ?
ニワトリが先か
タマゴが先か

ママが先か
この子が先か

ニワトリが先か
タマゴが先か・・・

心の中で唱えて
わけがわからなくなった

フッ

笑うしかない
でもなぜか目頭も熱くなる  


f0025201_01064262.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写







# by keikototyuyo | 2017-02-06 00:31 | 自分のこと | Comments(8)

目が離せない子の親の宿命

今日は学校が休業日なので児童デイに行くことにしました。

いつものようにコトにはお弁当を作って送り出す。
いつもならここで私とツヨもスクールバス乗り場へGO。

今日は行かなくていいんだ~。
児童デイはほぼ玄関先まで迎えにきてくれる。

危なくて一人で外を歩くことができないツヨ。
重い障害を持った子の親は、一緒に住んでいる限り
送迎という仕事から一生解放されることはありません。

一人で玄関から出かけて行って、
徒歩や電車やバスに乗ってお出かけできることが
どんなに素敵なことか。

知的に障害のない発達障害の人の中には
地図が読めなかったり、乗り換えが難しかったり、
荷物を忘れて降りてしまったり、人に道を尋ねたりできなくて
ご苦労される方もいるかもしれませんが。

でも時間がかかってもなんでも一人で問題を解決して
危険を回避して安全に帰宅できる能力は
自立した社会人になるための宝だなと思います。

ツヨはと言うと・・・

毎日歩く歩道のラインまで決まっているので、
前から人が来るとぶつかります。
駐車場の車のすぐ横や生垣のぎりぎりを歩くので声掛けをしないと
かすりそうになります。
決まったマンホールの真上を必ず踏んで通過しないと気がすみません。
信号機が理解できません。
車が止まると渡っていいと思っているようです。
渋滞で片側だけ止まったりしても渡り始めます。
気分がはやると急に走り出します。
待って!と叫んでも止まりません。
エレベーターが混んでいても定位置に立とうとしてしまいます。

でも私が続いて玄関を出るとき、
ドアを押さえておいてくれるようにはなりました。(笑)
玄関以外はいまだに挟まれています・・・

話を戻して
今日は10時に児童デイがお迎えにくる。
昨日眠れなかったので少し横になろうと思い、
ツヨにテレビをつけて
「見ててね。」
というと
「ん。」
とこっくり。
家族は無事出かけたし、ツヨはここにいる。
安心。安心。

すると
こわーい夢を見ました。
ツヨと二人で出かけて、ツヨ一人でどこかに走っていってしまう夢。
ああ、もうだめだ・・・
と思ったところで目が覚めました。
見るとご機嫌なツヨがさっきと同じところに座っていました。
家の中の定位置では果てしなく座っていられます。
ああ怖かった。

安心安心って思って横になったのに、
深層心理は全然安心していないのですね。

これは一生続く。
私の運命です。

でも私だけじゃない。
ほかにも頑張っている人がいるはず。

福祉サービスをうまく利用してツヨの安全もはかりつつ
気持ちを切り替えて自分の人生も充実させていこう。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写


# by keikototyuyo | 2017-01-31 13:02 | 外出 | Comments(2)

ひこうき とんだ!

ツヨが校外学習でJALスカイミュージアムに行ってきました。

先生からの連絡帳によると、事前学習はしたものの、
どんなところが見当がつかなかったのでしょう、
着く前はとても不安そうだったようです。

でも到着して見学が始まると、目を輝かせて
制服を着たり(見たかった!)
飛行機をとても近くで見たり
楽しむことができたそうです。

いろいろなことを校外学習の集団行動で体験させてもらえるのは
本当にありがたいです。

親だと、そこに家族で行ってみようとは
勇気がなくてなかなか思えませんよね。

どーんと広い工場に飛行機が停まっている光景や、
滑走路から轟音を立ててジャンボ機が飛び立つ様子は
ツヨの心に焼き付いたのではないかと思います。

離陸する飛行機を見て、跳びはねて喜んでいたそう。

きっとツヨの心はこんな風、だったかな?

『おおきいのが とんだ だいはくりょくだ 
はやい! はやい! じめんもゆれる
おともすごい こわくないぞ かっこいいな!』 


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写




# by keikototyuyo | 2017-01-28 18:14 | 中学校 | Comments(2)

母の失敗で叱らなくていいことで叱る

昨日は久しぶりにツヨを叱ってしまいました。

テーブルの上においてあったダイレクトメールを
指をさして「あっ!(開いて見たい!)」と伝えてきました。
以前に行った旅館のダイレクトメールかなと思い
いいよと言いました。
旅館やホテルや部屋やお風呂の写真が大好きなツヨです。

ところがあとからみたら母の特養からの請求書でした。
あ、間違えちゃったな
なんて思っていた10分後くらいに
まとめて開けようと思っていた封筒を
すべてびりびりにあけて
中を取り出し
封筒はゴミ箱に捨ててあり、
中身はあちこに散乱してあったのです。

しまった!
と思いました。

家に来た手紙はそもそも興味があったのです。
開けてみたいと前々から気になっていたのでしょう。
そのタガを私の不注意で外させてしまったのです。

物事の良しあしの判断は彼にはできません。
一つ一つルールとして教えられた通りに
覚えて暮らしてきているのです。

ママの封筒はあけない。
この一つのルールを守るか、守らないでいいのか。
彼にはそれがすべてだったのです。

はたから見たらいたずらでビリビリにしているようにしか
見えないかもしれません。

私もまだまだです。
夕方で疲れているせいもあったでしょう。
間違ったルールが入ってしまった!と焦って
「ダメよ!」
と言ってしまいました。
ツヨの体がびくっとなりました。
封筒をやぶいた高揚感から
はっと我に返ったようにも見えました。

落ち着け私。

封筒をゴミ箱から戻し、中身を集めて
封筒に戻します。
そしてビリビリになったところを指さして
「ビリビリしません。」
と何回か真剣な表情で言いました。
おそらく理解したでしょう。

叱られなくていいことで叱られて
本当にかわいそうなことをしました。
深く反省です。

郵便物は大切なものがあるので
まぁいっかではすみません。
ツヨが私と一緒に直接郵便受けから持ってくることもあるので
見せないことも徹底できません。

知的に障害がある子を叱ることは
本当にせつない行為だ・・・
どこまで叱られている内容を本当に理解できているのか
注意深く考えて、
叱られなくていいことで叱られないで済むように
こちらも注意して生活しなければ。

こちらも疲れていたり、時間がなかったり、
歳をとって寛容さが失われたりすることも
あるかもしれない。

完全に私が悪かったです。本当に気をつけよう。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2017-01-24 14:19 | 家での教育・しつけ | Comments(2)