<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ポロシャツは一番上を開けて着てみない?

お隣の奥さんから
誕生日のお祝いに洋服をいただきまして・・・

コトは小花柄のウインドブレーカー。
ツヨにはポロシャツ。

いつもTシャツばかり着せているので
ポロシャツだ!と
私が張り切って「着てみて」と渡すと・・・

素直に着てみるツヨ。

そして一番上のボタンまで
しっかり装着完了。

うーん・・・

そうだよね。
あるものね。
ボタンがね。

でもね、ちょっと一番上は開けてみようか。
単に好みの問題ですが、なにせ首が短いし。

怒るかなと思ったけれど、
「ちょっと、ちょっとね?開けていい?」と言いながら開けてみました。

ここも閉めるものだよ!と怒るでもなく、されるがまま。
心が読めない。
気持ちが顔に表れない人です。

その後も着せる日の朝はやっぱり一番上まで閉めるけど、
私が首もとに手を持っていくと
『あ、開けるのね。』みたいな感じでじっと待つようになりました。

学生服や作業服などであれば
苦しかろうが窮屈だろうが一番上まで閉めて欲しい。
全部閉める習慣はこわさないでいきたいです。
(ツヨは必ず律儀に全部閉めるのでその心配はしていないけれど)

このポロシャツはママが後から開けるんだなぁみたいに
思ってくれるといいかなと。

なんでもいつでも100%そうしないと!
という習慣でなく、
あ、何でか分らないけど、
ちょっと違うときもあるんだなと許せる
柔らかさを持っていてほしい。
そんなにうまくいくことのほうが少ないかもしれないけれど。

なぜかいい笑顔。
何を考えているのでしょうね~。

f0025201_2150030.jpg


 応援のクリック励みになります。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-10-31 22:35 | 日常生活 | Comments(12)

双子が私のところにきた日

ツヨの学校のそばの海。

f0025201_23365435.jpg


雲のきれいな季節ですね。


ツヨとコトの生まれた日も
こんな空の高い秋の日でした。

帝王切開に行く前の病室からみる朝の空は
怖いくらい静かに澄んでいたのを覚えています。

長いこと子供ができなかった末に双子が生まれるというので
主人の実家のお父さんやお姉さん、
私の父母と姉、
そして主人の6人が駆けつけ
「無事に生まれました」と手術室から出てきた医師に告げられ
皆、本当に小躍りして喜んでくれたそうです。

皆に祝福され、
幸せを願って生まれてきた双子たち。

幸せに生きてほしいです。
ああ、このおうちに生まれてきてよかったと
思えるように・・・。


f0025201_23373585.jpg


 応援のクリック励みになります。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-10-26 23:56 | 自己紹介 | Comments(8)

生まれてきてくれてありがとう

昨日はコトとツヨの誕生日でした。
9歳になりました。

生まれてからもう9年も経ったのか。

ずいぶん手のかかる双子だったなぁと思いつつ、
子育てなんて多かれ少なかれ
そんなものかとも思い。

昨日はおじいちゃんの家でケーキを囲みました。

誕生日なんてツヨには分らないと、
幼い頃からずっとせつない気持ちも感じていたけれど、
ケーキはいつも用意してきました。

ケーキの箱を見るなり早く開けろと騒いで、
ローソクすら立てる前に丸ごと食べ始めた年もあり、

今度はローソクにこだわってしまって
何回も何回もつけろと騒いで
部屋中けむりになった年もあり、

ちゃっかマンにこだわってしまって
吹き矢みたいにちゃっかマンを吹こうとした年もあり。

そんなツヨが今年は「イベント」としてついに理解し、
すべての儀式を粛々とこなしてくれました。

普通の、
本当に普通の誕生会ができるんて。

ビデオを回してローソクをつけ、
コトと一緒に
「フー!」と消し、
ろうそくを抜くのもケーキを切り分けるのも、
こんなに普通にゆっくりやっていいの?
というぐらい(今まで3倍速くらいの速さだったので)
おじいちゃんもドキドキさせずに済みました。

誰より早くケーキを食べ終わり(パパの介助付き)
食べ終わった瞬間に
一切れ残っていたケーキを指差して
「あっっ。」(これも!)
と言ったときはあまりのかわいさに
みんなでどっと笑いました。

いつまでもその純粋なままで
みんなに愛される人になってほしいな。

コトもいろいろなことに気を遣い、
我慢もさせてきたけれど、
優しい子に育ってくれたように思います。

二人とも
生まれてきてくれてありがとう。
 応援のクリック励みになります。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-10-23 22:16 | 自己紹介 | Comments(20)

ツヨがお返事した日

お風呂で向かい合って「あー」と発声遊びをしたときです。

人に促されることでは、なかなか発声しないツヨが

「あー。」と。

おやっと思って
試しに「おー。」と言って見ると

「おー。」とツヨ。

おーが言えたの?すごいじゃない!
上手だねと誉めると
私に続けて何回も「おー。」

翌日学校の先生に連絡帳で報告すると
夕方「すごい!やりましたね!」と連絡帳にお返事が。

学校でも「あー」「いー」「うー」「おー」ができたそうです。

さらにその日は名前を呼ばれると
「はぁーぃ。」!
お友だちや先生に何回もお返事したそうです。
「はぁーぃ。」の発音も「あー。」に毛が生えたような感じだけど、
やりとりとして発声できたのは初めてかも。
「おー」や「いー」もじっと口元を観察して模倣して出した音です。
「あいうえお」ありきの音じゃない。
苦労して、練って練ってやっと出している音。

今までも「ババイ」(バイバイ)や「ババガ」(ハンバーガー)
「パン」など発声したことはあるけれど
なかなか定着はしません。
今回も消えてしまう前に
ビデオにひっそりと録画。

でも今日現在は楽しそうに発声しているので
よかったら喜んでやってください。

「うなづき」や「どっち?」のジェスチャーなどは定着しました。
要求に使えるなど、ツヨにとって便利なものでないと
ツヨのなかでは定着が難しいのかもしれません。

それはツヨにとって自然なこと。

でもこちら側としては嬉しくてつい何度もやらせたくなってしまう。

またね、声がですね・・・
声が~・・・

ああ、君はこんな声なのね?としみじみ。

とても柔らかくて優しい声です。

じっとこちらの口の形を見て模倣しています。
動画で載せたいくらいです。

学校や言語療法の先生、
ツヨを見てくださっている方々、
そしてお友だち。
みんなのおかげです。
 応援のクリック励みになります。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-10-20 22:21 | 言葉の発達 | Comments(17)

試すような真似してごめん。

言葉はしゃべれないし、
難しい文章も分らないツヨですが、
そのやり取り感は次第に増しています。

まるで言葉の通じない異邦人と
身振り手振りとカタコトの単語で
必死に分かり合おうとしているかのよう。

いつもスクールバスをおりてマイカーに乗せると
お気に入りのジュースをツヨに渡します。

はい。っと渡しているけれど
今日は
「ジュース飲みたい人?」
と尋ねると
さっと手を挙げてコクンとうなづく。

さらにちょっとふざけてみようと思って
プシッと缶のタブを開けて私が飲むふりをしてみました。

「あっ!」っと怒るかな?
(ツヨがコミュニケーションとして自在に発音できるのは「あ」だけ)

すると・・・

ジュースを飲む真似をする私の目を見て、
あ、違うよ!みたいな顔で
だまって「自分」を指差しました。

「自分」
というものを意識して伝えてきたのは初めてでした。

わぁ!そんなことできるの?
と思って
「ツヨの?これツヨの?」
と聞くと
コクンコクンうなづきながら
自分の肩か胸のあたりをちょんちょんと指差すことを続けます。

「どうぞ。」と言って渡すと
安心して(きっと冗談だとわかっていたけれど)
飲み始めました。

けなげでぐっとくるけれど、
しゃべれなくてさぞかし不便だろうけれど、
ぎゅっと抱きしめて泣いていてもツヨには何の足しにもならない。
せめて「じょうずだね!」と笑ってほめてあげると
嬉しそうにツヨも手をパチパチしていました。

 応援のクリック励みになります。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-10-19 00:30 | コミュニケーション | Comments(8)

双子が夢の連弾?!

コトの部屋からピアノの音が・・・
何だか音がいっぱい。と思ってのぞくと・・・

こんなことになってました。
f0025201_2255228.jpg

子供がいない頃買った
安い電子ピアノが、ほぉ、こんな日を迎えるとは。

コトがゆっくり「ドレミファソラシド」と弾くと、
ツヨがコトの指をみて「ドレミファソラシド」と!

今まで指で一個一個弾いたのを見たことがなかったので
五本使っていたのにびっくり。
握力はないので超柔らかタッチの音だけど。

見本のコトの指が
親・人・中・薬・子・子・子・子・・・だったのがイタイけど・・・
はい、ちゃんと見本どおりに。

 応援のクリック励みになります。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-10-12 23:07 | 双子の姉のこと | Comments(17)

小さいうちからお財布を持つ意味

今日は日曜だけどパパとコトがいなかったので
久々にツヨと私の二人でお散歩へ。

私と行くときは大体いつもこの道。
私が
「しゅっぱつ~・・・」と言うと
さっと手をあげるので
「しんこー!」と続けてあげます。
f0025201_2126399.jpg


あちこちの公園をハシゴ。
二つ目の公園はガラガラだったので
超マイペースで遊べました。
f0025201_2127925.jpg


ブランコもだいぶ手を離さなくなり・・・。
自分でこげないので
えいっと背中に勢いをつけておいてさっと前に回ってシャッター。
f0025201_21284436.jpg

うーん、ビミョウにアブナイ・・・




f0025201_21293141.jpg

滑り台の上でしばし感覚遊びタイム。
f0025201_21295150.jpg

股割り?ここでか。


今週の金曜日は動物園へ遠足。
バスと電車で行きます。
お財布を持たせてくださいと
学校から言われ
ツヨのお財布を初めて買いました。

お金の勘定は分らないけれど
乗り物に乗るのも
買い物をするのも
あの丸いヤツ(お金)を出したりもらったり(おつり)する
ということを見て経験していってほしいです。

意識と経験・・・

こちらから何の説明もできないツヨには
もうそれしかないし、
ツヨは何でもじっと見ているので
きっと何か身につけていってくれると信じています。
 応援のクリック励みになります。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-10-09 21:56 | 外出・余暇 | Comments(8)

運動会。「あ”-!」っと走ってきたのは私にじゃなく・・・

ツヨの運動会は無事に終わりました。
お遊戯にリレーに玉入れ、
最後に親も参加のダンス。

お遊戯もリレーも
先生の言うことをよく聞いて、
お友だちのやることをよく見て、
しっかりと演技できました。

ただ
楽しくて興奮しすぎてしまったのでしょうね。

今年はパパとコトもいたし、
シートも敷いていいとのことだったので
ばっちりツヨが見えるところにシートをしいて
家族で観覧していたら

何回か
猛然とダッシュ&ダイブしてきました。

親じゃなくて

シートに。

「あ”-!」っと満面の笑みで。

他の学年の演技の最中でも
自分の演技の最中でも。

仕方ないので家族はシートに座らないで
あちらこちらに散って遠くで立って観戦・・・。

しまいにはお遊戯の最中に
無人のわが家のシートに猛然とダイブしにいって
運動会を中断させていました・・・。
もはや家族が載っていてもいなくても
ツヨのスイッチは0N!

去年は私にダイブしてきたのに
なんで今年はシート・・・?
母とシートは同格なのか。

今思えば、
夏に田舎のスーパーでおっきなスイカを買ったら興奮しすぎて、
スーパーの床を走っていってツルツル~っとダイブしたときと同じ。
嬉しすぎるとやるのか。
でも学校という安全な場所だから
冷や汗も少量です。

その場にいらした方々お騒がせしました。
なかなか目を離せない先生方は大変だったでしょうが
家族にとってはありのままの
とても楽しい運動会でした。
 応援のクリック励みになります。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-10-03 00:33 | 小学校での学習 | Comments(11)