<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

DSできるよ

夏休み前だったか、DSを買ってみました。
ツヨにできるソフトがあるかなぁとさがしたところ、
タッチするだけ、誰でもカンタン!
みたいなのがありました。
「さわるメイドインワリオ」
右のライフログに追加しました。(携帯だと下です)

ミニゲームがたくさん入っていて、
フーセンわったり、ボーリングしたり、
ケーキにローソク点けたり。
数も言葉も分らなくても、
見てわかるものがほとんどです。

やり方の見本を1、2個見せたらどんどんクリアして、
そうすると自動的に増えていくミニゲームをまた自分でクリアしていました。
たまにのぞくと、
へー、こんなのあるんだ!と感心。

f0025201_2145524.jpg


しかもゲームの一部がエレベーターのアニメ。
開いたり閉まったり・・・
どなたがこんなツヨにぴったんこのゲームを
作ってくれたんでしょう。

f0025201_21462779.jpg


家での過ごしに少しバリエーションができました。
あとは嵐のDVDを見たり、お散歩に行ったり。

音楽とアニメが好きなんだろうな・・・

NHKみんなの歌とか、大好きです。
 ありがとうございます。励みになります→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-29 21:04 | 自閉症の息子のこと | Comments(10)

要求に答え続ける必要性

最近、「あーっ!」と叫ぶことの多いツヨ。
おなか空いた!あれ食べたい!
あそこへ行きたい!退屈だ!
おなかイタイ!
(コトに)DS横取りするな!

でも聞こえてくるのはすべて
「あーっ!」

ああ、かわいそうに。イラつくだろうに。

そんな振り絞る思いを
できるだけ叶えてあげたいけど、
悲しいかな要求は単調。

食べたいといってもたぶんマック。
家の夕食はなかなか食べない。
行きたいのはプールか一時ケアか乗り物。
親も若くない。
急にダッシュするのが本当に怖い。
お散歩はもちろん1時間行っています。

おなかをさすって騒いでも痛いのか空いたのか、
私にも分らない場合もある。
子供がおなかをさすっているのに
分かってあげられない母。

そんな時は家でのご飯にこだわらず、
マックのカードを出して
行きたいのか聞いてやらないといけないのかな。

壁にプールやマックのカードを貼っておいたら、
常に要求するだろうけど。

大声になってあふれるエネルギー・・・。
出てくるのは「あーっ!」だけ・・・。
ああ、ちょっとコワい・・・。
落ち着け私。
とりあえず食欲だけは満たしてあげないと。
偏食は偏食。食欲は食欲。

それに土日も一時ケアとガイドヘルパーさんをお願いしよう。

そういえば何年か前、勉強会で、
「「あー」だけでプールに行きたいことを人に伝える」という実習をやりました。
あーあー言いながら、
絵を描いてみたりジェスチャーをしてみたり、
大人なら誰でもそこそこ伝えることはできるけど、
実習の目的は「あー」しか言えない子供の気持ちを体験すること。

なんてイライラするんだろう!
なんて言葉って便利だろう!
そう思いました。

そう。
ツヨの要求に耳を傾け、答え続けていくこと。
ないがしろにしてはいけない。
私のもっとも大事な仕事です。

 ありがとうございます。励みになります→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-25 21:38 | 自閉症の息子のこと | Comments(6)

今日で8歳のふたご

双子は8歳になりました。
今日は二人ともそれぞれの学校でお祝いしてもらい、
お隣の奥さん(お子さんいらっしゃらない)に写真のTシャツをいただき、
ヘルパーさんにかわいいカードをいただきました。

私からもカチューシャと靴下を。
渡す時にハッピーバースデーの歌を歌ってあげたら、
ツヨが『あっ、その歌知ってる!今日みんながうたってくれた!』
みたいな顔をしました。
そんなこと去年まではなかったのに。

誕生日を理解するなんてずっと無理・・・って思っていたけど、
「たまにやってくるちょっとしたセレモニー」
「みんながボクを見て手をパチパチしてくれる」
「この歌は覚えたゾ。」
(すべてツヨの心の声)
とツヨなりに認識したかも?

動き回ってじっとしないので50枚くらい写真を撮りました。
奇跡的な一枚。急に大きくなって肩幅もしっかりしたツヨ。
f0025201_2053220.jpg

コレは先日。おばあちゃんにおしゃれしたところを見せにいきました。
f0025201_2142114.jpg

ぐにゃぐにゃしてなかなか撮れないので、「だからピシッと気をつけして~!」
と言ったら、寝てピシッと気をつけしました・・・。
f0025201_2145056.jpg

裏返すとこんなケラケラ顔。
f0025201_21262361.jpg

はい、もうなんでもOK!
これからも笑顔がこぼれますように!
 今日も応援のクリックありがとうございます→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-22 21:20 | 自己紹介 | Comments(16)

抱っことおんぶをやめた日

4年前
f0025201_2218527.jpg
f0025201_22183098.jpg






現在・・・
f0025201_210264.jpg





大きい・・・

私も歳をとるはずです~・・・。

双子は22日で8歳。

もう抱っこなんて一瞬しかできません。

そういえば抱っこおんぶ大好きのツヨでしたが、
この6月に私が首を痛めたとき、
この機会に止めよう!と決めて、
学校でも家庭でも、一斉に抱っことおんぶを終了することにしました。

最初はおんぶオバケみたいに、
後ろから追っかけてきましたが、
意外と「あっそう。」みたいな感じで
すんなり納得してくれました。

いいタイミングだったみたいです。結果的に。

あの怒涛のような抱っこおんぶの日々。
主人は背中をかまれ続けた日々もありました。

幼稚園で介助の先生がお休みだった日に、
園長先生が一日中おんぶをしてくれたこともありました。

どこに行くにも不安感がいっぱいでよじ登ってくるので、
しかたなく6歳までバギーに乗っていました。

幼稚園バスのステップを降りて、最後の一歩が地面につけられなくて、
家の玄関の上がり口まで5分、
カエルみたいに私にしがみついていたこともありました。

今では懐かし・・・くないで~す。重い思い出だけ!ハイ。

いつか老いたママをおぶってお~く~れ~
 今日も応援のクリックありがとうございます→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-19 21:24 | 自閉症の息子のこと | Comments(4)

ツヨの心は大きく開いている

今日はツヨは遠足。
電車を乗り継いで水族館に行ってきました。
プライベートではとても行く勇気がないけれど、
先生達は力強く、やってのけてくれました。

もっとツヨにもいろいろな経験をさせないといけないな。

電車の危険も分らない。
思い立ったら急に走り出す。
大きな奇声とゲラ笑い。

そんなツヨも、大きくなるにつれ、
家にいれば安心だからとばかり
言ってはいられなくなっていくのでしょう。

遠足に行っても、帰宅後一時間半おさんぽできる体力。

誰もいない夕暮れの公園。

f0025201_20585672.jpg

  いわし雲 
  お空の海を かけめぐる 
  ママ きれいだね この世界って


 小さなツヨに応援のクリックをお願いします→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-17 21:24 | 外出 | Comments(4)

老いた父母を訪ねる

ヘルパーさんは絶対イヤ!
と言っている認知症の母。

一週間に1~2回行って、
身の回りの世話をする父を手伝っていますが・・・。

去年の今頃は、物忘れはひどいものの、
一人でバスに乗ってデパートに行ったり、
近所を散歩していた母です。

今年は、すっかり家から出なくなりました。
バスもとっくに乗れず、一人でスーパーも行けず、
散歩すらできない。

ベッドでゴロリとして、
泣きやすくなっています。

コトやツヨの顔を見ては、
「もうおばあちゃん、ばかになっちゃったのよぉ。」
と言っては泣き、
コトに、
「ばかなんて言っちゃだめだよ。」
と優しく言われてまた泣き。

高速で20~30分の総合病院の精神科は
私が送迎してきちんと通っています。
でも近所の開業医と懇意にして、
出してもらえる薬はそこでお願いしようよ、
と父に提案しました。

治療の方向性と薬の処方が決まってきたなら、
地元のお医者さんに通うのがベターかなと。

ふと、私に時間がたっぷりあったら、
至れり尽くせりにしていたかもなぁと思いました。

毎日は行けないかわり、
行ったときにばばばっといろんなことをしながら、
父が困っていることを聞いて、一緒に考えたり、
愚痴を聞いたり。

おとーさん、ゴ○退治にコンバットおいて!とか、
お風呂は換気してよ!
ゴミ箱、消臭してね!
とか家事指導をし。

「お母さん、全部忘れちゃってもうだめだよ。
あれもできないこれもできない!」
とブツブツ言う父に、
それはもうおかーさん一人でやるのは難しいよ~、
と、それとなく介助をお願いしてみたり。

もともと父とは気が合うほうだけど、
こんなに素直なじい様になるとは・・・

私にも失敗だってあります。
肉じゃが持って行こう!とはりきって作ったら、
塩と砂糖間違えたり、
ついサボって日にちがあいてしまい、
しばらくぶりに行ったら二人ともショボンと元気がなくなっていて、
しまった!と反省したり。
それをまたおもしろおかしく父に言うと、
とても楽しそうで。

心細くて頼りにしているんだろうな・・・
老いた父母の気持ちがひしひしと伝わってきます。

「あなたが来ると・・・明るくなっていいわぁ・・・」
と母に言われて、
またがんばろうと気長に構える私です。
 泣き虫になった母にも応援のクリックをお願いします→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-11 21:58 | 父母のこと | Comments(8)

『うんどうかい、たのしかった!』そしておさんぽでは・・・

運動会は晴天のもとに終了しました。
ツヨはずっとゴキゲン。
おゆうぎ、玉入れ、リレーと
ニッコニコ。

1~2回、私のところにタタターっと走ってきて、
ガバッと抱きついてきましたが・・・
まぁ、もはやお約束の儀式のようなもので、
連れ戻しにきてくれた先生にビョ-ンと引き離されても、『テヘ』^^みたいな。

演技のほうは・・・
まずお遊戯。
親ばかですが、
最初のほうはツヨが一番、見本の先生の演技をじっと見て、
マネをしよう!としていました。(律儀なんで)

でもある程度やると、
ヨシ!
と納得して、
自由なお振る舞いを・・・

玉入れも両手でエイッと2個入れると、
ヨシ!と納得して
砂いじりなど自由なお振る舞いを・・・

しかし緊張でビクビクしないで、
自由に体が動くということは、のびのび楽しんでいる証拠。
やることはやったし。

リレーは・・・。
先日はあまり走らなかったと書きましたが、
ビデオを撮りつつあまりにドキドキして、
舞い上がっていたワタシ・・・。

今日、あらためてビデオを見ると、
半分くらいは走っていました。ニコニコで。
途中、スッキプし、歩き、止まり、
最後は先生に促されてトットコト~と。
次のお友達にバトンを『ハイ』。ヤッター。
ふぅ。

最初から最後までイヤーマフ(耳につけるヘッドホンみたいな形のもの)
をつけていました。
音楽や、歓声、アナウンスなど、
まったくビクビクすることなく、
運動会を楽しめた理由の一つかもしれません。

卒業までに、
リレー、思いっきり風をきって走れるようになるかな。

たぶん本当は足、速いんです。
運動神経もいいかもしれません。

今日のお散歩では、
超スピードのサイドステップ。最近、お散歩が軽いジョギングぐらいの早さに・・・ひぃー。
f0025201_2121732.jpg

おーい。
f0025201_21212162.jpg

風のようなステップ~。あっと言う間に遠くへ。
しかも足元を全然見ない。
この人、生まれてからほとんど転んだことがありません。

あ、保護者競技の大玉ころがし・・・。
自らの警告を無視し、
モーレツに走った私でした。
なんか楽しくなっちゃって。
 小さなツヨに応援のクリックをお願いします→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-08 21:37 | 小学校での学習 | Comments(2)

未来を思い描けないという残酷さ

わが家はお風呂にはコト、ツヨ、私の三人で入ります。
まずコトが上がり、
ツヨと私の二人になると、
湯船に二人浸かりながら、無言で見つめあいます。
『いい気持ちだね。』みたいな。

そのうち抱っこで甘えてきたり、
足をそっと触るとそこに神経を集中して、
安心した表情を浮かべてみたり。

絶対的な信頼感を私に向けているのが
ひしひしと伝わります。

そして、すいっと立ち上がって
コクンコクンとうなづくツヨ。
『でます』って言っているんだよね。

拭いてやると一目散にフトンヘ。
しばしゴロゴロすると、
一人でパジャマにささっと着替えます。
(まぁ、たまーにハダカのままのことも・・・)

私は洗面所でゆっくりクリームなんぞ塗り・・・

するとフンフンと鼻歌でも歌いそうに、
ツヨが洗面所の前を行ったり来たり。
私の気配を感じつつ、
くつろいでいるのです。

夕方の毎日決まった流れ。
大好きな自分のおうち。
いつものパジャマ。
ママはここ。
いいようのない安心感。

この繰り返しが永遠に続くと信じて全く疑わないツヨ。
いつまでもいつまでも続くといいのにね。
永遠に小さいツヨと暮らしていけたらな。

社会になんて出ないで、
ずっと小学生のままでいられたら・・・。
いつか大きくなるときのために、
こうして毎日がんばっているんだけど、
ツヨの心の中を思うとせつない。

ツヨの発達年齢はまだ1才11ケ月。
もうすぐ8歳の誕生日。
自分が大きくなっていることに気づいているかしら?

いつか大きくなった自分の姿に気づいて、
あれっ!と思うのかな。

小さいツヨをたくさんかわいがって今を大切にしよう。
今が永遠に続くことを信じて疑わない 
笑顔のツヨを抱きしめて。

いつか大きくなったツヨを見上げて、
これでよかったと、思える日がくるように・・・
 小さなツヨに応援のクリックをお願いします

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-05 21:59 | 自閉症の息子のこと | Comments(6)

今年こそ運動会!

声の件は、学校の先生にも相談してみました。
怒ったり泣いたりしたときは、
こちらがううん。と首を横にふって、
好ましくないことを伝えることにします。

喜んでいるときは、多少は仕方ないかな、と。
狭い空間のときは注意しようと思います。
(ファミレスとかエレベーターとか人様に迷惑なとき)
繰り返し伝えていけば、
社会で必要なルールが伝わると信じるしかない。


さて、ツヨの学校は5日後に運動会。
平日なのでほとんどお母さん方の応援だけ。
すごく楽しみです。
空いているからビデオもカメラもたくさん撮れるし。^^

去年は雨で中止で、
後日学年でひっそりとミニ運動会でした。

今年は雨だけはご勘弁。
練習の成果が発揮できますように!

お母さんたちの競技が大玉ころがし・・・。
歳を考えて走れよ、私。

 よろしかったら応援のクリックをお願いします!
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-10-03 21:36 | 小学校での学習 | Comments(1)