言葉のない子の学習方法

言葉のない自閉症児の学習について

過去にも記事に書きましたが
ツヨの場合は次の手順で行いました。

音で聞いてわかる言葉
市販の絵カードを使い、字で理解できるようにします。
おもてがバナナの絵、裏が「ばなな」と書いたカードを使います。(公文など)

         
f0025201_22221864.jpg
f0025201_22222685.jpg


① バナナの絵を見せる
② 音を確認する   先生「ばなな。」等
③ カードを裏にひっくり返してつづりを見せる
④ カードの裏を見ながらつづりを50音表で指差させる 「ば」「な」「な」
⑤ カードのひらがなをだんだんと紙で隠す 「ば」「?」「?」等。 
⑥ 最終的におもての絵を見ただけで「ばなな」と指差せるようにする
⑦ 分からなくなったらすぐ裏の「ばなな」と書いてあるほうに戻す
⑧ できたらしっかりほめる

f0025201_22231774.jpg

50音表は家の冷蔵庫にはっています。
これを使っていつもツヨと会話をします。
f0025201_22225454.jpg


何回も何回も繰り返し同じ言葉を学習します。
知的障害があるので一朝一夕には覚えられません。

つまづいたら、簡単なよく知っている単語に戻して
自信を取り戻させストレスを軽減します。

一度の授業や家庭学習で
よく知っているもの5個
まぁまぁ知っているもの3個
覚えている最中のもの2個
くらいの割合でしょうか。

この10個を毎日繰り返し覚えます。
できてきたら新しいものを混ぜていきます。
必ずできるものははずさずいくつか残します。

かつて小学校の授業参観で拝見した先生方の素晴らしいスキル。
学習のお役に立つかと思いますのでご紹介します。
若干記憶が怪しいのでツヨママのアレンジありで。
家でもたくさん学習しました。

当時「ばなな」を覚えてから数日してツヨは
キッチンに置いてあったバナナを見つけて
『バナナを食べたい』
と50音表で要求してくることができました。
コミュニケーションが成立した瞬間でした。

50音表が
『便利だな!』
ということに気づいたらもうこっちのものです。

ツヨはこの方法で知能指数20程度なのに
小5小6の二年間で100近くの単語を覚えることができました。

その前にひらがなの形を覚えること
ひらがなの音をすべて覚えること
50音の順番を覚えること

これに小1から小4までかかっています。
学校でひたすらひらがなを書き、
私がお風呂の100均の50音表で毎晩音読し、
楽しく学習しました。
これに4年間です。
あせってはいけません。
そのうち耳で音を覚え
目で形を覚え
50音の規則的に並んだ表で
音の順番を覚えました。

この方式で新しい単語をまだ少しづつおぼえることができます。
興味のあるものだけですが。

やりたいこと、ほしいものを相手に伝えられない。
それがどれほどのストレスか。
教えることを面倒がっていてはいけないと思ったのです。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



# by keikototyuyo | 2017-04-10 23:52 | おすすめツール・教材 | Comments(4)

言葉の綴りを再学習

最近、何かを訴えようとする要求の行為が多いツヨ。

そうはいってもしゃべれないので
50音表や写真で伝えてきます。

つづりをしっかり覚えていない単語も
一生けん命50音の中から
音の近いひらがなをえらんで
私に指差して目をじっと見つめてきます。

は す
え く そ ん
あ い す

えーと
えーと・・・?

そうだ
もうすぐ遠足がある。
「バスで遠足?アイスを食べる?」

と聞くと
ん!とこっくり。

何とか伝わるけれど
聞いて知っている単語
特に学校の学習や行事で使う単語
行先・交通手段等々
これのつづりをしっかり学校でもインプットしてもらおう。

記憶力はいいはず。

50音表を眺めて
『あのことばはどの字でできていたかな』
と思って困っているなら、
もう一度生活で使ういろいろな言葉を洗い出してみよう。

使いたい
伝えたい
必要だ
覚えたい

と思っているときがチャンスに違いないから。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写




# by keikototyuyo | 2017-04-08 23:32 | 中学校 | Comments(2)

え?そこでたたむんだ?! ツヨぽん。

きのうの夕方「えっ!」と固まったちょっとした出来事。

児童デイから帰ってきたツヨは毎日
ベランダに干してあるタオルを取り込んでたたんでくれます。

部屋にいっぺんに抱えて持ってきて、
床に座り込んで一枚ずつたたんで、
重ねて、カゴに入れて終わり。

これはこだわりを良い習慣にできたもので
「いつも通り」が大好きなツヨは
こういう簡単で目に見えて片付くような作業を好んでやります。

まだ少し湿っているな~という時も
制止を振り切って取り込んでしまうということはありますが、
まぁそれはしかたない。

とにかく下がっているタオルはたたんでカゴに入れるという作業が
浸透しています。

そして昨日の夕方、自分の担当を終えてホッとしていたツヨ。
残りの洗濯物を私が取り込んでいました。
私はその場で空中でたたんでベランダのカゴにいれていくタイプ。
(雑ですみません・・・)

するとタオルが二枚、朝にツヨが干してくれた洗濯ハンガーでないところに
私が移動させたものが残っていました。
ちょっと厚めのバスマットだったので別のよく陽の当るところに
移動させてあったのです。

それを見つけたツヨが慌ててベランダに出てきました。

『しまった。あれがあんなところに!』

それで怒ったりはしません。穏やかなツヨポンです。

『早く取り込んでたたまなければ!』

焦ったのでしょうね。

ハンガーから外すとなんとその場でしゃがんで
ベランダの床でたたみ始めました!
はい。うちのベランダは汚いです。

『えっ!』と心の中で叫ぶ私。

思わずその光景にびっくりしました。

普段、あまり「ダメ」と言うことはないけれど
これはダメだ!

「ツヨ。ここ(ベランダの床をしっかり指して)はバツよ。」

するとびっくりしたツヨが、
例のまっすぐなきれいな目で私の目をハッと見て
『えっ?』
しゃがんだまま見つめ合うこと数秒。
ベランダの床が汚いなんて全然わからないツヨぽん。

『だめなの?この場所はだめなのね?』
と思ったのでしょうね。

立ち上がって
なんとその場でちょっと中腰で前かがみになって自分の膝でたたみました・・・!

そのしぐさがなんと純粋でかわいらしいこと!

『世の中にはわからないことがいっぱいだなぁ。
でもママが言うんだからきっとここの床はだめなんだ。
でもはやくたたみたい。
そうだ。
こうして膝でたたもう。
ちょっとまげればいけそうだ。』(ツヨの心の声)

私はというと・・・
ベランダでたたむんだ・・・ということにまずびっくりし、
そういうことがわからないことに少し切なさも感じ、
その場で中腰で膝でたたむ姿に胸がきゅっとし、
あの、わからないことに遭遇したときの
いたいけで無垢な瞳にすっかりノックアウトされてしまったのでした。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

f0025201_22033326.jpg






# by keikototyuyo | 2017-04-04 13:36 | 家での訓練 | Comments(6)

ショートステイを機にやめてみたこと

つづきです。

二泊のショートステイを機に
ここ数年続けざるを得なかったことをやめることにしてみました。

それはひたすら何時間でも続けるiPadの高速スクロールです。

6年ほど前iPadを買って使い始めたとき、ツヨは動画を観たり、
簡単なゲームをしたり、
トーキングエイドのアプリを使うことを楽しんでいました。
パソコンのマウスを使うより、iPadの操作はとても簡単で
余暇として活用することができていました。
キーボード操作はできないので検索することはできませんが。

ところがいつのころからか
(ちょうどこだわりが強迫的になってきた頃か)
右へ左へスクロールして
アイコンと呼ばれる画面上にたくさん並ぶ小さな四角い絵のマークが
流れていくのを興奮しながら食い入るように見る
という動作にハマってしまいました。

結果、動画を観たり、トーキングエイドを使うことが
すっかりできなくなってしまいました。
すごい速さでずっとスクロールし続けるのです。
顔を画面に10㎝くらいに近づけて。
一時間でも一日中でも。

生活の一連の動作の中にそれは組み込まれていて、
朝の儀式をした後、学校から帰って一通りのことをした後、
夕食後、入浴後と続き、
ベッドに行くときに充電コードにさして自分から終了します。

問題は目に悪いこと、指が少し変形してきたこと、
流れる画像を見続けることが何か興奮剤のようなものに
なっているのではないかということ。
余計に気持ちを興奮させているのではないかと。

できることならやめさせてみようか。
実は本当は当人も飽き飽きしているのはないか。

当初は
「必ずやらなければ気が済まないもの」
でした。それが二年経っていつのまにか
「あるからやっているだけで、なければやらないという程度のもの」
に変化しているのはないだろうか。

二泊三日は時間的にも環境的にもそこそこ家の習慣から離れているので
切り替えのチャンス。
思い切って隠すことにしました。

以前なら、引き出しをあちこち開けてヒーヒー言って
50音表で「あいはと」
と何回も何回も要求してきました。
執着していたのです。



今回はというと・・・
ショートから帰ってしばらく探したり、以前よく私が隠した棚を開けたり、
50音表で「あいはと」と要求してきました。
「ないよ。」
とほがらかにしれっと言うと
『え?』
というきょとんとした顔で何秒か見つめ合ってしまいました。

『・・・』
見つめ合うこと数秒。

そして
『どうもないらしい。』
と立ち去るツヨ。

何分かしてまた50音表へ。
ツヨ「あ・い・は・と」 (少し発語できます)
私「ないよ。バイバイ。」
ツヨ『どうもないらしい。あっそう。』

そんなやりとりを数回繰り返し、
3日目にはまったく要求してきませんでした。

注意深く様子を見ていると、イライラしたり手持無沙汰な様子はありません。

スクロールしていた時間は、その時も同じようにつけていた
Eテレを観て、踊ったり眺めたり、ソファーに寝転んだり、
私のところに甘えにきたり、くつろいで過ごせています。

何かから解放されたツヨに
当たり前の余暇が戻ってきたのかもしれません。

以前DSを与えたときも狂ったようにハマってしまったことがありました。
 
この子にはそういう傾向があるのかもしれません。

この先も電子機器を与えることはないと思います。
刺激が強すぎるのかもしれませんね。
画期的なコミュニケーションアプリでも開発されれば
使うかもしれませんが、
紙をラミネートした50音表で今のところ十分です。

健常児だって大人だってそうですが、
ゲームやアプリ、そしてゲーム機やケータイやiPadそのものに
人はどうしてもハマってしまう性質を持っているのではないか?
電子機器とはあえてそういうふうに作られているのでは?
と思ったりします。

自分でうまくコントロールできればいいのですが、
こういう子たちには刺激の強いものは時に与え方を考えて、
人生の大切な時間がどんどんこぼれ落ちていかないように
気をつけなければと思います。
親は楽かもしれませんが。
またそういう刺激に頼らなければやり過ごせない時も
どうしてもあると思います。

ツヨはショートに行くときにiPadを持っていかないことで
スタッフさんとお散歩に行ったり
ホットケーキを作ったり
過ごし方に彩りが戻ってきました。

誰かと何かをすること
いろいろな音楽を聴いたり本を読んだり
からだを動かすこと
外に出て景色を観たりすること
新しいものに出会うこと
そういうことを家族で大事にしていきたいなと
そんな風に思いました。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

f0025201_22033326.jpg










# by keikototyuyo | 2017-03-31 14:06 | 家での余暇 | Comments(6)

僕のピザ

ショートステイ二泊から帰ってきて
ツヨは落ち着いています。

ショート一泊目は、昼間ドミノピザで自分で作ったピザを夕食に。

ショートのスタッフさんが写真を撮っておいてくれました!
いい記念です。

f0025201_23085800.jpg


トッピング、てんこ盛り。

ズシリと重かったそう。

ペロリと食べたのでしょうね~・・・

小学校の宿泊で生地からピザを作っているので
『あれか。』
と思ったでしょうか。
楽しく作れたかな。

翌日は一日ショートで過ごしたので
近くのスーパーにお買い物に連れていってもらい、
ホットケーキミックスと
バナナとアイスを買ってきて
ホットケーキを焼いて食べたそうです。

でもバナナとアイスへの思い入れが強すぎて
ホットケーキを焼く前に
食べてしまったとのこと。

ホットケーキにトッピングしたらいいよね~
とスタッフさんは思っていたとしたら、
あらら!とびっくりしたでしょうね。

これ!というこだわりには絶対妥協はしないので
あ、そうきたのね
とこちらがあきらめるしかないことも
たくさんあります。

それでも落ち着いて買い物ができたり
場所を行ったり来たりする繰り返し動作の
こだわりが今のところ和らいで
それなりに穏やかに生活できているのが何よりです。

こだわりは少しずつ形を変えていくようです。
ずっとこのままの感じでいかれますように。

最近とても穏やかです。
今日は夕方、げらげらっと笑いだしました。
ツヨはとても楽しそうに笑います。
Eテレをつけていたので何か面白かったのか
ただ気分がよかったのか
思い出し笑いか。

そうそう。
この二泊を機に一つ変化を加えてみたことがあります。

この数年間ずっと続けざるを得なかったことを
やめることにチャレンジしました。

長くなりますので、その話はまた・・・。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写





# by keikototyuyo | 2017-03-29 23:11 | 外出 | Comments(5)

寸分たがわず毎日繰り返す

ツヨは明日までショートステイ。
明日はゆっくり寝ようっと。
いつも朝方、ツヨはガバっと飛び起きます。
早い時は6時くらい。
学校にいくのは8時半。

ガバッっと飛び起きてまず自分の部屋のカーテンを開け、
夜ではないことを確認すると
トイレに行って、着替えて、
パジャマを洗濯カゴに入れて、
リビングのカーテンを開けます。

そして冷蔵庫を開け、朝ごはんの内容を確認。
夜の残り物があるときはそれ。
ない時はソーセージや目玉焼きを
食べるつもりになって待っています。

私の部屋のドアを何回かバタンと開け、
『まだか。』
と就寝を確認。

そして私を待つ間は、なぜかソファの背もたれの背面に
頭をつけて床にうつぶせで待ちます。
座る側ではなく裏側です。
部屋の真ん中にソファがあるので。
ソファの背中にT字の形です。
床暖房を予約しておくので寒くはありません。

6時半ごろになると
もう一度私の部屋にバタンとやってきて
「あ!」『起きて!』
そして私のトイレから着替えから朝ごはんの支度、
コトを起こしに行くところまでずっとそばについています。
ご飯をよそえば、さっとふりかけを出す。
味噌汁を作れば、さっと豆腐を出す。
レタスを出せば、さっとトマトを出す。
ドレッシングも出てきます。
おかずをお弁当用に多い目に作ると
さっと指差して
『それはなんだ。』と。
わかっているけれど毎朝聞いてくる。
「コトのお弁当だよ。」
といつもの言葉を返す私。
ペットボトルの野菜ジュースがなくなれば
洗って剥いで、新しいものを持ってくる。

猛烈な勢いで朝食を食べ、
すぐに
歯ブラシをくわえてやってくる。
そしてトイレ。
いつものテレビをつけて
いつものiPadスクロールをして
薬をすばやく飲んで
袋を細かくちぎり、
洗濯もののタオルを干して
Eテレを観ながらバスの時間がくるのを待つ。

動作に少しの狂いもなく
毎日毎日繰り返します。
さそがし疲れるだろうと思います。

それが明日はお休み。
私も自分のペースで生活できます。

いつもは私がダメ人間にならないように
ツヨが見張っていてくれているのかもしれません。

でもたまにはお休み。

ツヨもお仕事から解放です。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写

f0025201_23495098.jpg




# by keikototyuyo | 2017-03-27 00:16 | こだわり | Comments(6)

ピザ作り体験とショート二泊


今日からツヨは二泊でショートステイ。
今日は夜まで私の用事があるためと
明日は少し遠方での親戚の披露宴のため。

いつも泊まるところだし、
二泊も何回かしたことがあるので
大丈夫でしょうが、
心配性なのでどうしてもどきどきしてしまいます。

本人はルンルンで出かけていきました。

しかも今日はドミノピザの手作りピザ体験に
児童デイが連れて行ってくれるイベント。

ピザ大大好きツヨ。
興奮するかな。

トッピングのせ放題なので
食べ過ぎだけが心配・・・


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写

f0025201_23495098.jpg




# by keikototyuyo | 2017-03-25 11:51 | 日常生活 | Comments(2)

どんどん忘れていくけれど

小学校一年生の一学期の記事を読み返していたら
こんなことが書いてありました。

<ツヨの学校での前期の目標は、

1.「自分ひとりでできることを増やしていく」
2.「「ください」などの要求を、カードや身振りで伝えられるようになる」

のふたつです。

こだわりを減らすとか集団生活に慣れるとか、
挨拶ができるとか、読み書き計算ができるとか、
待つことができるとか、我慢ができるとか、

できたらいいなーっと周りが思うようなことは、
ツヨの目標ではありません。

そんなことは、自然に後からついてくるのを、
気長~に待つのみです。

でも先生が上げてくれた二つの大事な目標は
できたらいいなでは済まされません。

この二つに尽きると思います。

将来のために最低限できてほしいこと、
それを確実にしていくことを、
見失ってはいけないと思うのです。>

ということでした。
まぁ、こんなことを書いていたのですね。
自分で書いていても細かい部分は忘れていることが
たくさんあって
本当に私が書いた?
と思うこともあるけれど
その時その時
最善を考えて
それをひたすら繰り返してきています。

そして自分で書いておいて忘れてしまうので
こうやってブログに残しておいて
本当によかったと思うわけです。
温かいコメントもたくさん残っていて
すべて大切な宝物です。

そうして忘れてしまえる分、
どんどん前へ進んでいけるのではないかと
自分で自分を分析しています。
まったくほめられた話ではないですが・・・



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ



禁複写




# by keikototyuyo | 2017-03-21 14:19 | 自分のこと | Comments(2)

穏やかな道のり

深く考えるといろいろ心配になるので
ある程度の予想だけしておいて
あとはぼんやりとしておきましょう。

今の生活を楽しむことが大切ですね。

そしていつかずっと先
ツヨも親と一緒にいるより
自分と同じ年代の人たちや若い人と過ごすことを
楽しいと感じる日がくるかもしれません。

年老いたママと一緒に毎日過ごしても
あんまり楽しくないかも。(笑)
(注:ずっと先の話。今は元気でまだそこそこ若いです~)

今からいろいろなところとつながりを持って
ツヨのことを知ってもらっていれば
きっと現実にはいろんなことがぶつ切れ状態ではなくて、
自然とつながって
なだらかにお互い年を重ねて
福祉の手も差し伸べられてくるのではないでしょうか。

孤立してしまわないことが大切です。
ここにいますよ~
と周囲の誰かに知ってもらうこと。
心を開くこと。



もうすぐ桜の咲く季節ですね。

新しいスタートを切る方も多いことでしょう。

人生が彩にあふれ
それぞれの道が穏やかに続きますように。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ



禁複写
# by keikototyuyo | 2017-03-17 23:12 | 息子の将来 | Comments(3)

このまま時がとまってしまえば

ああツヨぽんは幸せかな

いつまで一緒にいられるのかな

このまま時がとまってしまえばいいのにな



だめだめ

今までも
今も
学校の先生たちはみんな

この子たちを少しでもいいように
育てようとしてくれているのだから

親がそんな弱気じゃだめだ




でもあと10年くらいしたら

本当に時がとまってしまえばいいのにな

私がね
ずっと一緒にいてあげられればいいんだけど



そんな風に思うときもある



10年後に

「楽しかったね」

「幸せだったね」

って言えるように

「10年前にこんなこと言っているわ
弱かったわねぇ」

って言えるようにしよう



f0025201_23465984.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

# by keikototyuyo | 2017-03-13 23:52 | 泣き言 | Comments(6)