<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

また暴れる

また暴れています。
一日1〜2回。
怒って叫んでぐわっと抱きついて、
抱きついたまま、のたうち回り、
ダッと走って破れかぶれにどこかに突入…。

危なすぎる…

家のエントランスの一階の道路脇で暴れて、
抑えようとトレーナーを掴んだら、
(腕だと折れてしまいそうなので)
すっぽりと上半身ぬげてしまって上半身はだかに。Σ(゚д゚lll)

ギャーギャー叫ぶ30キロの裸ん坊を
抱っこで何とか帰ってきました。_| ̄|○
家に入るとコトが一言。
「ツヨの叫び声、ここまで聞こえてた…」
あぁ多感な娘よ、すまないね。

窓を締め切っている7階までか…

一階や、抱っこで走り抜けてきた廊下のお宅は
さぞやびっくりしたでしょう。

さ来週末、住民集会で
災害時要支援者として皆さんにお話する機会を
もらっているんだった。
何とか誘導して連れていかないと。

要支援というには
あまりに元気すぎる…_| ̄|○

災害時のほうが
何かを察して
お利口だったりする 。(^_^;)


この日常のかんしゃくをどうにかしないと。(~_~;)

今まで怒らなかったようなことで、
突然火がついたように怒る。

薬も再開しています。

普段は大体落ち着いていて、
勉強も運動も集団生活も
まあまあできている。

成長…

といえば成長。

しかし危ないし迷惑…

そして疲れた…

ツヨを嫌いになりたくない…

家族も周りの人も
みんなそう思っているんだよ〜…


応援クリックありがとうです~(~_~;)苦悩中➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-30 20:55 | 泣き言 | Comments(20)

言葉の発達 その2

ツヨが五十音を覚えました。

並び順はもちろん、

母音の音の聞き分け
 「か」はあの段・・・
 「れ」はえの段・・・など。

なので50音全部の字を書きながら
唱えているのが
「あ、い、う、(え)、お・・・」注:(え)は難しいの。
は、ひ、ふ、へ、ほでも口の形は
「あ、い、う、(え)、お・・・」

子音がない・・・
「つ」は?どれ?ときいても
「す」を差したりする。

もし
もしね

この先万一、少ししゃべるようになったら
この人は全部母音でしゃべるかもしれない。

「おあおうおあいあう。」(=おはようございます)
というように。
聞き取るほうにもが必要ですな。

ツヨにもこういう風に聞こえているのかもしれない。

「ツヨ、おいなあい。おあんお。」って言っても
状況で読みよって「おきなさい。ごはんよ。」と理解できるのでは。



お正月のころはDSのあんぱんまんのあいうえお電車を
あてずっぽで並べ替えてたので
その頃に比べると、かなりの進歩!

あとは物にはそれぞれ「字」があることに気づいてくれれば
筆談につながりそうです。

カードを掲示しながら、「あんあーあーうああい。」(=ハンバーガーください)って
いえたらいいなぁ。

それにはまだまだ気の遠くなるような練習と段階がありそうです。

将来、役立つとか役立たないとか
ツヨにはどうでもよくて、
ただ、面白いからゲームとして遊んでいます。
楽しんで興味を持って勉強してくれるといいな。





f0025201_2344463.jpg



あ、またはあの段










f0025201_23504840.jpg
これは「ひ」です。










f0025201_23452378.jpg
「う」、またはうの段











ちなみに書いた字はどうなっちゃったかと言うと、

全部重ねがき・・・
自由・・・
しかもつかうクレヨンは薄だいだいのみ。f0025201_03422.jpg

そろそろクレヨンのバラ買いに行かないと~

応援クリックありがとうです~➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-24 00:10 | 小学校での学習 | Comments(8)

家でのお手伝いは何ができる?

数少ないツヨのできるお手伝い。

食事の配膳。
みんなのお箸やお皿をカウンターに置くと
それぞれの席においてくれる。
(自分が早く食べたいから協力的。f^_^;)

三つ折りにしてある布団を
引っ張ってひいてくれる。
(自分が早くゴロンとしたいからf^_^;)

気分がよければタオルの洗たくたたみ。
気分がよければカーテンの開け閉め。

気分がよければ学校のリュックの用意と片付け。

どんだけ気分が悪いんだ…

学校では雑巾掛けや窓拭き、
アイロンかけ
簡単な調理や畑仕事などやっているそうですが、
家では時間的に一大イベントになりそうなので
今のところやっていません…(~_~;)
このまま母の腰が重いと
いつ成果を発揮できるのか
全く定かではないです。


あと家でいつでもやってくれのが
トイレットペーパーを
袋から出してトイレの棚に補充すること。

今日は最初は一個ずつ持ってきたけれど
最後はいっぺんに運んできた。
面白いからカメラを取りに行って帰ってくると
そのままのポーズで
「あ"。」
と抗議していました。

f0025201_22243143.jpg



応援クリック、嬉しいです!ありがとうです~➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-20 22:11 | 家での教育・しつけ | Comments(2)

言葉の発達 その1

なかなか成長しないようにみえて
過去の記事を見てみると
ちゃくちゃくとできることが増えていることに気づきます。

〇〇療法をして劇的にできるようになった!
ということは全くなくて、
普通のお子さんができるようになっていくことが
時間をスローモーションにして
同じような段階を経ているなぁと。

まず小一でカードを使いながら
食べたいものの指差しをする練習をしました
カードをさして要求するとその場でボーロがもらえるという
ご褒美をつけると、
楽しさもあって1時間くらいでできるようになりました。

するとしばらくしてクレーンが消えました。

今ではパン屋さんに行って、
食べたいパンを伝えてくれるようになりました。
レストランのメニューも、
行く行かないも、
なんでもビシッと差してくれます。

先日、先生とママが並んで
先生どっち?ママはどっち?
と先生に聞かれて
「うーん・・・?」と考えていました。
〇〇はどっち?という質問は結構難しいです。

半年位して、ジェスチャーでうん、ううん、の首フリをしました。

この指差しと首フリで
今まで本当に意思疎通ができなかったのが
ずいぶんと楽になりました。

小二で数字が1から10に順番に並んでいることに気づきました。
(数の概念はまだです)
100まで並べられました。

エレベーターのボタンを指しながら
「んー。んー。(いち、に・・・)」と順番に数えて感動。

小二の冬に物に名前があることに気づきました。
今まで聞こえていた、ただの音が
一つ、また一つ、意味のある音に聞こえてきました。

知っているものの名前を私と共有できて大喜びしました。

小三になって学校でマカトンを教えてもらって
お友だちや先生と少しコミュニケーションをとることができました。

ひらがなの50音が順番に並んでいることに気づきました。

あ、い、う、おが言えました。
お返事をしました。

そしてたぶん物には名前があって
それぞれにひらがながあることに気づき始めました。

さっき、
あ行以外も
一生懸命
50音全部言おうとしているのを私が気づきました。

母音はあっています。

口の形もやろうと努力しているように見えます。

「ら、り、る、(れ、)←難しい ろ」

声こそ吐息のように小さいけれど
確かに出ています。

毎日アイパッドのひらがな遊びをして
おふろの50音表をみて、
なぞってなぞってなぞって
指差したのを私がお風呂でクラクラしながら読み上げて読み上げて・・・

たぶん50音の一個ずつがだいぶ聞き分けができてきたのでは。

この先はまだまだ続く・・・
目標は単語を読めることや書くこと。
好きなものの名前の字が読めること。
自分の思いを字で書くこと。

そこまでにはまだまだ踏まなければならない段階があります。

でもちょっと楽しくなってきた。
ツヨも私も。


応援クリック、嬉しいです!➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-15 21:51 | 言葉の発達 | Comments(9)

ふら〜っといなくなる瞬間

我が家の住む地域では桜が満開。(^^)

昨日は近所の公園で
近所のご家族とお花見。

みんな幼児の頃からの仲間で、
ツヨ以外のお子さんは
近くの小学校の支援級に通っています。

一番大変な幼児の頃に
誰一人として気取っている余裕はなく、
時に兄弟児をかかえてやり繰りに四苦八苦し、
お父さんの応援も十分に得られない中で、
バスで4、50分かかる療育センターまで
通っていました。

子供達はみんなまっすぐに成長しました。
なんて素直でいい子達なんだろうと、
お母さん達のがんばりに感動です。

お母さん達は食べておしゃべりして
桜を愛で、
子供達とお父さん達はひたすら泥警などの鬼ごっこ。
7家族計26人。
楽しかった〜\(^o^)/

ツヨはパパと私で交代で監視お世話。
子供達とからんで遊ぶことはできないので
(雰囲気は十分楽しんでいるのよ)
iPhone、iPadで遊び、
ふら〜っと歩き出したらさっと付き添ってしばし散歩。
5、6回放浪し、
ちゃんとみんなのいる公園に帰ってくる。
心が成長してるなぁ。

パパはお酒がとっても弱いので
酔って付き添って歩く危険さを承知してか、
ノンアルコールビールでしのいでくれました。
(飲むと真っ赤になってねちゃう…_| ̄|○)

しかしふら〜っとシートからいなくなる時の
静かな素早さはあなどれない。
いなくなるよと肩でも叩いて教えてくれたら世話ないんだけど。_| ̄|○
道路から奥まったところに場所取りをしてくれてヨカッタ。

うーん、もう少し足が大きくなったら、
靴ヒモを結ぶタイプにしようかしら。
結ぶ間、ちぃっとは時間を稼げるでしょうよ。f^_^;)
あ、靴同志を縛っておくというのは?-_-b




応援クリック、嬉しいです!➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-10 00:12 | 外出 | Comments(4)

実家のタンスに隠し〇〇

今日からツヨも高学年の4年生。

教室は変わったけれど、
担任の先生は変わらず。
そのことに心から感謝します。

去年は先生にたくさん話しかけてもらって、
この先生はぼくに何を伝えようとしているのだろう、
ぼくからもどうにか伝えてみよう、
とおそらく生まれて初めて
はっきりと感じ始めたツヨでした。

今日は久しぶりに会った先生とツヨ。
ブログを読んでくださっているので、
「ツヨ!元気になった?
エンエンしたの?
いっぱいエンエンしたのね?」
とピョーンと抱っこしてくれました。

言っていることは何割も分らなくても、
笑顔とジェスチャーと
そしてあえて言葉をつけていく大切さ。

ツヨも満面の笑みで
とにかく『うん。うん。』とうなづいていました。

学校で、
将来の土台になる精神力と体力を
ゆっくりつけていってほしいと願います。




そうそう
久しぶりに実家のことを少し。

母が認知症でグループホームに入ってちょうど一年。

この2月に
父がころんで救急車で運ばれることがあり、
血圧も高いので老人ホームを探していましたが、
先日、入所しました。

実家を処分することになり
時間を見つけて整理に通っています。
f0025201_23141244.jpg

ドロボウに入られたわけじゃありません。

築50年。
家族5人で暮らした自分の子供の頃が遠いことのようです。
まもなく古い家具ごと取り壊しになる予定です。

着物・・・どうしよう。
タンスの行き場がなく、
姉が「13日にリサイクル業者にきてもらうよ!」
とメールしてきたので
(そういうときは結構すばやい姉・・・)
いつかコトが着られそうなものを急いで取ってきました。
f0025201_23201322.jpg

懐かしい。

f0025201_23214811.jpg

かわいいショールがありました。

看護師をしていた母がコツコツ買ったものです。

留袖やかすりの着物は
・・・うーん
ごめんなさい。

だれか引き取ってくれないものか。

食器やら鍋やら
あれもこれもとりあえずうちに運んでいたら
一部屋満杯になってきました。
持って帰ってきても
使うたびに思い出がせつなくて
複雑ですが。

ん?待てよ。このタンス。
ふと
母が何十年も前に一度言った言葉が
切れ切れに浮かんできた・・・

「・・・もし私に何かあったら
ここの〇〇の裏に〇〇があるから、
あんたにあげるからね・・・」

あれっ!

なんだっけ?

えーと。

・・・

しばし引き出しを開けたりしめたり・・・

あっ!
f0025201_2339536.jpg

引き出しに段差がある・・・

引き出しを取り出すと
反対側にヒミツの引き出しが!

おー。ミステリー映画みたい。

f0025201_2347141.jpg

古い古い指輪などが入っていました。
決して値段の価値は高いものではないでしょうが、
子供の頃、
母がここ一番のときにしていた指輪が。
懐かしい。

大風でガタガタと本当に揺れている古家の中で
一人
おーっとしゃべっている自分がおかしいやら
寂しいやらで
つい記事にしてしまいました。
どうしてふと思い出せたのか。
不思議です。


応援クリック、嬉しいです!➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-06 23:59 | 自分のこと | Comments(2)

一瞬の夢を見させてくれた宅配

ツヨに笑顔が戻ってきました。
ぎゃっと大きな声を出すことも
一日何回もなくなり、
そのたびに私の心臓がドッキリすることも減って
ひとまずヤレヤレです。

一昨日のこと。
コトが「春休みがヒマでしょうがない!」
とぼやいたので
(どこにも連れていってないので、そりゃヒマですわ・・・)
ア〇ゾンに注文しておいた本が届くはずでした。

ピンポーン!と1階のドアで宅配のお兄さんが鳴らし、
わが家は7階の一番奥なので
玄関を開けてしばらく待っていました。

ツヨも軽く跳びつつも、じっと玄関にたたずみます。(宅配大好き)

・・・なかなか上がってこない。

あ、そうそう印鑑、印鑑。
と私がちょっと引っ込んでいる間にお兄さん到着。

すると
玄関にたたずんでいるツヨが
「お届けものです。
印鑑かサイン、いただけますか?」
とフツーに話しかけられている!
手をおなかの前で新入社員みたいに組んで
きりっと立っている小4の男の子ツヨ。

もちろん反応なし。
でもその間合いがおかしくて
ブッと噴出しそうになりながら
私が印鑑を押しました。

いかにも受け取りそうに玄関の真ん中に立っているので
めちゃくちゃ紛らわしい!

でも一瞬わが家のしっかり者の長男に見えた。
きっとお兄さんにもそう見えたのか。
それが嬉しくて楽しくて
主人に話して
わはははは!と笑い合いました。

どんなに落ち込んでも
いつかはこうやってまた笑うことができるものなんだ。

応援クリック、嬉しいです!➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-04 01:31 | 自閉症の息子のこと | Comments(6)

いつかずっと先、お別れするときがきても

たくさんの心温まるコメントやメールをありがとうございました。
鍵コメントでも長いメッセージをいただいて、
記事の一番下まで、
長ーい巻き物みたいになりました。

ツヨが大きくなるまで、
また同じように落ち込む日が
きっと何回かあるでしょう。

その時は、また記事とコメントを見直して
思い出します。

一年に一回くらいは、
もう施設に入れないと
こっちがおかしくなる、と
追い詰められるときがあります。

でも数日やり過ごすと
またかわいいい笑顔を見せてくれるようになって、
一日だって離れられない!と
穏やかに愛おしく触れられる日が訪れます。


一昨日、
さめざめとこの世の終わりのように泣いて寝付いたあと、
何となく
録画しておいた
「レインマン」を見たんです。

2年くらい前にも見ましたが、
映画は二度目に見た時の方が
結末がわかっている分、
じっくり見れる気がします。

生き別れていた重度の自閉症の兄を
最初はお金目当てで誘拐に近いことをして、
一週間数々のこだわりに振り回されながら旅をします。

兄の飽き飽きするほどの儀式的なこだわりに振り回されて、
精神がギリギリとノコギリのようなもので痛めつけられていくところが、
痛いほど分かりました。
それと同時に、
自閉症であるがゆえにいだき始める
愛おしさも。

ラストは最初見た時は、そうなんだ…と思ったぐらいだったけれど、
今回は、
これしかないと思いました。

ツヨの将来とだぶり、
涙が止まりませんでした。



この子達は記憶力がいいからこそ、
幼い時にたくさんかわいがられた記憶は
きっと一生残るでしょう。

楽しい記憶を一つでも多く残してあげる。

それこそが
ツヨとって一番大切なことだと気づきました。

たとえいつか
ずっと先
私とお別れする時がきても
ツヨの中で
楽しかった思い出が積み重なっていれば、
きっと安心して生きていけると
そう信じていきます。


応援クリック励みになります!➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-01 23:48 | 自閉症の息子のこと | Comments(10)