<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パパ、「ツヨへの思い」を語る。

学校でも、
『そうじをやりたくない!』
『せんせいぼくとあそんで!ほかの子とあそばないで!』

と暴れることがあるそうです。

掃除は
「そんなワガママはダメ!」
と叱って、ちゃんとやり遂げさせてくれたそうです。

けじめをつける勉強をします、とおっしゃってくれました。

本当にありがたいです。T T

家では小さい頃から暴れるのは土日が多くて

楽しませてあげたい
おいしいものを食べさせてあげたい
かわいがってあげたい

愛情をかけていれば
いい子に育つし
心身も安定するという思いで
私もだいたい優しく、時にとっても厳しく育ててきました。

小学校に上がる際の児相の教育相談で
「お母さんはツヨ君とどうやって意志の疎通をとっているのですか?」
と聞かれたほど
コミュニケーション障害と知的障害の壁は厚く
ツヨの心の中を想像することのみで
一緒に暮らしてきました。

でも気づくとツヨはもうすぐ6年生。

体は大きくなるし(身長150)
第二次性徴も早めだし
遅ればせながらやっと自我も芽生えてきました。

将来、わーわー騒いで暴れるのに成す術なしという状況には
絶対なりたくない!という思いは私は強いです。

平日頑張って遠い学校へ行って、そして土日。
パパには、怒るときはもっと厳しくして
甘やかさないで
と口をすっぱくして言い続けてきました。

土曜の朝に久々にツヨに会うと、
「おっ、元気だったか?」
と満面の笑みでツヨをかわいがり、
大雪が降ってマイカーに乗れないときも
トラックに泥をはねられながら45分も歩いて日帰り温泉に連れていき

夜はソファーに座れば
ひざにドスンとツヨが乗っかってきて
私に
「そーっと乗るように言って!」
と怒られ

ギャーッと叩かれたら
「怖い顔して叱って!」
と私に怒られ・・・

今日
本音を漏らしたパパ。

厳しくしないといけないっていうのは
心では分かっているんだけど

どうしても厳しくできない

だって俺が生きている間はやさしくしてやりたい

俺たちが死んじゃったら
誰にもかわいがられないで過ごすのかと思うと・・・

厳しくするのが本人のためだってことは
よく分かっているし、そうしようと思うんだけど

かわいくて、(こうやって生まれてきたことが)かわいそうで厳しくできない。

と。

私が叩かれることになるんだよ?
いつか私が大怪我したら
ツヨは施設に行くんだよ?
と言ったら

それも考える。
でもどうしても厳しくできないんだ、と。

もう、そこまで言われると何も言えない・・・

・・・・わかった。私がその分、厳しくするよ。
と言ったら

よろしくたのむ、と。

あやうく泣きそうになってしまいました。

パパの心も泣いているのかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

愛情の形はいろいろなんだ
by keikototyuyo | 2014-02-22 22:40 | 自閉症の息子のこと | Comments(12)

また暴れる

成長するということは
世界が見えてくるということ。


幼児期の
『どうしてせかいはこうなの?ぼくにはよくわかんない!』

というかんしゃくだらけだった時を
どうにかこうにかやり過ごし、

ルールをお互い作ったり、
スケジュールを見せたりして
『お、これはわかりやすいぞ』
と、とりあえず納得していたかに見えたツヨだけど、

多少の認知の発達と
成長ホルモンからくるイライラとで
自分を抑えきれない「暴れ」がまた始まりました。



「自分」
「身近な周りの人との力関係」
「楽しいこと」
「いやなこと、やりたくないこと」

が見えてきたツヨ。
その視野は狭いのでしょうが、これらを「自我」というのか。

特に土日になると
『ゆうえんちにいきたい!』
『おんせんにいきたい!』
『はこねにいきたい!』
『りょこうにいきたい!』

わーっ
と暴れて叫ぶようになりました。
iPadの写真を指差して要求できるようになったことが大きいです。
もちろん要求ツールがあったほうが伝わらないストレスよりはいいけれど。

激しく叩いてこようとします。
それしか彼にはできないから。

また今度ね。

と答えても、暴れるのはいけないこと、とはっきり叱っても、
何回も何回も何回も
要求・確認を繰り返します。

旅行も箱根も毎週は行かれないので、
パパは毎週のように近所の日帰り温泉へ連れていき、
天気が良ければ遊園地にも行き。
(おかげで二人で電車に乗って出かけることに
だいぶ慣れてきました。)


やりたいことをやりたいと言うのは
人として当然の成り行きだよね

とは思うけれど

暴れたときの力の強さは

すでに私には恐怖です。

これを乗り越えると
また一段と落ち着くような気はしますが、
一歩間違うと大変な気もします。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも読んでいただいて本当にありがとう
by keikototyuyo | 2014-02-18 17:26 | 泣き言 | Comments(8)

我が家の団欒風景

明朝はこの地域は大雪だそうです。
コトの学校の音楽会があるんだけど、どうかなぁー
大雪&暴風だったらお休みです。

家族で家にこもりましょ、と
今日は食材を大量に買い込んできました。
一歩も出なくていいように。^^
明日はシチューにしようっと。

ここ一年くらい自分の部屋で
のんびり感覚遊びをしていることの多かったツヨですが、
最近はリビングに出てきて、
家族にピタッとくっついて床に寝そべったりしています。
私が録画した番組を見ていると
なんとなくそばにいて音を聞いたり
たまに画面を見たり。

しずかなドラマやドキュメントや、音楽番組、
鉄腕ダッシュ、VS嵐なんかを見ています。
私がつまらない部分を早送りしようと
リモコンを手に持っていると、
『置いて。それ操作しないで』と
手をそっと添えてきます。

怖いドラマや
怖いドキュメンタリーや時代劇など(私は見ないけど)は
自分の部屋へ逃げて行っちゃう。

大きな声で怒る人がとても怖いのです。

あとでパニックになったときに
大きな声で威嚇したり、
暴力をふるう模倣などをしてくるので
そういう場面になると私がさっと変えてしまいます。

さっき、ドラマ「ぼくのいた時間」を見て私が泣いていたら、
隣でマネして鼻をすすっていました。^^;

旦那はスポーツが大好きだから
明日はオリンピック三昧だろうな。

ツヨにスポーツを見せると、
マネしてリビングを走ったり跳んだり・・・

うるさいよ!階下の人に悪いから!
と私に叱られる
パパ&ツヨの男性チームです。
コトは一人気ままに過ごしたり混ざってきたり。

パパと私のリビングのチャンネル争いの冷戦が続くでしょう。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも読んでいただいて本当にありがとう
by keikototyuyo | 2014-02-08 00:31 | 日常生活 | Comments(0)