<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コトの高熱と夜中の看病

更新がとだえておりました。
双子が次々と風邪をひき、先行していたツヨが
やっと明日から幼稚園です。

コトは3日間夜になると40度の熱で、かなり心配しました。
昨日は夜中に40.7度。
さすがに解熱の座薬を入れて、一時間おきに目覚ましをかけて、検温、
アイスノン・脇のアイスノンを替え、ポカリを飲ませて意識がしっかりしているか確認。
朝の四時に起きた時、さすがに下がったかなと期待して計ると、
よ、41.2度!!!ギャーッ!さすがに怖い・・。
もう一つ座薬を入れて、ネットで高熱について調べました。
もし髄膜炎とか、怖いものになったら・・・

しばし検索。
うとうと寝ていても呼んで起こして、
飲み物とか飲めるぐらいならどうも大丈夫そうだな・・・と。

そうこうしているうちに座薬が効いて39度台になったので一安心。
コト自身も眠れるようになったのでよかった。

朝方、一度起きた時に、脳がおかしなことになっていないか確かめようと、
「コトちゃん、何歳?」と聞くと、
「・・・5歳。」
あぁ~よかった。ホッとしました。
解熱剤は飲みすぎると治りが遅くなると言うけれど、
今度から、熱が続く時は寝る前に解熱剤を飲ませよう。
とても怖い夜でした。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-01-28 23:17 | 双子の姉のこと | Comments(5)

ツヨの自閉タイプとコト語録

先日、療育センターで一年に一回の児童精神科医の診察がありました。
最初に木の教材を先生と差し向かってやります。
ツヨは教材が大好き。

何本か棒が立っていて、そこに形別に6色くらいの木の輪っかをはめていくもの。
輪投げのような形状ですね。
一組、三角の6色の木の輪の見本ができていて、あとは星かひし形だったかの
木片がばらばらとおいてあります。
ツヨは先生の合図もなしに始めます。
星を選んでどんどんはめていきます。
出来上がるときちっとそろえます。
今度はひし形。
先生も私もハッと気づきました。
見本の色の順番通りに自分もはめているのです。

三つの形の棒通しがきちっと三通り、色も合わせて、乱れなくできました。

しかし、先生の顔をチラとも見ず、もっと他のをやりたいようにキョロキョロ。

後は補助の先生と別の教材をやり、私は先生と話をしました。
困っていることがないかや、来年のこと、就学のこと、
ツヨがこの先どんな風に成長していくのか、
いろいろ聞きました。

そして教材をやるときの様子について。
診察に来ている今の状況や、流れの意味はわかっていないとのこと。
ツヨには教材しか見えていない。
できたよ、と、得意げにするでもなく、先生の言葉かけも全く無視。
まぁ先生はそうは言わないけど、
人を人と思っていないということでしょうか。

そういうタイプ的なものは大きくなっても伸びはしないと。
まぁ、分かりきったことでしたが、ああ、やっぱり・・・。

ただ、この後は嬉しかった。
作業の内容は、成長につれてランクアップするでしょうと。

そう、人と共同したり、一緒に楽しんだり努力したりはできないけど、
コツコツと一人でやるお仕事ならできるかもしれない。
だって、教材をこんなに集中して、見本通り、きちっとできるんです。
ある意味、失敗して怒られたらどうしようとか、
誰かに負けたらいやだとか
緊張するとか、
○○さんとケンカしちゃって落ち込むなぁとか、
そんな人間関係に悩む必要な全くないわけです。
ははっ、本当のこだわり職人になれるかも・・・!

今日、おばあちゃんの家で、私達が談笑している間、一人静かにおやつを食べ、
終わったらすっと立ち上がって、流しにカラのお皿を出しに行きました。
そういえば、ずっと前に一度だけ教えたことがあったっけ・・・。
おばあちゃんは、びっくりして、こんなにいろいろできるのに、
どうしてしゃべれないのかしきりに不思議がってました。
あなたとは目が合うの?とも聞いてきましたが・・・。
ずっと赤ちゃんの頃から私とは目が合ってました。
 
ツヨに何がわかっていて、何がわからないのか、私にもよくわかりません。
不思議君です。

おまけ。久々コト語録。

帰りの車の中、干支(えと)の話になり、
「パパはタツ年だよね!」とコト。
前に教えてあげたので覚えているかなぁ?とコトに質問。
「おばあちゃんは?」「えーと・・・サル年!」
「じゃ、おじいちゃんは?」
しばし考えて、
「ニワトリ年!」
た、たしかにトリ年だ!が、なんだかショボイぞおじいちゃん・・・。
ちなみにこの間、チンパンジーのことをチンパンジン、ときっぱり間違えました。
チンパン人・・・かなり人間に近いサルなのか?

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-01-20 23:23 | 診断・診察 | Comments(4)

家出はナシでお願いしたい。

長かった冬休みが終わった~。
最後の二日間、缶詰状態のツヨは家の中をウロウロ・・・。
行ったり来たりを繰り返すのが遊びのようで、
コトの手を引いて『お前もやれよ』と巻き込みこだわりしてました。

しまいには玄関から出たいよ、と、上につけてある鍵に背伸び。
うーん、ちょこっと買い物とかに出るだけならいいけど、
君の場合、どんな遠出になるのか全く見当がつかないので、
見て見ぬ振り。ごめんね。
最近母は付き合える気力と体力に自信がない。
こちらの行きたいところには行ってくれないのが必至なので。

しかし鍵に手が届きそう。
どこか行きたいところがきっとあるのでしょう。
踏み台を持ってくれば出れちゃう。
今まで玄関から出たがったことはなかったので油断していたけど、
にわかに脱走しそうな気配になったので
すぐ鍵屋さんを呼んで、
内側からも鍵がないと出られないように加工してもらいました。
これで一人で出て行く心配が一つ減った、かな・・・。
(私が鍵の管理さえキチンとできればですが・・・。)

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-01-10 00:43 | 自閉症の息子のこと | Comments(7)

サヴァン症候群

4日の読売新聞の一面にサヴァン症候群の人について書かれていました。
サヴァンとは特異な能力を持つ知的障害者を指します。
山下清・アインシュタイン・モーツァルト・エジソン・レインマンのモデルとなった人・・・。
絵画・石火計算・音楽・発明・記憶力・・・。

本来、人が生活していく中で使うコミュニケーション力が全く欠けている人たち。
(そうでない方の報告もありますが)
人間は言葉を話し、聞き、かつ読み書きもできる。
サヴァンの人たちはそれがうまくいかないからこそ、脳の能力をフルに発揮できる、
ということらしいです。

確かに、人は社会生活を行うなかで、常に対人能力、言語能力をフルに
使っていますよね。家でも仕事・社会でも、育児でも買い物でも何でも。
はぁ~気疲れした、って感じるとき、本当に脳が疲れているなって思います。

人の上を平気で歩いたり、邪魔なのに一向に気づかないでデンと座っていたり、
こちらがどんなにエレベーターこだわりで困っていても、まったくお構いなしで、
少しは気を使ってよ~って、ふざけて言っても、何のリアクションもないツヨ。

自閉症に対する考えが少し甘いのかもしれないなと、最近気づきました。
いつかわかってもらえるような気がしていたけど、
それは違う。ずっと分からないんです。
もっと、自閉症のプロにならないと、こだわりに振り回されて、
一見、分かっていそうなツヨに振り回されて疲れてしまうような気がします。

「記憶」でしてはいけないことを覚えて、いつかやらないようになるかもしれないけど、
ツヨの奇行は一生続くでしょう。
それはやはり、力で抑えたり、矯正する
という考え方で解決することではないのでしょう。
社会で暮らすための、必要最低限のコミュニケーション、身辺自立、体力、
趣味、楽しいこと、そして何人かの友人。
もちろん、サヴァンとは言いませんが、できれば何か得意なこと。
それらを手に入れられれば・・・!

サヴァンの話に戻りますが、
全世界に数十人しかいない狭義の意味でのサヴァンの人もいれば、
広義の意味のサヴァンな人は、周りを見渡すと、スポーツ界・音楽界・
科学者や熟練技術者・芸術家、たくさんいるような気もします。
そういう、「一筋!でもちょっと個性的!」の人がいてくれないと、
凡人ばかりでは、何も発明されたり、素晴らしいものを残すことができない
かもしれないのではないでしょうか。
ツヨのお友達でも、いつかみんなをあっと言わせるような子が
いるかもしれません。いいぞ。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-01-05 01:01 | 自閉症の息子のこと | Comments(3)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年も双子とママをどうぞよろしくおねがいします。

初詣でに行き、お参りをしました。
コトにおさい銭を投げさせ、「さ、お願いして」
と言うと、なにやら神妙に手を合わせています。

何をお願いしたの?とすぐ聞くと、
「あのね、ツヨちゃんがいたずらをしなくなりますように、ってお願いした。」
私はいつもツヨの困った行動のことを
「ツヨちゃんたら、いたずらだね」
と言っています。

「お願いはそれだけ?」と聞くと、
「そうだよ。」とのこと。
コトなりに、いろいろ考えているんだろうな・・・。ドキッとしますね。

さてツヨはというと、お正月も関係なく、いたって元気です。
主人の実家の犬を見て、
「ワンワン。」と言いました。
おお~ありがとうよ、ジョン。
初「ワンワン」です。

シャボン玉に興じるコト。
f0025201_0291796.jpg


シャボン玉にまみれるジョン。
f0025201_0293793.jpg


ジョンとシャボン玉を見つめるツヨ。
f0025201_0294741.jpg


今年もがんばりま~す。

                      よかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2008-01-03 00:33 | 日常生活 | Comments(0)