<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

障害があっても少しずつ負荷をかけて高みをめざす

なかなか更新できず心苦しい日々ですが
ツヨもコトも私も元気です。(旦那は?って?)

ツヨは先週、遠足(校外学習)へ行ってきました!

電車・路面電車と乗り継いで
古都の大仏を見学。

あの子が物静かに(?!)お寺を参拝する日がこようとは・・・!

観光客もいっぱいだったそうで。

(しかし大仏を見て
一体ツヨは何を思ったか・・・知りたい)


昼食は外食学習も兼ねて
お母さんのお弁当作り負担にも配慮していただいて
中華レストランへ。

事前学習でおのおの食べたいものを選んであって、
好きなものを食べたようです。

「何月何日」とかはもちろんのこと、
時間の観念も理解が難しいツヨ。

2週間も前から事前学習を重ねて
行く先やルールや食べ物を確認し、

見通しを持って
満を持して本番に臨んだようです。

いくら写真やカレンダーで提示しても
文章はほとんど聞き取れないので
先生の「・・・遠足・・・練習・・・」
などの言葉のはし端を
ツヨなりに必死に聞き取っていたんでしょう。

ときに

『いつ本番なんだ!』

と怒り

『今日か!』

と思ったら

ただの公園に行くだけで
また怒って暴れたりと

大変だったようです。

もしかすると

「分かっていて待ちきれなくて怒った」

のかもしれません。

親だったら
なかなかできない

ちょっとずつ負荷をかけて
高みを目指す。

障害があっても。

ということを
学校はチャレンジしてくれます。

遠足で5年生はとても落ち着いていたと
後で副校長先生に誉められました。

学習してきたことと
現実の行動が一致して
「そういうことだったのか」
と納得して行動できたのでしょうね。

苦しいこともあるけれど
難しいことを成し遂げたあとは
目の力が強くなるというか
「何か考えている」顔つきになってくるような気がする・・・

次は6月末に
校外宿泊学習。

野外活動(だったかな)でピザを焼いたり
カヌーに乗ったり(ヒエ~・・・^^;)するそうです。

お客さま扱いでもお手伝いでもなく
おのおのが目的や役割を持って
活動するんだろうな・・・

木の陰から見たい・・・~_~;

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとうございます~T T
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-05-27 22:56 | 小学校での学習 | Comments(2)

きょわいお人形がぁ・・・!

髪を触らないグッズを学校で持たせてくれました。

まずは黒い波型のビーズクッション。

なんとも手触りがいいです。

けっこう飽きずに触っています。

が、今日学校に持っていくのを忘れてしまった!

あーどうしよう何か代替になるものが学校にあるかしら・・・

と思って下校してきたツヨの手に

こんなのが!

f0025201_22485581.jpg


道を歩くとみんな見る。
ここ地元の学校でないツヨはあまり知られていない。顔を売るチャンス?
f0025201_22505071.jpg


でも売れているのはVサインのツヨじゃなくこの方。すれ違う人は100%くぎづけ。
f0025201_22514079.jpg


・・・きょわい!
f0025201_225297.jpg


あんた一体何者なんだ~・・・・

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
しろさんと名づけました。
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-05-07 22:58 | 自閉症の息子のこと | Comments(11)

障害者専門の病院で悪化した風邪を診てもらう

一ヶ月前からの風邪のツヨの咳が止まらず、
イライラにもからんで
すごい大きな咳払いで怒りを表すことがあります。

咳が先なのか、イライラが先なのか・・・

お泊りで会計をしているときに
待ちきれなくて咳払い連発してしまったら
お隣で会計をしていたおばあさんに
「手で口をおおいなさいよ!!!」
っと大きな声でつぶやかれてしました。
  こっちに注意する感じでもないの

口はおおっているし、
私も結構コラッって叱っていたんだけれど。
こういうのって結構しょぼーん・・・

怒られるのももっともなのです。
すごくわざとらしく聞こえる咳の仕方で、
ボリュームもMAXなので・・・。



この大げさな咳を早く治さないと。

病院は何件も連れていっているけれど、
今日は障害者専門の内科に初めて連れていってみました。

地域作業所の2階にあって、
私が行ったときは空いていて、
理解のある職員さんばかりだったので
とっても気が楽でした。

前からあるのは知っていたけれど、
小さいときはコトが一緒のこともあって
一般の病院にいくことが多くて
冷や汗も脇汗もかきまくってきたけれど

なんだこんないいところがあるじゃないの。
今度からここに来よう。

本人の機嫌や病状にもよるけれど
もしもの時のレントゲンや点滴や採血も
ここなら少なくとも「拒否」はされない。
本人が頑張れるかどうかは別問題として。

若い男の先生でした。
今までもらった薬が、咳に効いていないようだということで
あたらしい薬をもらいました。
ツヨは飲むと19時には寝てしまった。
どうやら効いているらしい・・・

ツヨ、診察の途中までは大人しくしていたので
ここぞとばかりに咳の根本治療と対処療法の話を聞いていたら
急に「あ”っ!!」(飽きた!)っと怒って、
医療器具をばらまこうとしたけれど
そこはぐっと我慢でき、
看護師さんに付いてもらって先に退室しました。

興奮して待合室と診察室とエレベーターを
でっかい咳払いをしながらウロウロ・・・

看護師さんが優しくて、
抱っこして話しかけてくれていました。

最初はぎゅっとしがみついていたツヨ。

ところが看護師さんが
優しすぎて
「たくさん食べて~たくさん寝て~
お薬飲んで~よくなって元気元気になろうね~」

と矢継ぎ早に
ツヨの「キーワード的」な単語を連発してしまった・・・!

その行動に移るわけではないのに、
知っている単語をたくさん告げられて
心がいっぱいになってしまったツヨ。

看護師さんの顔を両手でビンタしてしまいました。(あわわ・・・・)

申し訳ありません!交代します!!
とすぐにツヨの抱っこを代わりました。

こういうときは
静かに待つのが一番。

えらいねとか、
終わったら〇〇しようねとか
と関係あることを
様子を見て話しかけるくらいがせいぜい。

と関係ないことを話したら
機嫌が悪いとぶたれることになるので・・・(私は言わないし、よけるからぶたれないけれど)

「なにか合わない」「ストレスがじりじりと生まれる」
「ご本人に悪気もないし、気づいていない」
「むしろかわいがって、まるで幼児に接するようにしてしまう」

ああ、こういうことなんだろうな。
よくパパがニコニコとツヨに話しかけすぎて
ビンタをされているよね・・・

とぼんやり思いました。

(看護師さんごめんなさい!!)

今度行くときは
少しずつ、こんな風に接していただけるといいかもしれません^^
みたいなことを
伝えてみよう。

ツヨも初めての場所で一生懸命
緊張と戦っていたんだよね。

受付の女性に
どこの支援学校なの?(近所なのに今までどこの病院に通っていたの?)
診察券作っておいたからまたどうぞ。
(だいぶお困りですよね?)
と言われ
あれっ、行間読みすぎ?

またお邪魔します。ありがとうございました。^^;とお礼を言って帰りました。

病院で自閉症児に対する適切な対応をしてほしいなんて
そんな図々しいことはこれっぽっちも思っていません。

母がついているのだから、
必要なことをその都度通訳していけばいいわけで。

ただ、つめたい、不思議なものを見るような
いや見ちゃいけないような視線を感じないで、

汗をかかないで過多な迷惑かけないで過ごせるというのが
障害者専門の病院のありがたさかもしれません。

ツヨにとっては
聴診器あてて、
耳とのどをみる

この作業をするだけなので
『やるべきことはこれだけだ』
とシンプルなはず。

これまた「なぁなぁな部分」が彼にとって全く不要であれば
むしろ一般の病院のほうがベルトコンベアー的で
いい部分があるかもしれません。

イヤ
でもいつか点滴とかしてもらうかもしれないから
徐々に
この家庭的なムードの病院にも慣れてもらうことにしよう。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
ツヨに応援よろしくお願いします。
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-05-06 22:58 | 病気・病院・予防接種 | Comments(14)

髪を抜くくせが止まらない

ツヨが自分の髪を触るクセが出ています。

最近とってもごきげんで
ストレス性のものではないです。

ふと触ったら
ふと毛が抜けて
指についた毛が楽しくなり
今度は毛をこよりのようにこよって・・・

絡まった毛を
自分で抜く
または私に
『切って』
と伝えてきます。

で、
そんなこんなで一ヶ月くらい経ったでしょうか。

f0025201_23183218.jpg


生え際とちょっと奥が
こんなになっちゃいました~T T

ぼうずにしても余計髪に気がいきそうだし、
黙ってほっておくとずっと触ってしまうので、
「髪、さわらない。」
と言うと
はっと止める。

またすぐ触る。

あまり言うと余計に止めなくなることもあるから
自然に飽きるのを待っていたけれど

こりゃだめだ。

明日から
学校
家庭
放課後デイで
きっぱりとやめる方向で協力をしてもおうかと思います。

触ってはいけない
ということを

はっきりと
そのたび度に指導していく

本人も止めようと意識的に我慢することをさせないと
けっこう手ごわいかもしれない。

連絡帳に書いてみよう。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうございます!がんばります。
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-05-01 23:27 | こだわり・常同行動 | Comments(5)