<   2017年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ぼく ボーリング やりたい 

ツヨがボーリングに行きたいと言い出しました。
言い出すといってもしゃべれないので
投球台から転がすポーズをやって見せるのです。
こう、ばんざーい!みたいなポーズ。

ある日テレビをつけたらボーリングをしているシーンで
目がキラリと光り、その数日後
「あっ。あっ。」
と何か訴えてきて
例のポーズを披露しました。
あまりにかわいくて
「いいよ。行こうか。」
と言ってしまった。

今までに5回ほどやったことがあります。
ガーターなしで投球台を使ってですが。

靴を借りたりお金を払ったりしている間も
気が焦って5倍速で落ち着かないんだろうな。

投球台のセットも補助が必要だし
私はずっと動き回ることになる。
ダイエットにいいか。
モノレールに乗せるのも久しぶりでどきどきだし。

まさかのコトが
「あたしも行こうかな。」
なんて言うので
学校が開港記念日で二人ともお休みだったら一緒に行ってもらおう。
大人(?)が二人いるとお世話が少し楽なので。

ツヨはボーリングの何が楽しいって
ピンがバラバラバラと倒れる様と
倒れたピンがガーッとお掃除されていく様を見るのが好き。

ぴょんぴょん跳びあがって大喜び。

行ってみますかぁ・・・


f0025201_21420734.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写









by keikototyuyo | 2017-05-31 00:12 | 外出・余暇 | Comments(2)

子どもの不安定さの度合いを親が理解すること

昨日の朝。
ツヨは5時に飛び起き、私が寝ている間に着替えてしまい、
靴下の着脱の様子を見届けることができませんでした。

でも、洗濯物を入れるカゴにほんの少し履いた靴下が一枚、ふわりと載っていました。

ツヨが学校に出かけてから、そっと洋服ダンスに戻しました。

自分で独自のルールを作って、密かにコツコツとノルマをこなしていく様子を
静かに見守っています。

危ないことや皆の生活に支障をきたすことは注意しますが、
自閉症児にとってこだわりは心の安定剤。
一つ一つこなしていくことで、えも言えぬ安心感を感じていることは間違いないです。

エレベーターに何時間も乗るとか、
来た道を何度も行ったり来たりするとか、
来ていた洋服を脱ぐことができなくなるとか、
偏食が酷いとか、
一口食べては洗面所へ走って行くとか
そんなこだわりもありました。

夜中に笑ったり騒いだり、
身体が思うように動けなくなってお風呂もトイレも行かれなくなるとか、
家から外へ出られなくなったこともありました。

トイレットペーパーをからからからから・・・たくさん詰まらせました。
水もジャージャージャージャー・・・たくさん流しました。

心がずっと騒いでいるのです。

こだわりは変遷しましたが、今でも根本的には同じです。

でもどんなときもツヨは自分がしていることはよくわかっていました。
どうもよくないことだなということも、私の困惑した表情も。
あふれたトイレを掃除するときに古いバスタオルを床に敷き詰めながら
「無心になれ。私。」
と言い聞かせてもくもくと掃除をする横顔も。

だからといってやめることができないのがこだわり。
やめてと言ってやめられるくらいなら医者も薬もいらないのです。

自閉症は治りません。
おそらく薬はずっと飲み続けるのでしょう。
これについては個人差があります。

でもあまりに苦しんで生活をするのなら
お母さんの曇った顔を見続けていかなければいけないのなら
時に薬も必要だと私は思っています。

もっと学習させるためとか、学校の教室から出て行かないようにするためとか、
大きな声を出さないようにするためとか
そんなことのためには使ってほしくないですが。
そこは先生の力量や住環境の問題かなと思います。
我が家はまだ防音マットを敷いています。
夕方から寝るまではごきげんで大きな声を出すので窓も開けません。
慣れたファミレスでは静かに過ごすように訓練できていますが、
時に大きな声を出した時は
「シー!!」
と怖い顔で叱ります。

夜眠れて、家から外に出られて学校や療育でその子なりに一日頑張って、
家で趣味やこだわりを存分に楽しんで
からだを清潔に保てるだけの本人の精神の安定が保てればそれでいいのかなと。

薬も飲まず、母親も困らせることなくにこれらのことができているのなら、
そもそもお子さんは安定しているタイプであるし、
何か原因や突発的なことがあって不安定になるお子さんもいるし、
ツヨのように朝起きてから寝るまで全般的に不安定な子もいる。
よそのお子さんと比べないで、わが子にあった対応ができるといいですね。


f0025201_21420734.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写









by keikototyuyo | 2017-05-26 11:21 | 受容 | Comments(4)

謎の洗濯物・・・

最近、ツヨの洗濯物を取り込んでいると
なぜか靴下が三枚。

両足分ともう一枚、ということです。
足が三本?
そんなわけはない。
謎だな…と思っていました。

今朝ツヨが起きてきて、ふと足元を見ると
靴下を片方だけはいています。

ん?と思ってそっとしておくといつのまにか両方はいています。

おやおや?

学校に行ったあと、もしかして・・・!
と思い、これから洗濯物するものを入れるカゴを見ると
ほんの少ししか履いていない様子の靴下が一個ぽつんとのっている。

推理はこうです。

ツヨの靴下は青、赤、緑とそれぞれ線の入った三種類の靴下。
同じ色を左右でセットにして履くことはもちろんできています。
そして彼の中で好んで履く線の色がおそらく決まっている。

数日前の朝、その色の靴下が一枚行方不明で片足だけ履いて部屋から出てきました。
「こっちにしてね。」
と違う線の色のものを勧めるとすんなり取り替えていました。

その残像を毎朝再現しているのではないかと。

朝、片方履いて、一度リビングに出て、
すぐに自室に戻って違う色を履きなおす。
そして脱いだものは洗濯かごに入れるという習慣があるので、
ほんのちょっと履いた靴下をそこへ入れる。

結果、ベランダにはツヨと正反対に何のこだわりもない
無頓着な母がのんきに洗濯をした
三枚の靴下が風にゆれる、と。

明朝、推理を検証します。


f0025201_21420734.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



by keikototyuyo | 2017-05-24 21:35 | こだわり・常同行動 | Comments(0)

走る ぼくは今ここにいる

今の学校での運動会も三回目。
ツヨもすっかり進行に慣れて
彼なりに楽しめたかな。

徒競走は・・・

幼稚園から今までの運動会、歩いてしまう年もあって
パパとしては走らせたい。

今年は中三。
中学部で一年生から学年順・速さ順に走っていく中、中三の最終組。

(もし全力疾走したら)結構早いんだものね。
体育の得意な先生に
ツヨくんは体のつくりも運動能力も非の打ち所がないですよ
と昨年度ほめられたの嬉しかったなぁ。

さあ、同じくらいの速さの同学年男子でそろってスタートラインに立ちます。

そうそう
パパがスタート地点で
「ツヨ!走れ!」
と一生懸命やる気スイッチを鼓舞していました。
それを見たツヨ。
スタート前にケタケタ笑って猛烈にスタートしました。
あはは!まだだよ!
先生に引き戻され、もう一回。

よーいドン!

本番もこぼれるような笑顔で走ってきました!

あはは

あはは


風を切るツヨの体が躍動していました。

今日は思い切り走っていい日。

周りのお客さんもみんな楽しそうに手を叩いている。

同じ学年の足の速いお友達が前を走っていたので
そのラインをきれいになぞって走ることができました。

一緒に観ていた学年一個下のママ友がそのことに気づいて
私に教えてくれたのです。

そういえば小学校のとき、とても達者で素直で素敵な級友がいました。
彼をじっと見て真似をすることで、
拙いながらも本当にたくさんのことができていました。
模倣の得意なツヨはいろいろな道筋を彼に見せてもらいながら
本人なりに真似をして過ごしていたのです。

そして今日は、グラウンドにきれいに弧を描きながら
お友達の後ろを笑顔で走っている。

自閉症の子の目にいろいろなものがどんなふうに映っていて、
その体は私たちにとって当たり前のこの世界をどう感じているのか、
想像するのはなかなか難しいことです。

人生は長い。

学校に通える子どものうちにたくさん楽しい思い出を作って
健康な体を作って。

今日も一日、楽しかったなと
明日もきっと楽しいはずと
そう思って夜、眠りについてくれるといいな。

ひょっとしたら風をきって走る夢をみているかも・・・



あはは

あはは

ごーごー

かぜのおとがする

まえをはしる彼のあとをついていけばいいんだ

よーし

ぼくもはしれるぞ


ぼくはいまここにいる


f0025201_02302309.jpg




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写









by keikototyuyo | 2017-05-21 21:48 | 中学校 | Comments(9)

走っていい日

ツヨはよく動きます。
動きも早い!
学校でツヨを見かけたお母さんが
「廊下や教室を走ってたよ〜。」
と教えてくれました。(汗…)

「あちゃー、人の三倍速なんだよね 。」
と言うと
「三倍? いやもっと...(笑)」
ですと。あはは。
朝の着替えやお仕事をこなすことで
気持ちが前へ前へと焦っているのです。

ちなみに人にはぶつからないようにギリギリにうまくよけていき、
(だからいいというわけではないですが)
跳んだり跳ねたりではなくて短距離選手のように
軽やかにいいフォームで走ります。
脚の筋肉も鍛えていないのにいい感じ。

明日は運動会。
競争は意味が分からないけれど
早く走ると唯一皆さんに拍手で褒められる日。

どうか走りますように。
頼みます...!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写




by keikototyuyo | 2017-05-19 07:50 | 中学校 | Comments(2)

見張られている?!

少し更新が滞ってしまいました。
毎日のぞきにきてくれている皆さん
ごめんなさい。

エネルギーが低下して
元気がないとき
皆さんはどうしていますか?

私は悩みます。
あれもやらなきゃこれもやらなきゃと。
力が湧いてくるのを待つしかないのは分かっているのに。

そしてある日
そんな悩んだ気持ちをすっかり忘れて
大事なことも雑用もバンバンこなしていく元気人間になっています。

さて
ツヨはというと
つねに元気人間です。

最近は片付け魔となっていて
物を所定の位置に戻すことにこだわっています。

私がテレビのリモコンを置くと
ビデオのそれと一緒にさっと2本揃えて並べる。
読んでいる途中で本を置けば
他の本の上にさっと載せて整える。
コーヒーを飲み終わると
さっと流しに持って行って水をはる。
イスから立ち上がればきちんとイスを入れてくれる。
ペンを使い終わるとさっとペン立てに入れてくれる。

おかげで我が家のリビングはいつもすっきり。

f0025201_22533417.jpg

よいことばかりではなくて
使ったフォークも引き出しにしまってしまったり
書類を出しておくと
私がしまいそうなところにいつのまにか
しまってしまったり
出かけに玄関に置いておいたケータイがなくなっていて
リビングの充電器に収まっていたり
焦ることもあります。

その時ははっきり注意するので
まぁまぁ大事件にはならないで
役に立つ片付けに誘導できているかな。

このこだわりが今までの中で一番役に立つこだわりかも。

私がおもしろくなってきてしまって
トイレから出る時にわざとドアをしめずに
電気も消さずに去ると
さっとやってきてドアをしめて電気を消してくれるので
『お、近未来の自動仕様の家だな。』
と楽をさせてもらっています。

ツヨの様子にも切羽詰まった感じや
苦しそうな様子はないので
今のところこだわりを楽しんでいるようです。

あちらの都合にもうまく合わせていくように
早めに行動して気持ちに余裕を持つと
お互いにイライラしないで少し楽に生活できるのかもしれません。

不要なところで叱らない。過度にほめもしない。
穏やかに付き合う。肯定されているという安心感は
人の心にとってとても大切。
こだわりはツヨの心の安定剤だから。

ご飯を食べている時に真横に立って
真面目な顔で片づけを待たれると
少し落ち着かないけれどね~・・・
「やめてくださいよ。」
と笑って言うと
「むひひひ。」
とツヨも笑って床でゴロゴロしたり
私に甘えてきたりします。
そんなにずっとママを見ていろいろ見張ってごくろうさん。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



by keikototyuyo | 2017-05-14 22:54 | こだわり・常同行動 | Comments(7)

健康で虫歯なく

最近のツヨはEテレこだわりで
常にチャンネルがNHKのEテレ・・・
えーただいま能を見ております。
なんとなく癒されるけれど。
若干渋すぎる。
家の中に
「イヨー~!」
というテレビの中の演者のお声が心地よく響いております。

おそらく民放のチャンネルと違って
たいがい耳に心地よい雰囲気の番組をやっているから
かもしれません。本能的に分かっている。
ドラマもバラエティも民放は刺激が強すぎるのかな。
いい番組もあるんだけどな・・・

最近のツヨです。

f0025201_15230067.jpg
f0025201_15213515.jpg
f0025201_15221045.jpg
161㎝くらい。
体重は50㎏くらいかな。
下を見て歩くので少し猫背になってきてしまいました。
「背中をまっすぐにして。」
とヨイショと伸ばさせてみても
なかなか意味が飲み込めないので矯正は難しいかも。
下を見て歩く限りしょうがないです。
おそらく路面の模様などがいつも通りか
確認しているのではと思われます。
自分の歩くいつものラインが見えているのでしょう。

肩幅が広くて結構がっしりしています。
生まれた日から骨が太くて、双子のコトとの違いが明らかでした。

前回栄養のことを少し書きましたが、
栄養の摂りすぎもよくないし、もちろん肥満はさせられない。
成人病になってしまったら病院で治療を受けることが
なかなか難しいでしょうから
「健康で虫歯なく」
が我が家の密やかなモットーです。
そう思っていても悲しいことに病は向こうからやってくることもありますが。
ささやかにでも気をつけていきたいです。

歯はそれこそ治療がなかなか困難なので
乳歯のころから歯磨きを私が頑張っています。
毎晩100数える間にブラッシング。

この「100数える間、待つ方式」には助けられています。
歯磨き、バリカン、歯が抜けたときや鼻血のとき
怪我をして血が出たときなどは
ティッシュで私が押さえる間ちゃんと待ってくれます。

注射のときも10数えたり、早食いの途中で10数えるあいだは箸を止めたり
お風呂で背中や足の指の間を洗うのを10回往復したりいろいろ多用しています。
数えるのは全部私ですが、ツヨも心の中や体でリズムを取っているのがわかります。

鼻血の時は寝かせて100数えるのですが、ふとツヨの足の先を見ると、
私の声に合わせて
『いーち、にー、さーん・・・』
と足先がピコピコ動いているのです。たまりません。

そして最後時間が足りなくなって、
きゅうーうじゅうーいーーーーちーーーー
とゆっくりにしても
穏便に受け入れてくれるいいやつなのです。

ひゃく
で飛ぶように走って去っていきますが。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



by keikototyuyo | 2017-05-07 15:37 | 病気・病院・予防接種 | Comments(5)

たくましくなる身体

ツヨの農園芸班が始まりました。

最初は、活動する教室が昨年度の教室とは変わったので、
いったんそこへ行ってみて、それから新しい活動教室へ移動したそうです。
一つ一つ確認して
「新しいことを始めよう」
と心の中を整理しているのかもしれません。
そのあとは活動の説明を受け、
さらに見通しをつけて、もしかしたら
『やるぞ。』
とやる気すらわいてきているかもしれません。

二日目は元の教室にはいかないように
先生からも行先を示してもらい
畑に出て雑草抜きなどを一生懸命やったそうです。

足が泥んこになって帰ってきました。
顔もたった一日で精悍に日焼けしてびっくりしました。
きっとおなかも空くことでしょう。
夕食の量を少し増やすことにしました。

栄養表を探して、必要なたんぱく質などの量をしっかり確認しています。
ツヨ、パパ、コト、ママの順に必要摂取量が少なくなっていきます。

現時点で4人の中でまだ背が伸びるのはツヨだけ。
不思議な4人の関係です。
子ども扱いしないでしっかり食べさせないと。
お腹がすいているのはかわいそうです。
お茶碗は変えず(というか変えてもらえず)
ご飯を山盛りにすることにしました。

こうなったら私がおんぶしてもらえるぐらい
大きくなってみたらどう?



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写








by keikototyuyo | 2017-05-04 23:22 | 中学校 | Comments(2)