指示に応えようとする素直さ

ツヨの髪がかるーくモヒカンになっています。

髪を切るのが怖くて嫌いなツヨです。
いつもバリカンで100数える間、がんばろうとするのですが、
今回は50ちょっとで
「ひいいいい・・・」
との拒否により終了・・・
たぶんその日の彼として、かなり頑張った結果なのでしょう。
うん。

でもね
そんなこともあろうかと
下から徐々に刈っていったのでまだモヒカンで体裁が整いました。

もしてっぺんから刈っていっていたら・・・

それこそこちらが
「ひいいいい・・・・」
です。(笑)

足早に一度リビングに逃げていき、
戻ってきて早くバリカンを箱にもどせと言うので(言わないけど)
はいはいはいと毛のついたままとにかく箱に戻し
床の毛を蹴散らしていくので速攻、掃除機で吸い、
少し気持ちが落ち着いたところで
耳の上などの刈り残しをハサミでさささっと切りました。

再来週、ケアプラザの床屋体験に先輩お母さんが誘ってくれたので
超どきどきしながら行ってきます。

いつかは誰かに刈ってもらわないといけないので
体験してきます。

最近爪切りもめっきり怖がって、
寝ている間に今日は左3本とか隙を見て切っています。
眠りが浅いとパチンの感触で
爪をぎゅっと隠して手をさっと引っ込めるので。

でもこの間は咳がひどかったのでクリニックに連れて行ったら
お盆明けで混んでいて、50分くらい待合室で座って待てました。
本や音楽はすすめてもおよびでないようで、
ずっと診察室のドアを見ているんです。

『あそこがあいて、ぼくのなまえがよばれたらいくぞ。』

何人も違う人の名前が呼ばれるのをじっと耳をすまして聞いていました。

そしていざ自分の名前が呼ばれると
勇んで診察を受けていました。

先生が、耳の後ろを触ってリンパ腺を確認したりしていると
先生の首の聴診器を引っ張って
『はやく これやらなきゃ』
と「ひいい」とせかしていましたが。

いろいろと彼なりに考えて
頑張れるところは私や大人の指示に応えようとしているんでしょうね。
先日、初めて会った優しいベテランボランティアさんに
その性格の素直さをほめられました。

毎日けなげなツヨポンです。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写







# by keikototyuyo | 2017-08-28 23:16 | 自閉症の息子のこと | Comments(4)

意見の相違

コトもツヨも元気です。

コトの高校進学のことで今、主人と話し合っているところです。

私は甘く育てすぎたと怒られました。

もちろん素直に聞く部分もあります。いいこと言うなぁと。
ただみんな自分の人生をある程度生きたいように生きることって
大切じゃないのかな。
家族のために懸命に働いている人にとっては
自分のために生きるという意識自体が
きちんとした収入のない人と全く違うでしょうね。
毎日このなんとも生産性のない三人を必死に養ってくれている主人には
感謝してもしたりません。

こうも思います。
人には背中に負える荷物の重さや、形がそれぞれ異なるものかもしれません。
私には私にしか背負えないものがある。
コトもそう。
子ども本人の性質によって生きていく道はまったく違うのでは?

ありのままのコトが安心して自分の生きる道を探せるような
そんな高校を探します。

人の心ほど思い通りにならないものはないですね。
でも意見がぶつかっても望みは一つ、コトの幸せ。

あきらめないで投げやりにならずに時間をかけて話すことが大事ですね。






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写









# by keikototyuyo | 2017-08-24 00:27 | 双子の姉のこと | Comments(5)

心をなくさないように

ああ、ちゃんと生きないとなぁ
と今日はしみじみ思いました。

本当にびっくりするくらい
いろいろなことがあって
どうそれらをとりなしていくか
それで一日終わってしまう時もあるけれど

人ときちんとつながって
あ、今分かり合えたよねっていう瞬間を大事にしたいな。

この世で一番大切なものは気持ちだと思うから。


家族
友達や知り合い
一期一会の人

意見が合わない人と話をしないといけない時もあるし、
お互いに相いれないからこそ
真剣に話をして向き合うときもあるかもしれない。

逆にちゃんと話さなくても
「きっと話したら無二の親友になれる」
っていう存在も確かにいる。
演奏家だってアーティストだっていい
テレビに出ている賢い人でもいい
本の中の一行に共感するだけでも
ドラマの脚本のセリフに感動したっていい
人とつながって考えて何か得ること。

そういうことが私は大好きだって思った。

ブログを読んでくださっている方たちも。

一体どんなところでどんな立場で
どんな風に暮らしているんだろうって
わかりようもないけれど
確かにあなたはどこかで暮らしていて
何か記事が更新してあるわって
覗きにきてくださっている。

ツヨポンは大丈夫かなって心配してくださっているかもしれない。

苦しい時こそちゃんとブログも書いて
しっかり前をむかないとと思います。



今日は家のごみを集めて、集積場に捨てにいこうと思って
まずプラごみをまとめておいたら
ほかのごみを集めている最中に
「ひー!ひー!」
とツヨが叫んで、まさかの一人でプラごみを抱えて
大慌てで玄関から飛び出していってしまいました。
片づけこだわりが尋常じゃない様子になっているのですが、
まさかごみ持って家から飛び出したのは初めて!
早くごみの山に投げて「片づけたい」気持ちが抑えられなくなったのでしょう。

私は家事用短パンみたいのをはいていたので
コトに「ごめん追いかけて!!」
と叫んでとりあえず一緒に走って行ってもらいました。
エレベーターの前でしっかり追いついたのを見届けて
そのまま集積場までコトに任せることに。
集合住宅構内でも車が走っています。

待つこと数分。
はぁはぁいいながら無事帰ってきたコトが
「何もそんなに走らなくとも・・・」
と息を切らしていました。
車に飛び込んでいこうとしたのを
腕をぐっと引っ張ってくれたそうです。
そのために一緒に行ったわけですからそこは心得ています。

ツヨはいろいろなことに焦っています。
すこーし強迫的な様子です。

危ないです。理由ができると急に走ります。
夏休みに電車で海の展望台でも連れて行こうかと思ったけれど
相当気と体を張っていかないと無事に帰ってこられる自信がないので
やめておこう・・・

明日は児童デイが車でボーリングに連れて行ってくれます。
神様です。ありがたい。


家にいる日は一日Eテレをつけているので
囲碁か、俳句か、園芸か、能か、はたまた古典の怪談か。
どこかへ連れ出さないと私のストレスバケツがあふれてしまいます。

しかも朝の9時半からお昼ごはんの要求。
おなかをさすって一日ご飯の心配をしてくる腹ペコ星人です。


娘の高校選びも予想を上回る苦戦になりそうです。
担任に呼ばれ、塾の室長に呼ばれ、
早く来年の4月になって落ち着いた生活を送りたい!
えーと
とっても深刻でございます。

そんなこんなですが、ツヨが寝た後、ドラマ「定年女子」に泣き、
小田和正のドキュメンタリーに泣き、
福井県立音楽堂のバロックコンサートの録画で
カウンターテナーのソロに泣き、
応援しているアーティストの成長に泣き、
感動しすぎて脳みそが痛いです。

私もがんばろうっと。

長々お付き合いいただいてありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写



# by keikototyuyo | 2017-08-14 01:53 | 自分のこと | Comments(12)