<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自立課題で楽しく

夏休みは家にいる時間が長いので、
自立課題に取り組むことにしました。

今までも時間のあるときに自己流で進めてみましたが、
先日家庭訪問で学校の先生がきて、
スムーズに取り組めるようにアドバイスをくれました。

ちなみに自立課題とは「自分ひとりでやり遂げられる課題」のことです。
「自立するための訓練の課題」と紛らわしいですが。

初めてのものは手伝うこともありますが、
お母さんが家事をしている間に、一人で楽しく取り組めて、
将来のお仕事を視野に入れると、手先の訓練にもなるものです。

今ツヨは三段のトレーで三つの課題を一人でやり、
出来たらトレーを重ねて私のところに持ってくる。
そして内容を確認して、ほめる!という流れです。

写真は三段目をやっているところです。
左にトレーが入っていた棚があります。
そこから自分で出して、課題をやって、
右に重ねておく、という形です。
今二段重なっています。一段目はパズル。二段目は小さい紐通しです。
あと一段重ねて、ヨイショヨイショと私のところへ持ってきます。
f0025201_22183042.jpg


自己流では、この「報告・確認」をしていませんでした。
パズルならできたものを壊さないで持ってきて、
先生なり親なりに完成品を見せる、
ということが将来のお仕事につなげる意味でとても大切とのことです。

内容はまたご紹介しますが、一つ1~4分くらいなので、
三つでも10分くらいで終わります。
それを2セットとか、朝夕で二回とか、
内容を変えて三回でも四回でもいいそうです。

時間を決めてもいいし、あまりキチキチにしないで、
暇そうだな・・・という時を見はからって「じりつかだい」のカードを渡します。
すると机にぶら下げた小さい箱にカードを入れて席につきます。

内容は、発達にあったものを作ったり、
100均で売っているゲームやパズルやちょっとした工作など。
お子さんによってまったく違います。

一人で机に向かってくれていると、
母も楽です。
洗濯を干していて、ふと気配を感じて振り向くと、
ツヨができたトレーを三段抱えて、
ガラス窓の前に静かに立っていました。
トレーを受け取って、たくさん誉めてやると、
喜んでパーッと走り去っていきました。^^

     ↓              よろしかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by keikototyuyo | 2009-07-31 22:29 | 家での教育・しつけ・身辺自立 | Comments(6)

夏休みのお手伝い・そうじ

f0025201_23355920.jpg
こんな感じです。
クールな後ろ姿ですが、
目は輝いています。
まずは狭い範囲のほうがわかりやすいかな、と廊下。
よく床にテープを貼ったり、と聞きますが、
ビーっとはがすのがオチでしょう。
あまりきれいになっているとは思えない蛇行。

最初のうちはきれいにすることより、道具になれることと、
楽しくできることが大切だそうです。

あと、棒の部分、これは明らかに長すぎます。
学校では一本連結を抜いて短くしていました。
入学式の日にそれを見て、
こんな子供用のがあるんですね?!とマヌケな発言をしてしまいました・・・。
うちのも短くしたいけど、連結が硬くてはずせなかった。

しかしツヨなりにそうじが終わったら、自分でシートをはずしてゴミ箱へ、
というのが、ちょっと・・・。
私ならまだまだ新品の範疇なのに。
学校でそういうふうにしているから、仕方ない。
ケチケチしてはいけませんね。
(でもやっぱりもったいない。)

     ↓              よろしかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by keikototyuyo | 2009-07-28 23:38 | 家での教育・しつけ・身辺自立 | Comments(0)

包丁とお箸にトライ!

先日こども包丁なるものを購入。
さっそく野菜を切ってカレーライスを作りました。
f0025201_2002616.jpg

野菜は切れるけど、手は切れにくい。先が尖っていない。
刃にちょっと触れたくらいではたぶん、指は切れないかな?

が、切った野菜を包丁からはがすのに、
全く刃先をかまわず包丁に触るので、
ちょっと指に赤く筋がつきました。

そこまでは説明もできないし、
見本も見てもよくわからないだろうし、
自分で「やばい」って気が付くのを待つのだろうか。

後でふとツヨを見たら、よっぽど痛かったのか、
テレビを見ながらでも、ずっと指をTシャツのすそで押さえてました・・・。
ふふっ・・・かわいいやつ。

コトにも包丁を持たせたら、
これから毎日、全部あたしが切る!
とはりきっていました。ははは。

そうそう。
小さかったツヨの手も
多少は大きくなってきて、
学校で毎日自立課題を頑張ってこなしているせいか、
微細運動が発達してきたような気がします。

食事に対する意欲も弱かったツヨ。
今までずっとスプーンとフォークで食べさせてきました。
しかし一生お箸を使わないわけにはいかない。

これはおととい、(たまたま同じ服ですが包丁とは違う日)、
お腹がぺこぺこなのを見計らって、
めったに食べさせないカップラーメンと、
エジソンの箸を目の前に出してみました。

食べたい思いが強かったツヨは、
エジソンの箸を持たせてあげると、
器用に使ってツルツルと食べ始めました。
f0025201_20142845.jpg


できるじゃん!

昨日もおそばでチャレンジ。
おとといより、上手になりました。

いきなり離れた箸を持たせても難しい子には、
手の筋肉を使う練習に、
やっぱりエジソンの箸はいいかもしれません。
本当の箸の持ち方になるには、
いくつか段階が必要でしょうが。
コトもいつのまにか普通の箸に移行しました。

ずっと前に買ってあったおそろいのピンクとブルーの箸。
コトに持たせたとき、ツヨにも持たせてみたけど、
全然だめでした。
ピンクはもう壊れるまで使ってアリガトサヨナラしたけど、
ブルーよ、やっと出番がきたよ!

     ↓              よろしかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by keikototyuyo | 2009-07-25 20:16 | 家での教育・しつけ・身辺自立 | Comments(8)

夏休みの外出その1

夏休みに突入です。
実は夏休み、すごく恐怖でした。
ブログの更新も遠のくくらい、すごいプレッシャーが・・・。
昨日の晩、本当にうなされました。
夢の中ででずっと一時預かりの用意をしているのに、
たくさんの心配事の場面が交錯して、
なかなか用意が進まない・・・
そんな感じの夢でした。
起きてもぐったり。

あ、でも毎日1時間の学校送迎がないことで、
体力的には休めるかもしれません。
(甘い?)

今日はさっそくどこか連れていこうかと思い、
車に乗ったらあいにくの雨。
後ろに乗ったツヨが、「ぎゃ!」っと『出発しろ!』の催促。

雨天でも平気そうな娯楽施設?
とりあえず新しくできた(らしい)ショッピングビルにいってみました。
初めてのところだと、わりと行動も分かりやすいツヨ。
ひとしきりエレベーターとエスカレーターに乗り、
マックを見つけると、ずんずん入っていきます。
食べ終わると、ちょっとゲームコーナーで遊びました。
クールな表情だけど、実は楽しんでる?
f0025201_23594036.jpg


一対一ならまぁ、何とかなります。
これでコトが一緒だと、コトには悪いけど、やれこれやりたいだの、
こっちいきたいだの言うので、
一人で二人を連れてこんなところへくることは不可能。
せいぜい歩いて行ける公園までです。

ツヨも全部でせいぜい1時間。
またエレベーターにいこうとしたので、
もう帰ってきました。
ショッピングモールなのに、何も買えない・・・。

帰りに「結構平気そうじゃん?」
と気をよくして、家の近所のヨーカ堂にいったら、
硬直。
かと思うと狂ったように走り出して、人を押しのけてエレベーターへ。
すると今度は硬直して私にしがみつき、
ずっと抱っこ・・・。
一年生を抱っこして移動は、お、重い。
何も買わずに退散です・・・。
昔、狂ったようにエレベーターに乗ったことを、
何か、いやな形で記憶に残像があるのでしょうか。
やはり買い物はネットスーパー様様です。

ツヨの中で、いろいろなことが記憶やパターンとして、
強く、いつまでも残っていて、こちらが想像できないような、
いろんなつらさがあるんだろうな。
今日のところはもし次に行っても、きっと全く同じパターンで行動するでしょうね。
自由なのか不自由なのか、ツヨの人生・・・。



夜は落ち着いてました。
コトがめずらしく、本を読んでくれていました。
と言っても、ツヨはページをめくるしぐさを見て喜んでいるだけ
なんですけどね。
お話は全く分かりません。
微笑ましいので、ま、いいか。
f0025201_0132992.jpg


     ↓              よろしかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by keikototyuyo | 2009-07-22 00:16 | 外出・余暇 | Comments(8)

びっくり三連発

ブランコの追記です。

立ち乗りをしていて、
「止まりたいときは、どうするのかな?」
ってしばらく様子をみていたら、
もう終わりたいと思ったツヨは、
タイミングよく前へピョーンと飛び降りました。
またまたびっくりでした。

びっくりといえば、最近のびっくり三連発。

その1。
久々に大通りのコンビニに行った時のこと。
手早く買うものを選び、会計しようとしたら、
ツヨが急にダッシュでお店の外に飛び出しました。
目は離していないので、キャーッと私も追いかけ、
車道の手前でキャッチしました・・・。
心臓が・・・寿命がかなり縮んだ・・・。

その2。
マンション内にある小さな図書室に、誰もいないのを見計らって行き、
またまた手早く本を見繕っていると、
土足の床にツヨが寝転び、
よくあるドアのストッパー(黒い三角のゴムのやつ)を
しゃぶっていた・・・。
もうどんな菌でもドンと来い・・・。

その3。
コトの小学校のお迎えにいく道中、
しっかり手はつないでいるものの、
ヒョイと何か拾ったぞ、と思ってツヨの手を見たら、
雨に濡れてグワグワになったタバコの吸殻!
口に入れそうになったので、ギャッ(私の声)っと振り払ったら、
折れて中の汁が手に。またそれをなめようと・・・。

しかも、叱ると、言われている内容は全然わからないで、
『これをやったら、ママが何か一生懸命になった。わかりやすい。おもしろい。』
みたいな誤学習をするようになりました・・・。
ああ、もう誰か助けてください~。

     ↓              よろしかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by keikototyuyo | 2009-07-09 23:39 | 泣き言 | Comments(16)

自閉症児と模倣

自閉症児は、模倣からでないと学べない、
と何かの本にかいてありました。

すべてそうとは限りませんが、
確かにそういう傾向はあります。
ツヨは最近やっと模倣ができるようになってきました。

昨日、公園で久々に乗ったブランコ。
つい最近まで抱っこで乗っていたのを卒業し、
漕げはしないものの、私が揺らすと楽しそうにします。

と、急に立ち上がろうしました。
えっ?立ち乗りするの?
ツヨはコワゴワ立ち上がりました。
緊張して体が硬い。
でも顔を見ると、頬が上がっています。
手の位置を少し調整して、
「手をグーだよ!」
と応援。
揺らしてやって、立ち乗り成功。

「じょうずだね!」と、一安心。
ふと周りを見ると、
四台あるブランコのうち、ほかの三台の知らない子供たちが、
全員立ち乗りをしていたのです。
ツヨはチラッとそれを見て、おもむろに無言で立ちあがったのでした。

そうか、ツヨにはどんな風に見えたのかな?
『まねしよう!』って思ったんだよね。

模倣が楽しくなってくると、ツヨのような孤立型の自閉症児でも、
運動やお手伝いや学習の幅がグンと広がるような気がします。
とても律儀にまねををしてくれるのです。

     ↓              よろしかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by keikototyuyo | 2009-07-06 21:01 | 家での教育・しつけ・身辺自立 | Comments(7)

絵カードで要求その2

家庭訪問が終わりました。
先生が作ってきてくれたPECSです。
f0025201_22321033.jpg
f0025201_22325525.jpg

                           中もこんな感じ
まだ名詞(食べ物ばかり~)がほんの数個。

親の陥りがちなこととして、
あれも教えたい、これも覚えてほしい、と
このファイルを辞書のようにしてしまうこともあるそうです。

今、要求する機会のあることや頻度のあること、
興味のあることに絞ったほうがいいということでしょうか。

つい、お腹が痛いとか、入れたくたりますが、
それはやっぱりお腹が痛くなったときに、
何回か場面を過ごす必要がありますよね。

使い方は、
おかしなどを用意する。
おかしを見せる。親が持つ。
PECSのファイルを二人の間に置く。
ツヨが「ください」や「おかしの絵」のカードをべりっとはがして、
私に渡して、カードを指でさす。
すぐに、おかしをあげる。
要求できたことをたくさんほめる。
繰り返す・・・。

私に渡したカードを、指でトントンと指差しできるのが驚きました。
要求しているジェスチャーですよね。

あとは私が離れていたり、
PECSが離れていたり、というバージョンも練習しました。

基礎の基礎です。
ツヨのレベルではまだこんな感じですね。

ちなみに外出するとき以外は、家ではカードは一切使っていません。
生活の流れを絵カードでスケジュールにしたりすることは、
当たり前の習慣なので必要ないのです。

そこをあえてスケジュールを作ってしまうと、
生活がしにくくなる弊害が出てくる恐れもあります。
自閉症だからカードはあったほうがいい、ではなくて、
本当に必要なのか、想像してみることも必要ですよね。


話がそれました。
さてあとは、ひたすらツヨの好きなものの写真を撮ってラミネート。
でも先生がエクセルで作ったカード作成ソフトをくれたので、
かなり助かりました。

あと一つ。
要求されたものが家に無かったら?
という問いには。

普通に「ないよ」と断ってください。
とのことでした。
あ、そうなんですね、そこは・・・。
スケジュールでいついつね、と示せるお子さんには示してあげてもいいそうです。

実物が見えていて、今はだめよ、と言われても怒るけど、
カードなら、ないよ、と言われても納得するということでしょうか。

断られるストレスより、
要求できないストレスのほうが、大きいんです、とのことでした。

本を読むより、やけに納得した家庭訪問でした。

ちなみに、先生が来て、
カバンから出したPECSの「ください」カードを見たツヨは、
キラキラッっと目が輝き(また)、
電気が走ったように
とキッチンのほうへ飛んでいきました。
『やろうやろう!』(ツヨの心の声)

     ↓              よろしかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by keikototyuyo | 2009-07-01 22:48 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(3)