<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ここで泣いたらいけない

母の入所先をさがして
老健施設(リハビリ施設)を三件まわりました。

どこの施設も、おじいちゃんおばあちゃんたちが
たくさんいるわけで。
見学にお邪魔すると
何人かの方はこちらを見て
注目の的になります。
そりゃそうだ

私が見学するのは認知棟。

昨日行ったところでは、
しっかりした感じの初老のおばあちゃんが、
施設が旅館だと思っているらしく

ご自分のお部屋を確認して
「予約できているかしら?」
「今日はここに泊まるのね!」
と何回も何回も
確認していました。

多い日は
何十回も確認するそうです。

きっと
かつては
いろいろなところに旅行に行って
楽しまれていたんだろうな。

でも
「もーろくしちゃって何回も聞かないと忘れちゃうのよ!」
と言う笑顔に救われました。

介助する人達の苦労はいかばかりかと思います。

そういえば以前
母が骨折して通院したとき。

整形外科には
たくさんのお年寄りが車椅子で診察を待っていました。

多くは介護施設の人の付き添いで来院しているのでしょう。
病院とは別の白衣を着て
胸に「〇〇苑」などの名札をつけた人が一緒に待っています。

私と母の前で待っていたおばあちゃんに
施設の職員の若いお兄さんがそっと寄り添っていて、
おばあちゃんのしわしわの手をじっと見ています。

そしてたまらず(という感じで)そっとさわって
にっこりとしました。

この人は小さい頃に自分のおじいちゃんおばあちゃんに
とってもかわいがってもらったのかなぁ・・・
または最近どなたか亡くされたのか・・・

愛おしさがあふれていました。

おばあちゃんはちょっとはずかしそうに
「こんなおばあちゃんの手、しわしわでしょう」
と。
かわいらしいおばあちゃんでした。


たまに
はりつめているものが
切れそうになって
あぶないあぶない
という場面に出くわしてしまいます。

今日見学した老健で
基本4人部屋だけれど
状態によって
個室にうつってもらう方もいるということで
個室を小窓から見学したら

歩けないけれど、ずって動けるという認知症のおばあちゃんが
部屋の真ん中に二畳くらいの畳を敷いてある
八畳もあろうという個室の隅で
一生懸命
毛布のようなものを
本当に一生懸命まさぐって
感触遊びのような
確認作業のようなことをしているのです。

目が見えないということでした。

日がな一日
こうしているかもしれません。

壁にはぶつかってできた穴がありました。
以前歩けていたときは
危ないので
部屋一面にクッション材をつけていたそうです。

施設の人も「かわいそうに・・・」とつぶやいていました。

胸をぐっとつかまれたように
自分でも気づいていなかったせつなさが押し寄せてくる。

ツヨのこともダブってしまうのか。

でも
ここで泣いたらきっと止まらなくなる。

はりつめているものが
切れないように
そーっとそーっと

胸の奥の引き出しにしまいました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうございます
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-03-31 00:19 | 父母のこと | Comments(11)

跳ばなくなった自閉症児

卒業式も修了式も終わり、
こちらはサクラが満開です。

年末より
年度末のほうが
「一年が終わった~」
という実感があるなぁ。

ツヨは日によって
ごきげんだったり、
暴れん坊だったり。

コトまでもが
朝起きてきて、
「なんだかすごくイライラする。」
と不機嫌顔の日もあり
(゜д゜lll)


春だから?

難しい年頃になってきた双子です。

f0025201_22315763.jpg



5年前こんなだったのに・・・

f0025201_22595369.jpg

このころ偏食がひどくて
目の下クマできてるし。

非常によく毎日跳んでました。
ぴょんぴょんぴょんぴょん・・・
果てしなくぴょんぴょんぴょん!

現在、食欲すごくて面影なし・・・
しかも重いのか
成長したのか
ほとんど跳ばなくなった・・・。^^;
寝転ぶほうが多い・・・

ごろごろごろごろ・・・・^^;

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援、励みになります~^^;
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-03-25 23:23 | こだわり・常同行動 | Comments(5)

ぼくは跳び箱を跳べるかな?

一つのグループホームからは断わりの電話がきました。
新しくできたホームなので
比較的軽い人を入れたいということで
母の状態が、受け入れが難しいと・・・

もう一つは今日の夕方実態調査に行ってくれました。

怖くて結果が聞けない・・・

明日電話してみます。

それと同時に老健という施設の受容れについても
今日いくつか電話しました。

うちのそばの老健も昼夜に徘徊
(建物の中をウロウロ歩き回ってしまう)
があると
なかなか簡単にはいかないようです。

人感センサーとかつける方法もあるようなので
もう少し勉強が必要です。



少し明るい話題。

ツヨが学校の跳び箱で
4段が跳べました!

ビデオにばっちり収録。

先生に励まされて
とっとことーと走ってきて、
ぴょん!!
ちゃくち!

じょうず!

しっかり跳び箱の奥に手をついてる。
みんなに誉められてうれしいね。

先生の見本を見て
跳んだそうです。^^

パパもビデオを観て
大喜び。

飛べそうかな。
怖いな。
ぼくは跳べるのかな。

そんな気持ちがあるのかどうか
聞けないけれど

飛び越した瞬間気持ちがいいね!

こういう姿を見ると
障害なんてどんなものか、と思います。

本人はちっともクヨクヨなんてしていないんだ。
ツヨの人生はツヨにとって
たった一つの
キラキラ輝いてる人生なんだ。

そのままでいいんだ

私もしっかりせんとな、と。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援、励みになります~^^;
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-03-21 21:53 | 小学校での学習 | Comments(8)

入居先を次々探す

グループホームの一覧表を見て、
我が家に近いところから順番に電話をかけています。


空きが1部屋ありました!が、何件か応募が集まっているそうです。T T
昨日、見学してきました。
あともう一箇所も空きが1部屋に何件か応募中。

今週、その二箇所のグループホームに母の様子を見に行く「実態調査」というものを
してもらうことにしました。

私が同席しないでホームの方にホームを訪問してもらうという
荒業に出てみました。
それ自体は問題ないそうなので。

今週はツヨの学校も卒業式に終業式。
送り迎えで同行できない事情を話すと
大丈夫ですよといってもらえました。

「実態調査」で母が受容れてもらえる結果が出るのか、
そして応募のかたの中から選んでもらえるのか、
結果を待つのみ・・・

これでどちらもだめだったら
次は空きのあった別の区のグループホームの見学だ。



先週ホームに退去をお願いされたとき、
母の様子も見てきました。
さっさっさっと廊下を歩いていたので
「おかあさん」
と呼びかけると

少しして気がついて

「あらっ」
と。

そしてまたさっさっさっと歩いていきました。
転倒防止のため、
職員さんが一緒に歩いてくれています。
現場の職員さんは一生懸命やってくれているのです。^^

今度はリクライニングチェアに座ったので
しばらく隣で座っていました。

お肌はツヤツヤして
じっと目をつぶっていました。

母の楽しい思い出や苦労して働いて人生で得たものは
どこへいっちゃったんだろうな。

認知症ってむごいなぁ・・・

でも本人自身はきっと不幸だと思っているわけじゃない。

人に必要とされて愛されて一日を過ごすことが
人にとって何よりの幸せかもしれない。


さぁ、やるしかない。
おかあさん、待っててね。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援、励みになります~^^;
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-03-17 21:14 | 父母のこと | Comments(6)

ホームを退去してくださいと言われ

母が認知症のグループホームに入って2年。
たびたび転んで骨折したりしています。

足腰は比較的元気で
さっと立ち上がって、
さっさっさっと歩くわりに、
座るときにイスの位置が理解できなかったり、
足をひっかけたりしてしまうようです。

2年前より認知症も随分すすみ、
身の回りのことが自立できなくなったら、

方針として自立の方(軽度の方)を対象のホームだったので
ほかの施設に移ってくださいと言われてしまいました。

ある程度それを承知で入った、入所時の私の認識

自立ではない
=寝たきりOR車椅子
→母はたぶんまだもう少し大丈夫

という単純なものではないのね。

自立から車イスまではいろいろな段階があって
グループホームの経営方針によって
受け入れ方がまったく異なるのです。

一ヶ月~一ヶ月半以内にうつってくださいと言われて、
他のグループホームに電話をかけまくりました。

が、私の家のそばはどこも満床・・・・

特養にも申し込みを出すよう言われ書いたけれど
早くて半年~一年待ち。


電話で空きを聞いた先の管理者に話を聞くと
うちは空きはないけれど
その状態ならまだまだ受け入れできます!
というホームもあって・・・


むむむ・・・


今度は私の家からできるだけ近いところに入ってほしい。
グループホームは怪我や病気の通院などは家族がしないといけないのです。


むむむ・・・


猶予期間が短すぎる・・・


今入っているホームとケンカをしても仕方ないので
探すことにまい進しよう。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援、励みになります~^^;
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-03-15 22:34 | 父母のこと | Comments(5)

疲れすぎるとおかしなことが起きる

ずっと惨事の記事がトップではいけないなぁ~

しかし最近ツヨの学校のPTA業務がてんこ盛りで
あたまがしゅわーっとしています。
総会に予算に卒業生送る会、役員の交代、引継ぎ、卒業式・・・
おまけに学校の都合で保護者控え室の引越し。

虫の出現やほこりと格闘しながら、
なんとか荷物のダンボール詰めが終わった・・・・

昭和みたいなアルバムの間に虫Gのなきがらがあったりと
捨ててしまいたいけれど
捨ててはいけないものもあり、

でもこの際、不要なものはかなり処分しました。

すっきり。

予算も深く考えたことがなかったけれど、
立てないといけないので
3時間くらいここ数年のものをにらめっこ
だいぶ分かってきました。

苦手だから適当で~ではすまない部分があるのね~
と思い知らされましたよ。

あとは無事に卒業式で挨拶をして、
記念品を卒業生に渡して、
終わり。

が、終わったと思ったら来年度の入学式挨拶が~
また来年もPTA代表を頼まれてしまったので
もうひとがんばりしまーす。

・・・本当はしずかなシニアライフを過ごしたい。
先日、47歳になっちゃいましたし。
なにやってもすぐ疲れるし。
OLさんならもう定年近いか?まだか。


今日は引越し作業をして
よろよろで帰ってきて、猛烈に家事。
家の中が朝、起きたままになっているから夕方2時間が戦争です。

なんとか食べさせておふろにお湯を入れながら
ちょっと10分TVで休憩・・・・

と思ったら、

ピーピーピー!
「おふろのようすをみてください」

クールなお姉さんのアナウンス。

見に行くと、

栓がしていなかった・・・_| ̄|○

一体どれだけお湯が流れていったんだろう・・・_| ̄|○

配水管と下水道がきれいになったと思おう。
(いつもそう言い聞かせてるの)

さて、栓をしてしばらくして、ツヨとお風呂へ。
先にお風呂で座らせておいて
あとから入ると

・・・へ?

お風呂にお湯が入ってない!・・・Σ(゜д゜lll)


栓を入れてスイッチいれてなかったのか・・・_| ̄|○


はだかのツヨと私。

おふろ、ないね。

ツヨ、「くっくっく。」

あ、状況わかってんのね。

おふろカラッポだね。

ツヨ「キャハハハ!」

身体をあらってやって、浅ーいお湯におそるおそる入って、
入浴剤のバブをしゅわしゅわして楽しそうでした。

2人で浅いおふろに寝転びながら入って
「お湯、ないね。」

というと

ケタケタ笑っていました。

こんなのも、ま、いっか。

早くねまーす。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援、励みになりまーす^^;
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-03-07 22:45 | 自分のこと | Comments(9)