<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みんな、一人じゃないさ。

今日はツヨの通う地域の訓練会で、
月一回行う親のための勉強会に行ってきました。
今回のテーマは「児童相談所の方をお招きして」。

療育センターに通ったり、療育手帳を申請する際に、
児童相談所を経由していることは知っていましたが、
直接的には関わりのない、お堅いお役所的なイメージを持っていました。

実際、世間でのイメージは「親が子供を虐待」などのニュースで
児童相談所の名前を聞くことが多いですよね。

が、実際には受ける「相談」の内容の比率は「障害」に関することが6~7割だそうで、
相談の内容も、療育・保育園・幼稚園・学校・各種手当・在宅サービス、
親が倒れた時などの緊急時対応など
まさに困った時に頼るべきところ。

うちの地域にはとても制度に詳しい、地域コーディネーターの先生が
いらっしゃるので、いろいろ教えてもらうことはできますが、
(今回の勉強のテーマも先生が勧めてくれました。)
そんな先生のいない地域のお母さんは、
何か困ったことがあったとき、よく解らないとき
児童相談所の電話相談などをちょっと勇気を出して利用することも
役に立つのではないかと思いました。

短期入所や日中一時支援の受けられる施設など、
受けられるサービスや、施設も教えてもらえます。
(もちろん、必要のない方も、また自治体によっては
近くにそういった施設がないよ!という方もいらっしゃると思いますが)

特に兄弟児のいるお母さんは兄弟児のためにも
「今日はあなただけのお母さん」
という日を作る方も多いそうです。

相談所の方の作ったレジメの最後に
「大切なことは、無理をしないこと!相談することは、ココロの中を整理すること!
サービスを活用すること!」
と締めくくってありました。
同感です。

地域の先生方、同じような境遇のお母さん達、そして利用できるサービス、
そういった人たちや機関と連携しながら、
少しでも豊かな気持ちで暮らしていきたいなぁと改めて実感しました。

                        読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-01-27 22:34 | 福祉・教育・社会 | Comments(4)

ツライこだわり

最近ちょっと困った状態。
ツヨが怒りやすくなっていて、
ちょっとしたこと、(ほんとに些細なこと)で
「キーキー!」
言う。
この声が超高音で、耳の鼓膜が痛い。ほんとにビリビリ~って痛い。
私「トイレ行こうか。」
ツヨ「キー!」
ズボンを下げる。「キー!」
おしっこが出る「キー!」
手を洗う「キー!」

怒っているので理由はあるんでしょうが、
たぶん、しばらくすればおさまりそうな、独自のこだわりからくる理由かな。

コトの幼稚園の送り迎えも、行きたい道順にしたくて「キー!」
しかたないから駐車場の中の道を通ることになり、
車を見て乗りたくて「キー!」
強制的に連れ帰るのに「キー!」
久々にのけぞり、イナバウワー(というかほとんど宙吊り)のまま
100メートルくらい抱っこしてやっと家に到着・・・。重っ。

かつてもこんな感じの時期があった。
偏食もひどい。
食事の時間が憂鬱。
クレーン連発。私の手をほしいものに「ブンッ」って投げる。
欲しいものって納豆のからしとか、マヨネーズのフタとか・・・
食べ物ですらないし。

ついでに書くと、(勢いがついてきた)
うがいの「ペッ」をするのも私の手を取って一回一回軽く頭を押せと要求。
手がかかる・・・。
今までできていたのに。

そして夜寝る前は一人でゲ~ラゲラ笑ってる。
何をしているわけでもない。ただゲラゲラ笑ってる。
おもちゃの笑い袋の声みたい。

でも私がつらそうな顔をすると、コトが見ている。
コトにツヨを嫌ってほしくない。
我慢だ。ガマーン!

                        読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-01-23 21:41 | 泣き言 | Comments(5)

「マ、マ」と言おうよ

ツヨが私の口を真似して声を出そうとしています。
最初はツヨが「あー!」っとへんな甲高い声を出したのを
ふざけて真似して私も同じように
「あー!」
と言ってみました。
するツヨがニヤリ。
こんな反応があったのは初めてでした。
もう一度私が「あー!」っと言って、
「言って。せーの。」
というと
ツヨ「あーっ!」
楽しそう。ちなみに「いー」「うー」「えー」「おー」など試したけど・・・やっぱり無理。
・・・そんな簡単に言うわけないよね。

それとなぜか、最近「ぱ、ぱ、ぱ、ぱ・・・」と言います。
パパがいなくても言っているけど、パパのパかなぁ・・・
たぶん、パンが命なのでパンの「パ」かなと。
先日一度、超空腹時にパンを見て、「パンパン!!」と言いました。

で、
「ママ。マ、マ、マ、言って。せーの。」
というと
「パ、パ、パ、パ」

でも、私の「マ」の口をじーっと見てる。
そしてツヨの口から出るのはパ。
「ま」と「ぱ」って口の形が同じだ。
私達は無意識に発音できているけど、ツヨ達には難しいんだろうか。

でも練習するしかない。
「ママ。マ、マ、マ、言って。せーの。」
「パ、パ、パ、パ」
パパじゃないよ~、ママだよ。
複雑。かわいいけど。

                        読んでいただきありがとうございます。
                    もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-01-17 17:08 | コミュニケーション | Comments(0)

キノコ餅?

見てきました。オモチつき。
最初の先生の説明は全然きいてない・・・。
が、炊き上がったもち米を臼に入れ始めると、とたんに目がキラキラ!
一人ずつ先生といっしょに小さい杵で6回ほどぺったん!ぺったん!
コトも・・・できました~。ぺったん。ぺったん!
f0025201_1647487.jpg
(ほかの子のお顔を隠すのが仮面みたいになってしまった・・・)

帰り道、
「何のオモチ食べた?」と聞くと
「あのね、キノコ。」
キノコですか!
「キノコ?きなこでしょ?」
「ううん、キノコ」(きっぱり。でもきなこですから。)
「あ・・そう。それから?」
あのね、あんこと、のりのヤツ。」
のり?のりで巻いてあった?」
「なんか太陽みたいにのりがぶにゅぶにゅ巻いてあった。」
「あはは。お箸で食べられた?」
「ぶにゅぶにゅしちゃって、お箸でたべられなかったのよ。
なんかね。びょーんって伸びすぎてた。」
「いくつ食べた?」
「・・・」
疲れたOLさんみたいな顔で
「なんかちょっとわかんないの。ごめん。」と話を終わりにされました・・・

                        読んでいただきありがとうございます。
            もしよかったら今日はコトの応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-01-12 16:58 | 双子の姉のこと | Comments(2)

果たしてコトはお餅をつけるのか

いつも自閉症児ツヨの話題ばかりですが、
わが家にはもう一人・・・
そう、双子の姉のコトという娘がおります。
このブログを始めた頃、そしてもっと前、双子が生まれてから
コトのほうがとっても手のかかる子でした!

そんな娘ももうすぐ幼稚園の年中さん。
なれるんでしょうか・・・
世間の4歳児よりはまだまだ頼りなく(気は強い)、
よくしゃべるが、内容の現実感が今ひとつ伴わず
でも時々はっとするようなことを言って、
「おっ、結構まともに発達してる」と安心したりします。

そんなコトの幼稚園で、明日「お餅つき」があります。
今日幼稚園で何して遊んだの?なんて会話をしていたら
コトが「あした、おモチつきがあるのよ。」
と言いました。
私「へぇーそうなんだ。」(知ってたけど)
お餅つきって見たことないはずだけど、なにやるのかちゃんとわかって
いるのかしら・・・母の疑念は膨らみます。

なにせ、昨日始業式だったので、なにやったの?と聞いたら、
コト「運動会やった」
私「・・・始業式でしょ。」
コト「そう、しじょうしき」
非常識か!
私「園長先生がお話した?」
コト「うん。お話した。」
私「何のお話だった」
コト「・・・」
私「わからなかった?」
コト「わからなかった!」(きっぱり)
すみません。園長先生・・・

で、お餅つきも心配になったわけですよ。
私「お餅つきってどうやるの?」
コト「あのネ。こうやるのよ。」
そういうと、杵を持つ手をして、
「ぺったん。ぺったん。」
あら~ちゃんとグリップもできてるし~!!

がぜん楽しみになってきたので、
明日、幼稚園に行ってちょっと実演を見学して参ります。
本番はちょっと心配ですが・・・。

                        読んでいただきありがとうございます。
            もしよかったら今日はコトの応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-01-11 23:54 | 双子の姉のこと | Comments(3)

温泉へゴー

お正月、両家の実家におじゃました後、
今度は家族だけで温泉に行きました。

行くのは初めての伊豆長岡の旅館。
貸切露天風呂が5コあって、いつでも入れるというのが嬉しかったです。
中でも大き目のお風呂に夕方家族四人で、
ツヨと二人で大浴場へ、
夜一人で貸切へ、朝また四人で貸切へと、欲張りました~。
温泉なんてそうは行かれないから、たくさん入らないと損・・・
・・・まったく貧乏症。

ツヨはちょっと前までは、旅館というと落ち着かなくて、
部屋の一番玄関に近いところで、泣いていることもありました。
温泉も私にしがみついて離れなくて、体も洗えない状態。
帰る頃になってやっと楽しそうにする、という感じだったので
今回、どうかなぁと心配。
で、事前に宿の部屋の写真をプリントしておいて、
到着前に「ここに行きます。ここでご飯を食べます。寝ます。」
と言って見せると、じっと見てました。

そのおかげかどうか分からないけど、宿に着いて、車を降りる時も、部屋に入る時も、
温泉も、食事時も終始落ち着いて、楽しめました!わーい。
浴衣を着せて、廊下を二人で手をつないで歩いていると、
「おーなんか一見普通じゃん~。うぅ~浴衣がかわいいぞ~。」
と成長を噛み締めました。
たぶん親もいろいろ要領を得てきたんでしょうね。
ちなみに食事はふりかけ持参でご飯のみ、四杯お代わりしました。
最近偏食がきつくて、ご飯とパンだけの時期が長く続いています。

帰り際。一旦、帰る気になるとすぐに車に家族四人で乗らないと号泣してしまうのがツヨ。
すんなり車まで行けるようにパパとコトは先にチェックアウトへ。
すっかり部屋を出る支度をしてから、「ツヨ、帰ります。車に乗ります。」の声かけ。
するとすぐに靴を履いて、退出。
『お。帰るのか!ヨシ、車に乗るぞ!』てな感じでしょうか。
すると歩き出してすぐ忘れ物に気づきました!
「しまったー!コートを忘れた!!」
これは説明できません!(きっぱり)
「ちょっと待って。コート忘れたから。すぐ来るよ。」
だが待てません。訳がわからず、地面にうつぶして号泣・・・ごめんよ~。
泣いてるツヨを残し、部屋までの5、6メートルがちくしょうめーという感じです。
ほんのちょっとが待てないでパニック。
最後に母は失敗してしまった・・・。

               今年も読んでいただきありがとうございます。
                もしよかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2007-01-08 15:28 | 外出・余暇 | Comments(1)

箱根駅伝。生は感動です

新年あけましておめでとうございます。
今年も双子と母をよろしくおねがいします。
f0025201_22211172.jpg




さて今日は箱根駅伝を生で見ました。
私の実家のすぐそばを走ります~。
車の中から応援するコト。
ランナーは、うーんちょっとわかりづらいですね。
左から2番目の黒ユニフォームに白いタスキ(何大学?)の人影です。

               今年も読んでいただきありがとうございます。
               もしよかったら応援のクリックをお願いします!↓
f0025201_22153464.gif


 
f0025201_22391430.jpg

by keikototyuyo | 2007-01-03 22:35 | 外出・余暇 | Comments(0)