<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

課題のための参考本

自閉症と診断されて、何が何だか分からないまま、
何とかしなければならない、といろんな本を買いました。
3年前のことです。
誰もこうしなさない、こうしたらいいよとは教えてくれませんでした。

小さかった2歳のツヨももうすぐ6歳。
運動面と身辺自立、そして精神的な内面だけきっちり6歳になり、
社会性と言語理解の深いハンディを残したまま、
こだわり、不安といつも隣り合わせの男の子になりました。

それでも慣れ親しんだ人、所では満面の笑顔を惜しみなく
見せてくれます。
もし、なんて意味のない仮定だけど、
もしハンディがなかったら、穏やかで明るい優しい子だったんだろうなぁ、
なんて勝手に思っても許されるかな?

と、ついつい感傷的になるけど、
泣いている暇はありません。コラ。

まだまだ使えなかった本が、やっと役に立つようになってきました。
今日はちょっとご紹介します。

①自閉症児の指導法(上岡一世)
  身辺自立・教科・生活・そして働くことまで、
  具体的に指導法が書いてあります。

②2歳からはじめる自閉症児の言語訓練(藤原加奈江)  

③自閉症児の発達単元267(E.ショプラー、他)

④認知発達治療の実践マニュアル(太田昌孝、他)

以上は実践的な内容です。③④は分厚く高額です。
入門書や体験本もいろいろ読みましたが、
他のところでも紹介されていると思いますので。
いずれも高機能のお子さんには不向きかなと思います。

⑤DVD「自閉症の子どもの自立課題」1から3(朝日新聞厚生文化事業団)
 手作り教材の参考にしています。本屋さんにはないかも。


ただ、②③④はツヨの場合も使えるようになるまで3年書棚で眠りました。

いずれにしても、何か特別なものを身につけることは何一つ書いて
ありません。
人として、人並みに、自尊心をもって生活するために、
何年もかけて身につけていきたいことばかりの内容です。

ツヨはどんな大人になるだろう。
隠れるように生きるのも、
謝りながら生きるのもごめんです。

だよね?ツヨ。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-09-22 23:20 | おすすめツール・教材 | Comments(9)

模倣(加筆修正しました)

最近、人の真似を少しだけするようになってきたので、
「模倣」も始めました。

私がテーブルをこぶしでとんとんと叩く。
ツヨも叩く。回数はあっていたりいなかったり。

手を叩く、ひざを叩くなど。

一番苦手な音声模倣も。

(でもこれは要注意です。
しゃべらせたくてやったり、無理にさせようとするものではありません。
かえって声をだすことや口を開けることを嫌ってしまうことも、
お子さんによってはあるかもしれません。
無理強いは禁物です。
子供の様子を見ながら、あくまで遊びの延長で。)

私が「あー」と言って大きな口を開ける。
ツヨも開ける。声は出そうとしているのかいないのか。
きっと音を聞き分けて、同じ音を出すことができないのでしょう。
それがツヨの自閉症の障害であるのだから。

そうだよね。そんなカンタンにできたら、きみも苦労しないよね。
あーの形で口をパクパクしているツヨが不憫で少し泣きそうになる。

やめたくなった・・・。が、気を取り直して。

私が「シー。」

「パッパッパッ。」

この二つはできるはずなので、
私の真似をするという意味でできるかどうか。

そして口をすぼめる。

一つずつゆっくり見せる。

少し考えてから、遅れてマネをしたり、しなかったり。

でも終わってからしばらくして、どこからか「パッパッパッ」。
見るとツヨがこっそり一人で口を動かしていました。
アーと開けてみたり、シーと言ったり。

ほおっておいてもできるようになることはあるかもしれない。
定型発達の子ならそれが普通だし、
ハンディがあってもその子自身の力で伸びること、
得意な分野が伸びることはあるでしょう。

逆に、社会性などは、伸ばそうとしても伸びるのは難しいそうです。
でも、例えば社会性を補うツールを身につけるとか、
信頼する大人のすることを真似できるとか、
手助けをすれば伸びることもあるに違いない、そう思います。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-09-14 10:38 | 家での教育・しつけ | Comments(3)

指差し、じょうずだね。

ツヨの家での学習、地道にやっています。

始めてみて、分かっている名詞、動詞が結構あることが
わかりました。

イス・ハサミ・エンピツ・リンゴの絵があって、
座るのどれ?
と聞くと、最初はイスの絵によいしょっとおしりを乗せて、
絵に座りました。あははっ。
なるほど。わかっているのね。

食べるのどれ?でリンゴに口を近づけて食べる真似。
なるほど。

でも指差しにしてみようよ。

最初はツヨの手をとって私が指差しの形を作って、
一緒にトントンと紙を触ります。
だんだんツヨの右のひとさし指をチョンと触るだけで、
あ、そうか、と指差しをするようになりました。

今日は初めての教材、公文の「くだものやさいカード」 。
「○○はどれ?」
と聞くと、かなり指差しできて、びっくり。
偏食で食べないくせに、名前は知っているんだ・・・。

図鑑とかもいろいろな絵が載っていますが、
やはり一つ一つ分かれているカードのほうが、混乱しないです。
すこし値ははるけど、裏にひらがな・カタカナが書いてあるので、
くるっと裏返して名詞とセットの記号として覚える感じで使えます。


やることはいっぱい。
コトも急に漢字を書きたい!といい始め、
母の身は二つあっても足りませ~ん。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-09-11 22:15 | 家での教育・しつけ | Comments(5)

幼稚園のお友達

幼稚園の秋祭りにいってきました。

一回家に帰ってから夕方また幼稚園へ。
盆踊りはドラえもん音頭。
コトはおおはしゃぎです。

だんだん暗くなっていく園庭で、
学年毎におみこし。
コトは目がキラキラ・・・。

一方ツヨは・・・。
大きい音、暗いの大キライ。
早く帰りたい!
と心の声がするも、
コトのため。
なんとか1時間半、耐えました。
ずっと抱っこで・・・。
おみこし担ぐみんなより、
ツヨを担ぐ私のほうが汗吹き出てました。

時々声をかけてくるクラスメート達。
「あっ、ツヨくん!」
ツヨは私の胸にしがみつき・・・。
「ねぇ、どうしてもう6歳なのに、話せないの?」
「どうしていつもキャーキャー言うの?」
「どうしていつも抱っこされてるの?」

めったに顔を出さない母の私に「どうして」
の集中砲火。
「ど、どうしてだろうねぇ。」

しかしいつもそれ以外の質問って受けないな。
「どうしてみんなと同じようにできないの?」
とか
「どうして一人だけ違うことしてるの?」
なんて質問は受けたことがありません。

見たまま。
ストレートに感じたまま。
そして興味のあることだけ疑問なんでしょうね。

先日、幼稚園から帰ってきて、カバンを開けると、
クラスの女の子からのお手紙が入っていました。
初めてのこと。
ワーイ。
いそいそと中を見る私。
ツヨはお手紙をもらったことは理解はちょっと無理です。

えーと、なになに?
つよくん、げんきですか。
つよくんはおおきくなったら、なにになりたいですか。
○○○より

・・・。(絶句)

ま、まぁ、よし。うん。

しかし、返事を書く手が重い・・・。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-09-08 22:19 | ツヨの幼稚園 | Comments(2)

新学期・できることを始める

9月になりましたね。
新学期が始まって心底ほっとしました。
夏休み、
忙しくて暇で、自由のような、不自由のような、
宙ぶらりんの感じでした。

夏は暑くて勉強できない。
という勝手な決めで、
ツヨの家での学習(というほどのものでは全然ありませんが・・・)
もお休みしてたので、
今日から新しいことを始めてみました。

発達協会で紹介している発達促進ドリルです。
すごいタイトルついてますが、
中身は堅実。
車と犬の絵で「ワンワンどれ?」から始めます。
まさにここからです。
指差しからです。

始める前に机に座らせて
「これからツヨくんの勉強を始めます。よろしくお願いします。」
と療育センター風に言ってみたら、
ツヨはペコッと頭を下げました。

そのときの発達段階に見合ったものを使いながら、
ゆっくりと繰り返し学んでいきたいと思います。

きっと学ぶ力を持っているし、
学びたいと思っている。
彼なりに。
読み書き計算なんてできなくてもいい。
できることが増えるって楽しいな。
誉められると嬉しいなって思ってもらえれば、
それで十分です。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-09-01 23:56 | 家での教育・しつけ | Comments(6)