<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

スケジュールを使う

いよいよ夏休みも終わりですね。
ツヨは会う人会う人に、
「背が伸びたね!」
と言われます。^^

ちっとも背が伸びなくて、
おととしからずっと着ていたTシャツたち。
急にツンツルテンになってきました~。

さて、先週からスケジュールを家で使い始めました。
今まで使っていなかった理由は、
早めに見せてしまうと、
『OK!すぐ行こう!』となってしまうから。

まだ早いよ!○○時出発ね!なーんて通じないので、
まさに出かける時に玄関で行き先スケジュールを見せていました。

しかし先日、ヘルパーさんがあと20分で来る!
というときに玄関を指差して、
「あっ!」 (『おさんぽ!』しかもたぶん1時間コース・・・)
とひらめかれてしまって、弱りました。

もうすぐ○○さん来るから!
今出かけちゃうと留守になっちゃうよ~。
おさんぽ、ちょっと待って!と言ってもあっー!とおさまらないツヨ。
宙に舞う私のことば~・・・。耳に届かないよ~。
(結局最短コースでお散歩行きました。帰ってきたらヘルパーさんは玄関にたたずんでいました・・・)

やっぱり視覚で伝えるしかない。

登校日やら、4箇所の一時ケアやら、
プールやら実家やらと、
夏は行き先が毎日違うし、
DSをやるようになって、
少し待つことができるようになったので、
今がチャンスかも・・・とボードを壁にかけてみました。

最初は出かける5分前から、
(じゃ、行こう!となっても大丈夫なように。)

1. 着替えの写真
2. DS の写真
3. 一時ケアの写真

ボードをじっと見るツヨ。
・・・着替え出しました。
・・・そしてDS。

しばらくして、じゃ出かけようか?
と言うと、
すくっと玄関へ。

分かっているじゃない!
ちなみに写真は的確に理解できます。
言葉は分らないけど、
写真は一度見たら忘れない。
一度行った場所も絶対忘れない。

その後、
スケジュールを提示するのを、
出発時間の直前からだんだん手前にずらしていきました。

そしてヘルパーさんの来る日。
また『おさんぽ!』とひらめいたツヨに、
スケジュールを見せました。
1. ポテトの写真
2. DSの写真
3. ○○さんの写真

じっと見るツヨ。
ヘルパーさんの写真をちょんちょんと指さして、
私を見ました。
『オーケー。』
って言ったんだよね!ヤッター!

ヘルパーさんが来て、
しばらく『もうちょっとDS!』とダダをこねましたが、
その後しっかりお散歩に行くことができました。

今までは、
突然(ツヨにとってはそりゃ突然)玄関にヘルパーさんが来て、
さぁ行こう!
って言われていたんだなぁって思いました。

いやいや。
行き先や、今日することを知らせてもらうっていうのは、
本人にとって当然の権利だろうな・・・

今までは幼さや素直さから、
いくよ~って言えば嬉々として靴を履いていたけど、
考えてみたらもうすぐ8歳。
学校でももちろんスケジュールで行動できているし。
学校での毎日の積み重ねって本当にありがたい。

スケジュール・・・あったらあったで、
時間の間合いの誘導や、
楽しいことばかりじゃない場合など、
やっかいことも出てくるでしょう。
でも
「ツヨ君が生きていくうえで将来大切なことは二つあります。
それはスケジュールとカードの二つです。」
と、発達クリニックの先生に言われています。

学校に通い始めて、
ツヨも成長してきた。
大事なことをグラつかずに少しずつ進めていこう。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします!
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-08-29 00:13 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(6)

旅行を楽しむことができた夏

田舎と旅行にそれぞれ行ってきました。
ゴールデンウイークの時ほどの大変さはなかったような。

いや。こちらが大変さに慣れた、とも言える? 

やっぱり朝の7時から何回かお散歩へ行ったし、
旅行先では夕食中でも何でもお風呂に何回も行ったので。
でも回数が減った。

何と言っても楽だったのは、
行ってみたら、宿泊旅館にエレベーターがなかったのです。^^
初めて行った旅館でしたが、
こじんまりした二階建て。
いつもは到着するなり、30分くらい興奮して乗り続けるはずが・・・。

今回も車から躍り出て、旅館に突入したツヨ。
エレベーターのありそうな場所へ直行。
(だいだい建物の作りでわかるらしい)

あたりを必死にキョロキョロ。
・・・ない!
ないよ?ママ?(ツヨ)
ないね~。(私)
と無言の会話。

あ、そうなの、ざんねん・・・みたいな。
怒るでもなし。
チェックインの間、腑に落ちない顔ながらも
大人しくイスに座って待つことができました。

車を駐車して帰ってきた主人が
「おおっ、座ってる!?」
ツヨがいわゆるロビーのイスに座ったのは初めてなのでした。

ひょっとして、こうやってだんだん周りの様子を観察して、
状況を察して、 
折り合いをつけて行動できることが増えていくのでは・・・
(ま、エレベーターがあれば乗るでしょうけどね。)

前は本当に鉄砲玉みたいに、
私の制止の声も全く届かなかったのが、
(それこそこちらが泣いても怒っても何も届かない)
よくこちらを見て、アイコンタクトをして、
表情やジャスチャーを読み取ったりしてくれるようになりました。

幼さゆえの経験の乏しさからの、ちょっとの脱皮?
私達のすること、コトのすることをよく見ている。
または薬も効いているのかもしれない。

もう外泊は無理なのかな、
と弱音を吐いた前回。

何回もお風呂に行ったけど。
寝るときはやっぱり脱出防止のバリケードを作ったけど。
今回は、何かがちょっと違ったように思えました。
部屋食でとりあえず座ってエビフライを初めて食べたし。2本も。

年齢を重ねるってすごい。
苦労が無駄ではないのかもしれないと、
8歳間近で初めて思いました。
それぐらい気が遠くなるほどの繰り返し繰り返し・・・

あきらめないでやはり外へ出て行こうかな、
行けるかな。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします!
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-08-18 22:37 | 外出・余暇 | Comments(10)

今日のお散歩は乗り物コース

今日は一時ケアもヘルパーさんもない一日。
一時ケアのリュックを出して、「あっ!」(さあ行こう!)と要求するツヨ。
どこか出発しなくては~。
じゃ、モノレールでも乗せてあげるか・・と、
作ってあったカードを見せると、にっこり。

f0025201_14143628.jpg

山の間や住宅の上をビュービュー走るモノレールにご満悦。
ひとつ困るのは奇声ですね。
アーともヒャーともつかない歓声に、空いている時間帯とはいえ
他のお客さんの視線が~。ははっ(汗)

でも、遊園地的なところは刺激が強すぎるし、
乗るのに並ばないといけないので、
ツヨにはこんな感じが楽しめます。

終点駅を少しお散歩して、お利口に折り返し帰ってこられました。

あー満足したね。
えっ、なになに?してない?

このあとさらに二回のお散歩が待っていた夏の日でした・・。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします!
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-08-10 14:14 | 外出・余暇 | Comments(1)

老いるということ・夫婦

ふらふらだーと言いつつ、
あっちこっち飛び回っています。

ツヨがプールに行った日の午前中は、
ツヨを一時ケアに預けてコトと二人で私の実家に行っていました。

ばあちゃんは・・・相変わらずです。
以前の人が変わったようなコワーイばあちゃんではなくなりましたが。

それは何故かと言うと、
イライラを押さえる薬を飲み始めたのと、
ヘルパーさんやデイケアやグループホームの話を、
私もじいちゃんも一切していないから。

すごく不安だったんでしょうね。
死ぬまでこの家においてください、と
父に懇願したそうです。

ヘルパーさんは絶対イヤ!と言うので、
昼はカップラーメンかスーパーのざるソバ(ゆでてお弁当みたいになっているやつ)、
夜はスーパーのお弁当らしい・・・。
以前私が手配した宅配の食事はほとんど食べないのでやめてしまいました。

毎日スーパーに買い出しにいき、
同じものを何人分も買ってくるそうで。
「俺はもうソバはいらない!」
と父は言うけどまた買ってくる・・・。

しかし父もある意味慣れてきたのかもしれません。
あーだこーだ言い合いながらも、
激しいケンカはなくなってきました。
心配なのは健康面ですが・・・

その日は、お腹をこわしたじいちゃんと(古い茹でとうもろこしとアンパンを食べたらしい)
おしゃまなコトを留守番にして、
母をかかりつけの泌尿器クリニックに連れていきました。

猛暑の中、しっかりしない足取りの母を連れ信号を待っていると、
ニコニコしながら
「もう十分だわぁ。後どれぐらい生きるのかしら。」
みたいなことをつぶやいていました。

確かに老いて、身体も弱って、
いろいろできないことを自分でも分かっていて、
それでも毎日過ごさないといけない・・・
私は長生きして!と思うけど、
甘えることができない人には本当に辛いでしょう。

クリニックでは疲れて吐いてしまったものの、
何とか診察を終え、薬局へ。

薬局でお金を払おうと、
預かった母の財布を開けると、
ぐちゃぐちゃに入ったお札の中に小さい紙切れが。
見ると、
「ザルソバ」「おとうさん」と走り書きした文字。
買い物に行く前に書いて入れたのでしょう。
母の頭の中には「お父さんのご飯を用意しなければ」という
長年の営みがしっかりと残っているんだと思うと、
こみあげるものがありました。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします!
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-08-07 23:19 | 父母のこと | Comments(5)

ヘルパーさんとバスで初お出かけ

今日はツヨはヘルパーさんと初プール!

ヘルパーさん達にもだいぶ慣れ、
ツヨのこともこちらからいろいろ伝え、
バスの時刻や路線をしっかり調べての上でしたが
いやぁ・・・ドキドキでした。

でもやり始めないと、
何も始まらない。

まずカードでスケジュールを見せ、
バス停まで送っていくことに。

あまりバスに乗ったことがない乗り物好きのツヨは興奮し、
行き先が違うバスがどんどん通りすぎるうちに、
わーっ と泣いて暴れだしました。
『バス来てるじゃない!乗せて!』ですね・・・
ものの3分の何と長いこと。
もう、車道にダイブの勢い。
全力で手を掴んで阻止しましたけどね。
(ターミナルが近いのでどんどんバスが来ちゃうんです・・・
色も同じだし、行き先は読めないし・・・)

やっとバスが来て勇んで乗り込んだけど、
泣きの勢いが止まらず、
そのまま発車。
猛烈な暑さと泣き声の中、
汗だくで呆然とバスを見送りました。

走って追いかけようかと思ったくらい心配だったけど、
もうお任せするしかない。

そして・・・2時間半後。
元気に帰ってきました。
私が一緒では全然泳がないのに、
支えながらだけど、ビート板でバタ足25メートルを10往復もしたそう・・・。

ヘルパーさんたち明らかに20代。元気いっぱい。
私44歳。ふらふら。
ツヨはすこぶる活発。
これはもう、勇気を出してお願いするしかない。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします!
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-08-05 23:07 | 外出・余暇 | Comments(4)

それぞれの夏休み

毎日、暑いですね。
今日はツヨは登校日。
学校から近くの小学校のプールに入りに行き、
(ツヨの学校はプールがないのです)
お昼ごはんは、何と、
路線バスに乗って駅前のマック!

朝、教室のスケジュールボードに、「M」のマークが貼られると、
みんな頬がゆる~っとなったそう。^^

ツヨもわかるんだなぁ、見れば。
ちゃんとプールも終え、
バスに乗っている間もマナーも良し。
あんまりにニコニコでウキウキ感があふれ出ていて、
先生方も目を細めていたそうです。

マックですごい勢いでてりやきバーガーセットを完食。
横で座っていた先生も慌てて完食。^^

バスで戻り、
後は海辺で、スイカ割り。
先生方が教室の中庭で育ててくれたスイカを割ったそうです。

盛りだくさんの登校日でした。
黒く日焼けしてたくましくなったツヨです。

あっ、コトと私はツヨの学校の近くの民間のプールで遊んでました。
私は遊んだというより、漂っていただけだけど・・・。
「ママ~、遊ぼうよ!」と誘われても、
水に酔ったように、ちょっと目が回ってしまった。
でも追いかけっこなどをして、コトはとても楽しそうでした。

それからツヨを迎えに行って、運転して帰ってきてご飯を食べさせ、
ちょっとソファーで横になったら、もう起き上がれない。

しかしその時
ツヨが「あっ!」っと玄関を指して叫んだ。
『おさんぽ!』ううう・・・うそだぁ。
どう断っても折れてくれない。
何回首を横に振っても、
しまいには「行かないよ!」と叫んでみても~。
玄関で靴を履いて鍵をガチャガチャいじって「あっ!」

夕暮れ時の散歩へGO~。足取りふらふら~。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします!
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 

エキサイトブログより一律に広告が入ることになりました↓
by keikototyuyo | 2010-08-03 17:11 | 日常生活 | Comments(5)