<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大人になるまでやるべきこと

中学校生活が始まって2週間。
日に日に学校に慣れて、
『遊んで!』と先生に笑顔を見せるようになったツヨです。

お母さま方!
子離れ&親離れをしてください。

と学校から早々に繰り返し言われ

そうかそういう時期だよねと
意識が小学校とは変わりました。
毎日連絡帳で必要なことはもれなく伝達し合っているので、
突き放すということではなくて、
直接的な親の出番を少なくするという意味だと思います。

将来、どんな姿になりたいかを先生と具体的にすり合わせをして、
そこに向かっていく。

小学校は個々の能力や個性を広げる。伸ばす。
中学校はある程度見極められてきた能力や個性を将来像につなげる。

ツヨは特有のこだわりは強いものの、
模倣が得意、集中して作業ができる。
基本的には教師の指示をよく聞いて真面目にこなそうと努力する。
ルールを守ろうとする。(いつも通りが大好きなので逸脱しない)
それでいて新しいことが好きで頑張れる。
できるお友達のことをよく観察して求められている望ましい行動を
察することができる。

等、小学校でたくさんのいいところを引き出してもらいました。

(たまにはしっかりほめる記事を書いてみようかな。)

中学校ではクラスで障害は一番重いのだけれど、ツヨなりにほめられました。

決められたことを行うのはとてもじょうず。
国語・算数・美術などの課題に取り組む姿勢が素晴らしい。
体育座りの姿勢がきれい。(笑)
ラジオ体操がじょうず。
音楽のダンスで楽しそうに踊れた。
用具の片付けなどをお友達のやるのを見本にして積極的にできた。
給食当番の仕組みを理解して、自分に与えられた仕事をきちんとすることができた。

動きも勉強の内容もツヨなりのつたないものだけれど、
もしツヨの本来もっている可能性の中で、
個性や能力が小学校でめいっぱい引き出されて
中学につながったとしたら、
みんなに少しでも追いつくように遠い学校に通った甲斐が
あったかな
なんて思います。

子ども自身も、自分のめいっぱいののびしろまで、
もっと伸びたい伸びたいと
思っているのだから。
それが子供です。
もう伸びない、できなくてもいい
と思っているのは
本人ではなく
きっと親や周りの大人。

そして、のびしろ以上に伸ばそうとすると無理が出る。



ツヨぽんはこれからどんな人になるのかな。

親離れ・子離れ。
自立。
穏やかな生活。
楽しい生活。

進路の資料も早速どっさりもらいました。
高等部卒業までどんなことが待っているのかな。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


f0025201_023166.jpg


二年生の頃 課題に取り組むツヨぽん。
by keikototyuyo | 2015-04-22 00:01 | 中学校 | Comments(10)

中学生になったツヨ・そしてコトの変化

地元の特別支援学校の中学部に無事入学しました。

行く気はまんまんだけれど、
親子共々ドキドキの初登校でした。

入学式の写真を画像検索で見せて行きました。
「入学式」「教室」
何でも画像検索でさっと見せられる
便利な時代ですね。

「スクールバス」なんて、うちの学校のスクールバス画像もありました。

10年前は、わざわざ写真を撮りにあちこち行っていたのに。

ぜひ活用しない手はないですね。


ツヨは不安が強い子なので、やることが分かっていても、
うまく行動できないときがあります。
入学式の最中以外はあっちへ行ったりこっちで床にうずくまったり、
ロの字型の校内を仮担任の先生と探検していました。
そこに一緒につきながら少しだけ対応のコツについて
先生に伝えさせてもらいました。

入学式は人が変わったように、きちんと座って、
校歌斉唱のときは体さえ揺らして、
場になじんでいました。

一人ずつ名前を呼ばれ、先生と一緒にお辞儀をするときも、
ぺこりと挨拶ができました。
両脇にはベテランのがっしりした男性の先生方。(笑)

入学式などの行事はむしろ好き、なのかな。
決まったことが好きなので、行事は決まったことしかしないから、
安心なのかもしれません。
内容はとんと分からないでしょうが、
何人か挨拶してスライドを見て、歌を歌う、
『これこれ!いつものなんとかしきってやつだ。』
と思ったか思わなかったか。


クラスは3クラス。
20人いて、半分近くは療育で一緒だった仲良しママ達。
誰と一緒になるかな♪
なんて思ったら
ツヨのクラスは知らない半分のママ達オンリーでした〜。
ひゃー!一人もか!

でも大丈夫。

一気に知らないママが減るのが楽しみです。
(話しかける気まんまんです)

相手にされなかったりして・・・

いやいやプラス思考で。

って、学校行くのは私じゃなくてツヨだった。

今日はスクールバスに初めて乗りました。

その話はまた・・・


コトも無事に地元の中学校に入学。
朝、ブレザーの制服姿で朝食を食べている光景が
すごく新鮮&感動です。
ワイシャツの首と袖が固い!
とぼやいていたけれど。

「この袖、もはや筒だよね・・・!」と。

でも2日学校に行ったら、
「もう慣れた!友達もできた!」
と青春していました。

ツヨの食事時のこだわりについても

「ドキドキ、ワクワクする。」

「え?ワクワク?!」と私。

「なんか最近、慣れてきた。
いつまでぼやいてもしょうがないし、
楽しむことにする。」

とスカッと笑われました。

コトがツヨの障害を受容した瞬間を見た気がしました。

ツヨが入院によって少し落ち着いたからなのか、
コトの精神年齢が上がり、
きょうだい児の年齢相応の変化の時期なのか。

ツヨのこだわりを楽しむことにする



深い・・・



家訓として壁に貼るかな。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ



f0025201_0255159.jpg

by keikototyuyo | 2015-04-08 00:22 | 中学校 | Comments(0)

桜が舞う日

お散歩に行こうか。
と久しぶりに誘うと、出かける気になったツヨ。

いつも行くコースではないほうへ歩き出しました。

一週間前に近所の親の会の家族仲間でお花見をした公園でした。

お花見、毎年、続けているものね。

きっと楽しかったんだね。

f0025201_11364488.jpg


その日シートを敷いていたところに走っていって、
嬉しそうに戻ってくる。

f0025201_02128.jpg


『ここだよ。ここでみんなであつまってごはんをたべた。」

心の中で、つぶやいたんだよね。

満開だね。

また来年もやろうね。





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ
by keikototyuyo | 2015-04-05 11:42 | 外出 | Comments(1)

『ぼくにこれからの予定をおしえて』

新しく通う特別支援学校の一日体験入学に行ってきました。

ツヨがその前から、春休みの予定と4月の予定を
カレンダーをさして『おしえて』と目で訴えてきたので、
それぞれの学校のHPを見せて、
日付を指しながら、こっちの学校はバイバイ。
こっちの学校はこんにちは。

新しい学校の門、昇降口、教室、スクールバスの写真があったので、
指さして教えました。

ここでお勉強。遊ぶ。

察しのいい子なので、すぐ理解しました。

一日体験入学の日はお利口に過ごすことができ、
帰ってきてからも、今度はいつ行くの?
とカレンダーのところに連れて行かれ確認させられました。

スクールバスも乗る気まんまん。

バス乗り場までの写真は撮ってあるので、
あとはタイミングよく提示して誘導できるか。

放課後は学校内の学童クラブに週1回、
別の場所での民間の放課後等デイサービスに週2回。

移動支援と通学通所支援の受給もしっかりとりました。

学校ではいろいろあるかもしれないけれど、
放課後は息抜きの場として、リラックスして楽しめるといいな。

私もやっと時間が作れそうです。

ツヨの様子を見ながら慎重にすすめよっと。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ



f0025201_0544037.jpg

by keikototyuyo | 2015-04-01 00:52 | スケジュール・見通し | Comments(0)