<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お風呂場での惨事

久々にパソコンを開いた・・・

ツヨのインフルエンザに続き、
コトが胃腸炎。
まぁ、吐いたこと吐いたこと。

水分が取れなくて、夜中に怖くなって救急へ連れて行き、
点滴してもらってきました。

無敵のコトも胃腸炎には勝てなかった。

でもすごーくがんばっていたので
見直しました。

今日はツヨが学校から帰ってきたら
今度は下痢・・・

どっちもどっちだぁ・・・・

でも水分が取れるだけいいか。

どちらにしても
洗濯機を昨日今日で何回回したか~

しかも今日は恐る恐るツヨをおふろへ入れたら・・・・

湯船に浸かりながら
この流れ、コワイコワイ。
お食事中の方はご遠慮ください



う〇ちは×よ。トイレでね。

唱えて入っていたら・・・

ん。とうなづくツヨ。



次の瞬間ツヨの眉間にシワがっ!




ゴボウッ



・・・って?!

ぎゃー!


すぐにツヨと飛び出て
栓を抜いた私でした・・・

あっすみません。


ちなみに夕方、
コトの習い事にお休みの電話をして
「娘ですが、胃腸炎になったので今日はお休みします。」

と言って電話を切ったら、


コトいわく

「ママ!私が一兆円になったってどういうこと?!♪」

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援、励みになりまーす^^;
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-02-27 23:37 | 泣き言 | Comments(0)

双子のキャラが全く異なる家

夕方、ツヨがDSを自分から止めて
私のところにふらふらと甘えてきました。

自分から終わるなんて今までなかったので
よしよしと添い寝していたら

そのうち小刻みに震えだし・・・

熱を計ったら40.6度・・・

ひゃー・・・Σ(゜д゜lll)

またインフルエンザ?

この急な発熱、ぜったいそうだろう。

学校でも流行っているからね~

耳鼻科に行ってまたリレンザ。

自分も前回インフルエンザにかかって学習したことは
カロナールを我慢しないで
とにかく飲むこと。

大人の関節の痛みとだるさは子どもとは違うかもしれないけれど、
6時間あけてくださいと言われて
あと1時間、あと30分・・・と待ちきれないくらいに
自分は飲んで何とかやり過ごしました。

眠れていれば飲ませなくても様子見で、とか
解熱剤を飲むと治りが遅くなる、とか聞くので
子どもにはあまり飲ませなかったけれど

子どもには選択することができないのだから
頑張らせて苦しい思いをさせてはいけないなと思いました。

ツヨに今回すぐ飲ませてみて40度から38度へ。
一日経ってまた40度に上がったからもう一回飲んで下げて。
と二回繰り返したけれど、
38度になっていくときの
ラクそうな表情を見て
今まで飲ませないで頑張らせて悪かったなぁ・・・

なんて思いました。

さらに一日経って、
こんなに元気になりました~^ - ^
f0025201_21451380.jpg


シャッター音に気づくと
ひそっとVサインをしてくれます。^^
右手がひっそりとVサイン。

ちなみに今のところインフルエンザにうつっていない
これが無敵のコト。

f0025201_21483152.jpg


きょ、きょわい。
うちゅーじんだっ。(゜д゜lll)

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも応援ありがとうございます!
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-02-21 21:53 | 双子の姉のこと | Comments(4)

最近のツヨぽん。&コトへ贈ることば

最近のツヨはDSブームアゲイン。

前にはまったソフトに再はまりです。

外出とご飯とおふろとトイレ以外は
ずっとやっています。

「ごはんよ~」
と言うと「わーっ!」と・・・

しくしく泣くことも・・・

あと1回とか
いろいろ試してみたけれど
切り替えられない。

じゃあもう隠してしまえ。と戦略を考え、
「おしまい。」と強制的に隠したら
この間の暴れ、たたき事件になってしまったのです~・・・

おーまいがー

ちなみにこの体勢。
f0025201_224153.jpg

真剣。
f0025201_224984.jpg

ちょっと邪魔だ・・・
f0025201_2241786.jpg
コードを必ずつけるところが律儀。
以前、急にバッテリーが切れて
「あ。」
と教えてきたので、
コードをつけるんだよ~と教えたら
以後ずっとつけてやることに・・・^^;
充電の意味がわかった?(わかり過ぎた・・・?)

目が悪くならないようにしないと。

しかしこの集中力&持続力って・・・



そうそう
もうすぐコトの学校で
10歳を祝う会というのがあって、
(二分の一成人式みたいな)
親から子へお手紙を渡すそうで。

うーん・・・

なんて書こう

悩む

明日しめきり。

ブログ書いてないで

早く書けって?

生まれてきたときの思いや願いを書いてください、か。
あとはツヨのことにも触れるんだろうなぁ。

あなたはあなたでのびのびやってね、とか?

すでに大分のびのびしてるけど

うーん、悩む。


お、今晩日テレ系で自閉症に関する番組があるようですね。
0:50~1:45です。
見てみようかな。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援うれしいです。ありがとうございます。
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-02-17 22:49 | 双子の姉のこと | Comments(2)

校外学習でバイキング?!

今日は学校の校外学習で、
ステーキガストに行ってきました。

下校のお迎えに行くと、
おなかがぽんぽんにふくれている!^^

連絡帳を見ると
チーズインハンバーグ、オレンジジュース3杯、
カレーライス3杯、パン4個、ミニアイス1個、食べました!と・・・

家でお膝に抱っこすると
ズッシリ。
でしょーな・・・

今回の校外学習はバイキングを体験する、というもので、
バイキング形式のお店は、
家でもやっと今年から行くようにはなったけれど、
「自分でとる」という
親ではなかなか勇気がでないことを
学校で事前学習も含めて練習してくれました。

いつも給食で頑張っている、出されたものを残さず食べる、バランスよく食べる
ということをちょっと横へ置いておいて、
「好きなものを(基本的に)好きなだけ取って食事を楽しむ」
ということの理解から始まりました。

食べ物の写真(絵かな?)をカードにして、
自分で取る、という練習。

給食の配膳をバイキング形式にして
食缶から自分でおかわりにいってよそう。

そして
当日は路線バスで出かけて、
お店ではこういう流れで、メニューがこうで
またバスで帰ってくる、という写真等での学習。(たぶん)

やることが分かっていれば
自立して行動することがとても好きな子どもたち。
自信を持って楽しく食事をして帰ってきました。

・・・

しかしながら

知的障害のある自閉症の子ども6人が
お昼にバイキングをする・・・

先生もチャレンジするな~・・・

脱帽。

ツヨにとって、食べることは人生の喜び。
一生ものの学習と思い出になるでしょう。



校外学習か・・・。

小学一年の頃は
急にびゅーっと走り出すし、
路線バスなんて絶対無理だから、
足手まといになるので
ツヨは留守番でいいです。

と涙ながらに本気で言っていた頃もあったっけ・・・

6人の中では
ダントツでツヨの認知は低いのです。

ツヨはツヨなりに
頑張ってみんなについていって、
たくさん恩恵を受けているんだと思います。

お友だちと先生にありがとしないとね。

夜、何食べたの?と聞いてみました。
「ハンバーグ?」
コクン、コクンとうなづいて「ば・ば・・・」。

「パン?」
コクンコクン「ぱ・ん」
じょうず!

「カレーライス?」
コクン「あ・え・・・『むずかしいなぁ』」

「ジュース?」
「う、う、」(ジュース)

一生懸命教えてくれました。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援うれしいです。ありがとうございます。
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-02-14 23:04 | 小学校での学習 | Comments(6)

『ね、ママ、まだ怒っているの?』

「わー!わー!(っとさわぐこと)は×」
「これ(ジェスチャーでママをゆさぶるマネ)は×」と
はっきりした態度を見せた後、
ツヨは少し変わりました。

まだ心と体の苛立ちは
一日何回かわきあがってくるけれど

思う存分、好きなように出していいものではないと
少し感じ取ってくれたのかもしれません。

今日は、月1回の児童精神科の薬の処方の日でした。
5分くらい先生と話す時間があるので

「理由がはっきりしなくて
空腹時や起床時、退屈な時などに暴れることがあること」
「ここ数週間、毎日続いていること」

「むしろやるべきことはきちんとやっていて、
家のそとでは、教わったことを楽しげにきちんとやろうとしている。」

理由があること
例えば(これやりたい!これやりたくない!
エレベーターや電車にもっと乗りたい!レジで待てない!
レストランで待てない!)
などで騒ぐといったことはほとんどなくなって

とってもお利口なこと。
別人のようだと、私。

理由がなくて騒ぐのも大変だけれと、
やるべきことはきちんとできているのであれば
認知は上がってきていると、先生。

もやもやしたものは避けようがないけれど
いつか落ち着いてきそうな気配があるね。と
私ももうすぐ落ち着いてきて、
また一つ階段をのぼれるような予感はしていますと。

ただ、そういっても、尋常じゃないくらい騒いだ時の対処が問題です。

理由がないので物を与えてもだめ。

そういうときは朝・夕の薬にあと一包追加で飲ませていいということになりました。

そして、いつか来る階段をのぼったら、減らしていく。

そのやめ時もむずかしいけれど。

やれることはすべてやった
いい先生方に恵まれ、周りはみんな優しくてかわいがってくれる、
私も仲間もいる、預けられるところもある。
自分のことは自分でやるようにコツコツとしつけている。

わがままと、がまんできないことと
見極めていくときがきたか。

求めてくる抱っこも何回に1回は断わっていくかな。

私もできるだけ疲れをためないように
あまり難しく考えないで
いくようにします。

どちらにしろ

おかあさんって特別な存在なんだよなぁ・・・
とちょっと心が痛いです。

できることならおなかの中にもどして
ずっと一緒に過ごしてあげたいくらいだけれど、

ようしゃなく人生は進み、
思春期を迎え、
私の身体も力も超えていく。

いつまで甘えてくるのかな。
きっと一生。

今日の朝も、抱っこはしないよとクールにしてみた。
家事がひと段落して
私が床でちょっと寝そべっていたら、
そーっと足元から添い寝してきて、
じりじりと私を腕枕にニコニコのお顔で張り付いてきた。

私の手をとって
自分に巻きつけようとしている。
私がわざと手をダランとしていたら
一生懸命よいしょよいしょと
調節していました。

『ね、ママ、まだ怒っているの?』
といいたげに。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつまで怒ったらいいのか難しい・・・
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-02-11 00:13 | 自閉症の息子のこと | Comments(8)

もう、暴れるとかなわない

ツヨは一見落ち着いているように見えますが、
実は紙一重。

いつもストレスをいっぱいためて生きているんだろうな。

どうしても自分が抑え切れなくて、
暴れることもあります。
ここのところは毎日。

理由はどうしてか?

いいえ。
理由なんてわからないことも。

本人にもわからないことで
怒りの気持ちが湧き上がっているのでしょう。

むしろお互い理由がわかることでは
怒ることはあまりなくなってきました。

やれることはすべてやっている。
できることも少しずつ増えてきた。
言葉がないから、わかりやすくたくさん愛情も伝えている。
求めてくることにはできる限り答えようとしているし、
こちらの要求にも一生懸命答えようとしている。

それでも
急に大声でイライラをぶつけてくることがあります。

私に大声で飛びついて
首に巻きついたまま
一緒に倒れようとしたり、
しがみついていたかと思うと
身体を急にいらっとばたつかせたり、
私をたたくこともあります。
そして、いけないことをした、という表情に一瞬だけ変わります。

そしてまた
うわーっと私の膝で暴れる・・・

痛いし
35キロくらいあるので
急な動きがだんだん恐怖に感じます。
いつ怪我をしても不思議はないです。

ツヨの動きはいつもは穏やかですが、
基本的に
特異な動きが多いです。

生まれつきの運動神経は悪くないかもしれないけれど
体の動かし方が未発達なんだろうなぁと思います。
自分で制御できていない・・・という感じ。

とにかく急に暴れだしたときの
私の心身の痛みと
家族のこおりつきようが
ジリジリと高まってきています。

なだめても厳しくしても
好きなだけやらせておいても
抱っこしても
とことん付き合っても
心から共感して代弁しても
薬も飲んでも

このトンネルを抜けるまでツヨの様子はどっちにしても同じ。
いずれは抜けるのは分かっているけれど
痛い。

制御できないくらい騒ぎながらも
正気は失っていないので
私の対処をみている。
甘えているからこそ、ぶってくるし
体当たりしてくる。

何をやってもこれ以上悪くなることはないのなら、
極端に厳しい態度をとったらどうだ。

極端に
「ママはすごく怒っているし、痛い」
と伝える。
極端にしないと伝わらない。

今日はその態度で一貫してみよう。

するとだんだん怒りがおさまってきたら
今度はケケケッと笑い始めたツヨ。

なぜ急に笑うか。
そりゃ自閉症だから。
わかっちゃいるけれど・・・こちらも忍耐力の限界だ。

怖い顔の私を見て
急に神妙になってきた様子。
ごめんなさいは?というと
おおまじめなかわいい顔でぺこんぺこんと頭をタテに振る。

可愛くて愛しいけれど

力ではいずれ負ける。

甘えたいと私の手をそっと触ろうとする。
「だっこはしない。」
「ママは怒っている。」
ときっぱり伝える。

そのまま半日、
厳しい表情で過ごしました。

スケジュールを明日の予定に張り替えたくて
私の顔色を伺うツヨ。
「明日は学校はありません。」

ツヨ、学校の写真をはがす。

そんなこと言ってもわからないから言わないけれど
「児童相談所の人にきてもらって
どっかに連れてってもらうからね!」
と心の中で言ってみた。
そしたら泣けてきた。

そんな心を知らずに
やっぱり神妙なかわいい顔で
明日の予定のところに
私の写真をそっとはるツヨでした。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
みんな頑張っているんだから頑張ろう・・・
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-02-08 23:27 | 行動障害・問題行動 | Comments(10)

イナビル練習用器はすぐれもの~

みんな元気になってきました。
パパは点滴、
私とツヨはイナビルを吸入。

イナビルはタミフルより比較的早く効くということと
何日も続ける必要がないので
去年から進んで希望して処方してもらっています。

薬をもらったらすぐ(薬局内でもいい)
吸入します。
10歳未満は一個。
10歳以上~大人二個。

幼い頃はリレンザをうまく吸えなくて
逆に吹いてしまって粉を舞い上げて失敗してしまったので

去年は練習して練習して
(スー、ハー、スー、ハー、はい!みたいな)
なんとか吸えたけれど

今年はなんとギリギリ10歳だから二本もらえて
何たる安心感・・・

多少失敗してもいいんじゃないかと・・・

しかも

第一三共はえらい
(関係者じゃありませんよ)

「イナビル吸入確認用」
という
薬は入っていない
おもちゃみたいな練習器ができていた!

うまく吸えると
ピィ~
っと音が出る。

(厳密には練習用ではなくて、
吸える力があるかどうか確かめるもの)

さっそくツヨに吸入タイム。

見本の紙を見せると
やる気マンマン。
昨年やったのをおぼえている。

練習用を
はい、と渡すと
思いっきり吸った!
思いっきりピィ~と鳴った! (そりゃそうだ)

ツヨ、ピィ〜に若干ビビる。
そして味を確かめる。
・・・あれ、味がない・・・
みたいな顔。

もう1回練習。

ピィ~!!

まぁ、いい音。^_^
と感心していないで
さっさと本番にいかないとね。

本物のイナビルを渡す。

思いっきり吸った!
薬が思いっきり出てきてた。
そしてむせた!!
だよね・・・薬、入ってたねぇ~^^;

でも一本を二回ずつ
計四回
思いっきりじょうずに吸えました。

そして4回ともむせましたとさ。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
がんばるツヨに応援ありがとうございます^^
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-02-01 22:14 | 病気・病院・予防接種 | Comments(2)