<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おしりを出さないでおしっこ

学校で始めたおしりを出さずにおしっこ・・・。
家でもやる気があるのかのぞいてみました。

半ケツ・・・でした。

している最中に後ろから「おしりバイバイね!」と
「えいっ」とズボンをあげてしまったら「うひひ!」と笑っていました。

それでもパジャマやスエットなら布が柔らかいので、
大丈夫かな。
(やや手荒いですね。マネしないでくださ~い)
まぁ、嫌がってはいないし、
前だけおろすほうがラクだろうし、
そのうち納得して自分でやるような気もするようなしないような・・・。

今はゴムのウエストのズボンをはいているので
伸びるからいいけど、
いずれゴムではないズボンをはく日も来るでしょう。
(来るのか?)
ベルトなんかもするでしょう。
(するのか?)
社会の窓を開けてする日がくるかな。

社会の窓を開ける・・・
自閉症のボクには、何だかいい響き・・・
(あっ、すみません)
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-29 21:40 | 家での教育・しつけ | Comments(22)

立ったまま、くつを履き替える

靴を履くとき、ツヨは玄関に座ってはきます。
家の玄関ならいいけれど、
学校の下駄箱でもべたっと座って履く癖がついていました。
学校は段差がないので、
雨の日などはおしりがぬれてしまいます。

そんな折、学校で立位で靴をはく指導をしてくれました。
もうバランスはできていたので、
一週間くらいで
すっかり立ったまま履き替えることができるようになりました。^^
下駄箱につかまってひょいと履き替える。

気付いたら、
立ったままズボンを履き替えていることもあって、
いい感じです。

あと、トイレでおしりを出さないでおしっこをする練習もしているそうです。
最近家ではサッと鍵をしめてしまうので
のぞきもしなかったけれど、
明日、のぞいてみよう。

たしかに今までトイレに向かう廊下で、
すでにおしりが出ていたのに、
最近見かけなかった。(おしりを)

いろいろなことができる体つきやバランスは、
もうかなりできあがっていることに最近気付きました。

いつまでもちびすけではないとは、
驚きです。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-26 23:24 | 小学校での学習 | Comments(14)

ツヨの髪を切る

ツヨの髪が伸びたので、ママカットしようかなと。
「髪の毛、切ってもいい?」
と聞くと、
「ん。」とコックリ。

f0025201_22502689.jpg


こんなのを装着して、テレビの前へ。

f0025201_22514232.jpg


チョキチョキ。
耳の周りが難しい。
何分座っていられるかな?

f0025201_22525779.jpg


おや?DVDが終わっても結構座っていられる。
切られていることを楽しんでいる?
あとは、毛先のほうをすいて・・・

完了~。
写真まで撮らせてくれて、今日はとてもいい子でした。
ツヨのカットのポイントは
直線切りしないでハサミをタテに入れることと、
前髪の一部を短くしてすこし額が見える部分を作ること。
勝手にそう決めています。^^

f0025201_2341869.jpg


このあと、自画自賛しつつ、
ぎゅうぎゅう抱っこした私です。^^

 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-24 23:14 | 自閉症の息子のこと | Comments(6)

連れて帰ってと言わなくなったけど

今日はコトの運動会があり、
春の行事が一段落。
夏休みまで平穏な日が続く(予定・・・)。

一昨日、グループホームの母と、
一人暮らしを始めた父のところに行ってきました。

私の顔を見ると、連れて帰ってと言っていたので、
会うのが怖い。
でも最近落ち着いてきたと姉からメールがきたので、
思い切って行ってみることに。

午前中のレクタイムで、座ったまま風船バレーをしていました。

私の顔を見ると・・・

母「まぁ!どうして来たの?こんなところまで。子供は大丈夫なの?!」
私「学校に行っているから大丈夫よ。」
母「・・・私は誰だと思う?」
私「(えっ!なぞなぞじゃないよね)お母さんです。」
母「うーん・・・」
私「私は誰?」
母「わからない。」
私「〇〇子よ。娘ですよ。」
母「うーん・・・(そうね、はて「娘」ってなんだったかしら)」

そして風船バレーをしながら、しばしば私の顔をじっと眺めていました。

記憶がまだらになってきているんだろうな。

でも孫のことは覚えているし、私のこともあらかた分かってはいる。

こうやって、どんどん忘れていくのかな。

今まで積み重ねてきた楽しいこと、苦労したこと、
お父さんのことや家のことも、
だんだん忘れていってしまう。
人生って何だろう。悲しすぎる。
でもそれは私の勝手な思い。
これは母の人生なのだから。

風船バレーは今だかつてなくラリーが続き、
私のそんな思いを「深く考えなさんな~」とでも言うように、
フワリフワリと500回も続きました。

子供のようなおじいちゃんおばあちゃんの笑顔。
かつては難しいお仕事もしてきたであろうおじいちゃんも、
大真面目に風船を追っている。

でもこれが人間の本来の姿かもしれない。
忘れてしまうことも幸せなのかもしれないとも思えてきました。
母も、以前は何にもできなくなっていく自分に怯えていて、
本当につらそうだったので。

いつかは特別養護老人ホームへ移らないといけないので、
いつまでこのグループホームで生活できるか分らないけど、
今はこれでいい。
そう思いました。

40分ほどいて、
「子供が心配だから、もう帰りなさい。」
そう言われ、グループホームを後にしました。
コトとツヨの心配ばかりしているところは変わっていないのね。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-21 21:26 | 父母のこと | Comments(9)

小3で月一回のショートステイ

ツヨは月に一回ほどショートステイをしています。
土日に一泊。

ツヨの楽しみのため。
児童相談所に勧められたこと。
コトと過ごす時間を作るため。
親もぼーっと一息。
緊張感のない日もあってもいいのかもしれない、
そんな理由で始めました。

今回は土曜の14時から翌日の11時まで。
偏食があるので給食は食べられず、
お弁当やマックを持たせます。

用意しているのを早い時間に見せてしまうと、
すぐ行きたい!
となってしまうので、鍵のかかる部屋でパジャマやハミガキ、
夕食や連絡帳を準備。
宿泊用の簡単なサポートブック的なものはあちらに置いてあります。

サポートブックといってもA4一枚紙に、
普段の生活の時間や流れ、ちょっとしたこだわりを書いてラミネートしたもの。
食事やハミガキ、お風呂の順番など、
ツヨが言葉で伝えられないこと。
職員の方も困らないようにと思って渡したら、
真剣に見入って参考にされていました。

いよいよ行く時間になって、
いつものボストンバッグに
めくり式のスケジュールのカードを付け、
廊下に何気なく置いておくと・・・

ツヨが『あっ!』という感じで見つけました。
行く?というと
「ん!」

そうそう!
最近、なんと、うなづく時に「ん。」と言えるように!
コクンとうなづくことができたのがほんの一、二ヶ月くらい前。
最近、たまたま一回「ん。」と声が出たので、
家族みんなですごく拍手したら、
うなづくだけよりもっと要求が伝わる!
と気付いてくれました。

話、戻ります。^^
「ん。」とうなづいて、
大きなボストンバッグを自分で担いで、
主人と玄関を飛び出していきました!
主人が持とうとすると、
オレが持つ!みたいな。

到着すると、オレの部屋!みたいな感じでくつろぎ、
リビングと部屋を満足そうに点検していたそうです。

一日の宿泊枠は3名。
スタッフさんも日勤はマンツーマン(夜勤は二人かな?)でついてくれます。

一番のお楽しみはお風呂。
やけに広いそうで、
ツヨは小さいからもあって浮き輪で遊ぶのが
お気に入りだそう。^^

土日の行楽地。
ここはツヨを連れてくる場所じゃない。
幼い頃から行っていた場所がだんだんそうなってしまい、
行き場所がなくなってきたツヨ。

ここなら大きな声を出しても、跳んでも、床でスライディングしてもいい。
お風呂で誰からも奇異の目で見られることもなく、
私に小言を言われることもない。

そして何でしょう、
まだちびすけのはずなのに、
大人になって親元を離れどこかで生活することになっても、
いつもどおり、
分かっている場所、
スケジュールもある、
食事が楽しめる、
そんなふうに整っていれば「ツヨの自由」を手に入れる姿が想像できる。

私達の考える自由は、ツヨにとっては不安で不自由で
刺激が強すぎることもある。

ショートステイのたびに、
不思議とフワッとした未来の風を感じます。
小3なんだけど、
もう大人のツヨがそこにいる気がするのです。
何だろう、
もうツヨは出来上がっている。
ゆっくり成長のツヨだけど、
誰よりも確固たる何かを感じます。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-15 23:32 | 自閉症の息子のこと | Comments(16)

ジェスチャーで伝える楽しさ

最近、ジェスチャーによるコミュニケーションを
楽しみ出したツヨ。
伝わることが楽しくて、
毎日のように新しい面を見せてくれます。

さっき私がお風呂から遅れて上がってきて、
やけにツヨが静かだナァと思って見ると、
夜にやってはいけないはずのDSで思わず遊び始めていました。

私の気配がすると、
ばつが悪そうに、くるっと振り向いて、
首を振りながら
『だめ?だめだよね。これっていけないことだよね』
みたいな気まずい顔で見ています。

そしてまぁ、指を一本立てて、
『一回だけやらして』
と頼んできました。

覚えたての「一回だけ」。
一本指をピッと立てて。
使い方、あってるよ。

今まで何にも伝えてこなかったツヨが、
思いを伝えるようになってきたとは。
しかも交渉みたいことしてる。

すごく遠いところにいたはずが、
やっと、本当にやっと、近いところに来た。
そんな感じがした一瞬でした。

思わず、いいよ、一回だけね。
と言いました。
そして5分経って、
ツヨちゃん、そろそろ終わりにして~
っと洗面所のほうから声をかけると、
急いで片付ける音。
戻ってみると満足そうに布団でゴロゴロしてました。

素直じゃん。
もともとの性格は本当に素直。
最近叫ぶことも少なくなった。
頂上の見えなかった山を一つ越えたのかな。

 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-11 22:03 | 自閉症の息子のこと | Comments(25)

社会に出るということ

腰はナントカやっています。
痛み止めを飲んでみたり、漢方を飲んでみたり。
明日、ハリに行ってみます。
とにかくコリを取らないと・・・

ツヨがいつか大きくなって、
まだ力での制御が必要だったら・・・
外で全速で走られたら・・・

そんなことを考えると、
5年後の私には外出する自信は全くありません。

その前に不適切な行動を起こさないように、
親も本人も学習していくことが必要だと強く感じます。

しまった、こうきたか!

ではもう済まないです。

公共の交通機関を使うことも練習していきたい。
まだ発達年齢的にも、もうちょい先、
と小学校に入って時折考えてきました。

そしてついに・・・今年度から・・・
学校で、公共の交通機関も使った
社会生活の指導が始まります。
とうとう・・・(ウレシ涙)
週一回も。(ウレシ涙)

何回か経験すれば憶えてしまう、
なんかそういう簡単に結果の出るようなことではない気がするのです。

スケジュールを使って、
衝動や好奇心の先立たない安定した経験の積み重ねを
コツコツと重ねることで、
ツヨも私も自信を得るような気がします。
(私が学習に参加するわけじゃないけど。気持ち的には完全に参加しちゃってます)
とにかく積み重ねること、なのかな?

バスも電車も今までも何とかうまくいったことはあったけれど、
たまたまうまくいっていただけで、
実は何にも分かっていない。
不適切な行動と隣合わせのようだった気がします。

危ないことはずっと理解はできないかもしれない。
でも集団でルールに沿って行動することで、
結果として危ないことから遠ざかる行動パターンを憶えてほしいです。

毎週、小遠足でいいなぁなんて、
そんなことを言う余裕は残念ながらナイわけで・・・

でも「そんな危ない子は家にいたほうがいい」と言われないように、
いま少しチャンスがほしい・・・。

 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-09 00:20 | 小学校での学習 | Comments(6)

グギッ

また腰をグギッとやってしまいました。
田舎で鼻炎がひどくてくしゃみを連発していたら
太い注射針を一発刺されたような激痛が・・・

しばし身動きできず、
横たわる嫁・・・
最悪でした~

腰って・・・痛いと何もできない。
身体の構造の核ですね。

治まったら、
まずこの弱った腹筋を何とかするべきなのか。
それともくしゃみには注意せよと自戒しつつ暮らすのか。
(両方だろうが)



 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-06 20:45 | 自分のこと | Comments(12)

誤解されやすい自閉症児

4月になって
いないいないばぁ!のコトちゃんが新しい子に変わりましたね。

オープニングの曲が変わったので、
ツヨも『おやっ』と思ったよう。
体操も変わったし。
でもすぐに慣れました。
そもそもテレビに出ている人の顔を、
どれぐらい認識できているのだろう。

とある日、
テレビをつけると
ツヨが私に何か教えにきました。
なぁに?と見ると・・・

「ワンワンわんだーらんど」という特別番組。
あれ!コトちゃんが出ている!

ツヨが私に向かって、画面のコトちゃんをツンツンと指差していました。

おお!コトちゃんを認識していたのか?!
あの番組にはいなくなったけど、
ここに出てるよ!と私に教えてくれたのね?

何にも分らないようでいて、
ちゃんと分かっている。
どうでもいいと思っているように見えて、
いろいろな人を親しみを持って観察している。

ああ、言葉が分れば、せめて字が読めれば、
伝えたいことがたくさんあるのに。
きっとツヨはどんどん飲み込んで消化していってくれるでしょう。

せめてこちらがツヨの世界を誤解しないようにしていかないと。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-03 21:29 | 自閉症の息子のこと | Comments(10)

子供だと思っていたら・・・親離れは近い?

f0025201_21353140.jpg

こんにちは。川さき みれいです。
(誰?!)


f0025201_21354045.jpg


顔が赤らんでるじゃないの。

f0025201_21354734.jpg


自分の教室に案内してたら、
チャイムがなったので、「じゃあね。」
そして唐突に
今日はおわった。
f0025201_21355368.jpg


小学校三年生の女子はこんな「ませたマンガ」を描くんですか?!

コト作。なんとタイトルはコイバナ。(恋話)

うーん、何かを見て描いたのかなぁ。
ときめく恋をしても手はグローブなのがイタイ。

ちなみにこの男の子ちょっとツヨに似ている?

台車を押していたら、乗り込んできたツヨ。
クールな顔。
これがスケボーならキマッてるけど・・・
台車じゃねぇ・・・

f0025201_21474249.jpg

『じゃあね』


 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-05-02 21:55 | コトのこと | Comments(7)