<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

自閉症の子とどうしてうまく暮らせないのか

自閉症の子とどうしてうまく暮らせないのか。

その原因の一つは子どもを怒らせてしまうから。
子どもが怒ると親もイライラする。
どうして自閉症なんだ!自閉症なんてもう嫌だ!と思う。

すると子供もまたつらい気持ちになる。
どうしてお父さん、お母さんは分かってくれないの?
ぼくの私の気持ちはこうなのに。

甘やかすのではなくて、
子どもが怒らないように、先手先手に出る。
こういったらこうなるだろうな、と想像を働かせること。
幼い時からの過不足ない視覚支援は必須です。

出かける時に行先を知らせたり、いつも通りの荷物を用意しておく。
急がせないように、早めに出かけられるように10分早く起きる。
夕方は子どもは疲れてしまうので、無理をさせない。
発達年齢に見合った外出をする。
もし最低限適切にふるまえないのなら、公共の乗り物に乗るには徐々に訓練をする。

伝えられない声を想像する。


『これからどこへいくの?』
『どうしていそがなくちゃいけないの?』
『どうして寄り道するの?僕は予定が済んだら家に帰りたいのに。』
『この間は、これはいいって言ったのに、どうして今日はダメなの?』
『家の中に触っていいものと、触ってはいけないものがあるの?わからないよ。』
『夕方になると、おなかはすいたし、眠いよ。あれやれこれやれって言わないで。』
『今はパソコンにお母さんを取られたくないよ。後にしてほしいな。』
『明日の予定がわからなくて落ち着かない。でも教えてって言えない。』

自分の子の独自のルールが少しわかってくれば、
しめたもの。
不安だからパニックも起こるのですから。

まぁ、私が言うのもなんですが。
でもツヨは極端な例ですが、一つ一つを見るとよくある自閉のタイプです。
どこか少しでも参考になる部分があれば。

思春期に荒れるのはしかたない。
健常の子だって荒れるのですから。

幼い時からの積み重ねが勝負。親のやり方のまずさで怒らせない。

こちらがルールを守れば、
もともとあちらは律儀にルールを守ってくれる人たちが多いのです。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


先生に言われていたチャレンジは成功でした!
その話は、また。

小1の春。学校の花壇作り。小さい~。
f0025201_21451230.jpg

by keikototyuyo | 2015-08-29 21:30 | 家での教育・しつけ | Comments(7)

最近のツヨ

夏休みは児童デイのビニールプールでたくさん遊ばせてもらいました。
しかし体の大きさが何歳までできるのだろう・・・
ま、いっか。高校生だろうが何だろうが。

プールが小さかろうが何だろうが、水に入ると気持ちがリラックスするようです。



さて、今日から学校。
朝、ルンルンでスクールバスでGO!

いつも通りの場所や道なら落ち着いて行くことができます。

今日からチャレンジしてみましょうと、
先生に言われていたことがあって、
15時に帰ってきて連絡帳をみるまでドキドキです。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_11551138.jpg

by keikototyuyo | 2015-08-26 11:42 | 福祉・教育・社会 | Comments(7)

ずっと一緒にいられればいいのになぁ

明日はツヨは一泊のショートステイです。
1,2か月に一回くらいのペースで利用しています。

一泊しかできないので、送っていってそのまま買い物などしていると
あっという間に時間が経ってしまうけれど、
夕方の食事時から布団に入るまでの世話を一日でも人に頼めると、
少し緊張した毎日から解放されます。

最近は家の中の往復と奇声が激しく、
数えもしないけれど、トイレと洗面所とリビングの往復は一日中、
100回くらいしていると思います。

普段はソファーにだいたい座っているものの、
食事やお風呂の動作の切り替わり時に、激しく往復します。

一口食べては洗面所へ走って手を洗い、トイレで出ない小を絞り出し、
食事中だけで10往復くらい。

見ていて気の毒です。

落ち着かないんだろうなぁ…



でも何もすることがない時は、
こちょこちょしてとジェスチャーをしながら
私のそばでゴロンと寝転んでくつろいでいるので、
その時はできるだけ笑顔でゆったりと過ごすようにしています。

人差し指と中指でこちょこちょジェスチャーしながら笑顔を向けてくる。
曇りのないまっすぐな目で。『こちょこちょして』と心の声でささやきながら。


ショートステイで、家の中ではこだわりになってしまっている定位置の往復から解放されるのも
よいかもしれません。

だましだまし。

言葉が悪いかなぁ。
でも正解はないからね。

こうやって何年も不思議と過ぎてきているなぁ。


ゆったり二人で過ごすときは、
このまま大きくならないでずーっと一緒にいられればいいのになぁと
まだ少し私より小さい体をさすりながら思います。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ
by keikototyuyo | 2015-08-21 23:38 | 自閉症の息子のこと | Comments(3)

トイレットペーパーの大量流しこだわり 終息

トイレットペーパーの大量流しこだわり
の記事が6月23日。

一か月半か。

そもそもたいして用も足さないのに、一日に何度もトイレに行きます。
20回は行っています。帰ってきて、すぐまた行くのです。
せめてペーパーにはこだわらないでほしい。

あの後、まずはストックのロールの数を少なくして一個だけ
戸棚に入れました。
すべて隠してしまうと余計にこだわる可能性があったので。
それでも一気にちぎって流すので、トングと洗面器の出番は終わりません。

少ない巻きのトイレットペーパーが売っていないものかとふと思ったものの、
そんなものは見たことがない・・・

そこで、使い終わった芯にペーパーを巻いたものを
ホルダーとストックにおくことにしました。
ロールを使い切る感覚にこだわっているので、
少ない量でも使い切る感を味わえればいいのではないかと。

しょっちゅうトイレに駆け込むので、そのお手製のロールが何個も必要でした。

来る日も来る日も、ツヨの使い切った大量の芯に私がこっそりペーパーを巻く作業が続きます。

最初はうまく巻けなかったその作業も、日に日に早くなるもので、
これが早くなっても誰もほめてくれないなぁと思いつつ、
早いな、でも雑だな、ま、いいか、と心の中で独りごとを言っておりました。

そんな不細工なペーパーでもよしとして律儀に何個も使い切ってくれたツヨ。

いつの間にかちぎるこだわりがなくなり、使い切る感触のこだわりを思う存分
飽きるほど味わったように見えました。
そこで、恐る恐る、中ぐらいの巻のロールをホルダーにつけてみると、
使い切らないでトイレから出てくることができました!

そしてついに先週、大きいロールを普通に必要な分だけ使ってトイレから出てきました~。

(ちなみにこの間、コトも苦労しました。
入るたびにペーパーがないのですから・・・
ペーパー持参でトイレに行かないといけないわけで・・・)

(それと、途中私の注意が途切れ、娘が使った後に大きいロールをつけっぱなしにしてしまい、
トイレが池みたいになったことが2回ほどありました・・・)


ペーパーこだわりはいつか再燃するかもしれないけれど、なったらなったでその時また考えます。
こだわり行動の強い自閉症の人の中には、ペーパーにこだわる人が多いそうです。
トイレの度に一枚一枚切れているタイプのものを介助者が適量手渡すなどの対応もあるそうです。
トイレットペーパーの普及前によくあったタイプのもの。

刺激を少なくする。(この場合、少ない巻きのものを与える)
叱らない。飽きるまで待つ。
エスカレートさせない。
こちらがこだわりをおぜん立てしない。(親のほうに終わらせる気がなくなってしまう等)
終息の時を見逃さない。(自閉症児だって飽きることもある)

首尾よく終息したから偉そうに言えるわけですがね。



ふう・・・





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ
by keikototyuyo | 2015-08-19 00:05 | こだわり | Comments(7)

風のガーデン

2008年のドラマ「風のガーデン」を久しぶりに観ました。

7年前というと、双子はまだ年長さん。
時間がなくても眠くても、このドラマだけは欠かさず観ていました。

テーマは緩和医療。
花の美しさと、役者さんたちの本気と、脚本と演出のうまさ。

お話の中に、神木隆之介くん演じる、岳君という知的障害の14歳の子が出てきます。
紹介には書いてないけれど、自閉症でしょう。

前回観たときは、自分はどんな風に岳君を見ていたのだろう。
当時は5歳だったツヨが、どんな14歳になるか、自閉症の診断は出ていても、
岳君を観ても、
「こんな風になるのかな」
とは想像できなかった気がします。

今回もう一度ドラマを見たら、どストライクでした。
い、癒される・・・

岳君は知的年齢7~8歳で、ツヨはそれが2~3歳という部分は違うけれど、
観終わった後に、
うちにもいる~!
しかも本物~!
とツヨの寝顔を見て、ひとり喜んでおりました。

全11話。
死の直前の緒形拳さんの演技にも考えさせられます。

f0025201_11413111.jpg





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ
by keikototyuyo | 2015-08-10 11:39 | 自分のこと | Comments(3)

きょうだいとの将来にわたる関係性

わかったひと~?
と聞くと、

とにかく
『はい!』
と手をあげてしまう

ツヨの素直さに心が洗われる。



そういえばコトがツヨのことを「純粋」と言っていたっけ。
「私は少し汚れちゃったけれどね。」と。

社会の人の中でもまれていくということは
良くも悪くもいろいろなことが分かっていくということ。

コトは中学校でまさかの剣道部に入り、暑い中、毎日厳しい練習に耐えています。
昨日、始めて部内の練習試合を見にいきました。

家ではエアコンの効いた部屋でのんびりしているのに、
暑い体育館で何時間も重い剣道着をつけていられるのをほめたら、
「人は耐えなくてはいけないところでは耐えられるんだよ。」
と。

試合は一回戦で負けてしまった。
どうしても、人を強く叩けない、らしい。
剣道で勝つには致命的なタイプ。

どうして剣道部に入ったの?と話をしていたら、
理由の一つにこんなものが。

将来、親が老いたり死んでしまったら、施設に入れるにせよ多少はツヨの面倒をみることになる。
その時に体力的にも精神的にも剣道で鍛えることは役に立つだろうと。
親の弱ったときの話なので遠慮がちに、でも明るく言っていました。

12歳なりにいろいろ考えています。
施設に毎月払うお金は私が払うのか
歯磨きはやってくれるのか
など、気になっていたようで確認してきました。
鋭いなぁ・・・
その二つは実際とても重要なこと。

年金がもらえるから大丈夫。
歯磨きはちゃんと職員さんがしてくれるよ、と伝えました。

今、コトにはツヨの面倒をみさせることはありません。
もともと面倒見のいいタイプではないし、
ツヨの世話は実際、子供には難しい。

将来はたまに食べ物を持って面会に行ってやってね、
とコトにはお願いしてあります。

重度の自閉症の場合、兄弟とすっかり関係がこじれてしまい、
大人になっても修復できないこともあるそうです。

純粋でかわいい

ツヨの良い部分に目がいってくれている今の状態を
保っていくことが、将来お互いに支えあう基本かもしれません。
コトだって、きっとツヨに支えられることはあるのですから。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んでくれてありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_10504025.jpg

by keikototyuyo | 2015-08-08 17:30 | コトのこと | Comments(3)