<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ツヨくんは、家族が分かっていますか?

ツヨは床に落ちている食べ物や、
おもちゃ、紙などをやぶいたりして、
よく自分の口に入れてしまいます。

きたないという分別がないのかよくわかりませんが、
ファミレスで下におちているパンくずとか、
イスにこびりついた、いつ誰がつけたかわからないご飯とか、
あっという間に口に入れてしまいます。
さすがに私も反応が早くなりました。
「ぺっ!」とすばやく私の手をツヨのあごの前に出すと、
飲み込む前に素直に出してくれます・・・。

公園にたまにおいてある飲みかけのジュースとか、
古かろうが飲んでしまいます。
つねに油断はできません。
どうかゴミは持ち帰ってほしいと切に願います・・・。


今日、夕食の後、ツヨがケホッ!ケホッと急に咳き込みました。
何かつまらせたような音!

何を口に入れた?おもちゃ?つまったか!?
と慌てる私。
が、それ以上に
「大丈夫か??!!どうしたツヨちゃん!」
と夫が青くなっていました。

ツヨは涙目で自分でゲホッとうまく咳をして、ほどなく
おもちゃの破片を吐き出しました。

ああ、よかった~。
怖い。

のどにつまる可能性のある大きさのおもちゃはほとんど処分して
あるものの、油断は禁物です。

サカナの骨かと思った、とパパ。
さっき鮭を食べさせたばかり。
偏食が激しいツヨに少しでも食べさせたくて、
唯一食べるサカナの鮭を、
パパがせっせと骨をとって、茶碗に入れてやっていました。

少しでも健康に、そして笑顔がみられるようにと、汗をびっしょりかいて
体を使っていつも遊んでやるパパ。
こだわりに付き合い、道具のようにこき使われ・・・。
本当は一緒にキャッチボールやサッカーがやりたかったでしょうに。
そして褒めたりしかったり、いろんなことを伝えたかったでしょう。
それがまだ全力で守ってやらないといけない、みかけよりずっと幼い息子だなんて。



先日の就学相談で、担当の先生に
「ツヨくんは家族が分かっていますか?」
と質問されました。
今思うとなんて酷な質問でしょう。
家族がわからないわけないでしょう、と
普通の人ならびっくりするような質問ですが、
私は「はい。たぶん・・・。コトも入っていると思います。」
と答えるしかできませんでした。
ツヨの目に私達はどう映っているのでしょう。
いつも助けてくれる人達?
食べさせてくれる人達?
愛情が本当にツヨにわかるのか正直よくわかりませんが、
信頼・・・そう信頼は築けると思います。
あれ、でもちょっと悲しいですね。少し涙が出てきました。

パパとコトと私でオミコシみたいにツヨをワッショイワッショイと
守っていけたらいいな・・・。
そんな風に思います。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-07-20 23:23 | 就学・進路 | Comments(14)

就学相談で大暴れ

行ってきました、就学相談。
夫とツヨと3人で。

ツヨの行動はいつも私達の予想を超えていってしまいます。

3人にとって初めての場所。
車に乗る前にツヨに建物の写真を見せました。
じっと見入るツヨ。

到着して玄関に入るやいなや立派なエレベーター!!
ああぁ、何てこと!ダッシュで飛び込むツヨ!
パパが慌てて一緒に乗り込みます。
一回やれば気が済むんじゃない?
そんな私達の期待を裏切り、
ツヨは乗り続けました・・・。

そのうち担当の先生と心理士さんが現れ、
「あと一回でおしまい。」
と私が言うと、「ぎゃ!!」と叫ぶツヨ。

10分、20分・・・。
おもちゃや教材をいろいろ見せて切り替えようとしても
逆効果。
重い木のおもちゃを投げつけ、床に頭を打ち付けて怒る。
抱っこするパパの顔を殴る、めがねを投げ捨てる・・・。

そのうち先生と心理士さん、パパと私の大人4人も一緒に乗り、
皆で上がったり下がったり・・・。
大人4人でも太刀打ちできないのかっ!
じゃここで相談を始めましょうか・・・と先生。
熱いような冷たいような汗がどばっと吹き出ます。

行き先カードで部屋の写真を見せ、一瞬検査を受けられた、
と思ったら、さっき投げつけた教材を心理士さんが出したとたん、
またギャーッと泣き出して、下に投げつけ、床に頭を打ち付ける・・・。
ああ、どうしてそれをまた出すかなぁ・・・。
(でも人にではなくて下に投げつけるところがいいヤツなんです)

結局、トランポリンや大型遊具のある大部屋へ、
抱っこでだだーっと移動。
ま、ここならいいか、と遊び始めたツヨ。

片隅のテーブルで相談を始めました。
心理士さんは検査のトランクを部屋に持ってきて、
何とか検査にさそいますが、
「ぎゃっ!!」と一喝するツヨ。
スリムな心理士さんに「ぎゃっ!」っといろいろ命令して
道具のようにこき使って遊んでもらっていました・・・。

最近のツヨをコントロールすることはもはやだれもできません。
人のいうことがほとんど分からない上に、
こだわり、意思は強固。
制止、禁止、注意、無視、おだてても誉めても、
どれも全く聞き入れない。

「重いですね・・・自閉。これで手帳は中度ですか。」
先生からはっきり言われます。
この対応の困りようは重度で間違いないんです。
でも落ち着いていれば検査は大好き。
言葉以外のところはどんどんこなします。
(でも大体心理士さんの顔なんて見ちゃいない。)
身辺自立もできてます。
そして器用。運動面も年齢相応。
「すごい凸凹ですね。今まで会ったことがないです」と先生。

カードを使った自立ができるようになること。
そして、独特のひどく強いこだわりを
周りの人となんとか妥協していく道をさがしていくこと。
この二つを目標にしたほうがいいですね、とアドバイスされました。

養護学校を薦められました。
というか私達も、養護しか無理だと分かっていました。
ツヨとコミュニケーションをとる接点は小学校にいる人たち、
そして個別の先生には、ないのです。

国立の自閉症専門の養護学校を第一希望。
地元の養護学校を第二希望にしました。
地元の養護学校はとてもいい学校ですが、
特に自閉症教育が進んでいるわけではありません。

まずは国立の抽選を受けてみます。
遠いです。6年間送り通せるか心配ですが、
ここで楽な道を選ぶと、
ツヨにとって取り返しのつかないことになるかもしれない。
そんな気がするのです。
相談した先生にもそういわれました。

この日の検査で、せめて指差しくらいできたら・・・、と
カードを使っていろいろ特訓?したのに、
結局暴れて検査不能。
ええ、人生そんなものです。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-07-14 22:46 | 就学・進路 | Comments(12)

就学相談

今週の金曜は養護教育総合センターとの就学相談
(教育委員会との個別面談)です。
発達検査をしたり、親からの聞き取りをして、
こどもひとりひとりの個性を尊重して、
進路を考えていく場と認識しています。

今まで私立の養護、市立の養護2箇所、学区の小学校の個別を4回、
国立の養護を2箇所、見学しました。

見学していくうち、たくさんの先生やお母さんと話し、
そしてお友達やツヨの成長を見守っていく中で、
本当にいろいろなことを考え、迷いました。

何が大事なことなのか。

家の中でも、いろいろと儀式的なこだわりを日々創造して、
泣いたり、怒ったりするツヨ。

先日は遠足に行って、着いたとたんエレベーターに猛進。
他のお友達が楽しく過ごすのを尻目に、帰るまでの
小一時間、エレベーターにずっと乗っていました。

学校を含めた生活を安心・安定させてあげることを
もっと真剣に考えてあげないといけないのかもしれません。

より自閉についての専門性の高いところに入れてあげたい、
少しでも、泣いたり不安になったりしないで、
笑顔で過ごせるところはどこだろう、
ツヨのことを理解してくれる先生がいるのはどこだろう、
そんなことが大事に思えます。

得意なことは伸ばしてやりたい。
でも、まずは不得意なところはもう伸びないと認識すること。
それはハンディなのでしかたない。
では大人になった時、それをどう補うか。

言葉のない子には、きっとそれはカードで人とコミュニケーションがとれるように
なることかもしれません。
どんな手段を身につけて、少しでも自立できるか。
将来に向けて小学校で何を身につけさせたいか。

それができる学校を選びたいと思います。
養護相談センターの先生にはそう言うつもりです。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-07-07 23:18 | 就学・進路 | Comments(1)