健康で虫歯なく

最近のツヨはEテレこだわりで
常にチャンネルがNHKのEテレ・・・
えーただいま能を見ております。
なんとなく癒されるけれど。
若干渋すぎる。
家の中に
「イヨー~!」
というテレビの中の演者のお声が心地よく響いております。

おそらく民放のチャンネルと違って
たいがい耳に心地よい雰囲気の番組をやっているから
かもしれません。本能的に分かっている。
ドラマもバラエティも民放は刺激が強すぎるのかな。
いい番組もあるんだけどな・・・

最近のツヨです。

f0025201_15230067.jpg
f0025201_15213515.jpg
f0025201_15221045.jpg
161㎝くらい。
体重は50㎏くらいかな。
下を見て歩くので少し猫背になってきてしまいました。
「背中をまっすぐにして。」
とヨイショと伸ばさせてみても
なかなか意味が飲み込めないので矯正は難しいかも。
下を見て歩く限りしょうがないです。
おそらく路面の模様などがいつも通りか
確認しているのではと思われます。
自分の歩くいつものラインが見えているのでしょう。

肩幅が広くて結構がっしりしています。
生まれた日から骨が太くて、双子のコトとの違いが明らかでした。

前回栄養のことを少し書きましたが、
栄養の摂りすぎもよくないし、もちろん肥満はさせられない。
成人病になってしまったら病院で治療を受けることが
なかなか難しいでしょうから
「健康で虫歯なく」
が我が家の密やかなモットーです。
そう思っていても悲しいことに病は向こうからやってくることもありますが。
ささやかにでも気をつけていきたいです。

歯はそれこそ治療がなかなか困難なので
乳歯のころから歯磨きを私が頑張っています。
毎晩100数える間にブラッシング。

この「100数える間、待つ方式」には助けられています。
歯磨き、バリカン、歯が抜けたときや鼻血のとき
怪我をして血が出たときなどは
ティッシュで私が押さえる間ちゃんと待ってくれます。

注射のときも10数えたり、早食いの途中で10数えるあいだは箸を止めたり
お風呂で背中や足の指の間を洗うのを10回往復したりいろいろ多用しています。
数えるのは全部私ですが、ツヨも心の中や体でリズムを取っているのがわかります。

鼻血の時は寝かせて100数えるのですが、ふとツヨの足の先を見ると、
私の声に合わせて
『いーち、にー、さーん・・・』
と足先がピコピコ動いているのです。たまりません。

そして最後時間が足りなくなって、
きゅうーうじゅうーいーーーーちーーーー
とゆっくりにしても
穏便に受け入れてくれるいいやつなのです。

ひゃく
で飛ぶように走って去っていきますが。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2017-05-07 15:37 | 日常生活 | Comments(5)

たくましくなる身体

ツヨの農園芸班が始まりました。

最初は、活動する教室が昨年度の教室とは変わったので、
いったんそこへ行ってみて、それから新しい活動教室へ移動したそうです。
一つ一つ確認して
「新しいことを始めよう」
と心の中を整理しているのかもしれません。
そのあとは活動の説明を受け、
さらに見通しをつけて、もしかしたら
『やるぞ。』
とやる気すらわいてきているかもしれません。

二日目は元の教室にはいかないように
先生からも行先を示してもらい
畑に出て雑草抜きなどを一生懸命やったそうです。

足が泥んこになって帰ってきました。
顔もたった一日で精悍に日焼けしてびっくりしました。
きっとおなかも空くことでしょう。
夕食の量を少し増やすことにしました。

栄養表を探して、必要なたんぱく質などの量をしっかり確認しています。
ツヨ、パパ、コト、ママの順に必要摂取量が少なくなっていきます。

現時点で4人の中でまだ背が伸びるのはツヨだけ。
不思議な4人の関係です。
子ども扱いしないでしっかり食べさせないと。
お腹がすいているのはかわいそうです。
お茶碗は変えず(というか変えてもらえず)
ご飯を山盛りにすることにしました。

こうなったら私がおんぶしてもらえるぐらい
大きくなってみたらどう?



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写








# by keikototyuyo | 2017-05-04 23:22 | 中学校 | Comments(2)

気持ちを想像する そして大切なさじ加減

生活する中で、どうしても譲れないことが
ツヨの中にあるとき
はっきりと粘り強く主張してくるようになりました。
その場しのぎではない
一貫した対応をしないといけません。

ちなみに幼児の頃は一日中そんなことだらけでした。
外を歩くにも自分の行きたくない方へは一歩たりとも進まず、
おんぶや抱っこからのけぞって抵抗し
地面にうつ伏して泣き、コンクリートの地面に頭を打ち付けて
全身全霊で主張していたものです。

行先、道順、行く目的がツヨに本当に理解できているか
それがとても大切で、出かけられる場所はどんどん限られていきました。

動線のこだわり。
学校でそう言われました。

思い返すと常にこれに苦しめられてツヨと私は生活をしてきました。
長い年月の中、工夫したり変革を試みたり
そしてたくさんのことをあきらめてきました。
この先も試行錯誤しながらこれと付き合っていくしかありません。

私一人ではどうにもなりません。
学校の先生が一緒に考えてくれるのが大きな救いです。


昨日の校外学習。
美術館より前回の行先である
JALスカイミュージアムへどうしても行きたかったツヨ。

どこまで彼が理解できているのか分かりませんが
学校からバスに落ち着いて乗り込み
美術館のワークショップの部屋に入ると
突然「わー!」っと叫んでリュックを背負って
走り出したそうです。

ここでは飛行機は見られないことは分かっていたことと思います。

『ひこうき』

両手を大空に向けてばっと開くジェスチャーを
何回も繰り返し。
そう。
飛行機が轟音と共に滑走路から飛び立つさまが
彼の心に刻んだ感動は
私たちの想像を超えたものだったのでした。

先生がツヨを座らせて落ち着かせ
分かりやすい短い言葉で
これからのスケジュールを文字とともに
粘り強く示してツヨと対話をしてくれました。

つくる(ワークショップ)
おべんとう
でんしゃ
がっこう

きっとツヨは真剣な眼差しで
『ひこうき』
のジェスチャーをして先生に確認をしたことでしょう。
ぼくはひこうきをみたい。

でも落ち着いて繰り返す対話の中で
でんしゃ
という単語にツヨが耳を貸したそうです。
もちろん事前学習でも伝えてくれてはいたと思いますが
ツヨの耳に
『ひこうきはだめらしいけれど、あののりものにのれる』
実感として届いたことでそのあとのスケジュールを受け入れる気持ちになり、
ワークショップをテキパキとこなし
お弁当を食べ、
電車に楽しそうに乗って帰ってくることができました。

大変ご心配をおかけしました。

絶妙のさじ加減が必要です。
先生に感服しました。

みんなが楽しんで思い出を作って素敵な作品も作ったことでしょう。
元気に帰ってきたと下校後に連絡をもらいました。

駅のホームに入ってくる電車をみて
大喜びでぴょんぴょんと跳んでいたそうです。
納得さえしていれば落ち着いてルールを守って行動できるように
たくさん訓練はしてきたものね。

そして乗り物がやっぱり大好きなのだなということに
あらためて気づくことができました。

あ、今あることに気づいちゃった・・・
過去の話ですが
「あ、だからあの時そうだったのか。」
ということ。
長くなるのでその話はまた・・・


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写






# by keikototyuyo | 2017-04-29 22:12 | こだわり | Comments(6)

見えないと思考が止まる

明日は校外学習で美術館に行きます。
作品鑑賞だけでなく
ワークショップもあるそうで
どんな体験をしてくるか楽しみです。

前回のJALスカイミュージアムがことのほか気に入ったらしく
あれ以来毎日のように遠足のしおりを眺めているツヨ。

今度は美術館だよ。
と言っても飛行機をきっぱり指差します。
明日は美術館と理解していても
こっちじゃないよと否定されるのがいやなのか
寝る前になって
「ぎゃー!」(こっち!)
っと叫んで家の廊下を走り出しました。
あわわ
これはだめだ。
「飛行機だね。いいよ。」
と言うと
「ん。」
とこっくりして去っていきました。

明日は明日
分かっちゃいるけど
どうしてもこだわりたいときもある。
否定しちゃいけないんだ。たぶん。

そして飛行機のしおりも美術館のしおりも
見えないとことに隠してしまいました。
すると少し引き出しを開いていたけれど
それ以上欲しがりませんでした。

あるから心が揺れる。
本当にそういうものなんだね。
隠してしまって要求ができなくなるせいで
不便でかわいそうだということより
目に入らなければ思考回路から
切り離すことができるという利益の方が大きい。
混乱をシャットアウトできる。

視覚支援の役割は支援をすることで
心を乱すものではないはず。
特に、行動を抑制するために過度に視覚支援を使うことは
視覚優位の人に対してフェアではないと思うのです。

明日の遠足の用意は自分でできています。
しおり以外・・・
きっと行先も理解している。
あとはどうでるかはツヨの気持ちなので
私たちには想像できません。

本人が美術館は行かないという選択をしたら
学校で居残りの可能性もあるし
意外とすんなり行くかもしれないし。
悪いパターン定着の不利益のことも考えないといけない。
第一に集団行動のルールもある。

あとは先生が静かにホワイトボードか口頭で
正しい行先確認等をして出発するだけ。

ぎゃーっとなりませんように。

美術館が新しい楽しい行先になりますように。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2017-04-28 00:43 | 絵カード・写真 | Comments(2)

本当に好きなことをして人生を過ごす

Eテレのパイプオルガンの番組と
ドラマ「火花」を観ていたら
こんな時間になってしまいました。

オーストリアとドイツの教会のオルガンを弾き歩く。
教会の建物の美しさと
パイプオルガンの演奏が
素晴らしかった。

本物はすごい。

日本は一生懸命ヨーロッパの真似をしているけれど
なんだろう
この気品。
彫刻のすばらしさ
光の差し込むステンドグラス
天井まで美しく計算された造形美。

貧乏卒業旅行でヨーロッパを8か周ったけれど、
オーストリアとドイツが一番好きだった。
絶対またいつか行こうと思った。

ああああ
行きたいなぁ。

あと10年したら行けるかな。
教会でオルガン聞いて
ドイツのワイナリーでワイン飲んで
ソーセージ食べて。
美術館行って
ドイツ語しゃべれないけど。(笑)

音楽と絵とワインは言葉いらないからね。
ブランドものの買い物は興味ない。
文房具やさんとか本屋さんは行きたいな。
綺麗な表紙の洋書とかたくさんありそう。
ドイツ語読めないんだけど・・・
お店のインテリアとかガーデニングも気になる。

それまでがんばろっと。
10年経ては双子も何とか彼らなりに
形になっているでしょう。
彼らなりでいい。
子離れして
自分の人生を自分のために使いたい。

今はテレビでがまん。



マンションの大規模修繕後、しばらくベランダを放置してきたけれど
そろそろ始動しようかな。

3年前の在りし日の花たち
f0025201_00311399.jpg
f0025201_00293050.jpg
f0025201_00291319.jpg
f0025201_00265665.jpg
心にゆとりを持って
生活したいものです。

修繕のため、このタイルを全部はがさなければいけなかったので、
今はなーんにもないの。

まずはタイルを敷き詰めることから
スタート。

デルフィニウムがお店に出ているうちにできるかな。

大好きなお花。この手前のブルーの。



人生は一度きりだから
本当に好きなことをやって
残りの時間を過ごしていきたいものです。

図書室で本をしこたま借りてきたけれど
追いつかない
読み始めると没頭しちゃうし。

お料理のレパートリーも増やしたい。
ブログも書きたい。
あ、ツヨぽんは元気です。
今日はお昼に冷蔵庫のラーメンを見つけて
「あ!」(食べたい!)
おお
一個しかないぞ。
んじゃ小さいスープカップに三等分して
主食は特製チャーハンで妥協していただこう。

「ひー」(大きいどんぶりで食べたい)
と少し抵抗したものの
『しょうがない。三人で分けるのか。』
とやさしいツヨぽんは納得してくれました。

最近、ちょいちょい負荷をかけて
交渉事を持ち掛けてみる
ということをしています。

和らいでいる今がチャンス。
許せることが多くなると
生活がお互いに楽になるので。

絶対嫌なときは
「あっ!!」(イヤだ!)
としっかり伝えてくるので
そういうときは引き下がります。

で日をあけてもう一回交渉すると
すんなりいったりするのでおもしろい。
『あー。この間のあれね。まぁいっか。』
みたいな。
性格は優しいはずなので。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2017-04-24 01:00 | 自分のこと | Comments(2)

行ったり来たりと農園芸班

最近のツヨは5メートルとか10メートルの範囲を
行ったり来たりすることが多くなっています。

家の中や、学校内。

やることはできているし、生活に支障はない。
学校でも机につくときはちゃんと座れる。

落ち着かないのでしょうね。
暇なときはなおさら。

新しい余暇を考えよう。

そうそう
今年度の中三での作業は
「農園芸班」
になりました。

どんな感じになるかな。

小学校で畑やお米はさんざんやってきたので
土いじりに抵抗はないだろうけれど。

ここからここまでをやったら終わりとか
何分やったら終わり
何十本やったら終わり
のように終わりを明確に本人に分る方法で示してください
と学校にお願いしました。

さぁ
なんの収穫物が獲れるかな?


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2017-04-18 23:36 | 中学校 | Comments(2)

また、スーパーで買い物ができた!

今日はツヨとスーパーに行ってみました。
3年ぶりくらいかも。
そんなに行っていなかったとはビックリですよね。

場所を行ったり来たりする行動が止まらなくなってしまい
外出ができない状態から
スクールバス乗り場や近くのコンビニや
児童デイのようなところしか行く勇気がなくて
すっかりお出かけから遠ざかっていました。

学校は毎日行けているし
パパと日帰りのお風呂に出かけたりはしています。

スーパー行ってみるか・・・

ドキドキでした。

ツヨのほうからスーパーのチラシの小さい写真と
マッ〇のてりやきバーガーの写真カードを使って要求してきたのです。

「走らない。」
「順番をまつ。」
「ワーワー言ったらおうちに帰る。」
「一番 ハンバーガー、二番 お買い物。」(写真カードで)
「わかった?」
呪文のように車のなかで繰り返しながらスーパーへ。

駐車場に着くと、小声でひーひー言って気が焦ってはいるけれど
走ってはいない。
エレベーターへ直行。
ハンバーガー屋さんまでも手をつないで走らないで歩けた。
12時近かったけれど席をなんとかゲット。
ツヨも売り場へ行く前の席取りに協力的な態度です。
お。これは校外学習などの集団行動の効果?

マッ〇のカウンターでも順番を待てる。
上半身がすごく左右に揺れているけど・・・(笑)
「じっとしてみよう。」
とそっと揺れを手で押さえると一応治まる。

焦ってはいるけれど
自分の買ったものがトレイにセットされるまで
そわそわ待っている。
「トレイを二個にしてください。」
と頼んだので自分の分を持って席へ。
手も洗い、落ち着いて食べることができました。
超早食いだけど。

私も急いで食べる。
昔は自分が食べ終わったら
よく走っていってしまった。

それで私も早食いになったんだっけ。
いつもいつも大慌てで早食いしないと
見失うことになるので必死だったなぁ。
今日はどうかな。

はい。ちゃんと私が食べ終わるまで待てました。

さあ
そしてお買い物。

三年前のように
カートを押してくれて
f0025201_00281518.jpg
野菜をカゴに入れてくれたり、
会計を待ったり
袋詰めをして車に運ぶまで
しっかり働いてくれました。
写真とっていい?と聞くと
条件反射でVサイン。
f0025201_00275786.jpg
落ち着いた!
小5の頃に戻れたのかな。
まだ不安はあるし
薬を飲んでいるからかもしれないけれど
夢にみた我が家なりの普通の生活。

50音表を私が手に持って
食べたい果物などを確認しながらの買い物。

急に取りつかれたように走らないし。

しあわせ。

こんな普通の人には当たり前の生活が
とってもハードルが高かった。

よかったね。ツヨ。

そうだ。
この近くに皮膚科があるんだな。
手首の自傷の噛みだこを診てほしい。
今度予約してみようか。

車に荷物を積んで
「お買い物、じょうず!」
って褒めて
二人でハイタッチしました。
ほめられて満足そうでした。

ほっとして運転席でしばし携帯をチェックしていると
ほどなく

「あっ。」

の声。

ん?と後部座席を振り返ると
こぶしを作って上にあげる
『出発進行!』
のポーズをして真剣な目で見つめていました。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2017-04-16 00:43 | 家での余暇 | Comments(2)

言葉のない子の学習方法

言葉のない自閉症児の学習について

過去にも記事に書きましたが
ツヨの場合は次の手順で行いました。

音で聞いてわかる言葉
市販の絵カードを使い、字で理解できるようにします。
おもてがバナナの絵、裏が「ばなな」と書いたカードを使います。(公文など)

         
f0025201_22221864.jpg
f0025201_22222685.jpg


① バナナの絵を見せる
② 音を確認する   先生「ばなな。」等
③ カードを裏にひっくり返してつづりを見せる
④ カードの裏を見ながらつづりを50音表で指差させる 「ば」「な」「な」
⑤ カードのひらがなをだんだんと紙で隠す 「ば」「?」「?」等。 
⑥ 最終的におもての絵を見ただけで「ばなな」と指差せるようにする
⑦ 分からなくなったらすぐ裏の「ばなな」と書いてあるほうに戻す
⑧ できたらしっかりほめる

f0025201_22231774.jpg

50音表は家の冷蔵庫にはっています。
これを使っていつもツヨと会話をします。
f0025201_22225454.jpg


何回も何回も繰り返し同じ言葉を学習します。
知的障害があるので一朝一夕には覚えられません。

つまづいたら、簡単なよく知っている単語に戻して
自信を取り戻させストレスを軽減します。

一度の授業や家庭学習で
よく知っているもの5個
まぁまぁ知っているもの3個
覚えている最中のもの2個
くらいの割合でしょうか。

この10個を毎日繰り返し覚えます。
できてきたら新しいものを混ぜていきます。
必ずできるものははずさずいくつか残します。

かつて小学校の授業参観で拝見した先生方の素晴らしいスキル。
学習のお役に立つかと思いますのでご紹介します。
若干記憶が怪しいのでツヨママのアレンジありで。
家でもたくさん学習しました。

当時「ばなな」を覚えてから数日してツヨは
キッチンに置いてあったバナナを見つけて
『バナナを食べたい』
と50音表で要求してくることができました。
コミュニケーションが成立した瞬間でした。

50音表が
『便利だな!』
ということに気づいたらもうこっちのものです。

ツヨはこの方法で知能指数20程度なのに
小5小6の二年間で100近くの単語を覚えることができました。

その前にひらがなの形を覚えること
ひらがなの音をすべて覚えること
50音の順番を覚えること

これに小1から小4までかかっています。
学校でひたすらひらがなを書き、
私がお風呂の100均の50音表で毎晩音読し、
楽しく学習しました。
これに4年間です。
あせってはいけません。
そのうち耳で音を覚え
目で形を覚え
50音の規則的に並んだ表で
音の順番を覚えました。

この方式で新しい単語をまだ少しづつおぼえることができます。
興味のあるものだけですが。

やりたいこと、ほしいものを相手に伝えられない。
それがどれほどのストレスか。
教えることを面倒がっていてはいけないと思ったのです。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2017-04-10 23:52 | おすすめツール・教材 | Comments(4)

言葉の綴りを再学習

最近、何かを訴えようとする要求の行為が多いツヨ。

そうはいってもしゃべれないので
50音表や写真で伝えてきます。

つづりをしっかり覚えていない単語も
一生けん命50音の中から
音の近いひらがなをえらんで
私に指差して目をじっと見つめてきます。

は す
え く そ ん
あ い す

えーと
えーと・・・?

そうだ
もうすぐ遠足がある。
「バスで遠足?アイスを食べる?」

と聞くと
ん!とこっくり。

何とか伝わるけれど
聞いて知っている単語
特に学校の学習や行事で使う単語
行先・交通手段等々
これのつづりをしっかり学校でもインプットしてもらおう。

記憶力はいいはず。

50音表を眺めて
『あのことばはどの字でできていたかな』
と思って困っているなら、
もう一度生活で使ういろいろな言葉を洗い出してみよう。

使いたい
伝えたい
必要だ
覚えたい

と思っているときがチャンスに違いないから。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写




# by keikototyuyo | 2017-04-08 23:32 | 中学校 | Comments(2)

え?そこでたたむんだ?! ツヨぽん。

きのうの夕方「えっ!」と固まったちょっとした出来事。

児童デイから帰ってきたツヨは毎日
ベランダに干してあるタオルを取り込んでたたんでくれます。

部屋にいっぺんに抱えて持ってきて、
床に座り込んで一枚ずつたたんで、
重ねて、カゴに入れて終わり。

これはこだわりを良い習慣にできたもので
「いつも通り」が大好きなツヨは
こういう簡単で目に見えて片付くような作業を好んでやります。

まだ少し湿っているな~という時も
制止を振り切って取り込んでしまうということはありますが、
まぁそれはしかたない。

とにかく下がっているタオルはたたんでカゴに入れるという作業が
浸透しています。

そして昨日の夕方、自分の担当を終えてホッとしていたツヨ。
残りの洗濯物を私が取り込んでいました。
私はその場で空中でたたんでベランダのカゴにいれていくタイプ。
(雑ですみません・・・)

するとタオルが二枚、朝にツヨが干してくれた洗濯ハンガーでないところに
私が移動させたものが残っていました。
ちょっと厚めのバスマットだったので別のよく陽の当るところに
移動させてあったのです。

それを見つけたツヨが慌ててベランダに出てきました。

『しまった。あれがあんなところに!』

それで怒ったりはしません。穏やかなツヨポンです。

『早く取り込んでたたまなければ!』

焦ったのでしょうね。

ハンガーから外すとなんとその場でしゃがんで
ベランダの床でたたみ始めました!
はい。うちのベランダは汚いです。

『えっ!』と心の中で叫ぶ私。

思わずその光景にびっくりしました。

普段、あまり「ダメ」と言うことはないけれど
これはダメだ!

「ツヨ。ここ(ベランダの床をしっかり指して)はバツよ。」

するとびっくりしたツヨが、
例のまっすぐなきれいな目で私の目をハッと見て
『えっ?』
しゃがんだまま見つめ合うこと数秒。
ベランダの床が汚いなんて全然わからないツヨぽん。

『だめなの?この場所はだめなのね?』
と思ったのでしょうね。

立ち上がって
なんとその場でちょっと中腰で前かがみになって自分の膝でたたみました・・・!

そのしぐさがなんと純粋でかわいらしいこと!

『世の中にはわからないことがいっぱいだなぁ。
でもママが言うんだからきっとここの床はだめなんだ。
でもはやくたたみたい。
そうだ。
こうして膝でたたもう。
ちょっとまげればいけそうだ。』(ツヨの心の声)

私はというと・・・
ベランダでたたむんだ・・・ということにまずびっくりし、
そういうことがわからないことに少し切なさも感じ、
その場で中腰で膝でたたむ姿に胸がきゅっとし、
あの、わからないことに遭遇したときの
いたいけで無垢な瞳にすっかりノックアウトされてしまったのでした。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

f0025201_22033326.jpg






# by keikototyuyo | 2017-04-04 13:36 | 家での訓練 | Comments(6)