<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バナナのもぐっち、その後

クリスマスプレゼントの
ビーズクッションのバナナのもぐっちが
どうなったかと言うと


こうなりました。



f0025201_10447.jpg






プレゼントを開けた時のツヨは、
あっ!
っという顔で

「ば!ば!ば!」

(バナナと言っているつもり。^^;)

ツヨのベッドにそっと横たえると

「ん。」
と受け入れてくれた。(ように見えた)

抱いてみる見本を見せたり、、
やさしく扱うことをジャスチャーで示したり、
ぐるぐるねじってしまったりしないことを注意して、
様子をみることに。

その日から
いつもツヨのベッドにはもぐっち。

顔が横をむいていたりすると
上に向きを直したり、
たまにそっと触っていたり
壁際に置いてよっかかったり。
ベッドから落ちると拾ったり。

シーツを替えるとき、どかしておいて、
敷き終わったよ、いいよ~と言うと、
まくらともぐっちをいそいそとセッティング。

よかった。(のかな?)

一人で部屋にいることが多いので
部屋が明るくなったことは確か。

しかし
これがあると

昼寝なんかしていないかしらって、
ちょっとツヨの様子を見に行って(夜寝られなくなるから)
寝てたら起こして
ついでによっこらしょっと私がもぐっちを抱いたもんなら
あまりの心地よさに
今度は私がガーガー昼寝しちゃうという有様・・・

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとうです><
by keikototyuyo | 2013-12-30 01:24 | 日常生活 | Comments(6)

言葉のない自閉症児の学習 その3

学校で「ことば」の学習が続いています。

ことばを話さないツヨにとって
思っていることが少しでも周りの人に通じるようになること。

学校でも個別学習の時間に
アイパッドのトーキングエイドを使った学習が始まっています。
「ごはん」
から始めた「聞いて分かる言葉」を「ひらがな」に置き換える学習。
今は60語くらい
聞いた単語を指差しで書けるようになりました。

トーキングエイドの前段階として、まずひらがなボードでした。
f0025201_22231774.jpg


家では冷蔵庫に貼ってあって、
ツヨが私に何かを伝えるときに
自発的に使うようになってきました。


それは昨日の夕食の時のこと。

私にしては頑張って、
かぼちゃのスープを手作りしました。^^;

これがなかなかうまくできた。^^;

他にも特製チャーハンに竜田揚げにと
作るだけでフーフー。

自分のスープはあとでよそおうと思い、
みんなが食べ始めるのを眺めながら
食卓に座って一休みしていると

チャーハンと竜田揚げを猛然と食べていたツヨが
すっくと立ち上がり

冷蔵庫へ走っていきました。

何?何?!
どした?

するとこれで
f0025201_22225454.jpg



「す」
「-」
「ぷ」


と指差し!

あっ、ツヨのスープが私のところに置いてあって、
ツヨのがなかった!

『ぼくのスープは?』

って教えてくれたのね!

会話になってる!

ぐっときました。

思いを伝えられたね!
しかも確実な方法で。

ひらがなボードをツールとして使うと便利なことに
気づいたんだね!

そのあと
たくさんたくさんおかわりして
かぼちゃスープを満喫したツヨでした。^^

(ちなみにトーキングエイドだと
長音「-」や濁音「ぶ」、半濁音「ぷ」があります。
ひらがなボードにはないので
トーキングエイドだと「-」がある位置をとりあえず指差して
「すーぷ」
と伝えてくれました。)

お母さん、あきらめないでください
と学校の先生に言われるけれど
本当に
あきらめたら終わり。
あきらめなければ
少しずつでも大切な宝物が
生まれるかもしれない。

がんばろうね。
ツヨぽん。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
トーキングエイドについてはまた~><

f0025201_0101833.gif

by keikototyuyo | 2013-12-25 00:29 | 小学校での学習 | Comments(2)

感覚遊びのクリスマスプレゼント

もうすぐクリスマス。
毎年ツヨのプレゼントには悩みます。

ゲームもアイパッドもツールとしては使うけれど、
本人がそれほどハマっているわけでもないし

家ではもっぱら自分の部屋でゴロゴロくつろぐ。

ということで
くつろぎグッズにすることにします。

やっぱり感覚遊びが一番好き。

ビーズクッション系がいいかなと
moguの抱き枕でバナナ型の小さ目のものをネットで見つけました。
f0025201_13204650.jpg

「MOGU もぐっちバナナ」高さ87センチで、手足が収納もできるって書いてある。

しかし例年枕元にプレゼントをおいても
見向きもしないからなぁ。
サンタさんが来て、どうぞって渡してもらえれば意味がわかるのでしょうが・・・
クリスマスの意味がツヨには分からない。

なので今年は25日の朝、
私から「メリークリスマス!」と大きな声で言って
ツヨに渡そうっと。

えーと何々、「2,3日で届きます」か。
まずは私がこっそり使って・・・・^^;
あっ、手放せなくなりそう。^^;


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうです~><

f0025201_0101833.gif

by keikototyuyo | 2013-12-16 13:25 | 日常生活 | Comments(2)

幸せな交流学習

今日はツヨの特別支援学校と近隣の小学校との交流学習日。

毎年、6年生の男の子や女の子がツヨたちとペアになってくれて
遊んだり、工作をしたり、運動をしたりします。

今回は一緒にホットケーキを作ったそうです。

ペアの男の子がホットケーキを焼いてくれて、上にくだものをのせてできあがり。
ツヨは興奮しすぎて
夢中であっという間にパクパクっと食べてしまったそう。

あとはその男の子と手をつないで一緒にスキップをしていたそうです。

どんなにか楽しかったのでしょうね。

あとで本当に嬉しそうにケラケラと思い出し笑いをしていたそうです。^^

ありがとう。
やさしい男の子に感謝です。

こんな素敵なクリマスカードをもらいました。

f0025201_2348051.jpg
f0025201_23485913.jpg


彼のところにも素敵なクリスマスが訪れますように・・・

そしてツヨの心に幸せな思い出として残りますように。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうです~><

f0025201_0101833.gif

by keikototyuyo | 2013-12-12 00:05 | 小学校での学習 | Comments(0)

親の受容・子が2次障害におちいらないように

この子達はこの子達で
自閉症で何が悪い?と思います。
素晴らしく純粋な子たちですから・・・

障害のある子が生まれる確率は何%と決まっていて
人類が進化する中では
必ず一定の割合で出現するのです。

そして強いものが弱いものを助け、
また強いものは弱いものによっていろいろな意味で生かされている。


偉くなったからって何ぼだ。
助けを借りないと生きられなくてもいいじゃないか。

「ちょっと頑張らせたら普通の子に近づくのではないか?」
「この薬を飲ませたら、この治療をしたら治るのではないか?」

そんな風に思う親御さんもいるかもしれませんが。

つまらないことで叱られたり、がっかりされたりしないで、
未熟な部分を認められて安心して生きること。

どう療育をしていけば将来少しでも困らないで幸せに暮らせるか。
できないことはたくさん。
できるようにするのか、できなくてもこれはいいよとするのか、
その判断を成長期の間に親が適切に判断できるようになること。
正解はないかもしれないけれどベターな判断はできるように
療育時代から子どもを見て先生と一緒に考えていきたいものです。

ツヨは今の段階では読めない。書けない。しゃべれない。
単語をおぼえることもままならない。

意思を伝えられないストレスから、二次障害におちいらないようにするにはどうしたらいいのだろう。
たぶんツヨにとってはそれが生きる上での一番大切な課題。

あなたのお子さんにとって、一番の課題は何ですか?





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうです~><



by keikototyuyo | 2013-12-06 00:17 | 受容 | Comments(12)