<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大好きな実家

大雨の中、法事は無事終わりました。
お経の間、キャッキャと飛び跳ねたり、うろうろ歩きまわってましたが、
よく慣れてる主人の実家なので、まぁ落ち着いていたし、
まぁ、小さい子だから・・という範囲で何とかなったような感じでした。

お墓は雨がひどくてコトと3人で車の中で居残り。
お店での会食は、初めて行ったお店でしたが、
パン、おもちゃ、教材、パズル、好物のお菓子、自動ドア遊びで、
楽しそうに過ごしてました。

ツヨのいいところは、初めてのところも気に入れば受け入れて、
落ち着いて、むしろ楽しんで過ごせるところです。
ただ、二度目からは「一度目と同じ」と決め付けてくるので
ちょっと違うこととかができなくなってきます。
例えば部屋とか、座るところとか、することとか、食べるものとか。
あ、やっぱり?となります。^^

それにしても、田舎の主人の実家には、いろいろなものがおいてあって、
なかなか目が離せません。
玄関に鍵もないし、仏壇の花、お線香の灰、大きなハサミ、キリや
ポット、扇風機に冬は石油ストーブ、犬・猫のエサ・水、障子、カーペットの画鋲、
すごく当たり前の生活用品ですが・・・。

今回は障子を破き、長~い画鋲を外し、
フマキラーを自分に向けて噴射する一歩前でギリギリ阻止し、
大きな懐中電灯で居間のガラスを一枚叩き割りました。
大きな懐中電灯に興味を持って、
手に持ってうろうろ、ぶらぶらしてたら、ガラス戸にヒット・・・。
懐中電灯を取り上げたら今度は青銅の重た~い壷を持ち出したので、
ギョッとしてすぐ取り上げました・・・。ガラス戸があと15枚ぐらいあるので。

前回は犬のエサを食べ、水を何回もぶちまけ、部屋の電気の糸を引っ張りすぎて
内部からちぎり、電気がお陀仏に・・・。
ちょっと散歩と二人で外に出たら、エラーイ遠くまでズンズン歩かされ、
として戻らなくなり、車で迎えにきてもらいました。

ほとんど座らないで動いているので、ずっと後についたり、目で追ったり。
2泊が限度です、私の集中力・・・(もちろんパパも交代で見てくれてますが^^)
でもいろんなことがツヨの好奇心をすごくくすぐって、楽しいんだろうな。
もちろんコトも大はしゃぎしてます。

実家が大好きで楽しそうで、できるだけ行かせてやりたいとは思ってます。
今回おじいちゃんが、会食の席、親戚の前で、
ツヨが自閉症で今後ご迷惑をかけますが、よろしくお願いします。
と言ってくれました。
親戚も高齢の方が多く、おじいさんおばあさんに自閉症の理解というのは
難しいとは思いますが、
おじいちゃんには頭が下がる思いでした。
みんなで見守っていけばきっときっと大丈夫。

                      今日も読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-10-30 00:42 | 外出 | Comments(7)

明日は法事

明日は田舎で法事です。
初めての法事。
お経を上げる間、お墓参り、会食・・・
どうなることやら・・・。

一つ教材を作ったので、持っていけます。
食べ物のマッチングです。
療育の先生に原稿をコピーさせてもらい
2枚ラミネートして、一枚は細かく切って、裏にマジックテープを両面テープではりました。
もう一個作りたかったけど、眠くて限界です~。
f0025201_0254462.jpg

左の台紙に、右の一個ずつをマッチングしていきます。

                      今日も読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-10-27 00:27 | おすすめツール・教材 | Comments(3)

5歳になりました。

22日で双子は5歳になりました。^^
5年かぁ~。大きくなったもんです。

今日は実家のおじいちゃん、おばあちゃんが丸いケーキを買って訪ねてきてくれました。
ろうそくを立てて、テーブルに出すとツヨが「あー!あー!」
ケーキに手をグワッシと出そうとします。
むむっ?!ケーキにこだわりなんてあったっけ?
一応ビデオなど撮りたいので、大急ぎでハッピーバースデーを歌い、
コトに「フーって消して!」。(フーするコト、左は触ろうとするツヨの手)
f0025201_0141386.jpg
そして切り分けようとすると、やはり「あー!あー!」
ケーキがぁ、崩れる~。
何をしたいのじゃ?とツヨの前にケーキを箱のまま置くと、
でっかい丸のままのケーキにフォークをそっと差して静かに食べ始めました。
・・・切ってお皿に分けたものじゃいやなのね。
f0025201_013529.jpg

ここまで一人で食べました。
なんちゃって。
他の人に切り分けていくのは怒らないので
食べてる端からどんどん小さくなっていくケーキ台に乗ったケーキを
楽しそうに食べていました。あははっ。

                      今日も読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-10-23 00:20 | 日常生活 | Comments(11)

止まれない、曲がれない、戻れない!

ツヨは寄り道を許しません。
歩く道順が決まっていて、たまに自分からあっさり変更したりしますが、
こちらの行きたい道への変更は、決して応じてくれません。

2、3日前、幼稚園バスを降りてからのマンション敷地内の5分の帰り道、
コトがお友達と消えてしまいました。
親からわざとちょっと離れたり、隠れてみたりしたい年頃。
お友達と一緒で気が大きくなったのか、呼んでも返事もなし。
お友達のママが探しにいってくれたものの、行方不明。

ツヨは早く家路を進みたい。
でもコトをおいては帰れない。敷地内と言っても、車も自転車も通る。
オートロックの開け方も教えてない。
パニックに入るツヨ。
「待って」というと余計逆上します。
お友達ママが見つけてくれるのを待ちながら牛歩で進みます。
コトを探しに横道にも入れません。
だんだん泣き出し、のけぞり、寝そべり、
アスファルトに頭を打ち付けて号泣するツヨ。

・・・手には玄関の鍵。ツヨの頭の中はこうです。
「いつも通りに鍵をオートロックに挿して自動ドアを開け、
郵便受けを開け、バタンと閉め、壁に沿って廊下を歩く。
エレベーターに乗って玄関の鍵を開ける。」
全ての儀式をスムーズに行うことしか
今のツヨの頭にはないのです。

コトがいないことは僕には全然関係ない・・・。

打った頭が痛くて私の手をクレーンで頭にもっていき、「さすれ」のサイン。
なかなか歩かない私に怒り、またのたうち回り、頭を打つ。
余計暴れるので抱っこもできない。何とか頭だけはカバーしないと!

やがてお友達ママがコトを連れて追っかけてきてくれました。
コトに一言、厳しい顔で
「お母さんから離れてはいけません。」
見る見る泣き出すコト。ごめんね。でももう二度とはして欲しくない。
まだ4歳。
もう少し大きくなるまで、ツヨと私の歩調に合わせて歩いてね・・・。
あと何年かすればあなたは自由に一人でどこへでも行けるようになるのだから。

                      今日も読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-10-17 22:40 | こだわり | Comments(18)

就学について(姉コトへの配慮)

運動会も終わり、あといくつかの行事をこなしつつ、
また就学について考える機会が増えてきました。
先日一人で私立の養護学校を見学。
来週はママたちと県立の養護学校へ。
来月、一番近い養護学校&地域の小学校へ。
あとは車で一時間くらいはかかるけれど、国立大付属の
自閉症児専門の養護学校へ行ってみようと思います。

基本的に養護学校か、小学校の個別支援級か
という選択で行ったりきたりしています。

というのも、もちろんツヨ自身がどちらのほうがいいかということもあり、
そしてコトが小学校に同時に入学することで
個別の場合、彼女の配慮もしないといけない。
今はまだまだ幼くて、たぶん、ツヨと同じ学校へ行きたい!と
思うでしょう。
でも中学年、高学年と成長したときぶつかるだろう壁を思うと、
違う学校へ行かせたほうがいいのか。
まぁ一概にそう言い切ることもないと思うんですが。
経験者の話を聞くとそんな意見も当然あり・・・。

私が甘いのでしょうが、できれば何事も自然体でいきたいなぁと
思っています。
友達に何か言われたとしても、ツヨちゃんはありのままツヨちゃん。
堂々としていてほしい。
コトにも成長に合わせてじっくりとそんなことを伝えていきたい。

ハンディを持った子を兄弟の友達と会わせたくなくて、
学校も通学路も別にするという親御さんの話をききました。

ツヨの存在を世間に隠すなんて、考えたくもないです。

甘いでしょうかね・・・。

                      今日も読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-10-11 23:38 | 小学校での学習 | Comments(17)

ツヨ、風をきって走る!

秋晴れの土曜。
ツヨは始めての幼稚園の運動会。
園児達は日ごろの練習の成果を見せる晴れ舞台。
親御さんたちも、気合が入ってます。

ツヨには重度自閉症と重度知的障害があります。
お友達や先生のマネをして楽しむことはしません。
自分のわかること、興味のあることだけ、こだわり職人のように
繰り返し楽しんで過ごします。
それでも新しい遊びを開拓したりするし、
こちらが誘った遊びも興味があればのってきます。

ほかの園児達はツヨくんツヨくんとくすぐったり、触ったり、抱きしめたり、
かわいがってくれます。
ツヨも嫌がるでもなく、ニコニコしてしらんぷり。
内心は楽しんでいるのかもしれないけど。
先生には自分から遊びをねだったりします。

そんなツヨの運動会。
開会式では突然号泣。
先生が集まって、何とか少しでも参加を、とホイホイしてくれましたが、
自分でハンカチで涙をふきふき抱っこで退場。
はぁ。そうかぁ・・。行事は苦手だよね。
少し離れた主人をチラッと見ると、目が赤い。オイオイ、がっかりしないで。
気を取り直して、さっ、できることを楽しみましょう!

あとは徒競争。
ぎりぎりまで介助の先生が抱っこしてくれて、ヨーイドンで降ろし、
ツヨくん、走るよ!っと手を引いて走る!
ツヨ、ニコニコしてるけど、手で顔を覆って走る!

この世の中はまぶしいかい?ドキドキする世界だよね。
でも風をきって走るって楽しいでしょ?
歓声も大きくて驚いちゃうよね。

ビリッけつだけど、完走できたね!
f0025201_22375237.jpg

(前から三番目の帽子なしがツヨ)
ママは無性に嬉しかったー。
厳密に言うと、やっぱりちょっと悲しくもあった。
またオイオイ泣いてしまったよ。

「光とともに」の運動会の場面を思い出しました。
ほんの一つかふたつの競技に、出られるかダメか、
ドキドキしながら見守るお母さん。
ひかる君なりに、ツヨなりに、
精一杯参加できたことを、心からほめてあげたい気持ち。

さて、残念ながら、参加できそうな競技はもうおしまい。
あとはツヨは運動会には知らんぷり。
自分の教室で教材をやったり、
絵本コーナーに行ったり、まるでたくさんの人が
目に入っていないかのように、5時間落ち着いて過ごしました。
でもコトの競技のときは大人しく抱っこされてくれたので、
今年はバッチリ見学。

でも一度だけチャレンジで、家族競技の借り物競争に、
抱っこで出てみようかと思い、集合場所のトラックに行ったら、
やはり号泣。
自分のわからないこと、納得できていないこと、
こちらが写真などでも説明しようのないこと
(複雑なことばは理解できません)、楽しくないことを、
こちらの思いで無理にさせるのはいけませんね。
すぐさま撤退。

ちなみにコトは・・・
ずっとツヨにつきっきりの私たちに、最初は顔が曇ってしまったけど、
笑顔で応援していることに気づいてからは、
次第に表情が明るくなって、元気に競技をこなしました。

パパは、頑張りすぎたんでしょう。抱っこも多かったし。
家に帰って、夕飯までほとんどグーグー寝てました・・・オイ!

                      今日も読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-10-07 23:05 | ツヨの幼稚園 | Comments(10)

運動会ダ!

今週末の土曜日は幼稚園の運動会。
昨日、予行練習の見学にいってきました。
春の参観日では、私の姿を見て、泣き、抱っこ、家に帰りたくなって
参観どころではなかったので、今回は、変装していくことに。
100均で買った伊達メガネ、マスク。
ツヨの知らない毛糸の帽子に洋服。

すぐ近くに行っても、全然気が付きません。
ハハハッ。堂々と見学できました。
でも他のママさん達にも気づいてもらえず、
「何この人?」みたいな不審な目で見られてましたが・・・T T

まず徒競走。 
待つ間は先生にずっと抱っこ。
いつもと違う様子に、先生にしがみついてます。
運動会という意味はツヨには理解できません。
たくさんの人、本番はもっとあふれる人。
何だか分からないけど、自由に遊べない不思議さ。
果たしてここにツヨは居ていいんだろうか・・・?
ツヨにとってはどうなんだろうか?

そんなことを考えながら、ツヨの番が。
介助の先生に、地面に下ろされ、手をつないで走り出す!
ニコニコで!
運動会の意味はわからない?
いや、今、みんなで「走る」遊びをしていることは分かってる!
ゴールに向かってまっすぐ走る。早い。
おおー。

その後はお遊戯、リレー(バトンあり)は不参加。
それはいいんです。集団でやることにはまだまだ参加は無理です。
その間、幼稚園の中で自由に、いつもどおり介助の先生と遊んでました。
たまに園児と触れ合い、お気に入りにの場所に行き、
幼稚園の雰囲気と場所を楽しみ、ツヨなりに過ごしています。
抱っこばかりではありません。

どこまで状況や先生のことばを理解しているのか分からないけど、
実は意外と分かっているのかもなぁ・・・聞けないけど。
と思った一日でした。

さて、一方のコト。
徒競走、リレー、お遊戯と、彼女なりに頑張っていました~。

行事物はツヨを連れると、いつもコトすら見られない私。
今日は変装してゆっくり眺めながら、運動会って、行事って楽しいんだなぁ、
リレーでめいっぱい走る子供たちを見て、すごいなぁって素直に感動しました。

                      今日も読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-10-03 22:50 | ツヨの幼稚園 | Comments(7)